河井 法務 大臣 死刑。 衆議院議員河井克行君提出江田五月法務大臣の死刑執行命令書への署名拒否に関する質問に対する答弁書

麻原死刑を執行した法相の名前を言えるか 「公文書改竄問題」のキーパーソン

河井 法務 大臣 死刑

画/ぼうごなつこ 第二次安倍政権下での法務大臣は誰か? と問われて多くの人が「上川陽子」とは答えられないはずである。 2000年総選挙で初当選して以来、衆議院議員を6期務める上川は、客観的にいえば中堅から準ベテランの当選回数を誇るが、メディア的には圧倒的に露出が少ないせいか、その知名度は低い。 なぜ上川の知名度が閣僚にもかかわらずこれほど低いのかと言えば、それは上川が(失礼ながら)地味だからだ。 地味だからメディアは上川に注目せず、注目されないから有権者一般は上川の存在を知らない。 ただそれだけのお話である。 ただそれだけのお話であるが、このことがいかに異常な状態なのか、健全な民主主義社会に生きる有権者なら分かろう。 メディアは私たちの知能レベルをうつす鏡 ルックスが良く、派手な女性議員のみが認知され、それ以外は知らないというのは、民主主義の堕落であり有権者の怠慢以外の何物でもない。 そのような有権者の中からメディア関係者が輩出されるわけだから、必然メディアの注目はルックスが良く、派手な女性議員の去就のみに集まるのは致し方ない事かもしれない。 よくメディアが悪いとかメディアの質が劣化したと言う。 確かに一理あるが、それはメディアが私たち市井の有権者の母体から生み出された機構である、という前提を忘れている。 私たちの民主的レベルがメディアに反映され、私たちの知能レベルそのものがメディアに鏡のように映し出されているのである。

次の

河井夫妻の刑事責任・国会閉会後に追及か BS1【BSニュース】|JCCテレビすべて

河井 法務 大臣 死刑

こんにちは!ヨウコママです。 2019年9月11日、内閣改造が行われますね! そこで安倍晋三首相が選出する議員は誰なのか?ということが話題になっていました。 そして今回の法相(法務大臣)に選ばれたのは河井克行(かわいかつゆき)党総裁外交特別補佐! 初入閣ということでどのポストになるのか?と話題になっていましたが、法相に決定したようです。 そこで今回「 河井克行の経歴や評価は?妻 嫁 や家族・実家や自宅についても」と題しまして、今回初入閣で法相(法務大臣)に選ばれた河井克行の経歴や評価についてや、妻 嫁 や家族・実家や自宅についてなど気になるところについて迫ってみました。 ではさっそく、本題に入って行きましょう! 名前:河井克行(かわいかつゆき) 生年月日:1963年3月11日 年齢:56歳 2019年9月時点 出身地:広島県 出身中学校:広島学院中学校 出身高校:広島学院高等学校 出身大学:慶応義塾大学法学部政治学科 経歴:党総裁外交特別補佐 2019年9月現在 河井克行氏の経歴についてもう少し詳しく調査して見ました。 河井克行氏は大学卒業後に財団法人松下政経塾に第六期生として入塾。 松下政経塾を卒業後に広島県議会議員になり、その後に衆議院議員になるというエリート議員のようです。 評価について エリート議員の一人である河井克行氏ですが、 ネット上の一部では評価が悪いみたいです。 なんでも過去週刊誌に河井克行氏のパワハラが告発されたことがあるのだとか。 週刊文春の報道によると、1999年に秘書兼運転手の方に暴力をふるったといわれているそうですが真実は明らかではないようです。 自慢ばかりのおぼっちゃまといった感じだったのだとか。 河井克行氏の秘書は次々とやめていくことで有名だそうですので、こうしたことも評価を下げているかもしれません。 とはいえ、仕事ができる事は確実なのだと思いますので、初入閣された法相の働きに期待したいと思います! 妻 嫁 や家族について 連日、各種団体等と意見交換会を行っています。 先日は、広島県酪農政治連盟に伺いました。 酪農は他業種と比較し、その性質上、労働時間が長くなる傾向にあります。 ICTやロボット技術の活用を推進し、生産性の向上や省力化を支援していきます。 才色兼備の奥様で有名のようです。 確かに爽やかで知的な雰囲気全開の美人ですね! また、家族についてですが、河井克行氏のツイッター自己紹介には妻である河井あんりさんのお名前しかない事、奥様のツイッター紹介には家族、河井克行とだけ書かれいるところを見ると、お子さんはいないのかと思います。 お二人とも政治の世界でご活躍されているので、2人家族を選んだのか、もしくは子供が身バレすると大変という事で公にしていないのか・・。 はっきりした事はわかりませんでしたが、新たな情報がわかりし次第こちらに記したいと思います! 実家や自宅についても 河井克行氏の ご実家は広島で薬局経営をされているそうです。 河井克行氏は小さな頃から裕福なご家庭で育っているようです。 ご自宅については明らかにされていません。 ですが、ご夫婦ともに政治家ですので、国会に近い場所、少なくとも通える範囲にご自宅があると思いますので、関東周辺ではないでしょか。 セキュリティーの問題も大きいと思いますが、何か新たな情報がはわかり次第随時追記したいと思います! まとめ 今回は「 河井克行の経歴や評価は?妻 嫁 や家族・実家や自宅についても」と題しまして、2019年9月11日の内閣改造で法相(法務大臣)に初入閣が決まった河井克行氏の経歴や評価についてや、妻 嫁 や家族・実家や自宅についてなど気になるところを調査してみましたがいかがでしたでしょうか? 河井克行氏はかなり豊富な経歴の持ち主で、エリート議員と言った感じです。 評価については、パワハラ疑惑や秘書がすぐにやめてしまうなど、あまりよくない評価が多く聞かれました。 妻 嫁 は自由民主党所属参議院議員 広島県 をされている、河井あんりさんで、2人家族ではないかと思われます。 ご実家は広島で薬局を経営されていて裕福なようです。 ご自宅ははっきりわかりませんが、国会に通える範囲内であると思います。 今回初入閣となった河井克行氏の今後の活躍に期待したいです。 ぜひ頑張って欲しいですね! それでは今回はここまでとさせていただきます。

