天ぷら 天つゆ。 丸亀製麺天ぷら持ち帰り方法。メニューと割引について。天つゆの容器はあるのか知りたい!

天ぷらにソース

天ぷら 天つゆ

エビ天 エビ天に使用されるエビには、「たんぱく質」という栄養素が豊富に含まれています。 このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットには欠かせない栄養素と言われています。 筋肉というと、体重が増加するイメージが強く、ダイエット中は敬遠されがちなのですが、筋肉には基礎代謝を高めてくれる働きがあり、痩せやすい体を作ってくれる素になるのです。 さつまいも天 さつまいも天に使用されるさつまいもには、「食物繊維」という成分が豊富に含まれています。 この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果を発揮してくれます。 食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるので、痩せやすい体を作ることができるのです。 イカ天 イカ天に使用されるイカには、「タウリン」という成分が豊富に含まれています。 このタウリンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、肥満を解消し、ダイエットに効果的とされています。 タウリンによりコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に繋がるのです。 舞茸天 舞茸天に使用される舞茸には、「MXフラクション」という成分が豊富に含まれています。 このMXフラクションは、舞茸特有の成分であり、中性脂肪を排出してくれる働きがあるため、肥満の解消に高い効果を発揮してくれるのです。 なす天 なす天に使用されるなすには、「ナスニン」という成分が豊富に含まれています。 このナスニンには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあり、ダイエットに有効な成分の一つです。 ナスニンの抗酸化作用で体が若返ると、体の働きが活発になり、その結果基礎代謝を高めることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。 ししとう天 ししとう天に使用されるししとうには、「カリウム」という成分が豊富に含まれています。 このカリウムには、体に生じたむくみを解消してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的です。 人の体がむくむ主な理由は、余分な水分が体の部位に蓄積されることによるものと言われており、利尿作用のあるカリウムを摂取することで、尿と一緒にその余分な水分を排出することができるので、頑固なむくみを解消することができると言われています。 かき揚げ かき揚げに使用されることが多い玉ねぎには、「ケルセチン」という成分が豊富に含まれています。 このケルセチンには、体に蓄積された内臓脂肪の燃焼を促してくれると言われており、ダイエットに非常に高い効果を発揮してくれる成分です。 内臓脂肪は一度体についてしまうと、解消することはなかなか簡単ではないのですが、ケルセチンは効率的に内臓脂肪を燃焼してくれるので、おすすめです。 ダイエット中の天ぷらの注意点・デメリット 天つゆのカロリーに注意 ダイエット中の天ぷらの注意点として、天つゆのカロリーが高いという点が挙げられます。 天ぷらに天つゆをつけて食べるのが一般的な食べ方ですが、この天つゆは高カロリーになっており、つけすぎてしまうと太る原因となります。 ダイエット中は天つゆのつけすぎに注意するようにしましょう。 ご飯のカロリーに注意 ダイエット中の天ぷらの注意点として、ご飯のカロリーが高いという点も挙げられます。 天ぷらとご飯は相性が抜群で、天ぷらをご飯に乗せた天丼も人気のメニューですが、ご飯は炭水化物の一種であり、高カロリーな上に糖質も高く、太る原因になります。 ご飯の食べすぎは天ぷらのカロリーを引き上げてしまう原因になるので注意するようにしましょう。 天つゆではなく塩をかけて食べる 天ぷらのダイエット効果を高める食べ方として、天つゆではなく塩をかけて食べる方法がおすすめです。 先ほど、天つゆのカロリーが高いと紹介しましたが、その天つゆの代わりに塩をつけて食べることで、カロリーを抑えることができるので、より痩せやすくなります。 ただし、塩は食欲を増進したり、体にむくみを生じさせる原因になるので、つけすぎには注意するようにしましょう。 衣が薄い天ぷらを作る 天ぷらのダイエット効果を高める食べ方として、衣が薄い天ぷらを作る方法もおすすめです。 天ぷらのカロリーの大半を衣のカロリーが占めています。 この衣を薄くすることで、天ぷらのカロリーを大幅にカットすることができるのです。 高カロリーな天ぷらでも食べ方次第では痩せれる!.

