倉敷 青陵。 倉敷青陵高校の進学実績

倉敷青陵高校を受けたいです。

倉敷 青陵

中3 学校の成績を向上させながら、公立トップ高校・公立上位高校普通科への合格を目指します。 公立上位高校を目指す人のためのクラスです。 学校の成績を向上させた上で、公立上位高校及び、併願私学の合格に必要な実力養成を行います。 各テーマの内容を基礎・基本から解説し、その都度類題を演習することで、単元内容の理解を深めます。 このクラスでは特に基礎・基本演習に力を入れます。 学校の定期テストでも県立高校入試でも、一番多く出題されるのがこの基礎・基本演習レベルの問題であり、それをしっかり身につけることで合格ラインに届くのです。 だからこそ基本演習を繰り返し、徹底を図ります。 公立上位高校受験クラスでは、定期テスト直前には「定期テスト対策講座」を開講し、各自の自己学習への指示・チェックを行い、しっかりとしたテスト準備ができるよう指導します。 中3 難関高校への進学に関わらず、将来の難関大学、医歯薬獣医学部合格へ向け、より高い学力の習得を目指します。 灘、開成、ラ・サールをはじめとする全国難関高校及び、愛光・広大附属福山などの中四国地域難関高校への合格を目指す人のためのハイレベルクラスです。 県外の難関高校に進学する、しないに関わらず、難関高校受験合格への学習を通して、東大・京大をはじめとする難関大学、国公立大学の医歯薬獣医学部合格のために必要となる学力の習得を目指します。 中学3年生の1学期までに中学校内容の学習を全科目終了させ、いち早く入試実戦型の学習に移行していきます。 また、科目・テーマによっては高校内容にまで踏み込んだ学習を行い、揺るぎない自信とハイレベルな思考力の養成を図ります。

次の

倉敷青陵高校を受けたいです。

倉敷 青陵

概要 [ ] 歴史 (41年)創立の「岡山県倉敷」と(19年)創立の「岡山県倉敷」を前身とする。 (昭和23年)の(六・三・三制の実施)によりそれぞれに改編された。 翌(昭和24年)に両校が統合され、現校名となった。 (20年)に創立100周年を迎えた。 設置課程・学科 校歌 作詞は喜志邦三、作曲はによる。 歌詞は3番まであり、各番に校名の「青陵」が登場する。 沿革 [ ] 高等女学校・新制高等学校(女子校)時代• 1908年(明治41年) - 倉敷町山の後に「倉敷町外5ケ村学校組合立精思女学校」が開校。 (明治42年) - 「精思高等女学校」に改称。 (明治45年)4月1日 - 精思跡に移転。 (4年)4月1日 - 補習科を設置。 (大正9年) - 「倉敷高等女学校」と改称。 (3年)4月1日 - 岡山県に移管され、「岡山県倉敷高等女学校」と改称。 (昭和13年) - 現在位置に移転。 (昭和23年) 4月1日 - (六・三・三制の実施)により、高等女学校が廃止され、「岡山県立倉敷精思高等学校」(女子校)が発足。 倉敷中学校・新制高等学校(男子校)時代• (昭和19年) - 「岡山県倉敷中学校」の設立がによって認可される。 1948年(昭和23年)4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施)により、旧制中学校が廃止され、新制高等学校「岡山県立倉敷高等学校」(男子校)が発足。 新制高等学校(男女共学)• (昭和24年) - に基づく岡山県公立高等学校再編により、上記新制高校2校が統合され、「岡山県立倉敷青陵高等学校」(現校名)が発足。 旧女子校の校舎を美和校舎、旧男子校の校舎を富位校舎とし、当分の間、旧両校の校舎を使用することとなる。 この時点では、年度途中でかつ校舎による男女別学であったため、完全な男女共学ではなかった。 (昭和25年)4月1日 - 普通課程において完全な男女共学を開始。 家庭課程を設置。 (昭和27年)4月1日 - 富井校舎(旧男子校校舎)を廃止し、美和校舎に統合。 (昭和35年)4月1日 - 家庭課程を家政科と改称。 (昭和37年)4月1日 - 普通科の入試において、との2校間でを開始。 (昭和49年)4月1日 - 普通科の入試において、新設のを加えた3校間で総合選抜を開始。 (昭和55年)4月1日 - 普通科の入試において、新設のを加えた4校間で総合選抜を開始。 (昭和59年)4月1日 - 家政科の募集を停止。 (昭和61年)3月31日 - 家政科を廃止。 (平成11年)4月1日 - 総合選抜が廃止され、単独選抜を開始。 (平成19年)- 新が完成。 教育 [ ]• 科目に偏りなく、幅広い教養を身につけることを目標にしている。 毎週土曜日に行われるFW講座で、生徒の習熟度や興味に合わせた講座を開講している。 部活動 [ ] 平成17年からハンドボール・バスケットボール・陸上競技で優秀な生徒は、推薦入試で入学できるようになった。 運動部• 文化部• 部 同好会• 同好会 青陵祭 [ ] 毎年9月に3日に渡って行われる。 文化祭と体育祭により構成される。 交通 [ ] 鉄道• 南口より徒歩約15分• より徒歩約15分 バス• JR倉敷駅より JR行き、鷲羽山行き、JR行き、興除車庫行き 「青陵高等学校前」もしくは「青陵高校前」下車徒歩約1分 著名な卒業生 [ ]• (、選手)• (、)• (アナウンサー)• (、)• (副会長)• (社長、会長)• 元会長• (元アナウンサー)• (指導者)• (アナウンサー)• (教授)• (教授)• (ミュージカル俳優) 脚注 [ ].

次の

倉敷青陵高校(岡山県)の先輩体験談【入試本番/普通科】(ID:3201803801)|進研ゼミ 高校入試情報サイト

倉敷 青陵

倉敷青陵高校は、岡山県倉敷市にある公立の進学校です。 創立109年になる歴史ある高校です。 女子の制服は22通りのコーディネートが楽しめるデザインになっています。 通称は、「青陵」。 全日制の普通科で学力は岡山県で上位にランクされています。 ほとんどの生徒が国公立大学または有名私立大学に進学しています。 毎週土曜日は学校を開放して、「自習室」を確保したり、普段の授業ではできない様々な講座を開いたりしています。 また積極的に企業や大学訪問を行い、将来就きたい仕事や学びたい学部学科について研究できます。 部活動においては、運動部17、文化部21と勉強以外の面にも力を入れています。 青陵高校出身の有名人はノーベル賞の登竜門ラスカー賞を受賞された京都大学大学院教授の森和俊やタレントの水道橋博士などがいます。

次の