ハニカム シェード。 【楽天市場】全カテゴリ > シェード・スクリーン > ハニカムシェード:カーテン・インテリア MOIS

たった一年でハニカムシェードを交換した理由 意外な盲点となる東の窓の日差し対策

ハニカム シェード

窓は、サイズ・方位・ロケーションなど、その家その窓によって様々です。 窓によっては、 「外からの視線が大変気になる」 「遮りたいがお部屋を暗くしたくない」 という相反したご要望も頂きます。 窓廻り商品で、コレ!というもの無いし、カーテンはやぼったいし 今回は、そんなご要望に対応した商品を、施工事例を通じてご紹介します。 上下が開閉するハニカムシェードがある! 今までのブラインド・ロールスクリーン・シェードなどは、 下部(ボトム)から生地を開閉しますが、上部の生地は固定さて開きません。 ご紹介するのは、 上部の生地が開閉ができて、下部(ボトム)からの開閉も合わさり、フレキシブルな動きをする商品なのです。 上部の生地が開閉することで、今まであまり知られていない、うれしいメリットがあります。 光を部屋奥まで採り入れることができる• 空や景色を望めて、開放感を味わえる• 下部との開閉で、フレキシブルな視線と光のコントロールができる 上部の生地が開くことで、光がお部屋奥までたどり着き、 外からの視線をちょうど遮っている(机で勉強する人)様子を表しています。 窓は、上下に分かれた腰窓がついています。 眺望が良いのですが、道路に面している点、玄関の真上、周りの家から目立つなど、 外からの視線が気になるロケーションでした。 取り付け商品 【上の窓】「上下が開閉するハニカムシェード」を取付け。 【下の窓】「下が開閉(通常の動き)をするハニカムシェードを取り付け。 【上の窓】上部を開ける(生地を下げる) 道路や周りの家からの視線を遮りながら、光をお部屋の奥まで採り入れます。 【上の窓】 下部を開ける(生地を上げる) 適度な光を採り入れ、眺望を楽しめます。 【上の窓】 上部を開ける(生地を下げる)下部も開ける(生地を上げる) 【下の窓】 下部を開ける(生地を上げる) 外からの視線や光を自由に調節して、フレキシブルな対応をしています。 動画を用意しました 光の加減やフレキシブルな動きを、ご覧いただくことができます。 取り付け商品 上下が開閉するハニカムシェード・遮光タイプ 上部を開ける(生地を下げる) 光をお部屋の奥まで採り入れ、外からの視線も遮ることができます。 下部を開ける(生地を上げる) 光を適度に採り入れながら、眺望を楽しめます。 上部を開ける(生地を下げる)下部も開ける(生地を上げる) 視線や光を自由に調節しています。 取り付け商品 2枚の生地が付いたハニカムシェード このハニカムシェードは、レースのハニカム生地が上部に追加されたスタイルです。 上部の透ける生地がレースの役目を果たし、日中の視線を遮りと明るさのキープに役立ちます。 隣家の窓と近いので、このスタイルをオススメしています。 上部のレース生地の状態 日中は、上部に溜まったレース生地を下げて、隣家からの視線を遮りながらお部屋は暗くなりません。 レースを楽しみます。 下部の生地の状態 採光タイプのシェードを取り付けています。 この採光タイプは、昼夜の外からの視線は遮る事は出来ています。 ハニカムシェードの構造・機能性 ハニカムシェードは、 プリーツスクリーンに似ていますが、シェード 断面をハニカム(蜂の巣)状に仕上げた構造になっています。 昇降コードがシェードの中を通るため、コードが隠れて見た目もすっきり、 シェードにコード穴が存在しないので光漏れもありません。 光が柔らかくお部屋に入り(採光タイプの場合)、ハニカム状の空気層によって、 断熱性もあります。 ダブルハニカム ハニカム構造の中にさらに構造を組み込んだ2層のハニカム「ダブルハニカム」もあります。 さらに断熱性が高まり、日差しが強い窓や冬の保温が必要な北窓にオススメです。 操作方式 初めの施工事例では、独自の昇降機能によって上下の開閉が可能になった 「コードレス仕様」を採用しています。 コード類を使用しなく操作するタイプ。 止めたいところで手を離せばピタッと止まりまる、 直感的な操作が可能です。 簡単で煩わしさが無いので、子供から大人まで大変重宝します。 まとめ ・上部と下部が開閉する、特徴的な動きをする「上下開閉ハニカムシェード」は、 「こんな商品を探していた」と言われることがある ・光を部屋奥まで採り入れることができて明るい、空や景色を望めて、開放感を味わえる ・コードレス仕様は、簡単で煩わしさが無く、直感的な操作が出来る 是非参考になさって下さい。 Tags:.