次の

天ぷらの天つゆ 自宅にあるめんつゆでの代用法ガイド

天ぷら 天つゆ

正しいか正しくないかと問われたら、私は正しいと思います。 天ぷらにはソースやと思って大人になりました。 母がいつも天ぷらにはソース(ウスターです)を添えていたからです。 結婚して、晩ご飯に天ぷらを出した時、 「はい、ソース」てテーブルに置いても、ダンナは一向に使う気配がありません。 そんなことを2. 3回繰り返したある日、 「天ぷらにソースかけへんの?」と聞くと 「何で天ぷらにソースかけるの?天ぷらは塩か天つゆ」と、言われて驚愕しました。 いやいや、ビックリしたなー。 塩や天つゆなんて、お店で小洒落て食べるもんだと思ってたので、あーびっくりした。 ちなみにうちの母、大阪出身 私のダンナ、関東出身です。 関西がみんなソースってわけでもないんですよね。 京都の方はお塩って言うておられたので。 ユーザーID: 6351881993• 人参がお勧め うちの親も後期高齢者なので、トピ主さんとそんなに変わらない世代と推測しますが 天ぷらにソース、ありですよ。 いも天には、ウスターソース。 子どもの頃は、そうでした。 (野菜の天ぷらにも) 関西です。 でも、海老天とかは何かけてたか、覚えてないんですよね。 海老は食卓にのぼってなかったのか? 私は、一時、ポン酢を何にでもかけてました。 トピ主さんは、お父様の食べ方を暗に否定してますが、ご自身が子どもの時、天ぷらに何をかけて(つけて)食べてたんですか? ユーザーID: 7761640380• 生活・身近な話題ランキング• うちの父もソース 立って食べたり、お行儀悪ければ、座って正しい食べ方というのはありますが、味の好みに、当たり前とか正しいとか正しくないとかはありません。 例えば、 天ぷら屋さんに自分でソースを持って行って食べていたら、お店に対して失礼ですが、それ以外であれば自由です。 人の食べ方を指摘する時は、体調や体質を気にして、 例えば、高血圧の方が塩分たっぷりで食べていらしたら注意するくらいです。 トピ主さんが自分の好きな様に食べるのが美味しい様に、お父様も美味しく頂いていらっしゃるんだから、それで良いんですよ。 食わず嫌いではないので、ソースや天つゆも経験済みですよ! ユーザーID: 6404780917• 私が好きなアインシュタインの言葉によれば、常識は20までに集めた偏見のコレクションだそうです。 天つゆは書いて字のごとくといった感じで天ぷら用のたれでしょう。 お父様の年齢が幾つかわかりませんが、年配の人ってわりと何でもソースで食べますよ? 別に間違いじゃないと思います。 さつまいもや玉葱の天ぷらはソースで食べるとそれはそれで美味しいです。 天ぷらは天つゆで食べる物 というのは貴方が育った環境ではそれが普通だっただけということ。 塩もありですよね、とかいてありますが、それは要は好みみたいなものです。 物心ついたときからソースで食べるのが当たり前の家庭で育てばそれが当たり前になる。 エビフライは何で食べるのが当たり前ですか? 私は愛知の出身で、トンカツもエビフライも味噌で食べるのが当たり前でした。 ソースでなら食べれますが、どうもあのタルタルソースで食べるのは当たり前と思えません。 が、世間的にはあたりまえなんですよね? なので、食べ方に正しいも間違いもなくそれぞれに違って良いんじゃないですか? ユーザーID: 2996236812• 天つゆにつけると衣がべちゃべちゃになって衣の食感が失われます。 さらに天つゆにつけて食べると素材の味も風味も天つゆにつぶされてしまいます。 で、てんぷらにソースですが、以前、お惣菜やさんでてんぷらを買ったらソースが付いてきましたけどね。 ユーザーID: 9707550745• 正しくなくても問題無し お父様は後期高齢者との事。 天ぷらにかけるものぐらい、好きに選ばせてあげれば良いと思います。 貴方が天つゆを使ったり、塩を付けていると文句を言われたり、邪魔をされたりするのでしょうか? そうでなければ、正しいか正しくないか議論をする事がそもそもの間違い。 ソースだろうが、醤油だろうが、何ならケチャップやマヨネーズでも、かけたい物をかけて食べれば良い事です。 因みに、御飯にマヨネーズをかける件ですが、正しいか?正しく無いか?で言えば、これが一番正しく無いです。 まあ、これとても人前で無ければ、どうぞご自由に、と思いますが、天ぷらにソースをかける人からすれば 「ご飯にマヨネーズをかける奴に文句は言われたくない」 と思うでしょうね。 ユーザーID: 1610513841• 根菜類の天婦羅にソースは旨そう 中学生の頃、近所の肉屋さんで売っている唐揚げが絶品で、家族で食べる夕飯のオカズとして月に2回は千円分買ったものです。 我が家では唐揚げにソースがデフォルトでした。 それから10数年たったある日、先輩が「行きつけの居酒屋に寄ってくから飯食っていけよ」と言うので、唐揚げ定食をオーダーしたのですが。。 