べっぴん ハウス。 なぜ、建築のプロは自宅に「本物素材」を使うのに、お客には「偽物建材」を勧めるのか? 【フローリングや漆喰のメーカー|アトピッコハウス】

べっぴんHOUSE そら

べっぴん ハウス

べっぴんハウスで暮らしてもらいたい 私の子供の頃からの夢は、大工になることでした。 大人になった私は、建築の世界に入り、「いい家」を造ってきたと自負しています。 そんな私が、特に健康を意識しない「普通の人こそ」健康に配慮した家に住んでもいたいと、心の底から思った出来事に出会ったのです。 それが妻のアトピーでした。 私は妻のアトピーを通して、健康の大切さを知り、自分の住まいで健康に暮らすことのありがたさを本当に実感いたしました。 実は、私の会社の「フローリングや漆喰」は、私が私の家族のために、無我夢中でしかも愛情をこめて一生懸命作ったものです。 それをご縁があったあなた様にご紹介させていただきます。 健康な家で暮らすという、シンプルな幸せを1人でも多くの方に差し上げたい。 私の気持ちはただそれだけなんです。 どうぞ、私のライフワークとも言える「アトピッコハウスの内装材」をじっくりとご覧ください。 他の建材との違い、良いところ、悪いところなどもわかりやすく専門家の立場から説明させていただいております。 大量生産できるタダの建材ではなく、本物の建材の良さを少しでも感じてもらえるように。 そして、あなたにも健康という幸せが届きますように。 今回のサイト訪問という貴重なご縁をいただきまして、 本当にありがとうございます。 ほんとうに伝えたいこと、それは、本物の家造り 私は、建築業者の方に、必ず問いかけることがあります。 そして、それは、「うちは普通でいいわ~」といっているお客様にも問いかけたいことなのです。 (考えてください) もし、自分が住む家だったとしたら・・・ 自分の家族がデリケートだったら・・・ それでも、普通でいいと言いますか? (考えてください) もし、愛している人が住む家だったら・・・ それでも、あなたは普通でいいといいますか? 私の場合は、妻のアトピーがキッカケでした そして、気づきました 普通の家を自然素材で作りたいと・・・ だから、皆さんに呼びかけています。 本物素材で、いい家をつくりましょう! と。

次の

べっぴんHOUSE そら

べっぴん ハウス

べっぴんハウスで暮らしてもらいたい 私の子供の頃からの夢は、大工になることでした。 大人になった私は、建築の世界に入り、「いい家」を造ってきたと自負しています。 そんな私が、特に健康を意識しない「普通の人こそ」健康に配慮した家に住んでもいたいと、心の底から思った出来事に出会ったのです。 それが妻のアトピーでした。 私は妻のアトピーを通して、健康の大切さを知り、自分の住まいで健康に暮らすことのありがたさを本当に実感いたしました。 実は、私の会社の「フローリングや漆喰」は、私が私の家族のために、無我夢中でしかも愛情をこめて一生懸命作ったものです。 それをご縁があったあなた様にご紹介させていただきます。 健康な家で暮らすという、シンプルな幸せを1人でも多くの方に差し上げたい。 私の気持ちはただそれだけなんです。 どうぞ、私のライフワークとも言える「アトピッコハウスの内装材」をじっくりとご覧ください。 他の建材との違い、良いところ、悪いところなどもわかりやすく専門家の立場から説明させていただいております。 大量生産できるタダの建材ではなく、本物の建材の良さを少しでも感じてもらえるように。 そして、あなたにも健康という幸せが届きますように。 今回のサイト訪問という貴重なご縁をいただきまして、 本当にありがとうございます。 ほんとうに伝えたいこと、それは、本物の家造り 私は、建築業者の方に、必ず問いかけることがあります。 そして、それは、「うちは普通でいいわ~」といっているお客様にも問いかけたいことなのです。 (考えてください) もし、自分が住む家だったとしたら・・・ 自分の家族がデリケートだったら・・・ それでも、普通でいいと言いますか? (考えてください) もし、愛している人が住む家だったら・・・ それでも、あなたは普通でいいといいますか? 私の場合は、妻のアトピーがキッカケでした そして、気づきました 普通の家を自然素材で作りたいと・・・ だから、皆さんに呼びかけています。 本物素材で、いい家をつくりましょう! と。

次の

べっぴんHOUSE そら

べっぴん ハウス

べっぴんハウスで暮らしてもらいたい 私の子供の頃からの夢は、大工になることでした。 大人になった私は、建築の世界に入り、「いい家」を造ってきたと自負しています。 そんな私が、特に健康を意識しない「普通の人こそ」健康に配慮した家に住んでもいたいと、心の底から思った出来事に出会ったのです。 それが妻のアトピーでした。 私は妻のアトピーを通して、健康の大切さを知り、自分の住まいで健康に暮らすことのありがたさを本当に実感いたしました。 実は、私の会社の「フローリングや漆喰」は、私が私の家族のために、無我夢中でしかも愛情をこめて一生懸命作ったものです。 それをご縁があったあなた様にご紹介させていただきます。 健康な家で暮らすという、シンプルな幸せを1人でも多くの方に差し上げたい。 私の気持ちはただそれだけなんです。 どうぞ、私のライフワークとも言える「アトピッコハウスの内装材」をじっくりとご覧ください。 他の建材との違い、良いところ、悪いところなどもわかりやすく専門家の立場から説明させていただいております。 大量生産できるタダの建材ではなく、本物の建材の良さを少しでも感じてもらえるように。 そして、あなたにも健康という幸せが届きますように。 今回のサイト訪問という貴重なご縁をいただきまして、 本当にありがとうございます。 ほんとうに伝えたいこと、それは、本物の家造り 私は、建築業者の方に、必ず問いかけることがあります。 そして、それは、「うちは普通でいいわ~」といっているお客様にも問いかけたいことなのです。 (考えてください) もし、自分が住む家だったとしたら・・・ 自分の家族がデリケートだったら・・・ それでも、普通でいいと言いますか? (考えてください) もし、愛している人が住む家だったら・・・ それでも、あなたは普通でいいといいますか? 私の場合は、妻のアトピーがキッカケでした そして、気づきました 普通の家を自然素材で作りたいと・・・ だから、皆さんに呼びかけています。 本物素材で、いい家をつくりましょう! と。

次の