ビルダー バーグ 会議 2019。 ビルダーバーグ会議:ソーシャル・メディアの兵器化~「偽情報」で人心を幻惑/国家安全保障の課題に~

ビルダーバーグ会議で議論された『ソーシャルメディアの兵器化』

ビルダー バーグ 会議 2019

予想に反して 歴代初となる スイスのモントルーで開催となりました。 ビルダーバーグ会議2019 開催地はどこに? 実は 調べていても 今年は海外メディアにもあまりに記事が少なくて 会議の直後にしか詳しい内容がアップされていなかったのです。 というのも 昨年までは かなりいろんなメディアで予想が立てられ 有力な情報が多かったので 今年はかなり意外でした^^; まあ それだけに 今回の会議はかなり重要なもので 極秘に参加者も動いていたということでしょうね。 あとは 予想にあったアメリカの開催ではなくなったところを見ると この時期にアメリカでの開催は危険だということ??? とへんに勘ぐってしまいますね^^; 目次• 2019年ビルダーバーグ会議 議論の内容 第67回ビルダーバーグ会議は 2019年5月30日6月2日スイスのモントルーで開催となりました。 23カ国から約130名が参加 これまでと同様に、産業界、金融、学界、労働者、 そしてメディアからの政治的指導者や専門家の多様なグループが招待されています。 参加者については後ほど触れるとして 今回の議題が注目です! <2019年議論の主要なトピック> 1. 安定した戦略秩序 2. ヨーロッパの次は? 3. 気候変動と持続可能性 4. 中国 5. ロシア 6. 資本主義の未来 7. ブレクジット 8. 人工知能の倫理 9. ソーシャルメディアの武器化 10. 宇宙の重要性 11. サイバー脅威 2019年ビルダーバーグ会議 議論の深読み 昨年は かなり旬なキーワードが多かったのですが 今年は さらに進化した部分でのキーワードが多いのかなーと感じます。 「ヨーロッパの次は?」なんていうキーワードがあるということは 欧州におけるポピュリズムが浸透していくということなんでしょうか? さらには次の国があるということでしょうか?? 最近 香港のデモも大規模になっていますし もしかしたら 中国の動きがあるのかもしれません。 「人工知能の倫理」というキーワードになっているということは もうすでに 人工知能のコントロールもなされているのでしょうか? 人工知能に倫理を植え付けるとしても まだまだ未知数な感じがありますよね。 「気候変動と持続可能性」や 「ソーシャルメディアの武器化」や 「宇宙の重要性」という部分は 新たに出てきたキーワードですね。 「ソーシャルメディアの武器化」とは かなり過激な感じがしますね。 まあ すでにfacebookによるアラブの革命が起きているので コントロールはできているのかもしれません。 SNSを使われている皆様 どうぞお気を付けくださいね。 私もなるべく記事をアップする時や 事件の内容などを書く時 LINEなどでのやり取りなどはなるべく気を付けています。 何処で犯罪に巻き込まれるかわからない時代です。 最近は天界での話や 実際に予知夢で視ている内容は かなりリアルに将来起きることばかりですので このような公共の場では絶対に書きません。 (というよりも内容が濃すぎて書けません・・・^^;;) 将来的に 法整備もあっという間になされると たぶん 私のような 能力のある方々は 内容によっては 過去に書いた内容が犯罪予告とみなされ 逮捕される可能性もあるからです。 といっても 2009年からずっと 日本は戦争をすること 朝鮮は統一することを書いてしまっていますが・・・^^; 10年という月日が過ぎ 憲法改正となると このことも真実味が帯びてきましたね。 話は戻って 「宇宙の重要性」といえば 2024年までに「アルテミス計画」として 有人月面着陸をするとNASAが発表しましたね。 月には 資源が眠っているということもあり 世界的にも 宇宙開発に向かっていきそうですね。 2018年ビルダーバーグ会議 議論の振り返り 第66回ビルダーバーグ会議 2018年6月7-10日にイタリア・トリノで開催 ちなみに 昨年のキーワードはこちらでした。 ヨーロッパのポピュリズム 2. 不平等の挑戦 3. 仕事の未来 4. 人工知能 5. 米国中間選挙 6. 自由貿易 7. 米国の世界的リーダーシップ 8. ロシア 9. 量子コンピューティング 10. サウジアラビアとイラン 11. 時事問題 これをみると なんとなく こんな2018年だったなーと感じますね。 「ヨーロッパのポピュリズム」でいえば フランスもドイツも 移民政策などで政党が対立していますよね。 「不平等の挑戦」でいえば やはりベネズエラの問題が大きかったかなーと感じますね。 いまだに問題を抱えていますが ハイパーインフレで 暮らしに困り亡命する方も増えていますし。 「米国中間選挙」は 共和党圧勝とまではいかなかったのですが 「自由貿易」では 中国における関税で アメリカと中国の対立が激しくなっています。 「サウジアラビアとイラン」は 今年ちょうど最近になって 対立が目立ちますよね。 ちなみに 昨年の記事では こんなことを書いています。 2018年から ユーロ圏とロシアの対立など 何かが動く気がしますねー。 あと イタリア開催ということで カトリック総本家 バチカンのおひざ元ですね。 ブルナビ首相に注目すべき 話題として 彼女が正教会のキリスト教徒であること そして同性愛者だとすると なにか 欧州などで次々と 同性婚解禁、 規制緩和というような 驚くべき発表がありそうですよね・・・ 2017年 6月4日の記事ですが 予想が おおよそ当たってますねー^^ 中国の台頭。 