唐揚げ定食が出てきたのでマスターに「ソースあります〜?」と言うと、先輩とマスターは驚愕して「唐揚げにソースはありえなーい!」と言うのです。 東北出身の二人は醤油ならアリと、宣うのです。 この時、私は二人に懇々と唐揚げにソースは有り得ないと説教されるのでした。 しかし今でも弁当にソースが付いてるとオカズの唐揚げに、かけてます。 ユーザーID: 2840866113• 正しいとか当たり前とか無いと思います。 後期高齢者の父親ならソースがそれこそ当たり前なのでは。 若い頃か小さい頃にソースは真新しいものだったのではと思う。 貴方が今思っている天つゆとか塩とかと同じ感覚です。 決めつけるのもどうかな。 既に鬼籍の70代前半夫の実家もソースでした。 天つゆ作りてんぷら出しても、ソースをどっぷりかけていたから、そういう食べ方もあるんだと思っていました。 それこそマヨネーズかけてのご飯もある意味特殊だと思うけど(私は何とも思わないが)貴方は自分のやり方は正しいと思うんですよね。 人がする事に正しいとか正しくないとかは、決めつける思考は良くないのでは。 ユーザーID: 0264119413• 正しいか誤りか トピ主さんはお父様の食べ方は、 正しくない食べ方とおっしゃりたいのですよね。 でも食べ方、味付けや調味料の好みに、 正しい誤りであるを使うのはよろしくないと思います。 一般的であるかどうか、であると思います。 お答えしますと、 西日本以西ではソースで天ぷらを食するのは、 一般的です。 天ぷら ソース で検索すると色分けした地図も出てきます。 全国チェーン、お店で麺を打つうどん屋さんにも、 だしソースなるものがあり、それを天ぷらにかけていただきます。 どうぞお試し下さい。 名古屋で食べた小倉トーストはおいしゅうございました。 名古屋発祥のチェーン喫茶店以外で、 定番で置いてあるお店は関西にはなかなかありません。 なのでたまに小倉トースト用の小瓶を購入して作っております。 ユーザーID: 1350719863• 天つゆはわかりますが こんにちは。 トピ主さん視野狭いですね。 この話、後期高齢者とか関係ないですよ。 多分、育った地域(本人またはその親など)ではないでしょうか。 わたしは21歳学生ですが、さつまいもの天ぷらだけはウスターソースです。 理由は、小さい頃からずっとそうだからです。 もちろん天つゆも試しましたー。 断然ウスターソースです。 ウスターソース最高です。 でも、えびとかは天つゆかな。 人生で美味しくご飯が食べられる時期ってすごく短いと思うんですよ。 だから、人の食べ方にどうこういわなくていいんじゃないですか。 その人が幸せなら。 天つゆみたいにソースを器に入れて、天ぷらをソースの海で泳がせて食べてるとかじゃないんでしょ。 家族なんだからもっとおおらかに生きようよ。 もう、おじいちゃんなんだし。 ユーザーID: 9609562720• 正解? ないない 子どもの頃は 母がフライや天ぷら等揚げてくれて 当たり前のようにウスターソースが置かれ食べてましたよ! 今でこそ天ぷら専門店あり 塩類や天つゆで食べてますが 当時は家庭で母親が作ってくれてましまたから とんかつソースはあったのかは記憶にないけど? 当時は鯨のフライをよく作ってくれてご飯前なのに揚げたてを「熱いのが美味しいから早くお食べ!」と何もソース等付けず食べさせてくれ また夕食にも他のおかずと並びましたよ! 結婚して子とも達に天つゆとソースを天ぷらには出してました。 揚げ物によって天ぷらとソースを使い分けしてましたしいています。 ゆず塩や岩塩等も揚げた食材で食べています。 天ぷらはこれ!揚げ物はこれ!じゃなくても 自分の口に合った美味しいと思うものを付けて食べたら良いのでは?! ユーザーID: 8297098826• 正しいとか当たり前とか 正しいとか当たり前とか… うちの実家では醤油でしたけど、「天つゆでないなんて邪道」でしょうか? >昔子供の頃テレビを見ていたとき、ご飯にマヨネーズをかけて食べている場面を見て僕もよく真似をして食べましたよ。 私からしたら、その食べ方の方が「正しい白ご飯の食べ方でしょうか」「白ご飯にマヨネーズなどかけないのが当たり前」ですけどね。 …自分の好みの食べ方を正しいの正しくないのと言われるのってどんな気持ちになるか、これでお分かりいただけますか。 >とにかく美味しかったですね。 お父様も、とにかく美味しいからソースかけてるんじゃない? 某うどん屋の卓上には天ぷら用のソースが置かれていますよ。 あれは天つゆでも醤油でもない、「ソース」です。 ユーザーID: 2848345810• これは年代にもよるかなぁ・・ 私はもう50を超えた人間ですけど、 例えば総菜で天ぷらを買ってきた場合などは 手っ取り早くソース(ウスターソースね)で食べてました。 天つゆを知ったのは、法事などで仕出料亭などに 親族が集まって食事をしたとかの時でサクサクの衣に じゅわっと天つゆが滲みて食べるのが子供心に美味しいと思ったものです。 