引っ越し 費用 家族。 家族(3人・4人・5人)引越しの料金・費用相場|引っ越し見積もり・比較【SUUMO】

一軒家に引越しする費用相場はいくら?知らないと損する注意点まとめ

引っ越し 費用 家族

【質問】サカイでの引越しについて 旦那の転勤で引越しをすることになりました。 現在は栃木県に住んでおりますが、転勤先が神奈川県です。 慣れない土地へ引越すことも不安ですが、迫り来る引越し日を計算しながら準備を行 わなければならないので余計にストレスに感じます。 県外への引越しの為、役所の手続きなどもとても面倒です。 昨日、とりあえず引越し業者に頼んで見積もりだけ出してもらいました。 移動の高速代などの費用も込みで73500円だそうです。 この他の追加料金は一切頂きませんと言っておりましたが、そもそも栃木から神奈川 までの引越しにかかる平均の費用が分かりません。 旦那はもっと安いところがあるんじゃないかと言っております。 そう言うなら自分で動いてくれたらいいのに、仕事を言い訳にして私に任せてきます。 引越しを間につまらない喧嘩が絶えません。 個人的にはこの金額くらいが妥当なのかなと思うのですが、もっと安く済むなら節約し たいと考えております。 離れた土地への引越しを経験された方がおりましたら引越し費用を教えて下さい。 また、サカイを利用いたことのある方の意見や他の引越し業者の口コミも参考にさせて いただきたいです。 なので、一概に夫婦二人だからと引っ越し費用について言えないのですが、 ここでは一般的な二人家族の引越し費用の相場等についてお伝えします。 2万円 中距離(100km以内) 約6. 9万円 長距離(200km以内) 約8万円 上記は通常期(5月~1月)の値段です。 繁忙期(2月~4月)ではさらに数万円かかることもあります。 目安となる荷物の量は、ソファー1、ダイニングテーブル1、リビングテーブル1、 椅子4、食器棚1、テレビ1、冷蔵庫1、電子レンジ1、洗濯機1、布団2、 衣料ケース6、段ボール20です。 ・間取り別 1LDK 2万円~9万円 2LDK 3万円~9万円 3LDK 8万円~12万円 上記は100km以内の場合です。 また、土日や休日ではこの1. 5倍、繁忙期では2倍以上となることもあります。 関西に強いと言いながらも全国でサービスを展開していて、引っ越しに使用する トラックは全て自社保有のものというこだわりを持っています。 現在では普通のことになっているダンボール無料提供はサカイが始めたものです。 また、荷物を傷つけないためのキルティング梱包サービスもサカイが初です。 営業マンや作業員の質に差があるようですが、関西で引っ越しを考えている場合は 見積もりをお願いして損はないでしょう。 ・アート引越センター 口コミでも評判がよく、引っ越し件数も多いのがアート引越センターです。 テレビのコマーシャルも印象的ですよね。 アートの売りは充実したサービスです。 アートエプロンサービスでは、引っ越し後の片づけだけでなく、お掃除までしてもらえます。 オプションサービスもさることながら、無料のサービスもとても充実しています。 引っ越しで使用した段ボールの回収、家具の移動(1年以内で1回まで)、 電気や水道などの手続き代行、家具の地震対策など全部無料です! 文句なしの大手ですし、サービスも充実していますので、迷ったらアートを考えてみましょう。 ・アリさんマークの引越社 関西地区、中部地区に地盤を持つ業者です。 サカイ同様トラックはすべて自社トラックで、さらに作業員もすべて自社スタッフです。 さらにさらに作業員は全員身元保証人付きというから驚きです。 アリさんは最新技術を取り入れることに積極的で、高層階に荷物を運ぶのに便利な 「フライングデッキ」を業界で初めて導入しています。 また、携帯で撮った写真による見積もりサービスやネットだけで申込みができるサービスなど 他社にはないサービスも行っています。 引越プランが非常に豊富なのでぴったりなものが見つかるかもしれません。 通常期における2人家族の引越し費用の平均金額は、 アーク引越センター 平均62490円 アリさんマークの引越社 平均74595円 サカイ引越センター 平均81945円 アート引越センター 平均81971円 となっています。 上記は同一地方内に引っ越した場合の金額です。 繁忙期の場合は、 アーク引越センター 平均77487円 アリさんマークの引越社 平均99799円 サカイ引越センター 平均102193円 アート引越センター 平均107688円 となっています。 これも同一地方内へ引っ越した場合の金額です。 アーク引越センターとアート引越センターの間には数万円単位の開きがありますが、 業者によってサービスが異なりますので、一概にどちらがお得かは言えません。 また、サカイはホームページ上で引っ越しの特売日を発表しているそうです。 とにかく安くしたいという方はぜひチェックしてみてください。