トランプ大統領とイスラエル関係。 中東シリアでアメリカによる軍事介入。 ついでに 欧州のロシアへの対立。 今回は なんといっても イタリアの参加者勢に注目ですね! 会議の開催地はイタリアですし これだけ 財政関係者がいれば もう 遅かれ早かれ イタリアの改革に 手を伸ばす感じがしますね^^ 今年5月に 英国ハリー王子が 黒人系である メーガンさんと結婚したことも ある意味伏線で これから キリスト教の改革として 大々的に 婚姻など 同性婚解禁や 規制緩和に乗り出す形となりそうですね^^ イタリアで 何か起きるのかなーと予想していましたが 目立ったことはあまりなく 2018年、バチカンのニュースといえば 司教任命めぐり中国と歴史的合意と 虐待の告発が相次いだことでしょうか。 いずれにしても 昔からそうですが 宗教からみの事件のようなものは 今年も多くなりそうですよね。 2018年ビルダーバーグ会議 参加者リスト さて では参加者のリスト(グーグル翻訳)を見ますと こんな感じです。 以下 カストリーズ、アンリ・ド(FRA)、会長、運営委員会。 の社長。 ハドソン研究所上級研究員 ハルバーシュタット、ビクター(NLD)、財団法人ビルダーバーグ会議の会長。 ライデン大学経済学部教授 Achleitner、Paul M. (アメリカ)、議長、ユーザーの諮問グループ、国立宇宙協議会 Feltri、Stefano(ITA)、Il Fatto Quotidiano、副編集長 Ferguson、Niall(米国)、Milbank Family Senior Fellow、スタンフォード大学フーバー研究所 フィンセン、ラース(DNK)、ディレクター、デンマーク防衛情報サービス フレミング、ジェレミー(GBR)、英国政府通信本部長 Garton Ash、Timothy(GBR)、オックスフォード大学ヨーロッパ研究教授 Gnodde、Richard J. (USA)、Saul P. 元欧州委員 Henry、Mary Kay(アメリカ)、Service Employees International Union、国際会長 平山、マルティナ(CHE)、教育、研究、イノベーション担当国務長官 アリエル・インベストメンツLLC会長 ホフマン、リード(アメリカ)、共同創設者、LinkedIn。 パートナー、Greylock Partners Roche Holding Ltd. 、Vernon E. LLCのシニアマネージングディレクター Jost、Sonja(DEU)、最高経営責任者、DexLeChem Kaag、Sigrid(NLD)、貿易開発協力大臣 Karnti、Alex(USA)、Palantir TechnologiesのCEO Kerameus、Niki K.(GRC)、MP。 パートナー、Kerameus&Partners Kissinger、Henry A. (アメリカ)、Kissinger Associates Inc. コットキン、スティーブン(アメリカ)、プリンストン大学歴史国際問題教授 Krastev、Ivan(BUL)、自由主義戦略センター長 Kravis、Henry R. (アメリカ)、Kohlberg Kravis Roberts&Co. Pagoulatos、ジョージ(GRC)、ELIAMEP副学長、教授。 アテネ経済大学 TITAN Cement Company S. のCEO、Papalexopoulos、Dimitri(GRC)。 ペトレウス、David H. ラタス・ジュリ首相 Renzi、Matteo(ITA)、元首相。 イタリア共和国上院議員 ロックストーム、ヨハン(SWE)、ポツダム気候影響研究所研究所所長 ルービン、ロバートE. (アメリカ)、共同議長、外交評議会。 元財務長官 ルッテ・マーク(NLD)首相 サビア、マイケル(CAN)、社長兼最高経営責任者、ケベック州立大学 Sarts、Janis(INT)、ディレクター、NATO StratCom Center of Excellence Sawers、John(GBR)、Newbridge Advisory執行委員長 シャドロー、ナディア(アメリカ)、ハドソン研究所上級研究員 Schmidt、Eric E. (USA)、Alphabet Inc. (GBR)、Financial Timesのチーフエコノミクスコメンテーター Zeiler、Gerhard(AUT)、最高収益責任者、WarnerMedia Zetsche、Dieter(DEU)、元会長、Daimler AG 今回の参加者で 特に注目は オランダ王国陛下(NLD) Micklethwait、John(USA)、ブルームバーグLP編集長 Minton Beddoes、ザニー(GBR)、エコノミスト編集長 ホフマン、リード(アメリカ)、共同創設者、LinkedIn。 パートナー、Greylock Partners Cohen、Jared(USA)、創業者兼最高経営責任者、ジグソーパズル、Alphabet Inc. Schmidt、Eric E. (USA)、Alphabet Inc. のテクニカルアドバイザ ホワイトハウス大統領の上級顧問クシュナー、ジャレッド(アメリカ) あたりでしょうか。 オランダ王国陛下は以前は会議に参加されていたのですが 最近は参加されていなかったので 今年の会議の重要性を感じますね。 初参加としては ジグソーアルファベット社の創設者でCEOの ジャレッド・コーエン氏 ホワイトハウス大統領の上級顧問 クシュナー、ジャレッド氏ですね。 有名な経済誌の編集長も出席していますし いずれにしても 今年 アメリカで何かが起きるということには変わりない感じがします。