次の

一条工務店 ハニカムシェードを、機能性インテリア性の両面を最大限に活かすためにした工夫

ハニカム シェード

目次 (クリックで飛べます)• 一条工務店i-smartのハニカムシェード i-smartにはハニカムシェードという窓に付けられるブラインドが標準装備です。 このハニカムシェードがカーテンの代わりになるのでしょうか? これはこれから家を建てようとしている方には、カーテンが必要になるかどうかはぜひとも知りたいことだと思います。 入居して2年、我が家でカーテンを付ける予定はありません。 実際にi-smartで暮らしてみて、カーテンの必要性はほとんど感じないのです。 わが家でカーテンが必要ないと考えている理由をこの記事で説明します。 ハニカムシェードがあればカーテンの必要ない場所 ハニカムシェードがあればカーテンが絶対に必要ない部屋などを挙げてみます。 土間収納窓(シューズクローク)• 玄関ホール吹き抜け窓• 書斎の窓• トイレの窓• 廊下の窓• キッチンの窓• 勝手口 これらは明り取りだけの意味で付けている窓になります。 外から室内が見えないようにするだけなので、ハニカムシェードだけでまったく問題ありません。 わが家ではこのうちのほとんどの窓がカスミガラスで、もともと外が見えないのです。 多くの家でも、上記の場所はカスミガラスにしていることが多いのではないでしょうか? カスミガラスにしろ透明ガラスにしろ、上記の位置ににカーテンを付ける計画は立てなくてもいいでしょう。 ハニカムシェードだけで大丈夫? わが家ではカーテンを付けるのを我慢して過ごしているのではなく、カーテンがまったく必要だと感じないレベルなのは、ぜひ理解していただきたいところです。 一条工務店の家に住んでいない方は、ハニカムシェードがカーテンの代わりにならないと考えてしまうこともあります。 そのような方のために、カーテンが必要ない理由を説明していきます。 ハニカムシェードを閉めていると暗い? ハニカムシェードを閉めていると、暗く感じることはあります。 致命的に暗いわけではないですが、レースのカーテンを引いた時と比べると、かなり暗くなります。 昼間には窓から少し離れた場所では、照明を点けた方が快適に過ごせます。 ハニカムシェードを使っていれば、暗く感じることは仕方がありません。 しかし、究極の暗さ対策があります。 暗く感じたら、ハニカムシェードを開けてしまえばいいのです。 それでは外から室内が丸見えになると思うでしょう。 しかし一条工務店i-smartの窓は、外から室内がかなり見にくいものになっています。 どうでしょうか? 室内がまったく見えないと思います。 もう一枚、入居直後の写真を載せます。 いかがですか? 室内が見えますか? 特別に室内が見にくい写真を選んだわけではなく、普通に撮った写真です。 外から室内は、ほとんど見ることができません。 このためわが家では、明るさや開放感が欲しいときは、ハニカムシェードを開けています。 そして安心して生活しています。 注意しなければならないのは、室内の方が暗い場合は中は見えないのですが、室内の方が外よりも明るくなると、室内は丸見えになります。 夕方になって外が暗くなり、家の中に照明を点けると、家の中の方が明るくなりますので、その時にハニカムシェードを閉めておかないと、外から室内を見られてしまうのです。 これだけ注意しておけば、明るくて快適な生活が送れるのです。 開け閉めが大変では? ハニカムシェードは大型窓に付けると、開け閉めが大変だと思われています。 しかし実際は、それほど大変ではありません。 トルク測定器で開け閉めの重さを測定しました。 閉める時はわずか6N/m です。 本当に軽いです。 