親が家で天ぷらを作る機会はそんなに多くもなく、 天つゆも作ってはくれていましたけど、外食で食べる天つゆとは 味が違うので結局はソースで食べる・・・ そんな時代でした。 でも、今でも買ってきた天ぷらにしろ、家で簡単に揚げるにしても 「茄子の天ぷら」だけは絶対ウスターソースです。 ユーザーID: 3273395762• 大阪なので、割と普通 大阪という土地は、昔から、ソースをかけて食べる食べ物が他地域に比べて多いようです。 お好み焼き・タコヤキは勿論のこと。 カレーライス、豚まん、フライものなどなど・・・いろんなものにソースをかけがち。 メーカーにも割とこだわります。 ウスターソースはヘルメスソース、でもお好みソースは 大黒ソース、みたいな感じで。 玄米茶さんも書かれていますが、中小のソースメーカーが沢山あるというのも一因でしょうが ソースとポン酢しょうゆにはうるさい人が、大阪には多いです。 で、天ぷらもフライものですから、ソースで食べる人も普通にいます。 私自身は家で天ぷらというと、麺類の添え物的に揚げることが多いので、麺のスープや 付けつゆに浸して食べていますし、外食先では少しの塩と大根おろしで食べますが、 たまーに、スーパーのお総菜売り場などでレンコン天やさつまいも天を買って来て 冷えたまま、ソース(オジカソースのオリソース)をつけて食べます。 おやつとか、おつまみ的な扱いですね。 おかずじゃない。 でも美味しいです。 ユーザーID: 1843047108• 好きなものでいいじゃん 機会があれば、野瀬泰申「決定版 天ぷらにソースをかけますか? 」という本を一読を。 時代や地域によって食べ方は色々で、私自身は自分から進んではやりませんが、だからと言って、天ぷらにソースに違和感は感じませんね。 ちなみにうちでは、コロッケやトンカツには醤油でした。 それが小学生の時の修学旅行の夕食でコロッケが出てきた時、長野県から転校してきた同級生がソースと間違って醤油をかけてしまい、「これじゃ食えねえ」と言った時は、結構びっくりしました。 更に脱線すると、深沢七郎という大正時代に山梨県で生まれた作家が「下品とはこういうことかい?」とトンカツに醤油をかけたら、周りの人は「それはあんまりです」と。 私にとっては、ごく普通な光景なのですが。 ユーザーID: 8002794712• ばあちゃんが 面白いトピですね。 とんがったレスもありますが、食文化の違いがとても興味深いです。 天ぷらにソースですか。 関東で生まれ育った私は天ぷらには天つゆか塩か醤油なのでソースは驚きですが、考えてみると日本のソースってご飯にも合いますよね。 衣をつける点では天ぷらだって粉食。 お好み焼きやたこ焼き同様、ソースも美味しいかもしれません。 この料理にはこれ、と決めつけないで、自分の好きな食べ方でいいと思います。 さっぱりしていて美味しいですよ。 目玉焼きには醤油よりソースが好き。 厚揚げには醤油とマヨネーズを、時には田楽味噌をたっぷり塗って食べています。 ユーザーID: 2533622830• 広島在住です 何か噛み合わないお返事が。 食に関する蘊蓄(深い知識)があるなら、 逆に塩で食べること(当然、その塩だって藻塩とか抹茶塩とか種類もあるのも) ソースや醤油で食べる人たちがいる、そういった地方があること… それを知っていておかしくないんじゃないでしょうか。 トピ主さんが持っているのは、食に関する蘊蓄じゃなくてさ、 食に関する嗜好とか拘りじゃないのかな? トピ主さんの食べ方の流儀や好みを否定しません。 それはトピ主さんの価値観だから。 そして今書いたように、価値観の話ですから トピ主さんにとっての当たり前はまだ分かりますよ。 でもね、正しいか否かは全く別です。 価値観というのは正しい・間違いで 語るものじゃないからです。 ユーザーID: 7856283748• そうは言ってるが 九州出身です。 天ぷらにソースはかけないです。 かけるとしてもお弁当についてくる竹輪天くらいでしょうか。 我が家で天ぷらをする時って、山菜が手に入った時ばかりだったので、ソースより塩、物足りなかったり、素材に味がない時、残り物の天ぷらを食べる時は天つゆが主流だったからかと思われます。 山菜の他にさつま揚げや根菜の天ぷら、かしわ天等も揚げてましたが、かぼちゃや玉ねぎ、サツマイモなどはあげると甘みが増すので、そのままかつけてもちょっと塩で食べてました。 ごぼ天やかしわ天は〆のうどんのお供。 さつま揚げはつけても生姜醤油なので、ソースは出番がないです。 衣も薄付きだったので、ソースに負けちゃうのもあるかもしれませんね。 ちなみに最近は、山芋や里芋の天ぷらは韓国海苔で食べるのがマイブームです。 関西ではソースをつけるとレスがありますが、義理の姉が兵庫出身なんですが、義姉だけソースで子供と義兄は醤油で食べてます。 夫の実家は東北なんですけど、なんでも醤油。 コロッケも唐揚げにも、天ぷらにも納豆にも全部醤油です。 