赤ちゃん 英語 いつから。 赤ちゃんの英語はいつから始める?生後2ヶ月でバイリンガル教育をした結果、幼児はどう成長した?

赤ちゃんの一人寝はいつから始めたら良い?外国との違いや一人寝のメリットとは

赤ちゃん 英語 いつから

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中にいる時から外界の音を聞いていて、母国語の響きや音を記憶すると考えられています。 生まれてからも、お母さんや周りの家族の話声や語りかけから、母国語の単語やその意味をどんどんインプットし、 脳に母国語の回路を形成していくのです。 そして、会話ができる頃になると、それまでに脳にインプットした単語や表現の引き出しの中から、適当なものをすぐに取り出せるようになるのです。 「赤ちゃんからの英語は日本語の弊害」?それは間違い! 「赤ちゃんから英語をやらせると、日本語の発達の障害になる」といったことがよく言われますが、 それは間違い! 確かに、日本語を一切聞かせない!ママが英語でしか話しかけない!という場合は、日本語の発達を阻害する可能性があります。 しかし、家庭や学校などでごく普通に英語を使う環境で育つのあれば、赤ちゃんから英語を始めたとしても問題はありません。 むしろ、 英語と日本語の両方聞いて育つ子供の方が、言葉の発達が早かったり、こどばの運用能力が優れていたりすると言われます。 しかし、 生まれてから6か月くらいから、普段聞かない音は必要のないものとして処理され、脳の中で聞き分ける回路が育たなくなってゆきます。 この回路が作られる工程が終了するのは3歳くらいまでとも言われ、大きくなってから新たに回路を作ろうとすると、多くの労力と時間を要するようになります。 また、4歳を過ぎると日本語がだいぶ確立されるため、はじめて英語を耳にする場合、拒否反応が生まれやすいです。 このことから、 子どもの英語は、音に対して敏感、且つ脳の成長が著しい3歳までに始めることをおすすめします。 インプットを全く受けることなく、生まれた時から日本語を話すとか英語を話すといった人は一人もいない。 引用元: 『ことばの習得 母語獲得と第二言語習得』 誰でも、生まれた時から日本語を話せる人はいませんよね? 私たちは、日本語を聞いて(インプットして)育ったから日本語が話せるのであって、 英語を習得する時にも十分な「インプット」をする必要があるのです。 赤ちゃんの英語におすすめの方法は? では「インプット」とは、具体的に何をすればいいのか? それは、 家庭で日常的に英語を聞く環境を作ることです! 例えば、英語の絵本の読み聞かせや、英語の歌を聞かせたり、英語のアニメを見せたりするのもよいでしょう。 YouTubeには、英語の歌やアニメが豊富にあるし、Amazonプライムビデオにも字幕で見られるアニメや映画があり、子供の英語教材として活用できます。 ちなみに、 子どもが言葉を話し始めるまでには、約2000時間のインプットが必要と考えられています。 2000時間というのは、1日1時間程度聞かせただけでは5~6年かかることになります。 子どもの脳の回路の発達が著しい3歳ころまでに達成するためには、最低1日2~3時間英語を聞かせることが必要です。 効率よく、しかも質の高い英語を聞かせるためには、家庭用の英語教材を活用することがおすすめ! 我が家でも、子どもが赤ちゃんの頃から家庭用の英語教材を使ってのインプットを実践し、高い効果を実感しています!•