次の

【SUUMO引越し】引っ越し平均費用・料金相場を探す

引っ越し 費用 家族

家族の引越し料金の相場はいくら? 家族の人数別に見た引越し料金の相場は以下の通りです。 3人家族 4人家族 5人家族 引越し料金相場 平均 74,739円 平均 81,877円 平均 90,604円 引用: ここで注意したい点としては、この金額は家族引越しをした人の全体の平均金額だということです。 冒頭でもお伝えしたとおり、引越し料金は時期や移動距離などによって変動します。 そのため、自分たちの引越し費用の目安を知りたい場合は、時期と移動距離の条件を合わせて相場を確認する必要があります。 これらを踏まえつつ、さらに詳しく人数別の料金相場を見ていきましょう。 家族で近距離を引越しする場合の料金相場 現在お住まいの地域の近くや同一の都道府県内で引越しする予定のご家族は、以下の料金相場表をご覧ください。 まずは通常期の料金相場です。 <近距離・通常期の家族引越し料金相場> 移動距離 3人家族 4人家族 5人家族 ~15km未満 同市区町村程度 平均 74,000円 平均 75,000円 平均 80,000円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 80,000円 平均 100,000円 - つづけて、繁忙期の料金相場です。 <近距離・繁忙期の家族引越し料金相場> 移動距離 3人家族 4人家族 5人家族 ~15km未満 同市区町村程度 平均 100,000円 平均 110,000円 平均 119,880円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 118,800円 平均 160,000円 - 家族で通常期に近距離引越しする場合は6万円~9万円が相場となっています。 それに対して、繁忙期になると同じ都道府県内の引っ越しでも、11万円以上の料金がかかってしまいます。 家族で長距離を引越しする場合の料金相場 他の都道府県へのお引越しをお考えのご家族は、以下の料金相場表をご覧ください。 まずは通常期の料金相場です。 <長距離・通常期の家族引越し料金相場> 移動距離 3人家族 4人家族 5人家族 ~200km未満 同一地方程度 平均 100,000円 平均 100,000円 平均 100,000円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 159,750円 平均 175,000円 平均 195,040円 500km以上 遠距離地方程度 平均 235,000円 - 平均 200,000円 つづけて、繁忙期の料金相場です。 <長距離・繁忙期の家族引越し料金相場> 移動距離 3人家族 4人家族 5人家族 ~200km未満 同一地方程度 平均 192,500円 平均 225,000円 - ~500km未満 近隣地方程度 平均 259,200円 平均 270,000円 平均 300,000円 500km以上 遠距離地方程度 平均 322,500円 平均 347,800円 平均 350,000円 家族で長距離の引っ越しをする場合は、最低でも8万円ほどの引越し料金を考えておくと良いでしょう。 また、繁忙期に入ると料金が跳ね上がり、200㎞以上の移動で20万円以上、500㎞以上の移動で30万円以上の引っ越し料金が相場です。 この時期は引っ越し業者へ依頼が集中するので、全体的に引越し価格が吊り上がってしまうためです。 繁忙期と通常期での家族引っ越しの相場は以下の通りです。 3人家族 4人家族 5人家族 通常期(5~2月)の料金相場 平均 80,000円 平均 80,000円 平均 86,400円 繁忙期(3~4月)の料金相場 平均 120,000円 平均 140,000円 - どの家族人数でも、通常期と繁忙期で3万円以上の料金差が出ています。 家族引越しの料金相場や荷物量の目安が把握できましたか? つづいては、相場を知ったうえで実践していきたい、家族引越しの費用を安くする方法を紹介していきます。 