次の

ビルダーバーグ会議2020年の参加者メンバーは誰?

ビルダー バーグ 会議 2019

「影の世界政府」ともささやかれる ビルダーバーグ会議が、今月5月30日から6月2日にかけてスイスのモントレーで開催される。 世界の行く先を決める秘密会議ともいわれるビルダーバーグ会議で、今年は何が話し合われるのだろうか。 毎年120〜140人が参加するが、内容は完全非公開で、参加者も誰が何を話したかを明らかにしてはならないというルールが存在するため、その実態は不明である。 しかし、欧米の大物が多数参加することから、世界の未来を決める「 影の世界サミット」だとかねてより噂されている。 前述の通り、ビルダーバーグ会議について公にされる情報は非常にわずかであり、公式ウェブサイトにはその年の議題と参加者一覧が掲載される程度である。 5月28日付で発表された今年の主要な議題は、以下のようなものだ。 A Stable Strategic Order(安定した戦略的秩序) 2. What Next for Europe? (ヨーロッパで次に何が?) 3. Climate Change and Sustainability(気候変動と持続可能性) 4. China(中国) 5. Russia(ロシア) 6. The Future of Capitalism(資本主義の未来) 7. Brexit 8. The Ethics of Artificial Intelligence(人工知能の倫理) 9. The Weaponisation of Social Media(ソーシャルメディアの武器化) 10. The Importance of Space(宇宙の重要性) 11. Cyber Threats(サイバーの脅威).