トピさんの家って面白いですよね。 お父さんはソース派でトピさんは塩か天つゆ派。 他の兄弟やお母さんは何で食べてたんでしょう? 家族がそれぞれ好きな味で食べてたのでしょうか? 個人的には天ぷらは素材の味を楽しみたいので、ソースは無しですが、大阪で食べたソースをつけた紅生姜の天ぷらは最高に美味しかったです。 ユーザーID: 7213096861• 家の中の話なら トピ主さんは、たまたま自分の生きて来た短い人生の中で、 天ぷらにソースをかけて食べたお父さんを見て、 「自分の中には天ぷらをソースで食べるなんてない」だけの 話であって、、、 『また皆さんは変わった食べ方をしていますか?』は、 天ぷら以外のことを聞かれたんですよね? だったらそういう文脈でトピを書いた方が良いです。 ちなみに天ぷらにソース、アリですよ。 しかもウスターソースね。 ここにトンカツソースや、 あるいは関西ではまったく需要のない中濃ソースはあり得ないです。 (自分は関西人なので) 醤油をつけて食べるのだってアリだし、塩もいいし マヨネーズソースやマヨネーズ醤油、マヨネーズケチャップでも いいでしょうしね。 でもこれは「変わっている」とは言い切れないですね。 冷えた天ぷらの温め直しとか、パパっと食べて余り物を片づける ような食べ方だと適当に調味料かけて食べるのは、 どこの地域でもそう変わらないでしょう。 で、お父様の場合、その場に天つゆもあったのにソースを 「あえて」かけて食べられたんですかね? 天つゆがなければソースくらいしかかけて食べるものないですからね。 ユーザーID: 3273395762• 私は断然 子供のころ、家庭では天ぷらに醤油をかけていました。 それに大根おろしがつくこともありました。 外食では天つゆでしたが、一般家庭で天つゆを用意するのはハードルが高かったからかな、と思います。 大人になってから、天ぷらを塩だけで食べるというのを聞いて、通な食べ方だと思ったものです。 最近、近所に天ぷらを一個単位で安く提供するのが売りの居酒屋があり、時々行っているのですが、その店ではお通し代わりに大根おろしを小鉢いっぱいが出てきて、卓上には天つゆ、塩、ソースが置いてあり、好きな味で食べるようになっています。 天ぷらにソース、そこで初めて試しましたがおいしかったです。 しかし、「ごはんにマヨネーズ」が好きな方に、「正しい」食べ方が何かなんて言われたくないですね。 おいしかったらなんでもいいじゃないですか。 ユーザーID: 9951473916• 天ぷらといっても種類も違うしね 家庭料理の天ぷらと高級な天ぷら専門店でも話は違うとは思う。 トピ主さんのお父様が銀座の予約半年待ちのような高級なお店で、 お店の店主が、この天ぷらはどうぞ天つゆでとか、これは塩で… のようなお勧めをしているのに、ソース以外は受け付けない!という頑固さが あるというなら、まあそれはそれで柔軟にしてほしいって思う。 こういったケースであるなら、正しいかとかの話は議論になるだろうな。 また、ここで語られる天ぷらにソースというのも地方というだけでなく 使われるものが違うという部分はゼロじゃないよね。 江戸前天ぷらのようなごま油で高温でカラッと揚げるものには 正直な話としてソースはあまり合わない気がするから。 塩でさえ、ごま油で揚げた天ぷらには弱すぎると思う。 そういった意味では江戸前天ぷらには天つゆが良いというのはあるだろう。 クセの少ない白絞油などを使った天ぷらだと、 何をつけても美味しく食べられるものになりやすいとも思う。 天ぷらと一言で言ってもさ、調理法もタネの種類も衣の付け方・厚さも 違うわけで、それらによって何を付けて食べると美味しいかも違うんじゃない? 更には食べる人の味付けの好みが入るんだよな。 ユーザーID: 7856283748• うふふ 天ぷらにソースをかけて食べる人を初めて見たのは職場でした。 思わずエッと声が出ました。 50過ぎの男性でしたが「オヤジもじいちゃんも天ぷらにはソースや」とのこと。 実家では天つゆ、おろし生姜、大根おろしで食べていました。 山菜など繊細な香りを楽しむものは藻塩で。 普通の塩と違ってまろみがある味が素材の味を引き立ててくれます。 ちょっとお高いですがお値段なりの仕事をしてくれます。 我が家では藻塩に抹茶、カレー、乾燥バジル、山椒などを加えたものを其々作っておきます。 一つの食材でもこれだけあると違った味として楽しめます。 自粛で買い物に行く回数がぐんと減った時も味変でちょっと胡麻化せました。 目新しいところで魚の天ぷらには藻塩に五香粉にを入れたものをつけると青魚が苦手な人でも美味しく食べることが出来ますよ! ぜひお試しを。 ユーザーID: 8167028707• 横レス気味ですが・・・。 徳島出身の夫も、てんぷらにウスターソースをかけます。 東北出身の私は、初めて見た時、とてもびっくりしました。 でも、うちで揚げたてのてんぷらを出すと、てんつゆを要求します。 「ウスターソースじゃないの?」