高齢の人でもまったく問題ありません。 閉める時はさすがにちょっと重くて、24N/mでした。 しかしこれも持ち上げるのではなく、下に引っ張って下す動きになります。 普通の人であれば、まったく問題ありません。 私の祖母は高齢ですが、大型窓のハニカムシェードを平気で上げ下げしています。 どうしても気になる方は、オプション料金がかかりますが、電動ハニカムシェードにするという選択肢もあります。 大型の履き出し窓を電動にする人は、結構多いようです。 わが家では一階にある2ヶ所の履き出し窓と、寝室にある2ヶ所の窓の、合計4ヶ所を電動ハニカムシェードにしています。 電動ハニカムシェードならば、ボタン一つで上げ下げができるのでとても快適です。 ハニカムシェードは外れやすくて面倒では? ハニカムシェードは外れやすいです。 それは間違いありません。 しかしハニカムシェードが外れるシーンは、そんなに多くはないと思います。 普通に生活をしていて、カーテンのまわりで物を振り回すことってありますか? ハニカムシェードだけではなく、カーテンだって物が当たったりすると破損しますし、ひどく引っ張るような形で負荷をかけると、カーテンレールが壊れてしまうこともあります。 そして窓ガラスを割りたくはないので、窓のそばでは何をするのも慎重に行動しているはずです。 窓際では注意することが当たり前の生活を、誰もが意識せずともしているわけなので、当然ハニカムシェードのそばでも慎重に行動します。 そのような理由もあり、わが家ではハニカムシェードが外れるシーンはほとんどないのです。 外れた場合に元に戻すのが大変そうに感じるかもしれませんが、まったく難しくありません。 コツをつかめばすぐに元に戻せます。 外れたらすぐに元に戻しておかないと、シェードに折り目の癖が付いてしまうので、放置することは絶対にしない方がいいです。 ハニカムシェードを閉めると結露する? ハニカムシェードを下したままにしておくと、結露すると言われています。 そしてハニカムシェードにも、冬は下まで降ろさないで、少し隙間を開けておくように注意書きがあります。 しかし特に寒冷地でない限り、結露はあまりしないのです。 わが家では2019年には、加湿器で常に室内の湿度を50~60%に保っていたため、軽い結露が見られる日が何日かありました。 でもこの程度です。 これがわが家では、最大の結露が起きた時の様子です。 その年の最低気温で、外の水が凍り付いている状態。 そして室内の湿度が57%でした。 わが家では窓やサッシがびしゃびしゃになるほどの結露は、入居してからまだ体験していません。 2020年は気温があまり下がらなかったので、軽い結露すら一度もありませんでした。 しかしインターネット上では、結露がひどいという意見がたくさん見られます。 これは窓の性能の違いによるものです。 私の書いた一条工務店i-smartの窓記事の記述です。 一条工務店の窓は、2017年途中で大きく性能がアップしました。 現在の窓ガラスになる前のものは、今よりも結露が激しいと推測できます。 そのことも考えたうえで、結露の情報を確認することが大切です。 我が家は2018年に入居し、窓ガラスは最新のものです。 (2019年2月現在) つまり今のi-smartの窓は、結露が起きにくい窓になっているのです。 詳しくは結露について書いた記事をご覧ください。 カーテンがないと部屋がおしゃれに見えない? これだけは個人の好みによるので、カーテンを付けることで室内をおしゃれに見せたい方は、カーテンを付けるべきでしょう。 ただしカーテンがないことは、室内を広く見せることにつながります。 凹凸の激しいカーテンが窓際でせり出して付けられていることは、思いのほか室内を狭く感じさせます。 