次の

ビルダーバーグ会議2019

ビルダー バーグ 会議 2019

予想に反して 歴代初となる スイスのモントルーで開催となりました。 ビルダーバーグ会議2019 開催地はどこに? 実は 調べていても 今年は海外メディアにもあまりに記事が少なくて 会議の直後にしか詳しい内容がアップされていなかったのです。 というのも 昨年までは かなりいろんなメディアで予想が立てられ 有力な情報が多かったので 今年はかなり意外でした^^; まあ それだけに 今回の会議はかなり重要なもので 極秘に参加者も動いていたということでしょうね。 あとは 予想にあったアメリカの開催ではなくなったところを見ると この時期にアメリカでの開催は危険だということ??? とへんに勘ぐってしまいますね^^; 目次• 2019年ビルダーバーグ会議 議論の内容 第67回ビルダーバーグ会議は 2019年5月30日6月2日スイスのモントルーで開催となりました。 23カ国から約130名が参加 これまでと同様に、産業界、金融、学界、労働者、 そしてメディアからの政治的指導者や専門家の多様なグループが招待されています。 参加者については後ほど触れるとして 今回の議題が注目です! <2019年議論の主要なトピック> 1. 安定した戦略秩序 2. ヨーロッパの次は? 3. 気候変動と持続可能性 4. 中国 5. ロシア 6. 資本主義の未来 7. ブレクジット 8. 人工知能の倫理 9. ソーシャルメディアの武器化 10. 宇宙の重要性 11. サイバー脅威 2019年ビルダーバーグ会議 議論の深読み 昨年は かなり旬なキーワードが多かったのですが 今年は さらに進化した部分でのキーワードが多いのかなーと感じます。 「ヨーロッパの次は?」なんていうキーワードがあるということは 欧州におけるポピュリズムが浸透していくということなんでしょうか? さらには次の国があるということでしょうか?? 最近 香港のデモも大規模になっていますし もしかしたら 中国の動きがあるのかもしれません。 「人工知能の倫理」というキーワードになっているということは もうすでに 人工知能のコントロールもなされているのでしょうか? 人工知能に倫理を植え付けるとしても まだまだ未知数な感じがありますよね。 「気候変動と持続可能性」や 「ソーシャルメディアの武器化」や 「宇宙の重要性」という部分は 新たに出てきたキーワードですね。 「ソーシャルメディアの武器化」とは かなり過激な感じがしますね。 まあ すでにfacebookによるアラブの革命が起きているので コントロールはできているのかもしれません。 SNSを使われている皆様 どうぞお気を付けくださいね。 私もなるべく記事をアップする時や 事件の内容などを書く時 LINEなどでのやり取りなどはなるべく気を付けています。 何処で犯罪に巻き込まれるかわからない時代です。 最近は天界での話や 実際に予知夢で視ている内容は かなりリアルに将来起きることばかりですので このような公共の場では絶対に書きません。 (というよりも内容が濃すぎて書けません・・・^^;;) 将来的に 法整備もあっという間になされると たぶん 私のような 能力のある方々は 内容によっては 過去に書いた内容が犯罪予告とみなされ 逮捕される可能性もあるからです。 といっても 2009年からずっと 日本は戦争をすること 朝鮮は統一することを書いてしまっていますが・・・^^; 10年という月日が過ぎ 憲法改正となると このことも真実味が帯びてきましたね。 話は戻って 「宇宙の重要性」といえば 2024年までに「アルテミス計画」として 有人月面着陸をするとNASAが発表しましたね。 月には 資源が眠っているということもあり 世界的にも 宇宙開発に向かっていきそうですね。 2018年ビルダーバーグ会議 議論の振り返り 第66回ビルダーバーグ会議 2018年6月7-10日にイタリア・トリノで開催 ちなみに 昨年のキーワードはこちらでした。 ヨーロッパのポピュリズム 2. 不平等の挑戦 3. 仕事の未来 4. 人工知能 5. 米国中間選挙 6. 自由貿易 7. 米国の世界的リーダーシップ 8. ロシア 9. 量子コンピューティング 10. サウジアラビアとイラン 11. 時事問題 これをみると なんとなく こんな2018年だったなーと感じますね。 「ヨーロッパのポピュリズム」でいえば フランスもドイツも 移民政策などで政党が対立していますよね。 「不平等の挑戦」でいえば やはりベネズエラの問題が大きかったかなーと感じますね。 いまだに問題を抱えていますが ハイパーインフレで 暮らしに困り亡命する方も増えていますし。 「米国中間選挙」は 共和党圧勝とまではいかなかったのですが 「自由貿易」では 中国における関税で アメリカと中国の対立が激しくなっています。 「サウジアラビアとイラン」は 今年ちょうど最近になって 対立が目立ちますよね。 ちなみに 昨年の記事では こんなことを書いています。 2018年から ユーロ圏とロシアの対立など 何かが動く気がしますねー。 あと イタリア開催ということで カトリック総本家 バチカンのおひざ元ですね。 ブルナビ首相に注目すべき 話題として 彼女が正教会のキリスト教徒であること そして同性愛者だとすると なにか 欧州などで次々と 同性婚解禁、 規制緩和というような 驚くべき発表がありそうですよね・・・ 2017年 6月4日の記事ですが 予想が おおよそ当たってますねー^^ 中国の台頭。 トランプ大統領とイスラエル関係。 中東シリアでアメリカによる軍事介入。 ついでに 欧州のロシアへの対立。 