君 と メリー バッドエンド。 乙女ゲームのバッドエンドが好きな方に質問です私は乙女ゲー...

¥á¥ê¡¼¥Ð¥Ã¥É¥¨¥ó¥É

君 と メリー バッドエンド

メリーバッドエンドとは、や観客側の解釈と劇中の登場人物側の解釈によって幸福とが入れ替わるの形式をす言葉。 は「メリバ」。 上で生まれた言葉であり、広まるにつれて解釈が変化しつつあるようで意味合いは曖昧かもしれない。 概要 発祥元における狭義では「相互を描いたの悲劇的な結末」という意味で、 側から見るといわゆるであるが、登場人物達からすると(幸福的な結末)であること。 もしくはその逆の結末のことである。 世間的な物の見方をするか、の登場人物の一人になって見るかの違いだろう。 傍から見ればだけど当事者達にとっては、みたいな。 起源と定義 メリーバッドエンド(通称メリバ):過度の相互によって発生する悲劇のこと。 に、本人達だけがに感じて終わり、周りから見たらそれはとても見ていられないようなやるせない気持ちになる悲劇をす。 逆に、本人たちのが結果だけを見たときに世間的にであればそれもメリバ。 この言葉と解釈は独自のもので、に上である人物が発案した言葉である。 なお、に発売されたの2枚の「メリバ」で扱われた「本人や周囲の人にしか分からない(結末)」というを元にした造であるという内容の文章(同年発売の雑誌の)もあるようだが、上記でしたの発言やの書き込みからわかるように、それ以前からこの言葉は上で使われている。 ただ、メリバという言葉が広まるきっかけになったとも考えられるかもしれない。 較的最近に作られた言葉でありながらも、この呼び方と解釈は上のを中心に定着しつつあるようで、・のひとつとして扱われることは多い。 狭義では「相互を描いた」が該当し、散見されるでも基本的にはそのように紹介されていることが多いが、本記事のの書き込みでも伺えるように言葉が広まるにつれて解釈の仕方も変化しているようで、登場人物やの内容に限定されず、単に「解釈が変化する結末」がこのように呼ばれていることもあるようだ。 なお、解釈が変化する結末というの形式は一般的に「」や「-ed」という呼び方が以前から使われている。 (ややこしいことになっているが、の解釈や説明をメリーバッドエンドとして紹介しているも散見される) 関連静画 関連項目• ようこそテナのへ.

次の

メリーバッドエンド/まふまふ feat. 初音ミク

君 と メリー バッドエンド

メリーバッドエンドとは、や観客側の解釈と劇中の登場人物側の解釈によって幸福とが入れ替わるの形式をす言葉。 は「メリバ」。 上で生まれた言葉であり、広まるにつれて解釈が変化しつつあるようで意味合いは曖昧かもしれない。 概要 発祥元における狭義では「相互を描いたの悲劇的な結末」という意味で、 側から見るといわゆるであるが、登場人物達からすると(幸福的な結末)であること。 もしくはその逆の結末のことである。 世間的な物の見方をするか、の登場人物の一人になって見るかの違いだろう。 傍から見ればだけど当事者達にとっては、みたいな。 起源と定義 メリーバッドエンド(通称メリバ):過度の相互によって発生する悲劇のこと。 に、本人達だけがに感じて終わり、周りから見たらそれはとても見ていられないようなやるせない気持ちになる悲劇をす。 逆に、本人たちのが結果だけを見たときに世間的にであればそれもメリバ。 この言葉と解釈は独自のもので、に上である人物が発案した言葉である。 なお、に発売されたの2枚の「メリバ」で扱われた「本人や周囲の人にしか分からない(結末)」というを元にした造であるという内容の文章(同年発売の雑誌の)もあるようだが、上記でしたの発言やの書き込みからわかるように、それ以前からこの言葉は上で使われている。 ただ、メリバという言葉が広まるきっかけになったとも考えられるかもしれない。 較的最近に作られた言葉でありながらも、この呼び方と解釈は上のを中心に定着しつつあるようで、・のひとつとして扱われることは多い。 狭義では「相互を描いた」が該当し、散見されるでも基本的にはそのように紹介されていることが多いが、本記事のの書き込みでも伺えるように言葉が広まるにつれて解釈の仕方も変化しているようで、登場人物やの内容に限定されず、単に「解釈が変化する結末」がこのように呼ばれていることもあるようだ。 なお、解釈が変化する結末というの形式は一般的に「」や「-ed」という呼び方が以前から使われている。 (ややこしいことになっているが、の解釈や説明をメリーバッドエンドとして紹介しているも散見される) 関連静画 関連項目• ようこそテナのへ.

次の

まふまふ(After the Rain) メリーバッドエンド 歌詞

君 と メリー バッドエンド

メリーバッドエンドとは、や観客側の解釈と劇中の登場人物側の解釈によって幸福とが入れ替わるの形式をす言葉。 は「メリバ」。 上で生まれた言葉であり、広まるにつれて解釈が変化しつつあるようで意味合いは曖昧かもしれない。 概要 発祥元における狭義では「相互を描いたの悲劇的な結末」という意味で、 側から見るといわゆるであるが、登場人物達からすると(幸福的な結末)であること。 もしくはその逆の結末のことである。 世間的な物の見方をするか、の登場人物の一人になって見るかの違いだろう。 傍から見ればだけど当事者達にとっては、みたいな。 起源と定義 メリーバッドエンド(通称メリバ):過度の相互によって発生する悲劇のこと。 に、本人達だけがに感じて終わり、周りから見たらそれはとても見ていられないようなやるせない気持ちになる悲劇をす。 逆に、本人たちのが結果だけを見たときに世間的にであればそれもメリバ。 この言葉と解釈は独自のもので、に上である人物が発案した言葉である。 なお、に発売されたの2枚の「メリバ」で扱われた「本人や周囲の人にしか分からない(結末)」というを元にした造であるという内容の文章(同年発売の雑誌の)もあるようだが、上記でしたの発言やの書き込みからわかるように、それ以前からこの言葉は上で使われている。 ただ、メリバという言葉が広まるきっかけになったとも考えられるかもしれない。 較的最近に作られた言葉でありながらも、この呼び方と解釈は上のを中心に定着しつつあるようで、・のひとつとして扱われることは多い。 狭義では「相互を描いた」が該当し、散見されるでも基本的にはそのように紹介されていることが多いが、本記事のの書き込みでも伺えるように言葉が広まるにつれて解釈の仕方も変化しているようで、登場人物やの内容に限定されず、単に「解釈が変化する結末」がこのように呼ばれていることもあるようだ。 なお、解釈が変化する結末というの形式は一般的に「」や「-ed」という呼び方が以前から使われている。 (ややこしいことになっているが、の解釈や説明をメリーバッドエンドとして紹介しているも散見される) 関連静画 関連項目• ようこそテナのへ.

次の