マツコデラックス 被害者の会。 【悲報】立花、マツコ・デラックス被害者の会(株)を立ち上げる

【悲報】N国立花さん、マツコ・デラックス被害者の会(株)設立wwwwwwwwww

マツコデラックス 被害者の会

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 今や押しも押されもせぬ国民的人気タレントとなったマツコ・デラックスに、〝芸能界引退〟の怪情報が飛び交っている。 「彼女は以前から将来的な引退プランを口にしており、もとから〝生涯芸能界〟で生きていくつもりはありません。 しかし、ここ最近は前にも増して弱気な発言が目立っていて、これまでとは〝本気度〟が違うようなんです」(芸能ライター) その片鱗は、5月11日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)でも見られた。 緊急事態宣言により放送を中止していた番組にとって、同日は再開後初となる月曜日の放送。 月曜コメンテーターのマツコは音声のみで電話出演し、MCのふかわりょうからはステイホームの過ごし方についての質問が飛んだ。 マツコは「のんびりやっていますよ」としながらも、「普段からどんないいかげんな仕事してたんだろうと思って」「(世間の)みなさんは大変な思いをされているけども、この業界はあってもなくても一緒だってことが分かりましたよ」とポツリ。 芸能界全体、ひいては自分自身の存在意義を自ら否定するようなコメントを残し、珍しく弱音を吐く形となった。 無力感、精神疲労…意外とメンタルが弱かった? 「本来であれば、このような有事において、テレビは娯楽を提供して国民の心を解きほぐすという精神的に重要な役割を秘めています。 しかし、収録が行えない現在はその役割すら果たせていませんから、最前線で重要な役割を果たす医療従事者や食品・小売・運送業の従事者と比べた無力さに打ちひしがれてしまったのでしょう」(芸能事務所関係者) また、これまで積み重っていた不満が〝コロナ〟をきっかけに爆発してしまったのではとも…。 「マツコはブレークした2010年ごろから、『マツコの部屋』(フジテレビ系)や著書等で『こんなにテレビに迎合するつもりはなかった』『テレビに魂を売った』などと葛藤を口にしていました。 こうした思いがコロナ禍での無力感で爆発したのかもしれません。 一方で、『NHKから国民を守る党』の立花孝志代表が設立した『マツコ・デラックス被害者の会』とのトラブルによる精神疲労も大きいでしょう。 昨年からもめていて現在は法廷闘争の真っ最中ですし、代理人とのやり取りや訴状の送付等でも神経はすり減りますからね」(芸能ジャーナリスト) 確かに、エンターテインメント等の娯楽産業は〝余暇〟という字の通り、基本的な生活があった上で成立する産業。 突き詰めれば〝不要不急〟の代表格ではあるものの、マツコに勇気付けられている医療従事者も多いはず。 弱音を吐かず、これからもガンバってほしいものだ。