次の

検察当局 河井夫妻の自宅から2種類のリスト押収 現金配布先か

河井 法務 大臣 死刑

来歴 [ ] 生い立ち [ ] 生まれ。 12歳の時、全財産を失った父親が弁護士に救われたのをきっかけに、自身も弁護士を志望した。 いわき市立植田小学校、、福島県立磐城女子高等高校(現)、(ゼミ)卒業。 大学時代の同期にがいる。 大学卒業後、に27歳でに合格。 47期(同期に、)を経て、に弁護士登録。 、独立し法律事務所を設立する。 翌、による人権弁護士育成のための留学制度を利用し、出産したばかりの長女を連れて渡米。 に入学した。 米国留学中、の専門知識の必要性を痛感した。 帰国後、に入庁。 総務企画局企画課信用制度参事官室課長補佐、信用制度参事官室課長補佐を務める。 その他、消費者問題対策委員やを歴任した。 政治家 [ ] 日本駐箚英国大使公邸にて(左)と(2015年4月1日) 、の辞職に伴う選挙に・・の推薦を受けてで立候補したが、が擁立した前のに敗れた。 、に自民党公認でから立候補し、初当選。 当選直後のではを支持し、半年後に福田が所属するへ入会した。 では 、ではの推薦人名簿にそれぞれ名を連ねた。 4月、自民党が設置した(ネクスト・ジャパン)では・・担当に就任。 同年9月、政権力委員会の廃止に代わり新設されたで影のに起用された。 同年の参議院議員会長選挙では、元・の推薦人に名を連ねた(中曽根は参議院幹事長のを破り当選)。 、に就任。 同年12月、では当選1回ながら初入閣し、(、、)に就任した。 同時にとしての所管事項として、を担当することになった。 ので再選。 同年からは、の成立を目指し、特定秘密保護関連の担当大臣も兼務した。 2014年9月ので退任。 2015年10月23日、自民党環境部会長に就任。 、に就任。 ので3選。 同年、を務めていたが辞任したことに伴い、後任として同日付で法務大臣に就任した。 2019年12月26日、の犯人であるに対するの執行を命令した。 2月27日、野党4党からが提出された(法務大臣としては歴代5人目)が、与党の反対多数で否決された。 同年5月22日、が、流行拡大に伴う緊急事態宣言が出されている期間中に都内の新聞記者宅で賭け麻雀を行っていた責任をとり、高検検事長を辞職した問題を受け、森は内閣総理大臣に進退伺を提出したが、安倍首相から慰留され辞任しないことを明らかにした。 政策・主張 [ ] この節のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 とされるが求められています。 ( 2019年2月) 子育て [ ] 森が少子化担当大臣時代に新しい子ども・子育て支援新制度が作られ、関連三法の改正がおこなわれた。 関連三法は平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」。 内容としては、• 認定こども園、幼稚園、保育所を通じた共通の給付(「施設型給付」)及び小規模保育等への給付(「地域型保育給付」)の創設。 認定こども園制度の改善(幼保連携型認定こども園の改善等)• 地域の実情に応じた子ども・子育て支援(利用者支援、地域子育て支援拠点、放課後児童クラブなどの「地域子ども・子育て支援事業」)の充実 等を掲げ、地域型保育給付を制度化し、都市部における待機児童解消、子どもの数が減少傾向にある地域における保育機能の確保などに対応した。 施設や制度別に分かれている推進体制を統合し、内閣府に子ども・子育て本部を設置された。 東日本大震災関連 [ ]• 5月26日、の被災地で10人以上が餓死したとの情報をの医師から受けたとして国会で()に質問した。 も、日本法医学会が遺体の死因を調べたことを元にこれを断定的に報じた。 しかし学会理事で千葉大大学院教授の岩瀬博太郎は遺体を解剖していないとして餓死した疑いの認識を否定している。 外交・安全保障 [ ] 核兵器 日本のについて、国際情勢によっては検討すべきだとしている。 戦後 およびについて、いずれも見直すべきではないとしている。 通商・資源・エネルギー [ ] 原子力発電 の福島県知事選挙に際しては、の稼働を推進する考えを表明した。 2011年7月25日の衆議院で、3月11日のをきっかけに()を起こしたについて、のによる危険性の指摘を受けていたことについての自民党の責任をに問われ、「大きな責任があるというふうに思っております。 として長年、を進めてまいりました。 その結果としてこのような事故が起きたと思っております。 