と聞くと「冷めたてんぷらにはウスターソースで、あげたてはてんつゆじゃないと・・・。 」とのたまっていました。 私がてんぷら揚げで忙しそうにしていると、いそいそと自分でてんつゆを作っています。 かわった食べ方ですが・・・。 我が家では、青物のおひたしに、おしょうゆをかけて、マヨネーズを添えます。 おひたしにちょんちょんと、マヨネーズをつけて食べます。 実は、この食べ方、私の明治生まれのおばあちゃんがよくやっていた食べ方です。 とってもおいしいですよ。 ユーザーID: 3483922802• 今はそのまま うちは父がソースで母が醤油。 しばらく天つゆなんてものは知らなかったです。 天つゆを知らない時は、どっちが好みかと言えば醤油だったので、醤油で食べていましたが、ある日醤油が切れていたので塩をかけてみたら、塩の方が気に入ったのでそれから塩になりました。 どうやら面倒くさいと言う理由で天つゆを母が作らなかったので、それぞれ好きな物をかけて食べていたようです。 めんつゆを使えば簡単ですが母は料理にめんつゆは使わない人で、うどんですら自分でつゆを出汁をとって作っていました。 でも天ぷらの時だけは揚げるだけで面倒になって天つゆはわざと作らなかったようです。 天つゆを知った私が、天ぷらの時は天つゆを作るようになってからは天つゆです。 確か小学校高学年のころです。 ちなみに父は関西出身、母は東北出身です。 母が醤油だったのは単にソースが嫌いだからです。 父はカレーにもソースをかけます。 今は基本は天ぷらに天つゆではありますが、最近は抹茶塩もお気に入りです。 ユーザーID: 6907474200• いつも冷蔵庫にはにんべんのつゆが 生きていたらもう90近い、昭和一桁生まれの母は 週に1回ぐらいは野菜のてんぷらをあげていました つけてたべるのは にんべんのつゆをお湯、または水で薄めて 大根おろしをつけたもの でも薄めたつゆだけの時もあり、これは 天つゆだと思っていました 母も父も東京の生まれで西日本の方達のように 家でうどんを作ってたべるのは風邪をひいた時だけで 常食する習慣がなく 反して、よくお蕎麦は外食や出前で頼む以外にも家で作って食べました ちょっとだけ、冷蔵庫にある野菜を母がさっと、てんぷらを揚げてくれて その時は必ずにんべんのつゆにつけて 大根おろしでした 天つゆはこじゃれたもの、という感じではなく ブルドックソースと同じ、いつでも家にあるものでした ごはんにマヨネーズは食べないです ごはんはやっぱり納豆です 冬になるとまとめて買う泥ネギの その細かく切って納豆にいれたり そして青い部分はまた桜エビなどとまぜて かきあげてんぷらにして、みたいな感じですね 塩っていうのは結構おとなになって 誰かがお店できいてきた、みたいな感じです さつまいもにソースもおいしそうだというのは わかります そういえば大阪の方はてんぷらにソースの時もあるとかいっていたかな? 西日本の方はわりと甘口なんだなという印象です ユーザーID: 7404407146• うちもソースでした 父 大阪出身 母 九州出身 私 大阪生まれ大阪育ち大阪在住 天ぷらは豚カツソースとマヨネーズでした。 なんの疑いもなく食べていましたが わたしソースが苦手で。 お好み焼きはソースだけど(少なめ) 天ぷらはお塩でいただくようになりました。 正しい、というより色々な食べ方がある。 自由でよいかと。 結婚してからびっくりしたのは。 シャケのムニエルにソースかけて食べる 義両親 『ソースいらんのか?』と聞かれて 『ソースは…いらないです』 『変わってんなー』 と言われましたが。 ま、それも自由だから。 わたしがムニエルを振る舞うとしたら ソースも用意しますよ。 ユーザーID: 9337417001• なんとも視野の狭い 関東から大阪に移住して、周りの人に驚かれたのが肉まんの食べ方でした。 何もつけず食べるか、せいぜい辛子をつけて食べるのが普通だと思っていたら 大阪では少数派だったみたいで「変わっている」と言われました。 ソースか醤油を、かけて食べる方が美味しいし定番だと言われて 物凄く驚きました。 内心はソースとかをかける方が変じゃん! そう思いつつ「本当、ソースかけると美味しい」と周りに合わせました。 けれど最近は大阪でも肉まんは、そのまま食べる人が多いらしく ソースをかけると、変わった味覚の人・不健康な人扱いされる場合もあり 食べ方は食生活の変化が大きいみたいです。 天ぷらですが、ポン酢かレモンと塩で食べます。 ユーザーID: 6108733545• それぞれ 私は天ぷらは天つゆですね。 塩も試したことがありますが、ちょっと物足りない。 ソースは今回初めて聞いたけど、 サツマイモなら確かに美味しいかもしれない。 でもこういうある意味意外な組み合わせの発見で、 新しい料理が出来たりするのでしょうね。 私は関東育ちですが、家に常備するソースはウスターソースのみです。 当然、ソースを使う場面では、ウスターソースをかけます。 