次の

【赤ちゃんの英語はいつから始める】悩んでないですぐ始める理由

赤ちゃん 英語 いつから

0歳の赤ちゃんから英語を始めたほうが良い理由 0歳の赤ちゃんは、まだ何もわかっていないと思いきや、実は赤ちゃんだからこその驚くべき能力を持っており、また、英語という言語への抵抗もなく始められるらしいのです。 メリットを列挙してみましょう。 1LやRの音の違いが赤ちゃんにはハッキリ分かる アメリカの脳科学研究から、赤ちゃんの音声認識能力に驚くべき高い力が備わっていることが判明しています。 日本とアメリカの生後6ヶ月以上の赤ちゃんたちに、似た発音である「L」と「R」の発音を聞かせる実験をしました。 すると、 生後6? 8ヶ月の赤ちゃんは、どちらも同じスコアで 「L」と「R」を聞き分けることができたのです。 しかし、生後10? 12ヶ月の赤ちゃんに同じ実験をしたところ、アメリカの赤ちゃんはこの実験のスコアが上昇したのに対して、日本の赤ちゃんはグンと下がったのです。 これは、月齢が進むにつれて、普段聞いている母国語の影響を受けるようになっていくことを表した結果となります。 生後8ヶ月頃までの赤ちゃんは、ママやパパがどこの国の人かにかかわらず、聞き分けの難しい音の微妙な違いを認識することができるのです。 つまり、 0歳から英語学習を始めると、1歳や2歳で始めるよりも、断然耳の良い状態から取り組めるのだと言えるでしょう。 2幼少期から英語に親しむことで苦手意識を持たない 日本人が英語を話せないのは、どこか苦手意識を持っているからでもあります。 英語と日本語とでは、文中の主語と述語の位置が異なります。 文の構造自体が全く違っております。 たしかにそういう面でも、 苦手意識を感じやすいのかもしれませんね。 パパママが英語を本格的に勉強し始めたのは、おそらく中学校の英語学習からではないでしょうか?中高合わせて6年間も英語を勉強していても、学校の勉強だけでは、ペラペラに話せるようにはなりませんね。 それが理由で苦手意識を感じている人もたくさんいます。 幼少期に英語を始めることで、そういった苦手意識を抱きづらくなります。 他の子よりも英語を知っているというだけで、 自信にもなりますし、学習へのモチベーションにもなることでしょう。 3恥ずかしさを感じる前に正しい発音ができるようになる 中学校で始める英語って、なんとなく気恥ずかしくありませんでしたか?恥ずかしさや照れがあって、なんとなくもぞもぞと英語の発音をしたなんてことは、誰でも経験があるはず。 本来ならネイティブの様な発音をしなければいけなく、実はできるのに、恥ずかしさからカタカナ発音をしちゃったことってありますよね。 しかし、 小さい子は物怖じしません。 小さいうちから英会話を習っている子は、日常でもさらっと知っている英語を口にしてはいないでしょうか?しかも、それが上手い! きっと、気恥ずかしさがないので、 普段からたくさん発音ができ、その結果正しい発音を習得できているのでしょう。 英語は発音できるようにならないと、聞いても耳に残りません。 ネイティブと同じ様な発音で覚えないと、ネイティブが話す英語は、全然聞き取ることができないのです。 日本語だって始めて聞いた新しい言葉って、良く聞こえなくて聞き返すことありませんか?一度頭で理解して、自分で発音できるようになると、早い会話の中に入ってても、シッカリと耳に残ってて理解できますよね。 英語の場合は、俗に英語耳と言われますが、シッカリ発音できるようになると、ネイティブが話す英語を聞き取ることができるようになります。 4勉強ではなく遊びを通じて自然と身につく 小さい頃の英語の学習は、教科としての英語の学習に比べて、楽しいアクティビティが満載です。 机に向かって真面目に取り組む英語よりも、楽しみながら、まるで遊ぶかのように学習を進められる方が、ずっと自然だと思いませんか? 小さいうちに始めるなら、遊びの中で英語に親しむことができるでしょう。 赤ちゃんに英語を教える時の注意点 赤ちゃんに英語を取り入れる際には、赤ちゃん自身が楽しめることを前提に考え、過度な期待をしないことも大切です。 