家族の引越し見積もりを安くする方法 家族の引越しは、単身の引越しに比べて、料金が高くなります。 荷物の量や移動距離などが増えがちなのが原因です。 ここからは、高額になりがちな家族の引越しを、少しでも安くする方法をご紹介します。 一括見積もりサービスで家族の引越し見積もりを比較する 「とにかく引越し費用を安くしたい」と考えている人は、引越し一括見積りサービスを利用するのもおすすめです。 それは、 引越し業者によって引越し料金に大きな差が出ることがあるためです。 引越しの見積もり料金には定価がなく、引越し業者が独自の基準で金額を決めています。 同じ荷物の量や移動距離で見積もりを依頼しても、「A社の見積額は3万円」「B社の見積額は5万円」「C者の見積額は6. 5万円」といった具合に、 見積もり料金の差が2倍以上になることもしばしばあります。 そこで便利なのが、引越し比較サイトです。 引越し比較サイトでは、一度の登録で複数社に、引越しの見積もりを取ることができます。 引越し比較サイトを利用することで、 自分の引越しを一番安く請け負ってくれる引越し業者を見つけることができるのです。 <引越しの一括見積もりのイメージ> 一括見積もりでは、最大10社の引越し業者から見積もりを取り比較できるので、引越し料金の相場がわかります。 また、 引っ越し業者同士で金額の競り合いが起こるので、値引きされた料金が提示されます。 いちいち複数社に連絡して見積もりを取る手間もかからず、また安い料金で引っ越しできるためおすすめです。 引越し侍では、 一度に最大10社の見積もりを取ることができます! ぜひ利用してみてください! ヤマトや日通の単身パックで家族引越しの料金を安くする 「単身パック」とは、決められたサイズのコンテナに荷物を積み切りで輸送する格安サービスです。 基本的に一人暮らしの引っ越し向けのサービスなのですが、実は家族引越しでも利用することができます。 3人家族の場合を例に、通常の引っ越し相場と単身パックを利用した場合の料金を比較してみましょう。 7万円も安くできます。 このように、なるべく引っ越し費用をおさえたいというご家族は単身パックを利用するのがおすすめです。 ただし、 単身パックは積むことのできる荷物量に限りがあります。 コンテナボックスに積み切れなかった荷物は別途で輸送手段を考えなければならないため、荷物の量が多いご家族は利用しないほうが良いでしょう。 単身パックで運べる荷物の量や料金相場について知りたい方は、をご覧ください。 家族引越しが安い時期を選ぶ 当サイト利用者のデータを集計したところ、引越しの料金が最も安くなる時期は11月となりました。 こういった料金の安い時期を選んで引越しすることで、かなり費用を抑えることができます。 時期ごとの引っ越し料金についてはでさらに詳しく解説しています。 家族引越しは荷物量を減らして料金を安くする 家族引越しの費用を抑えるうえで、最も重要なのが荷物の量を減らすことです。 引っ越し業者の料金は輸送に使うトラックのサイズやスタッフの人数によって上下します。 そのため、荷物量が多ければ見積もりが高くなり、逆に少なければ安い料金で引っ越しできます。 たとえば、4人家族で輸送するダンボール箱を減らした場合の料金の変化を見てみましょう。 5万円の料金を節約できます。 着なくなった衣服や書籍、壊れた家電など、とにかく輸送するものを最低限に減らせば格安で引っ越しできます。 引越しに際して不用品を処分するのであればを参考にしてください。 家族の引越し費用を安くするコツがつかめましたか? その他にも引越し費用を抑える方法はありますので、を参考にしてください。 家族の引越し見積もり料金についてまとめ 今回は3人家族、4人家族、5人家族の引越し料金相場と、引っ越し費用を安くする方法をお伝えしました。 ご家族での引越しには大きな出費が付き物です。 相場料金をきちんと把握したうえで、格安に引越しできるポイントをおさえておきましょう。 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