夫は九州育ちなのですが、たこ焼きはたこやきソースかお好み焼きソース、 とんかつはとんかつソース、と普段、食にこだわりがない人なのに ソースにはこだわります。 ウスターソース1本で育った私には、正直違いがわかりません。 結婚して数年はソースの事でよく揉めました(笑) ユーザーID: 0389749087• 家ではしないけど 「食」って、詰まるところ個人の好みだと思っています。 99人が美味しくても、1人嫌いな方もいるでしょうし、 「好き嫌い」と言ってしまえば、それまでです。 昨今の「食の流行」も、「蘊蓄の洪水」のような感じですが、 「他人は他人」で、良いだろうと思っています。 ですから「流行」や「星、いくつ」というのも、 それぞれ勝手で良いと、好きな方はそれで、優劣つければ良いですが、 結局「好み」は、人それぞれだと思っています。 ちなみに、私は、いつもではないですが、 天麩羅をソースで食べる事もします。 一時期、お好み焼きをポン酢で食べるのに嵌まり、 いまでも、その時の気分で、半分ポン酢、半分ソース(お好み焼き用)で 食べたりもします。 片寄った「栄養」でないのが、一番大事だろうとは思っています。 そういう意味では、 「ご飯にマヨネーズ」 他の食材によっては、栄養バランスが取りにくい 難ありって感じには思いました。 ユーザーID: 6783120802• 地域差です 天ぷらにソースかけて食べる方もいらっしゃいますね! 各々で美味しく食べられる調味料 味付け が違うのでそういう食べ方もあるんだ!って新鮮です。 新たな発見というか。 家族や友達を見ると天つゆ派、その次にソース派が多いかな。 みんな塩は物足りないそうです。 でも私は塩で食べるのが好き! 天ぷらではないのですが、食べ方のお話としてひとつ。 私は納豆を食べる時はからしと付属のタレを混ぜて食べるんですが、東北出身の友達曰く、納豆にはお砂糖をかけて食べるものだそうです。 おでんやお雑煮なんかも地方で色々違うし面白いですよね〜。 食文化って奥が深くて好きです! ユーザーID: 3587748215• それは「蘊蓄」とは言わない 「蘊蓄」ってご存知ですか。 十分に研究をして身につけた深い知識のことです。 浅薄なこだわりや思い込みを「蘊蓄」とはいいません。 天ぷらにソース、ある年代やある地方では日常的にそういう食べ方をします。 そこに「正しい」とか「間違っている」とかはありません。 食習慣の問題ですから。 あなたは「蘊蓄がある」と自負していますが、それは「蘊蓄」とはいいません。 あなたの単なる「こだわり」であり「思い込み」でしかありません。 本当に蘊蓄のあるかたなら、天ぷらにソースという組み合わせ、そういう食習慣があることを、その深い知識で当然のように知っれいるはずですからね。 ユーザーID: 1154146177• ご飯にマヨネーズかける人に そんなの人の好みでしょう。 ソースだろうが醤油だろうが天つゆだろうが塩だろうが、 自分が美味しいと思う食べ方でいいんじゃないですか? この食べ方が正しい、って誰が決めたの? 天ぷらはお店で食べるときは塩か天つゆがほとんどだからですか? だから正しいんですか?おかしな話です。 私はどの食べ方もしますよ。 塩もソースも天つゆも使って食べます。 その時の気分で変えています。 私の父も後期高齢者ですが、ソースで食べていましたよ。 というより、「揚げ物はソースで食べる」家庭でした。 天ぷらに限らず、エビフライやコロッケ、魚のフライ、何でもソースでした。 カレーにも必ずかけていました。 ただしウスター限定。 実家は愛知県で、ウスターといえばコレ!というソースがあります。 今でも実家に帰るとまとめて買って帰るくらいです。 私自身は、ソース自体は好きですが、揚げ物に何かかけるのが 嫌いな子供でしたので、野菜のかき揚げに少しかける程度で 海老や芋天、かぼちゃ天は何もつけないで食べていました。 とんかつは味噌だれかウスター。 フライものは基本ウスターですが、コロッケは今もソースなしが好きです。 天ぷらを塩で、というのは私の考えで言えばですが、 「こだわりの塩」があるのでそれで食べて欲しい、というお店の意向かなと。 塩でこんなに変わるのかと思うくらい味が違ってくるので。 今は天ぷらは塩で食べるのが好きです。 ユーザーID: 8183054394• 大手うどん屋チェーンで、天ぷら用のソース置いてありますよ 実家両親ともに関西出身で、 母実家は和食料理屋です。 父実家は江戸時代に広島から兵庫、赤穂のせいか 塩派も多いです。 まあ天つゆが多いのでは? 母は天つゆも塩も用意。 母の祖母(曾祖母)は奈良の農家でしたが、ご飯にマヨネーズ をかけて食べていました。 玉子焼きにもマヨネーズが… 進駐軍勤務の曾祖母のオバがバターを持って帰ってきて、食べ方が不明で、とりあえず味噌汁にいれて食べたら美味しかったというエピソードを持っていたので、其の類でマヨネーズ? 義両親の出身地は名古屋と東京で、普通に天つゆです。 夫は塩が大変、気に入り、塩派に。 天つゆは タコヤキを食べる時(明石焼き、などといいます)が多くなってしまって。 夫はくぎ煮も美山椒も大好きで、すっかり関西料理好きに。 色々、試すと新しい発見になって面白いですよね。 ユーザーID: 5210365287• 皆さんありがとうございました。