我が党には重大な、深刻な責任があるというふうに思っております」「我が党は、歴史をさかのぼって、一体どこが間違っていたのか、真摯に反省し、検証し、の皆様におわびをしなければいけないと思っております」と答えた。 環太平洋戦略的経済連携協定 日本の参加に賛成。 法制度 [ ] 特定秘密の保護に関する法律 では担当大臣も務めており、「のような例は処罰対象になる」と述べた。 日本国憲法 に賛成。 夫婦別姓制度 選択的制度についての質問に対して「女子差別撤廃委員会の最終見解も踏まえて第3次男女共同参画基本計画で、婚姻適齢の男女統一、選択的夫婦別氏制度の導入等の改正について引き続き検討を進めるとされている。 自民党のでは、民主党が当時提出した法案には反対すると記載されている。 子どもの姓がそれぞれ異なってしまう結果になることがさまざま議論されたと記憶している。 いずれにしても女性がしっかりと社会で活躍できるような制度が必要であると思っている」と大臣として答弁した。 2019年のアンケートでは選択的導入への賛否について「どちらとも言えない」としている。 発言 [ ] カルロス・ゴーンの国外逃亡に関する発言 [ ] の国外逃亡後、2020年1月5日に一連の事態についてコメントを発表した。 同年1月8日のレバノンでのゴーンの記者会見を受けて、法務大臣として記者会見で対抗発言を行い 、翌1月9日には同趣旨のコメントを発表した。 会見内容を巡っては国内外で批判がなされ、森はSNSで「無罪の『主張』と言うところを『証明』と」発言してしまったと訂正した。 東日本大震災時の福島地検いわき支部に関する発言 [ ] 、のの質疑において、「のとき、はから市民が避難していない中で最初に逃げた。 身柄拘束中の十数人を理由なく釈放した」と答弁し、波紋を呼んだ。 11日、参議院予算委員会において、森はこの答弁について「不適切だった」と述べ、答弁を撤回した。 12日、反発した野党が衆参両院の審議を拒否し、各委員会や本会議が開かれない事態となった。 のは「森まさこ法相は自分の部下ともいえる組織に対して誹謗中傷した。 当時、で働いていた人たちを愚弄する発言だ。 」と述べ、森を批判した。 同日、安倍晋三首相が森を首相官邸に呼び、厳重注意した。 16日、参議院予算委員会の委員長は「事実と異なる答弁を行ったことは、極めて遺憾だ」などとし、森に対して厳重注意した。 東日本大震災時における福島地検いわき支部の動向 福島地検いわき支部は2011年3月15日、に基づく手続きを経て勾留中の容疑者12人を処分保留で釈放した。 郡山支部の要請を受け 、同支部は16日から23日の8日間、庁舎を一時閉鎖し、その間職員は郡山支部に移っていた。 釈放された者の中には事件の容疑者や事件の容疑者も含まれていた。 は釈放の理由について「容疑者の身体の安全の確保が求められる一方、勾留期間内に関係者を呼び出し、取り調べを行うなど所要の捜査を遂行することが困難となっていた」と説明している。 15日の時点で政府はいわき市の一部などから30キロ以内の住民に屋内退避を呼びかけており、その時点でいわき市内の一部の市民が自主的に避難していたとされている。 一方でいわき市のほとんどは避難区域ではなく、避難せずに住んでいた人々もいた。 釈放後にした者がおり 、ジャーナリストのによると、いわき市民は激怒したとされる。 森はいわき市出身の選出議員として 、当時から「逃げた」との表現を用いて国会で繰り返しを批判していた。 当時の法相は釈放について、「地域の皆さまに心配をかけたことは、率直におわびしなければならない」と謝罪し 、後に福島地方検察庁の中村明は事実上の更迭となった。 人物 [ ] 2016年2月、企業の女性幹部らが集まるシンポジウムの歓迎会で首相の安倍晋三はとともにきわめて有力な総理候補者と答えた。 「自身が苦学して法曹に進んだためか、他者に求める水準が高い一方で、の主務大臣として、メディアからの出演要請に関し、拒否するなど肝心要なシーンにおいての芯の弱さがある」とは森について論評した。 略歴 [ ] 日本駐箚英国大使公邸にて(手前左)、参議院議員(中列左端)、(中列右から2人目)、(中列右端)らと(2015年4月1日)• 8月22日 - にて誕生。 3月 - 卒業。 - 登録。 - 金融庁金融証券検査官。 7月 - 当選(1期目)。 - 法務部会部会長。 - 自由民主党副幹事長。 - 、同理事。 11月 - 参議院。 12月26日 - で(、、)。 7月 - 当選(2期目)。 