カーテンがないほうが、実質的にも視界的にも、広くなるのです。 寝室のカーテンは不要? 寝室だけは注意してください。 真っ暗でないと寝られない方は、断熱ハニカムシェードだけを閉めても、夜に街灯などの光が室内に入り込んで気になるかもしれません。 そこでわが家では、寝室の窓は1ヶ所を遮熱ハニカムにしています。 夜は閉めれば真っ暗、昼間は開けっ放しで明るいです。 電動なので開け閉めも楽です。 室内が見えにくい窓ガラスが付いているうえに、掃き出し窓はルーフガーデンにつながっているので外からまったく見えません。 暗くしたい方は、遮熱ハニカムに変更するという選択肢もあります。 しかし昼間に、「外からの視界は遮りたいが、部屋を明るくしておきたい」という場合には困ります。 遮熱ハニカムを下げると、昼間でも真っ暗になってしまいます。 そのため遮熱ハニカムだけにすることはまずありえません。 断熱ハニカムにすることが一般的です。 そこでわが家では、2つの部屋をダブルハニカムシェードにしています。 昼間でも真っ暗にする遮熱ハニカムと、通常の断熱ハニカムの二重構造です。 寝る時は二つのハニカムシェードをどちらも閉めて暗くします。 起きると遮熱ハニカムだけを開けて、明るさを取り入れます。 もっと明るくしたいときは、ハニカムシェードを両方とも挙げてしまいます。 この使い方にすれば、寝室でもカーテンはいりません。 標準の断熱ハニカムにして、寝る時には明るさを我慢することができれば、ハニカムシェードのみでカーテンを付けなくても済みます。 我が家では寝室は断熱ハニカムだけですが、明るくて寝られないわけではないので、カーテンを追加することは考えていません。 夜に真っ暗な部屋を求めなければ、カーテンは不要と考えます。 我が家だけではなく一般的に考えたら、カーテンが必要だと思われる窓は、寝るのに真っ暗でないと寝られない人の場合の、寝室だけです。 ダブルハニカムシェード 我が家にはダブルハニカムシェードを付けた場所があります。 一階のリビングとその横の洋室です。 ひとつの窓で5,2000円ほどの高価なオプションですが、これを採用すれば、とても便利です。 遮熱ハニカムと断熱ハニカムの組み合わせでは、寝る時は遮熱ハニカムを下ろせば真っ暗ですし、昼間は断熱ハニカムだけにすれば外からの視界を遮った上で、光を取り込むこともできます。 この組み合わせにすればカーテンは必要ないと断言します。 ダブルハニカムは電動にしないと付けることができません。 電動の費用と追加のハニカムの費用、そして遮熱ハニカムへの変更費用がかかるので、すべてで50,000円を超えるオプション金額になってしまいます。 しかしカーテンを付ける場合、しっかりしたものを付けるとリビングの掃き出し窓だけで50,000円くらいかかることもありますから、高価なカーテンを買ったと考えて、ダブルハニカムシェードを付けることもアリじゃないかと思います。 とはいえあまり採用する人はいないようですが。 ダブルハニカムシェードを寝室に採用すれば、すべての部屋でカーテンは必要なくなります。 ダブルハニカムシェードはあまり採用する人がいないようです。 わが家のダブルハニカムシェードの使用感を記事にしています。 興味のある方はご覧ください。 動画もあります。 なお、ダブルハニカムシェードを付ける人が少ないのは、ダブルハニカムシェードの存在を知らない人が多いことも理由の一つです。 一条工務店は積極的にオプションをすすめてこないハウスメーカーです。 そのためこちらが自分で調べて付けてほしいと申告しなければ、何も知らずに打ち合わせが終わってしまいます。 ダブルハニカムシェードも私が自分で調べて知ったことですから、多くの人は存在を知らないでしょう。 