次の

N国党はやっぱり頭がおかしいの?マツコデラックス被害者の会の経緯とは?|TRIP8J★BLOG

マツコデラックス 被害者の会

有言実行。 立花孝志はマツコ・デラックス氏と東京MXを訴えます! はい。 政党代表ユーチューバーがNHKをぶっ壊す。 ということで、令和2年、2020年3月2日15時47分であります。 もう3月ですよ。 マツコ・デラックスさん抗議をしてから、かれこれ8・9・10・11・12・1・2・3と8カ月目に入ります。 マツコ・デラックスさんを提訴いたしましたということですが、ちょっとここに至った経緯、まとめてみたいと思いますが。 世の中やるぞやるぞとか言って最後、やらない人がすごく多くてまとめまで最後までやり抜こうと、やり抜いてるのが私でありまして、経緯を説明すれば、なぜ今訴えるのかというところがお分かりいただけると思います。 マツコ&東京MXを訴える経緯 7月20日、昨年7月20日、おかげさまでNHKから国民を守る党が選挙、参議院選挙当選をさせていただきました。 公党になったのが正式にスタートした7月29日、この日の夕方5時に5時に夢中という番組でマツコ・デラックスこと 松井貴博さんですね。 被告はマツコ・デラックスこと松井貴博さんです。 のでよかったら、ご覧ください。 原告は私っていうか、NHKから国民を守る党の代表者、立花孝志とマツコ・デラックス被害者の会株式会社の代表取締役社長の立花孝志が原告。 被告はマツコ・デラックスこと松井貴博さんと東京メトロポリタンテレビジョン株式会社の代表取締役、 後藤亘さんとこういう関係になる。 そして弁護士が村岡先生と。 村岡弁護士が担当ということで、マツコ・デラックスさんであったり、東京MXさんの弁護士というのはこれから出てくるとは思いますけども、その問題発言、どんなこと言ったのが問題なんだっていうことを、これ一番大事だと思うんですが、7月の29日の段階で8位、東京スポーツN国党のNHKをぶっ壊す、小・中学校の間で流行というテーマで、それに対しての題材を取り上げたものということでの発言が別紙1の通りというところで、こういう発言をされてます。 マツコ・デラックス氏の問題発言の内容とは? これからじゃないんですか。 この人たちが本当にこの目的のためだけに国政に出られたら、それに税金を払われたら、受信料もそうだけど、そっちのほうが迷惑だし、一体、これからなにをしてくれるか判断しないと、今のままじゃね、ただ、気持ち悪い人たちだから。 ここなんですよね。 税金をN国のために使ったら受信料もそうだけど、そっちのほうが迷惑だし、このままじゃね、ただ、気持ち悪い人たちだから。 いや、 気持ち悪い人たちがどうかについては、主観っていうのがあるので、それは構わないです。 これはN国党の立候補した人たちのことを言ってるので、これはいいと思うんですけども、 コメントで票数が伸びた一因ってなんだと思いますかに対して、さあはははなんだろう、冷やかし冷やかしじゃない。 もちろんだから、受診料を払うということに対して、疑問を持ってるし、真剣にそう思ってる人もいるだろうけど、なんかふざけて入れてる人も相当数いるんだろうなとは思う。 ここなんですよね。 このふざけて入れている人も相当数いると。 これは完全にその選挙で投票した人に対しての侮辱になりますよね。 しかもそのふざけて入れていた人がいるっていうことについて、 推理することは自由なんですけども、やっぱり選挙に行くこと自体が、僕はふざけてる人っていないんじゃないかなと思うんですよね。 有権者そのものを馬鹿にしてると。 選挙に行ってですよ、一票を投じる人のことをふざけてるっていうことを言い出したら、じゃあふざけてない有権者っているんですかと。 どれぐらいいるんですかってなりかねないでしょう。 マツコ氏の問題発言 例えば自由民主党の公約ちゃんと分かって入れてますか、共産党の共産主義っていうことについてちゃんと分かって入れてますか、立憲民主党の主党ちゃんと分かって入れてますか、ってなるじゃないですか。 NHKから国民を守る党NHKにお金を払わない受信料踏み倒す人を応援します。 めっちゃくちゃ分かりやすいことに対して賛同してる人たち、これふざけてる言っていいのかなっていうのありますね。 そうそうだから、でもだから逆にいうと真面目にNHKの受信料問題に語ったとして、そしたらここまで話題になるかってこと、ここまで話題になったっていうと難しいからで、それで効果も出たっていう意味もあるんですよね。 とこう言ってるんですけども、ちょっとその次の問題ですね。 ちょっと宗教的な感じもあるんだと思うんだよね。 そんなNHKをぶっ壊す教みたいな。 僕、この気持ち悪いとか、宗教的っていうことについてはふざけてるか、いわゆるN国党を批判するのは、僕はいいと思うんですけどうちの党から立候補した人、いわゆる被選挙権を行使してる人。 でも 選挙権を行使してる一般の有権者に対して、宗教的な感じとか、いわゆるN国応援する人は、宗教的なんだみたいなことについては、やっぱりこれ問題発言だと思うんですよね。 これをテレビでやることに問題があるって言ってるわけですよ。 ちょっとお話をここ振り出したので、ちょっといくと 放送法4条っていうのが非常にこれ重要で、根底はその放送法4条について国民の人が理解してないことが多いので、ここをちょっと僕のYouTubeご覧になってる方はよく分かってると思うんですが。 第四条 放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。 )の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。 一 公安及び善良な風俗を害しないこと。 二 政治的に公平であること。 三 報道は事実をまげないですること。 四 意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。 2 放送事業者は、テレビジョン放送による国内放送等の放送番組の編集に当たつては、静止し、又は移動する事物の瞬間的影像を視覚障害者に対して説明するための音声その他の音響を聴くことができる放送番組及び音声その他の音響を聴覚障害者に対して説明するための文字又は図形を見ることができる放送番組をできる限り多く設けるようにしなければならない。 php? 国民共通の財産を東京MXテレビは使っているんだから、次のことを守りなさいということで、放送法4条1項、公安及び善良な風俗を害しないこと、これは1号なんですが、2政治的に公平であること、3報道は事実を曲げないですること、4意見が対立してるものについては、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすることとこうなってるんですね。 政治的に公平であることっていうことを放送局はテレビ局はこれ強く求められているんです。 反論の機会を用意するだけでよかったのに・・・ マツコ・デラックスさんの発言そのものは、それだけが、そう大きな問題かっていうと、そうじゃなくて、反対側の意見もちゃんと入れておけば、こんな問題にならなかったですよ。 ところがマツコ・デラックスさんの横に女性の方が2人座ってやってるわけですよね。 2人ともがうちの党の悪口を言ってると。 公平性に欠けるんでしょ。 根拠もなく、政治的だとか、そういうことをいうのは、表現の自由をはるかに超えていってるんじゃないかと。 この 7月の29日に問題の発言があって、8月5日には反論させてくださいということをこちらは言ってるわけですよ。 そんなに立花がおかしいんだとか、宗教的だって言うんだったらVTRでもいいし生放送でも収録行きますよと、言ってるわけですね。 それでも無視するわけですよ。 2週間無視したので、8月の12日に1回目の抗議をしに、これ 東京MXのディレクターの方ほうから要請があったんすよ。 MX出口1個しかないから、立花さん、マツコさんの出待ちしたらどうですかっていうのがあったから、僕は行って1回目の抗議をしたわけですよ。 このときに、事前に警察にも言ってなかったので、2回目・3回抗議をしてるんですが、8月の19日には、これは、支援者の皆さんはこちらの参議院のほうであとで説明をするのでっていうようなことで、2回目やりました。 3回目が8月26日ということで、毎週月曜日5時にやってたんですけども。 途中で高須クリニックの高須院長( 高須克弥氏)からマツコさんをいじめるなみたいなマツコ・デラックスをいじめるなみたいなそういう意見がいっぱいいただいたんで、 高須院長とも対談させていただいたっていうのが、このときですね。 これが今回裁判を提訴したというところ。 この順番にいくと、こうなんですね。 このときにはまだまだそのテレビ局も僕のことを注目して扱ってたので、結構大きな話題にはなってたんですけども、その後別の今回、村岡先生、村岡弁護士が受けてくれたんですが、別の弁護士さんの事務所にいったん裁判引き受けていただいたんですが、そこに対しての問い合わせの電話やメールが殺到したために弁護士さんがちょっと無理ですっていうことで、いわゆる断られたっていうのがありました。 それで、しばらくちょっとやってくれる弁護士さんを探してたんですけども、そんななか見つかりました。 担当は正義の!村岡弁護士です やっていただけるということで、 村岡弁護士にお願いをして11月の12日付で内容証明郵便で、東京MXさんやマツコ・デラックスさんに対して謝罪する気はないんですかというようなところでFAXを送ってたんですけど、この時点でも党としてFAXも手紙も送ってるんですが、返事がなくて内容証明郵便を送る前もFAX送ってます。 12月末を期限にもし連絡がなければ説明も謝罪もないようだったら裁判しますよって内容だったんですが、12月末に弁護士さんが電話をしても、結局出ないということなので。 もう裁判、ここで最終的な確定ということで年が明けた1月中にこの1月いっぱいはパスポートをつけてこの募集、マツコ・デラックスさんを訴える原告になってくれる人、パスポートをつけてくれないと、と。 これはパスポートをつけないと、有権者である証明ができないということで結構高いハードルをさせていただきました。 それで 最終的には党とプラス82名の方が原告団として入っていただいて正確にいうと、マツコ・デラックス被害者の会株式会社に債権を譲渡してくれた方、82名とNHKから国民を守る党の私立花孝志の原告団で、先週金曜日に東京地方裁判所に提訴させていただいたとこういう流れです。 だからちゃんと段階を踏んでやってるでしょ。 抗議しても、結局は謝る気もなければ反論させるつもりもないということなので裁判をする前にしっかりと相手側に 謝罪する気ないんですか、なにか説明する気ないんですか、ということでずっーと、これ無視し続けてるんですよ、東京MXは。 だから今回、裁判所にお願いをして損害賠償金を請求するとこういう運びになったと。 損害額は1人1,000円ということで、82名ということで83,000円を請求してます。 