今回は なんといっても イタリアの参加者勢に注目ですね! 会議の開催地はイタリアですし これだけ 財政関係者がいれば もう 遅かれ早かれ イタリアの改革に 手を伸ばす感じがしますね^^ 今年5月に 英国ハリー王子が 黒人系である メーガンさんと結婚したことも ある意味伏線で これから キリスト教の改革として 大々的に 婚姻など 同性婚解禁や 規制緩和に乗り出す形となりそうですね^^ イタリアで 何か起きるのかなーと予想していましたが 目立ったことはあまりなく 2018年、バチカンのニュースといえば 司教任命めぐり中国と歴史的合意と 虐待の告発が相次いだことでしょうか。 いずれにしても 昔からそうですが 宗教からみの事件のようなものは 今年も多くなりそうですよね。 2018年ビルダーバーグ会議 参加者リスト さて では参加者のリスト(グーグル翻訳)を見ますと こんな感じです。 以下 カストリーズ、アンリ・ド(FRA)、会長、運営委員会。 の社長。 ハドソン研究所上級研究員 ハルバーシュタット、ビクター(NLD)、財団法人ビルダーバーグ会議の会長。 ライデン大学経済学部教授 Achleitner、Paul M. (アメリカ)、議長、ユーザーの諮問グループ、国立宇宙協議会 Feltri、Stefano(ITA)、Il Fatto Quotidiano、副編集長 Ferguson、Niall(米国)、Milbank Family Senior Fellow、スタンフォード大学フーバー研究所 フィンセン、ラース(DNK)、ディレクター、デンマーク防衛情報サービス フレミング、ジェレミー(GBR)、英国政府通信本部長 Garton Ash、Timothy(GBR)、オックスフォード大学ヨーロッパ研究教授 Gnodde、Richard J. (USA)、Saul P. 元欧州委員 Henry、Mary Kay(アメリカ)、Service Employees International Union、国際会長 平山、マルティナ(CHE)、教育、研究、イノベーション担当国務長官 アリエル・インベストメンツLLC会長 ホフマン、リード(アメリカ)、共同創設者、LinkedIn。 パートナー、Greylock Partners Roche Holding Ltd. 、Vernon E. LLCのシニアマネージングディレクター Jost、Sonja(DEU)、最高経営責任者、DexLeChem Kaag、Sigrid(NLD)、貿易開発協力大臣 Karnti、Alex(USA)、Palantir TechnologiesのCEO Kerameus、Niki K.(GRC)、MP。 パートナー、Kerameus&Partners Kissinger、Henry A. (アメリカ)、Kissinger Associates Inc. コットキン、スティーブン(アメリカ)、プリンストン大学歴史国際問題教授 Krastev、Ivan(BUL)、自由主義戦略センター長 Kravis、Henry R. (アメリカ)、Kohlberg Kravis Roberts&Co. Pagoulatos、ジョージ(GRC)、ELIAMEP副学長、教授。 アテネ経済大学 TITAN Cement Company S. のCEO、Papalexopoulos、Dimitri(GRC)。 ペトレウス、David H. ラタス・ジュリ首相 Renzi、Matteo(ITA)、元首相。 イタリア共和国上院議員 ロックストーム、ヨハン(SWE)、ポツダム気候影響研究所研究所所長 ルービン、ロバートE. (アメリカ)、共同議長、外交評議会。 元財務長官 ルッテ・マーク(NLD)首相 サビア、マイケル(CAN)、社長兼最高経営責任者、ケベック州立大学 Sarts、Janis(INT)、ディレクター、NATO StratCom Center of Excellence Sawers、John(GBR)、Newbridge Advisory執行委員長 シャドロー、ナディア(アメリカ)、ハドソン研究所上級研究員 Schmidt、Eric E. (USA)、Alphabet Inc. (GBR)、Financial Timesのチーフエコノミクスコメンテーター Zeiler、Gerhard(AUT)、最高収益責任者、WarnerMedia Zetsche、Dieter(DEU)、元会長、Daimler AG 今回の参加者で 特に注目は オランダ王国陛下(NLD) Micklethwait、John(USA)、ブルームバーグLP編集長 Minton Beddoes、ザニー(GBR)、エコノミスト編集長 ホフマン、リード(アメリカ)、共同創設者、LinkedIn。 パートナー、Greylock Partners Cohen、Jared(USA)、創業者兼最高経営責任者、ジグソーパズル、Alphabet Inc. Schmidt、Eric E. (USA)、Alphabet Inc. のテクニカルアドバイザ ホワイトハウス大統領の上級顧問クシュナー、ジャレッド(アメリカ) あたりでしょうか。 オランダ王国陛下は以前は会議に参加されていたのですが 最近は参加されていなかったので 今年の会議の重要性を感じますね。 初参加としては ジグソーアルファベット社の創設者でCEOの ジャレッド・コーエン氏 ホワイトハウス大統領の上級顧問 クシュナー、ジャレッド氏ですね。 有名な経済誌の編集長も出席していますし いずれにしても 今年 アメリカで何かが起きるということには変わりない感じがします。

次の