徳山競艇リプレイ。 スマートフォン版 レースリプレイ ボートレース徳山 レース選択

徳山競艇場の特徴や予想・オッズ情報、ライブ動画やレース結果

徳山競艇リプレイ

次節の総展望 頑張れレノファ! 徳山からエールを送る6日間! ボートレース徳山では7月20日から「レノファ山口カップ」が開催される。 サッカー・J2リーグで戦うレノファ山口とコラボしたこの大会は、17年にスタートして今年で4回目。 毎年夏の恒例レースになってきた。 今回はA1勢から山一鉄也(福岡)、荒井輝年(岡山)、市橋卓士(徳島)、竹田辰也(山口)、海野康志郎(山口)、中田元泰(香川)、末永由楽(岡山)、片岡雅裕(香川)、長谷川雅和(岡山)、高田明(佐賀)が参戦。 高速ドリブルで水面を切り裂き、Vゴールを駆け抜けるのは誰になるのか。 V候補の筆頭格に挙がるのは市橋卓士だ。 今年の勝率7. 05は今節出場メンバーのなかでトップの数字。 今年5優出1Vとコンスタントな活躍を見せており、3月のSGボートレースクラシックでは予選6位に入るなど記念戦線でも存在感を示している。 徳山では過去2回のV歴。 当地前走となる18年のG3企業杯で堂々のオール3連対Vを飾っており、今節は徳山2節連続3回目の優勝がかかる一戦だ。 対抗一番手は竹田辰也と海野康志郎の地元勢か。 竹田は昨年7月に行われた「レノファ山口カップ」で優出2着。 羽野直也と優勝争いを演じて惜しくも準Vだっただけに今回は頂点を狙いたい。 徳山は通算15優出0V。 悲願の当地初Vを目指す。 海野は徳山通算19優出2V。 近況当地2節連続優出中だ。 今年初めての徳山参戦で大暴れを見せるのか。 荒井輝年も見逃せない。 4月の江戸川戦と5月の若松戦で優勝するなど今年6優出2Vをマークしている。 徳山は今年すでに2回走っており、2月の「山口マツダ周南東店カップ」では松井繁や上條暢嵩らとV争いを演じて優出4着に入っていた。 徳山初Vは射程圏だろう。 その他ではG1タイトルホルダーの意地を見せたい片岡雅裕や、5~6月に4節連続優出を飾るなどリズム上昇中の山一鉄也、前期勝率6. 20で2期連続のA1級キープに成功した末永由楽、6月のG1大村周年で予選6位に入るなど近況地力アップが光る中田元泰、前期勝率6. 44で4期ぶりのA1級復帰を果たした長谷川雅和、6月の住之江戦で約3年9カ月ぶりの優勝を飾った高田明らがV争いに加わってきそう。 またA1勢以外にもSGタイトルホルダーの田頭実(福岡)と濱村芳宏(徳島)や、徳山2Vの実績がある上田隆章(香川)と眞田英二(徳島)、6月の丸亀戦で約7年ぶりの優勝を飾った吉田光(佐賀)、4月の宮島GWレースで優勝した松本博昭(広島)など楽しみな選手が揃っている。 (データはすべて7月2日現在。 カッコ内は所属支部)• 一般戦• モーニング• 女子戦 本場一般席 7月 1 水 2 木 3 金 4 土 5 日 6 月 7 火 8 水 9 木 10 金 11 土 12 日 13 月 14 火 15 水 16 木 17 金 18 土 19 日 20 月 21 火 22 水 23 木 24 金 25 土 26 日 27 月 28 火 29 水 30 木 31 金 本場 JLC放送 682 680 680 680 680 681 681 681 681 681 681 680 681 681 681 681 681 684 683 683 683 683 683 683 684 684 場外 本場指定席&すなっちゃ徳山 本場 休館 モーニング デイ ナイター•