ただ、これは投票していただいた方が100万人ほどいらっしゃいますからもしこれで1,000円でも500円でも勝ち取れるようなことがあれば1,000円取れるかどうか。 1,000円取れれば100万人で1,000人となれば、全員がもし訴えたら1千万・1億・10億とかいう額になってきますので、結構な額になります。 テレビは核兵器に勝る武器。 だから法を遵守しないといけない 1万人訴訟! この判決をもって、とりあえず82人の人が私と一緒にやってもらえるっていうことなんですが、 もしこれでマツコさん、あるいは東京MXが敗訴してお金を払えとなったら、今原告になってない方も、追加で裁判、別の裁判を立てることができますから、とりあえず試しにこっからスタートしたとこういうことです。 なんか、こう去年のマツコさんを追いかけてるときの激動の時期、7月に当選して実質上7月の末から忙しくなりまして、8月の4日にサンデージャポンの生放送が決まってたんだけど、これ僕、行かなかったですね。 呼んでくれなかったんで。 もうTBSに出ないとかね。 9月の6日このあと、フジテレビが例の脅迫事件を、もう9月の6日の時点で知ってて、9月の9日に月島警察署に僕が脅迫事件の被疑者として呼ばれて、いまだにこの僕の被疑事件9月の8日に僕を取り調べしておきながら、もう10・11・12・1・2・3もう半年でしょ。 いまだに警察になにも言ってこないですよね。 立花孝志書類送検みたいなそんなものだけ出しておけば、立花が悪いイメージで。 だから僕のイメージって、ものすごいうわべだけしか見てない人からしたら、相当悪いイメージがあると思うんですけど、それはそれで、別に僕のことを悪くいう人は別に、ご自由にどうぞと思ってるので、全然気にしてないんですけども。 僕はなぜここまでやってるかっていうと、放送法4条をしっかり守れって、言ってるんですよ、テレビ局は。 インターネットじゃないんだから、あなたたちは政治的に公平・中立にしないといけない。 国民の共通電波使ってやってるから、それぐらい テレビっていうのは、核兵器に勝る武器だから、いくら東京MXが東京だけでしかやってないと言っても、やっぱりテレビという国民の共通の財産を使ってる以上は、放送法4条の公平・政治的に公平・中立な立場、守りなさって言ってるわけですよ。 マツコさんの発言を僕は抑えようと気はないけども説明しろよっていうことですよ。 なぜ逃げ回ってんのよって。 説明をして、こういう意図じゃなかったんですとか、誤解があったらすいませんか、立花さんが文句あるんだったら反論があるんだったら、どうぞスタジオに来てしゃべってくださいとか、VTRでしゃべってくださいってやればいいわけでしょ。 投票した人がふざけてるとか、宗教的だとか、そんな差別をしておき、侮辱をしておいて、なにもお咎めなしっていうわけいかないからやってるわけです。 僕は途中でやめない。 第一回弁論はゴールデンウィーク前。 ぜひ傍聴を! 森友学園事件もそうでしょう。 あれ人が死んでるんですよ。 3月の確か、6日か7日、ちょっと忘れましたけど、もうちょうど丸2年前、財務省の近畿財務局の人が刺されてるわけですよ。 モリカケ問題とか、こう言われてますけども、モリカケ問題って一緒にしちゃ駄目です。 森友問題は人が死んでいて公文書の改ざんまでされてるわけですから、この問題は途中でやめちゃいけないです。 まだなんの解決にもなってないでしょ。 だからそういうことをしっかりとやっていくのが本来、政治家であるこれジャーナリストだよ、人間として当然のことでしょう。 マツコ・デラックスさんの問題は、なんにも解決してないわけです。 あの発言は。 有権者の皆さんを侮辱したことについては、なんにも解決してないんですよ。 黙ってたら、嵐が過ぎ去るからじっとしてようなんて考えが、僕は一番嫌いなんですよ。 だからいつまでも、こうやって追いかけます。 森友学園だって追いかけます。 もちろん、NHKもそうですよ。 僕が15年前にNHK悪いことしてる。 内部告発をしました。 NHKは時をたつのを待った。 僕の15年前の内部告発なんてほとんどの人が知らない。 でも立花、ずーっとこの15年間やり続けて、途中でやめない。 それを多くの人がっていうか、一部の人でしょうけど、強く指示をしてくれたおかげで選挙で当選できたわけですから。 今コロナウイルスだとか言われてますけども、なんかはやりにばっかり皆さん追いかけてて、僕はコロナウイルスに関してはかかって死ぬ人はもう他にも、どんな状態でももう死にますよ。 そりゃ、最後のとどめみたいなもんだし。 かかっても治るわけだから、ほぼほぼね。 子供とか、特に中学生・高校生とか、そういう元気な特に元気な若者が感染をして死んだという症例はあまりないわけですから、そんなに怖がることよりもそれこそ栄養をしっかり寝て、栄養バランスをとってストレスためないで、もし感染したとしたらゆっくり休んで治せばいいと僕はそう思ってるので、もうちょっとなんかコロナウイルスがなんだコロナウイルスとか、なんかこう時代に流れに乗るんじゃなくて。 もう森友問題、そしてこのマツコ・デラックスさんの発言の問題、NHKの問題については、途中でやめないやると決めたらやっているとこういうことで、また2月28日、提訴しましたから、 おそらく第1回目の弁論は4月中にゴールデンウィーク前までぐらいに4月の末ぐらいに第1回目の口頭弁論が開かれると、裁判が開かれると思いますから、よろしければぜひ傍聴にお越しいただきたいと思っております。 以上です。 そして、NHK、そしてマツコ・デラックスをぶっ壊す。