ダブルハニカムシェードは、予算に余裕があれば、検討すべきオプションですよ。 カーテンを選ぶ場合はニトリで 間取り打ち合わせの後に、カーテンの打ち合わせも行う人も多いようです。 この場合は入居時にはすでに家にカーテンが取り付けられています。 確かに入居時はとても忙しく、カーテン選びをすることが煩わしく思うこともあるので、最初からカーテンが付いていることはとてもありがたく感じるでしょう。 しかし一条工務店提携業者のカーテンは品質は素晴らしいようですが、高いようです。 ハニカムシェードがあるのでカーテンはすぐに必要ない可能性が高いです。 しばらくはハニカムシェードだけでしのぐことは可能で、その間にニトリなどで安価で高品質のカーテンを付ける方がかなり安くなります。 条件にもよりますが、一条工務店提携のカーテン業者で頼むと、30~40万ほどかかるようです。 しかしニトリで購入すると、10~20万で済みます。 決してニトリの物は品質が落ちるわけでもありません。 私はi-smartを建てて入居するまで、4回賃貸住宅を変えています。 そのたびにニトリでカーテンを購入して使っていました。 ニトリのカーテンは日焼けもしませんでしたし、長く使っても劣化はほとんどありませんでした。 そのカーテンを持ち込んで、今の家に合わせて使おうと思っていたくらいです。 (もちろん加工は必要ですが、それは妻が得意ですから問題ありません) もしカーテンを購入する気持ちのある方は、入居前にはカーテンを付けず、入居後にニトリでカーテンを購入することをおすすめします。 カーテン派の人でも、しばらくはハニカムシェードだけで生活ができるますし、実際に住んでみないと、どんな色のカーテンがいいのかわかりにくいです。 せっかく高いカーテンを選ぶのならば部屋に合った物を選ぶべきです。 まとめ カーテンはまったく必要ないと、私は言い切ってしまいます。 私たち家族が、カーテンなしで何不自由なしで暮らしているのですから。 唯一、寝室では夜寝る時に真っ暗のほうがいいと思うことはあります。 しかし真っ暗でなくても寝られますから、大きな問題ではありません。 カーテンなしで入居して、生活するうちに必要を感じたらカーテンを購入する計画でした。 しかし我が家の場合は実際に暮らしている中で、カーテンの必要性を感じられません。 高いお金を出して最初からカーテンを付けるように進めていたら、その費用が無駄になるところでした。 一条工務店の家ではハニカムシェードがすべての窓に取り付けられるので、カーテンの必要性は感じられない人も多い。 ハニカムシェードがあれば、すべての窓で外部からの視界は遮ることができる。 慌ててカーテンを付ける必要はない。 ハウスメーカー提携のカーテン業者よりも、ニトリなどでカーテンを購入したほうが圧倒的に安い。 後からカーテンを付ける場合は、実際にその部屋に住んで部屋に合った物を選ぶことができる。 以上のことを考えるとカーテンなしで入居し、カーテンが必要どうかをじっくり考慮したうえで、必要であればカーテンを付けるというやりかたのほうが、満足できるし財布にも優しいです。 ハニカムシェードがない一条工務店ではないハウスメーカーでは、昼間は一条工務店i-smartのように、窓ガラスの反射で家の中が見にくいかもしれません。 しかし入居後一日でもカーテンがないと、夜には外から丸見えになってしまうので生活するのが大変です。 ハニカムシェードが浴室以外の全窓に標準装備されているi-smartでは、夜もハニカムシェードを閉めれば室内は見えませんから、カーテンを付けたい方は、入居後にじっくりとカーテンについて考え、安いニトリなどで満足いくものを探して付けることをおすすめします。