家族(3人/4人/5人)の短距離や長距離ごとの引越し費用相場と料金を安くするコツ

引っ越し 費用 家族

このページの目次 CLOSE• ファミリー編 子どもが大きくなってくると、今住んでいる物件が手狭になってきて、引っ越しを考える家庭も多いのではないでしょうか?ここでは、夫婦と子ども2人の4人家族を想定した金額を紹介します。 両方で等しくかかる費用 まずは、ファミリー世帯でも一人暮らしでも等しくかかってくる費用について見ていきましょう。 様々な契約ごとの初期費用は、大体こちらに当たります。 自分の家庭が平均と比べてどうかということを考えながら、相場を参考に、引っ越しにかかる費用を考えましょう。 退去費用 旧居の契約にかかわる費用です。 敷金がある契約をしていた場合は、そこから原状回復費用という修繕費が差し引かれた分が返ってきますが、敷金ゼロの契約だった場合は、汚損や破損をした部分の修繕費用を請求されます。 相場は1平方メートルあたり1,000円程度ですが、その部屋での過ごし方によりだいぶ金額が変わるので、余裕をもって準備しておきましょう。 修繕費用について特約が決められている場合は、指定の金額がかかります。 また、ルームクリーニング費用を請求される場合もあります。 相場は20,000円~30,000円で、特に汚損や破損がない場合は、この金額のみですむ場合がほとんどです。 さらに、退去の申し出がぎりぎりだった場合は、1ヶ月分の家賃を余計に請求される場合があります。 引っ越しが決まったら、すぐに退去の手続きをとるようにしましょう。 入居費用 入居にかかる初期費用は、以下の通りです。 家賃で考えると、およそ5~6ヶ月分に相当するでしょう。 家賃が60,000円程度のところでも、300,000円~400,000円ほどかかります。 入居費用を安くすませたい場合は、敷金礼金がかからないところや鍵の交換代などの雑費がかからないところを探してみましょう。 敷金:家賃1ヶ月分~2ヶ月分くらい• 礼金:家賃1ヶ月分~2ヶ月分くらい• 前家賃:入居日から見た翌月分の家賃• 家賃の日割分:入居日から同月末までの家賃の日割分• 仲介手数料:家賃半月分~1ヶ月分• 火災保険料:約20,000円• 保証会社の利用料:家賃半月分~1ヶ月分• 鍵の交換代:約15,000円 住民票の写し代 役所の窓口で300円程で発行してもらえます。 免許更新などに必要なので、転入届を出しに行く時、ついでに交付してもらいましょう。 世帯全員の記載があるものを取得すれば、1枚でいろいろ使い回しができます。 挨拶品代 左右上下の隣接する部屋の住人や、マンションやアパートの代表者などに挨拶をしに行く時には、ちょっとした菓子折りや、旧居があった場所の特産品などを用意するといいでしょう。 金額は1個500円前後で十分で、高いものである必要はありません。 ガスの開栓に伴う預り金 利用する会社にもよりますが、ガスの開栓の際に、保証金や預り金という名目で10,000円程度必要な場合があります。 このお金は、退去時に戻ってきます。 開栓の手続きをする時に尋ねれば、金額などを教えてもらえます。 インターネット回線の新規契約、移転手続きに伴う費用 旧居のインターネット回線を解約する費用と、新居での新規契約に伴う費用がかかります。 移転をする場合は、移転工事にかかる費用です。 ほとんどの場合、携帯電話と同じように契約更新月があります。 更新月でない時期に解約する場合は、契約解除料として10,000円程度かかることを覚えておきましょう。 新規契約に伴う費用は、契約内容により数千円から数万円かかりますが、キャッシュバックで後日返還される場合が多いです。 移転するなら、数千円から30,000円ほどかかります。 ファミリー世帯でかかる費用 以下のものは、一人暮らしと比べると、人数が多いために金額が変わってくる費用です。 荷物量や引っ越しの状況によって金額が変わるので、できる部分だけでも事前に計算しておくことが大切です。 引っ越し業者に支払う費用 荷物量が多いので、60,000円~130,000円が相場です。 子どものものが捨てられず、何でも持っていこうとすると、もっとかかってしまいます。 ここはぐっとこらえて、必要なものと不要なものの見極めをしましょう。 