次の

マツコ・デラックス芸能界引退!? コロナ禍でテレビ業界に見切りか...(2020年5月17日)|BIGLOBEニュース

マツコデラックス 被害者の会

N国ことNHKが国民を守る党の立花孝志代表は15日、ツイッターを更新。 マツコ・デラックスとの騒動が続く中、新たに会社の代表取締役に就任したことを明かした。 立花代表は、NHKから国民を守る党に所属する五十嵐浩之天童市議会議員の「NHKの受信料なんか払ってたら、『気持ち悪い存在』とか『ふざけて払ってる』とか言われるぞw」というツイートを引用する形で、「私立花孝志は、マツコ・デラックス被害の会株式会社の代表取締役になりました。 」とツイート。 マツコとの決着に向けて、会社設立という新たな行動に移したことを示唆しているとみられる。 立花代表は、11日に自身のYouTubeチャンネルの動画を更新し、改めてマツコとTOKYO MXへ謝罪を要求しており、12月末までに動きがない場合は原告を集めての1万人訴訟の構えを示すなどしていた。 」「粛々と対応して下さい!」など、支持者などから立花氏を擁護する返信が見られている一方で、「他にする事は無いんですか?」など冷めたコメントも寄せられた。 立花代表は7月29日に放送された『5時に夢中!』 TOKYO MX でのマツコの「気持ち悪い」などという発言に対して激怒。 その後、同番組の生放送中に同局のスタジオ前で演説を行ったり、自身のYouTube公式チャンネルで、「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」と批判したりなど、マツコへ向けて怒りが収まらない状況が続いていた。 立花代表の新たな動きに注目したい。

次の