次の

ハニカムシェード 使ってみての感想・使い勝手【動画あり】 : コノイエ快適 〜i

ハニカム シェード

断熱ハニカムシェード• 遮熱ハニカムシェード• レースハニカムシェード それぞれに特徴があります。 断熱ハニカムシェード 断熱ハニカムシェードは西向きの窓以外で標準設置されるタイプです。 ポリエステルの不織布でつくられたハニカム状の構造により断熱効果を発揮します。 遮熱ハニカムシェード 遮熱タイプは家の西側の窓に標準で設置されるハニカムシェードです。 シェードの中にアルミフィルムが入っているため、昼間でもこのハニカムを下すと部屋が真っ暗になるほどの避光性能に優れた商品です。 レースハニカムシェード ハニカムシェードの素材がレースとなっています。 断熱ハニカムや避熱ハニカムと比べると、空気を通しやすいことから断熱性はあまり期待できません。 断熱ハニカムをレースハニカムに変更するだけの場合にはオプション料金はかかりません。 レースハニカムを追加設置する場合の料金は、こちらの記事をご覧ください。 レースハニカムシェードは遮熱や断熱ハニカムシェードと組み合わせて(ダブルハニカムシェード)設置することができます。 のツイッターに分かりやすい写真があります。 ハニカムシェードどうしよう こんなパターンがあるとは知らんかった どなたかアドバイスください。 2階の和室どれにしようか迷い中。 ハニカムシェードを変更した窓 交換したハニカムシェードは、 二階主寝室と主寝室隣のウォークインクローゼット(WIC)の二か所です。 窓はともに開き窓、型番はそれぞれ「JK2030」と「JK2045」です。 この見方を知っておくと、二次元だけではなく三次元で図面から様々な情報を得ることが可能になります。 窓を含めた図面の記号をこちらの記事をご覧ください。 何故交換したのか 交換に至った理由は 打ち合わせ中の見落としとカーテンの選択ミスによるものでした。 ウォークインクローゼット内の北向きの窓 この部分は私の完全な見落としにより交換に至りました。 このウォークインクローゼット(以下WIC)は北向きに窓を設置したため、標準の断熱ハニカムシェードではWICとして明るすぎたのです。 この写真を撮影した日の天気は曇りでしたが、それでもWIC内にはこれだけ光が入ってしまいます。 北窓であっても夏には日が回りこむため、朝晩は斜めに光が差し込みます。 このため窓際のパイプに吊るした衣類の日焼けが気になるのです。 このハニカムを遮熱タイプに変更しておけば何の問題もなかったのですが、北向きの窓という事で特に検討もおこなわず、標準のハニカムのままにしていました。 WICは建築基準法上も窓の設置義務はありません。 窓により断熱性が落ちること、冬場の結露も考えれば、あえて 窓を設置しない選択もあったのではないかと、これは住み始めてから感じたことです。 間取りを計画の際には覚えておくといいかも知れませんね。 カーテン選びを失敗した主寝室の東向きの窓 これはカーテンの選択ミスからの変更です。 この寝室の東向きの窓はベッドの枕元に位置しているため、夏場は カーテンの隙間から差し込む朝日で目が覚めてしまうことがありました。 カーテンは避光1級を買い求めたのですが、カーテンの両側の光漏れも結構馬鹿にできません。 この写真は遮熱ハニカムに交換後の写真です。 8月上旬の朝7時頃、ハニカムを少し開けてみましたが、これだけの光が差し込んできます。 今回の交換によってこの寝室の東向きの窓は「避熱ハニカム+レースカーテン」となりました。 我が家の場合主寝室は寝る時間以外に使用しないので、今回の交換によって快適性が向上しました。 また見た目もすっきりしたので、交換してよかったと感じます。 西向きだけではなく東向きの窓のハニカムにも注意 「西日」という言葉がある通り西からの日差しは暑いイメージが付きまといます。 実際に「東日」という言葉はありませんから、日本人が昔からこの「西日」については非常に敏感だったのかもしれません。 ところが事実は異なるようです。 家の東西南北の壁が受ける一年間の受熱量を調べると、 関東地方で受熱量が最大になるのは東の壁、次いで南、西、北の順になるそうです。 東の壁が受ける受熱量が最も大きいのに意外な感じを受けますよね。 西日が気温の上昇した夕方、部屋に差し込むのに対して、東からの日差しはまだ気温の低い朝方に強く差し込むことから、西日の方が体感的には暑いイメージになります。 日差しの強さに気温がプラスされることで人間が不快に感じる熱さは必ずしも日差しの強さには比例しないのです。 i-smartでは西側の窓については避熱ハニカムが標準でついていますが、 意外と盲点になるのはこの東向きの窓になるかもしれません。 取り外したハニカムシェードから分かること ハニカムシェードの取り外し方や紐の交換方法は以前ご紹介させていただきました。 こちらの商品がですが、一条工務店のハニカムシェードとは構造が異なっています。 またハニカムシェードの内側(冒頭の写真で確認できます)にはシールが貼られています。 このシールや先ほどのEasy Riseの動画を見る限り、一条工務店のハニカムシェードはフィリピンのHRDの工場で生産されたOEM商品なのかもしれません。 最後に 入居後であってもハニカムシェードは有料になりますが交換は可能です。 打ち合わせ中であればわずかな差額で断熱から避光タイプへの変更が可能ですが、引き渡し後は実費と工賃が掛かってきます。 面倒でも打ち合わせ中に、各窓に設置するハニカムは部屋の用途、窓の向きなどにより個別に検討されることをおススメします。 面倒でも打ち合わせ中に、各窓に設置するハニカムは部屋の用途、窓の向きなどにより個別に検討されることをおススメします。 これに対して今回の二つの窓のハニカムシェードの工賃を含む金額は 32,000円となっています。 ただし 建築後であっても毎日の生活で日差しによるストレスを感じるくらいであれば、思い切って交換してしまうのも一つの方法かと思います。

次の