具体的な金額を知りたい場合は、引っ越しの「一括見積もりサイト」を利用して、見積もり額を調べるのがおすすめです。 移動費や外食費 旧居から新居まで車で移動する場合は、ガソリン代や高速道路代だけですみます。 一方、電車や新幹線などの公共交通機関を利用する場合は、人数に合わせて加算されるので、それなりに大きな金額になります。 また、引っ越し前日や当日は、自宅で食事を作ることが困難です。 最低でも前日の晩から3食くらいは、外食をすることを想定しておきましょう。 一人暮らし編 一人暮らしでも、引っ越し費用はファミリー世帯と同じくらいかさみます。 初めて一人暮らしするなら、なおさらでしょう。 実家から離れて身軽になる分、必要な出費もあるので、あらかじめ準備をしてから動くようにしましょう。 なお現在、東京、神奈川、埼玉に引っ越し予定の人は毎月の光熱費を抑えるチャンスです!理由は東京ガスではなく「」にすると ガス料金が5%安くなるからです。 毎月かかる光熱費をいかに安くするかも一人暮らしの生活をする上でポイントになるので、ぜひ検討してみてください。 2019年2月28日までに申し込むと 2,000円のギフト券がもらえるキャンペーンを実施しています! 両方で等しくかかる費用 こちらは上述した通り、ファミリー世帯と単身世帯であまり大きな変化はありません。 一人暮らしの方が部屋が狭い分、初期費用として払う家賃や修繕費などが、多少安くすむ場合があります。 しかし、それはファミリー世帯の引っ越しを比較しても、立地や間取りによって金額の幅が出てくるものなので、臨機応変に考えましょう。 一人暮らしでかかる費用 以下の項目は、ファミリー世帯と大きな違いが出るものです。 安くすむ部分もあれば、大きな出費になる部分もあるので、必要になるものをしっかりと把握して、少しでも安くできる方法を考えましょう。 家具家電の購入費用 一人暮らしを新しく始める場合は、家具や家電も一からそろえる必要があります。 安いものを見繕っても、一通り購入するためには150,000円ほど必要です。 初期費用に次いで、ここが大きな出費となるでしょう。 安くすませたいなら、親戚や友達に使っていない家具や家電がないかを尋ね、譲ってもらうなどの工夫をしましょう。 引っ越し業者に払う費用 一人分で荷物も少ないので、20,000円~50,000円ほどです。 荷物が多いとそれだけ費用が増すので、大きなものは引っ越し先で購入することをおすすめします。 移動費や外食費 一人分なので、そんなにかかりません。 実家から引っ越すなら、前日や当日の朝は普通に食事できますし、当日の昼も使い捨てのパックにお弁当を詰めていけば、外食費の節約になります。 引っ越し全体にかかる総額はいくら? 引っ越し全体にかかる総額をまとめると、ファミリー世帯で500,000円前後、一人暮らし世帯で400,000円前後と考えられます。 一人暮らし世帯で、家具や家電も一からそろえる予定なら、ファミリー世帯と同じくらいの金額がかかると想定しておいた方がよいでしょう。 まとめ 全体を通してみると、引っ越し業者に支払う費用以外にも、引っ越しには多くのお金がかかることが分かります。 このほかにも、家具や家電を処分するための費用がかかったり、エアコンを持っていく移設費用がかかったりする場合があります。 自分の生活を見直しつつ、引っ越しにかかる費用をできるだけ最小限に抑えられるよう、一括見積もりサイトを活用するなどして工夫していきましょう。 引っ越し一括見積もりサイトランキング 引越し達人 「引越し達人」は15年以上と運営歴が長く老舗のサイトで、利用者からも定評がある引っ越し業者一括見積もりサイトです。 長く運営できているのは、なんといっても利用者がいるからこそ。 登録されている業者の審査が厳しいらしく、かなり厳選された業者のみ提携されていることが、利用者を確保できている理由なのかもしれません。 引っ越し業者の中には、稀に悪質な業者もいるようです。 そういった業者は登録されていないのは、利用する方としても安心ですよね。 他にも、引越し達人では様々なキャンペーンやキャッシュバック特典があり、これも利用者が増加する理由のひとつとなっています。 どの見積もりサイトを使うか迷っているなら、引越し達人を使えばまず間違いないでしょう。

次の