9月 - 関連担当大臣(内閣府特命担当大臣 兼務)。 2015年 - 自由民主党政務調査会環境部会部会長。 2016年 - 参議院。 7月 - 当選(3期目)。 10月 - 所属団体・議員連盟 [ ]• 支援団体 [ ]• (組織推薦候補者)• 他多数 論文 [ ]• 脚注 [ ] []• 2008年9月10日. 2015年4月15日閲覧。 産経新聞 2015年10月23日• 日本経済新聞 2016年9月26日• - 産経ニュース 2019年10月31日• 2019年12月26日 「」• 2020年2月28日. 2020年5月15日閲覧。 - 産経ニュース 2020年5月22日• 2011年5月26日• 2012年3月6日• 2013年11月21日閲覧。 日々の新聞 いわきBiweekly Review 89号• 毎日新聞2011年7月26日• 2011年7月25日• 日本経済新聞 2013年10月22日• 2014年4月3日• 2019年. 2019年7月8日閲覧。 プレスリリース , 法務省, 2020年1月5日 , の2020年1月11日時点におけるアーカイブ。 , 2020年1月11日閲覧。 朝日新聞. 2020年1月5日. の2020年1月11日時点におけるアーカイブ。 2020年1月11日閲覧。 "時事通信". 2020年1月9日. プレスリリース , 法務省, 2020年1月5日 , の2020年1月11日時点におけるアーカイブ。 , 2020年1月11日閲覧。 朝日新聞. 2020年1月9日. の2020年1月11日時点におけるアーカイブ。 2020年1月11日閲覧。 、 2020年1月11日閲覧。 朝日新聞. 2020年1月10日. 2020年1月11日閲覧。 毎日新聞. 2020年1月11日. の2020年1月11日時点におけるアーカイブ。 2020年1月11日閲覧。 東京新聞. 2020年1月11日. の2020年1月11日時点におけるアーカイブ。 2020年1月11日閲覧。 毎日新聞. 2020年3月13日閲覧。 共同通信. 2020年3月11日. 2020年3月13日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年3月12日. 2020年3月14日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2020年3月13日閲覧。 読売新聞. 2020年3月12日. 2020年3月14日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web. 2020年3月27日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web. 2020年3月30日閲覧。 NHKニュース. 2020年3月27日閲覧。 日本経済新聞. 2011年5月16日. 2020年3月15日閲覧。 zakzak:夕刊フジ公式サイト. 2020年3月14日. 2020年3月15日閲覧。 FNN. jpプライムオンライン. 2020年3月13日. 2020年3月15日閲覧。 産経新聞. 2020年3月11日. 2020年3月14日閲覧。 産経新聞. 2020年3月29日. 2020年3月29日閲覧。 J-CASTニュース. 2020年3月12日. 2020年3月29日閲覧。 朝日新聞 2016年2月17日• プレジデントオンライン. 2013年11月23日. 2013年11月25日閲覧。 全国たばこ新聞. 2019年5月27日. 2019年6月30日閲覧。 日本禁煙学会 2017年3月7日. 2018年4月11日閲覧。 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年• 神道政治連盟. 2019年7月7日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 morimasakosangi -• 公職 先代: 第102代:2019年 - 次代: 現職 先代: () 第14代:2012年 - 2014年 次代: 先代: 内閣府特命担当大臣() 第9代:2012年 - 2014年 次代: 有村治子 先代: 中塚一宏 内閣府特命担当大臣() 第19代:2012年 - 2014年 次代: 有村治子 議会 先代: 2016年 - 2017年 次代: 先代: 2012年 次代:.

次の