赤ちゃんに英語学習をさせる時の注意点について確認しておきましょう。 母国語が日本語であることを忘れない あくまで、母国語は日本語であり、日本で生きていくためには、英語よりも日本語の方が重要だということを忘れてはいけません。 英語に注力するあまり、 日本語の言葉シャワーが少なくなってしまっては意味がありませんね。 英語の英才教育を頑張るあまり、日本語の発語が遅れてしまったという話も、全くないわけではありません。 最悪の場合は、日本語も英語もちゃんと話せなくなってしまう子もいます。 あくまで、母国語を軸に英語学習を進めていきましょう。 では、いつから始めればいいの?と思われがちですが、生まれた瞬間から日本語で話しかけるように、好きな時に英語で話しかけても問題ありません!赤ちゃんとの会話を楽しみつつ、日本語も英語もゆっくり時間をかけて教えてあげましょう。 子供が楽しんでないと逆効果 赤ちゃんや幼児のお子さんには、やらされている感じではなく、楽しむ気持ちをもてるようにしてあげましょう。 赤ちゃんは、 英語の歌や手遊びなどを楽しんで行っているでしょうか? 楽しむことで、言語の習得率はグンと上がります。 バイリンガルは諦める 0歳から英語を始めさせるママの中には、「我が子をバイリンガルに!」と、考えるかたもいます。 しかし、実際、確実にバイリンガルになるためには、 24時間通して母国語と第二言語のシャワーを浴びる必要があるそうです。 そんな環境って、ご両親が別の国の人同士でもないかぎり、なかなか実現できませんよね。 過度な期待はNG。 始めのうちは、楽しみながら英語に親しんでくれれば、御の字としましょう。 結果はすぐには出にくい心得る まだ日本語も話せない赤ちゃんですから、英語学習の結果がすぐに出るとは考えない方が良いでしょう。 でも、 英語のシャワーを浴びた分だけ、赤ちゃんの頭の中では様々な効果が出ているはずです。 あるとき言葉の爆発が起こるように、英語学習の成果も急に目に見える時がくるかもしれません。 気長に、ゆるく、取り組みましょう。 オススメの英語教育CDとDVD CDやDVDは、聞き流しにとても便利なアイテムです。 赤ちゃんと一緒に遊びながらBGMとして流したり、一緒に聞いてリズムに乗って遊んだりと、楽しみ方はたくさんあります。 赤ちゃんの大好きなCDやDVDになってくれれば、しめたもの。 進んで英語に親しんでくれますね!安価で、導入に適したものを2つご紹介しましょう。 このほかにも、たくさんのCDやDVDがありますので、これらを足がかりに、あれこれ選んでみてくださいね。 「アルファベットの歌」から「結んでひらいて」や「ぶんぶんぶん」など、小さな子でも楽しめる日本でおなじみの曲がたくさん、赤ちゃんの頃からこんなにたくさんの曲を知っていれば、音楽面での情操教育にもつながります。 数字の歌や日付の歌など知育面でも配慮された商品です。 生後5ヶ月の赤ちゃんもノリノリで聞け、車でのドライブ中のBGMとしても大活躍しそうな1枚です。 ママがご飯の支度をしている間、キッチンのママと一緒に見ながら楽しんでいるというレビューもあります。 日本人に馴染みのないRとL、BとV、SとThの音の違いをテーマにしたコーナーは、こういった視聴覚教材で繰り返し学ぶのが効果的。 アニメや英語圏の手遊び歌や、言葉遊びなどがコンテンツに含まれ、見るうちに自然と英語に対する親和性が身につくDVDです。 1枚35分なので、子どもにもちょうど良い長さです。 英語は学ぶものじゃなくコミュニケーションツール 英語習得に必死になるママたちの気持ちも、痛いほど分かります。 自分たちが苦労した、もしくは未だに話せないからこそ、子供には小さいうちから…と考えるものです。 しかし、忘れてはならないのは、本来英語はコミュニケーションのツールだということです。 一生けんめい学ぶのも大事なことですが、こと赤ちゃんや小さい子供に至っては、コミュニケーションの手段として英語を学ぶのが大前提となります。 コミュニケーションですから、 やる本人もママも楽しくないといけません!ママと一緒になって歌ったり、踊ったりしながら、自然と英語が口から出るようになれば、成功ですよね!.