次の

徳山競艇場の特徴や予想・オッズ情報、ライブ動画やレース結果

徳山競艇リプレイ

徳山競艇場の特徴 徳山競艇場の競走水面は瀬戸内海に面しており、笠戸湾の奥深い場所に位置しているので、満潮と干潮では水面にも影響が出ます。 また、徳山競艇場はインが強く、 全国の競艇場でも1コースの勝率はトップクラス。 その他にもサンライズレースを開催しているため、他の競艇場に比べて1時間半ほど開催時間が早くなっているんですよ。 水面の特徴 徳山競艇場の水質は柔らかくて浮力がある海水ということから、 体重の重いレーサーに有利と言われています。 潮の満ち引きにより 満潮時にはインコース、干潮時にはアウトコースが有利となる特徴があります。 また、風の影響による水面のうねりなどは少なく、穏やかなコンディションが多くなっています。 風の影響 徳山競艇場は太華山の麓に位置しているため、これが防風壁の役割を果たし向かい風を遮っています。 これにより、年間を通して吹く風は 追い風という特徴があります。 また、冬場には強い風が吹くこともあり、 この強い追い風が影響で2マーク周辺では引き波が残りやすいのも特徴。 なお、強風により水面が酷く荒れるというほどの影響は、ほとんど無いようです。 1コースの勝率はトップクラス! 徳山競艇場のコース別着順率ですが、 1コースが1着となる割合が6割を超えています。 次いで2コースの3連対率も全国で上位のため、 インコースが強い競艇場と言えますね。 そして、3コースからの着順率が一気に下がり、その順位は下から数えた方が早いものとなっています。 インコースが重要なコースとなっているため、予想をする際には1コースの艇を軸に組み立てるのがセオリーです。 サンライズレースは狙い目! 徳山競艇場ではサンライズレースを開催しているため、 1~4レースの番組表が予想しやすいものになっています。 主にインコースには強い選手を当てているため、これを軸に予想していくと良いでしょう。 進入固定となっているレースもあるため、インの信頼度は高めとなっていますよ! 予想ポイントまとめ 徳山競艇場の1番の特徴は、何と言っても インコースの勝率の高さ。 軸となる艇が決めやすいということは、予想が立てやすいということ! また、サンライズレースの番組表も狙い目となっているため、初心者の方でも競艇を楽しむことができると思います! 開催日程 徳山競艇場のレース開催日程は、こちらから見ることができます。 予想・オッズ情報 徳山競艇場のレース予想はこちらから見ることができます。

次の

スマートフォン版 レースリプレイ ボートレース徳山 レース選択

徳山競艇リプレイ

次節の総展望 頑張れレノファ! 徳山からエールを送る6日間! ボートレース徳山では7月20日から「レノファ山口カップ」が開催される。 サッカー・J2リーグで戦うレノファ山口とコラボしたこの大会は、17年にスタートして今年で4回目。 毎年夏の恒例レースになってきた。 今回はA1勢から山一鉄也(福岡)、荒井輝年(岡山)、市橋卓士(徳島)、竹田辰也(山口)、海野康志郎(山口)、中田元泰(香川)、末永由楽(岡山)、片岡雅裕(香川)、長谷川雅和(岡山)、高田明(佐賀)が参戦。 高速ドリブルで水面を切り裂き、Vゴールを駆け抜けるのは誰になるのか。 V候補の筆頭格に挙がるのは市橋卓士だ。 今年の勝率7. 05は今節出場メンバーのなかでトップの数字。 今年5優出1Vとコンスタントな活躍を見せており、3月のSGボートレースクラシックでは予選6位に入るなど記念戦線でも存在感を示している。 徳山では過去2回のV歴。 当地前走となる18年のG3企業杯で堂々のオール3連対Vを飾っており、今節は徳山2節連続3回目の優勝がかかる一戦だ。 対抗一番手は竹田辰也と海野康志郎の地元勢か。 竹田は昨年7月に行われた「レノファ山口カップ」で優出2着。 羽野直也と優勝争いを演じて惜しくも準Vだっただけに今回は頂点を狙いたい。 徳山は通算15優出0V。 悲願の当地初Vを目指す。 海野は徳山通算19優出2V。 近況当地2節連続優出中だ。 今年初めての徳山参戦で大暴れを見せるのか。 荒井輝年も見逃せない。 4月の江戸川戦と5月の若松戦で優勝するなど今年6優出2Vをマークしている。 徳山は今年すでに2回走っており、2月の「山口マツダ周南東店カップ」では松井繁や上條暢嵩らとV争いを演じて優出4着に入っていた。 徳山初Vは射程圏だろう。 その他ではG1タイトルホルダーの意地を見せたい片岡雅裕や、5~6月に4節連続優出を飾るなどリズム上昇中の山一鉄也、前期勝率6. 20で2期連続のA1級キープに成功した末永由楽、6月のG1大村周年で予選6位に入るなど近況地力アップが光る中田元泰、前期勝率6. 44で4期ぶりのA1級復帰を果たした長谷川雅和、6月の住之江戦で約3年9カ月ぶりの優勝を飾った高田明らがV争いに加わってきそう。 またA1勢以外にもSGタイトルホルダーの田頭実(福岡)と濱村芳宏(徳島)や、徳山2Vの実績がある上田隆章(香川)と眞田英二(徳島)、6月の丸亀戦で約7年ぶりの優勝を飾った吉田光(佐賀)、4月の宮島GWレースで優勝した松本博昭(広島)など楽しみな選手が揃っている。 (データはすべて7月2日現在。 カッコ内は所属支部)• 一般戦• モーニング• 女子戦 本場一般席 7月 1 水 2 木 3 金 4 土 5 日 6 月 7 火 8 水 9 木 10 金 11 土 12 日 13 月 14 火 15 水 16 木 17 金 18 土 19 日 20 月 21 火 22 水 23 木 24 金 25 土 26 日 27 月 28 火 29 水 30 木 31 金 本場 JLC放送 682 680 680 680 680 681 681 681 681 681 681 680 681 681 681 681 681 684 683 683 683 683 683 683 684 684 場外 本場指定席&すなっちゃ徳山 本場 休館 モーニング デイ ナイター•

次の