次の

天ぷらの天つゆ 自宅にあるめんつゆでの代用法ガイド

天ぷら 天つゆ

エビ天 エビ天に使用されるエビには、「たんぱく質」という栄養素が豊富に含まれています。 このたんぱく質には、体で筋肉が作られるのを助けてくれる働きがあると言われており、ダイエットには欠かせない栄養素と言われています。 筋肉というと、体重が増加するイメージが強く、ダイエット中は敬遠されがちなのですが、筋肉には基礎代謝を高めてくれる働きがあり、痩せやすい体を作ってくれる素になるのです。 さつまいも天 さつまいも天に使用されるさつまいもには、「食物繊維」という成分が豊富に含まれています。 この食物繊維には、整腸作用という腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の解消に効果を発揮してくれます。 食物繊維によって便秘が解消されると、体に蓄積された老廃物や毒素を排出しやすくなるので、痩せやすい体を作ることができるのです。 イカ天 イカ天に使用されるイカには、「タウリン」という成分が豊富に含まれています。 このタウリンには、血液中のコレステロール値を下げてくれる働きがあると言われており、肥満を解消し、ダイエットに効果的とされています。 タウリンによりコレステロール値が下がると、体内の中性脂肪も減らすことができるので、肥満の解消に繋がるのです。 舞茸天 舞茸天に使用される舞茸には、「MXフラクション」という成分が豊富に含まれています。 このMXフラクションは、舞茸特有の成分であり、中性脂肪を排出してくれる働きがあるため、肥満の解消に高い効果を発揮してくれるのです。 なす天 なす天に使用されるなすには、「ナスニン」という成分が豊富に含まれています。 このナスニンには、抗酸化作用という体を若返らせてくれる働きがあり、ダイエットに有効な成分の一つです。 ナスニンの抗酸化作用で体が若返ると、体の働きが活発になり、その結果基礎代謝を高めることができるので、痩せやすい体を作ることができるのです。 ししとう天 ししとう天に使用されるししとうには、「カリウム」という成分が豊富に含まれています。 このカリウムには、体に生じたむくみを解消してくれる働きがあると言われており、ダイエットに非常に効果的です。 人の体がむくむ主な理由は、余分な水分が体の部位に蓄積されることによるものと言われており、利尿作用のあるカリウムを摂取することで、尿と一緒にその余分な水分を排出することができるので、頑固なむくみを解消することができると言われています。 かき揚げ かき揚げに使用されることが多い玉ねぎには、「ケルセチン」という成分が豊富に含まれています。 このケルセチンには、体に蓄積された内臓脂肪の燃焼を促してくれると言われており、ダイエットに非常に高い効果を発揮してくれる成分です。 内臓脂肪は一度体についてしまうと、解消することはなかなか簡単ではないのですが、ケルセチンは効率的に内臓脂肪を燃焼してくれるので、おすすめです。 ダイエット中の天ぷらの注意点・デメリット 天つゆのカロリーに注意 ダイエット中の天ぷらの注意点として、天つゆのカロリーが高いという点が挙げられます。 天ぷらに天つゆをつけて食べるのが一般的な食べ方ですが、この天つゆは高カロリーになっており、つけすぎてしまうと太る原因となります。 ダイエット中は天つゆのつけすぎに注意するようにしましょう。 ご飯のカロリーに注意 ダイエット中の天ぷらの注意点として、ご飯のカロリーが高いという点も挙げられます。 天ぷらとご飯は相性が抜群で、天ぷらをご飯に乗せた天丼も人気のメニューですが、ご飯は炭水化物の一種であり、高カロリーな上に糖質も高く、太る原因になります。 ご飯の食べすぎは天ぷらのカロリーを引き上げてしまう原因になるので注意するようにしましょう。 天つゆではなく塩をかけて食べる 天ぷらのダイエット効果を高める食べ方として、天つゆではなく塩をかけて食べる方法がおすすめです。 先ほど、天つゆのカロリーが高いと紹介しましたが、その天つゆの代わりに塩をつけて食べることで、カロリーを抑えることができるので、より痩せやすくなります。 ただし、塩は食欲を増進したり、体にむくみを生じさせる原因になるので、つけすぎには注意するようにしましょう。 衣が薄い天ぷらを作る 天ぷらのダイエット効果を高める食べ方として、衣が薄い天ぷらを作る方法もおすすめです。 天ぷらのカロリーの大半を衣のカロリーが占めています。 この衣を薄くすることで、天ぷらのカロリーを大幅にカットすることができるのです。 高カロリーな天ぷらでも食べ方次第では痩せれる!.

次の