次の

赤ちゃんと英語で遊ぼう!0歳から始めるメリット・デメリット

赤ちゃん 英語 いつから

グローバル化が進むにつれて、英語の重要性はますます高まっています。 それに伴い、日本の小学校では高学年から英語教育が必修化され、国語や算数と同程度に学習されるようになっています。 語学については、乳幼児期から継続的に教育を受けることで身につきやすくなる傾向があるため、赤ちゃんが小さいうちから英語に触れさせたいと思っているパパママは多いのではないでしょうか。 この記事では、赤ちゃんの頃から英語学習を始めるのが良い理由、赤ちゃんの英語教育の方法とポイントについて紹介します。 赤ちゃん(0歳の新生児や乳児)から英語教育を始める理由 赤ちゃんは、耳に届く様々な音を聞き分ける能力を持って生まれます。 例えば、大人でも聞き分けが難しい英語のRとLについて、しっかり聞き分けることができます。 また、日本語や英語に限らず、世界中どの国の言葉でも分け隔てなく聞き取ることができると言われています。 しかし、母国語など特定の言葉だけに触れる環境で育てられるうちに、母国語以外の言葉を聞き分けたり、聞き取ったりする能力は失われていきます。 これは、脳が、使用頻度の低い能力を不要だと判断して消失させてしまう結果だと考えられています。 こうしたことから、生まれ持った「英語耳」を維持・向上させるために、赤ちゃんの頃から英語教育を始めることが大切になるのです。 関連記事 赤ちゃん(0歳の新生児や乳児)の英語教育はいつから ワシントン大学の学習脳科学研究所の研究結果では、英語のRとLの聞き分けが難しくなるのは、生後10ヶ月~生後1歳頃とされています。 そのため、英語教育を始める時期は、生後10ヶ月以前が一般的です。 生後10ヶ月を経過した後に始めても問題はありませんが、生まれ持った英語耳を最大限活用するには、生後10ヶ月までに始めるのが良いでしょう。 一方で、英語教育を始める下限については、「早ければ早いほど英語を聞き取る力が身につきやすい。 」という考え方が一般的です。 具体的な時期としては、「胎児のうちから。 」という説もあれば、「新生児のうちから。 」という説もありますが、早く始めすぎて問題になるという研究結果は見当たりません。 赤ちゃんの英語教育は聞き流しから 赤ちゃんは、言葉を話したり、書いたり、読んだりすることはまだできません。 そのため、赤ちゃんの英語教育は、生まれ持った「英語耳」を維持・向上させるために、英語の聞き流しをさせることから始めます。 英語の音楽や会話を聞かせる、英語の動画を見せる、英語の絵本を読み聞かせるなど、英語の聞き流しを続けさせることで、自然と英語に触れる機会が多くなり、英語耳が維持・向上していくのです。 赤ちゃんの英語教育のポイント 赤ちゃんの英語教育のポイントは、次のとおりです。 赤ちゃんが楽しんで英語を聞けるよう工夫する• 英語教育を継続する• 動画は見せすぎない• アプリに頼らない 赤ちゃんが楽しんで英語を聞けるよう工夫する 赤ちゃんの寝ている部屋に英語の音楽や会話のCDをかけ流しておくだけでも、一定の効果は上がります。 新生児期から生後2、3ヶ月頃までは、聞き流しだけでも十分でしょう。 しかし、赤ちゃんが物事を最も吸収できるのは、楽しんで自発的に取り組んだ時です。 そのため、パパママがそばに寄り添って一緒にCDを聞いたり、英語の絵本を読み聞かせたり、「helloって聞こえたね~」などと話しかけたりして、赤ちゃんが安心して楽しみながら英語を聞けるよう工夫してあげることが大切です。 関連記事 英語教育を継続する 赤ちゃんのうちから英語教育を始めても、途中で中断してしまうと、すぐ身につけた英語が失われてしまいます。 特に、赤ちゃんのうちは、吸収が早い一方で忘れるのも早いものです。 そのため、短期間のうちに詰め込むのではなく、1日数十分でも良いので毎日続けることが大切です。 動画は見せすぎない 最近は、youtubeなどで英語のアニメや映画があふれかえっています。 動画は、赤ちゃんの気を引くことはできますし、繰り返しみるうちに英語のセリフなどが自然と脳にインプットされていきます。 しかし、与えられた情報を機械的にインプットする作業なので、脳内にインプットはされるものの、言葉を話せる年齢になってもアウトプットできにくくなる傾向があるという指摘があります。 アプリに頼らない スマホ育児が流行するにつれて、英語教育用のアプリも無数に開発されています。 中には赤ちゃん向けのアプリもあり、活用するパパママは徐々に増加する傾向にあります。 赤ちゃんは、自分の行動に反応してくれるアプリに夢中になります。 しかし、アプリは、プログラムされた限定的なリアクションを繰り返すだけなので、単調なやり取りが繰り返されることになり、赤ちゃんの脳は思うように活性化されません。 また、大人と同じようにスマホ依存に陥り、日常生活に深刻な影響をもたらすリスクがあります。 関連記事 まとめ 英語教育は、他の教育や習い事と同じで必須というわけではありません。 ただし、英語は、グローバル化が進む現代において基礎知識として身につけておくべきものの一つになっており、小学校でも必修化されました。 今後、その重要性はより高くなることが予想されるので、子供の将来のために、英語教育を始めてみてはどうでしょうか。 ikujilog.

次の