ワークマン ラッシュ ガード。 ワークマンのラッシュガードは¥980!安価でも涼しくドライでしっかり日焼け防止ができるぞ!

ラッシュガードってなに?今プールで人気のラッシュガードの解説

ワークマン ラッシュ ガード

¥1,298 好みのネックタイプを選ぼう 首元はUネックとVネックがありましたが、私服にも合わせやすいようにVネックタイプをチョイス。 快適さを極めるなら、この上に天然素材のシャツか機能性パーカーなどサッと羽織る組み合わせがベストです。 ちなみに後ろ姿はこんな感じ。 胸元にはロゴがありますが、バックスタイルはシンプルですよ。 アクティブ派にオススメの機能性 ストレッチ素材で動きにフィットしてめっちゃ伸びるので、アクティブに動き回りたいときにバッチリですね。 脇部分はメッシュ素材なので、汗をかきまくっても蒸れずに快適に過ごせますよ。 去年はノースリーブのインナーを着ていたので、半そでだと暑いんじゃないか? と思いましたが汗を吸ってくれる分、かえって快適な着心地でした。 これからの時期、キャンプに外遊びにと色々活躍してくれそうです。 薄手で速乾なのもうれしい 手をパーにして内側から支えてみるとこんな感じ。 生地の厚みが伝わるでしょうか……? フィット&ストレッチ素材ですが、 薄手でサラッとしているので暑くて不快な感じはないです。 他にも夏向けのインナーを持ってますが、洗濯後これがダントツで1番早く乾くんですよね。 とにかく乾きが早いので、 「吸汗速乾加工」の謳い文句も納得です。 残念なところ:サイズ感が難しい 「スリムフィット」デザインを歌っているだけあって、 かなりピッタリ目のサイズ感です。 身長178cm・かなりのやせ型なのでMサイズを選びましたが、Lでもよかったかな? 伸びる生地とはいえ、ガタイのいい方は通常サイズのさらにワンサイズ上を選ぶことをオススメします。 なんとUV機能付き なんと UVカット効果もあるので、真夏のアウトドアでも心強いです。 日焼け止め塗りなおすのは面倒なので、インナーで日焼け対策ができちゃうのはうれしいです。 より完璧にガードしたいときは長袖バージョンもあるので、ラッシュガード感覚でビーチで着るのもアリかな、と思ったり。 家ならこれ1枚で過ごせちゃう 自宅ではインナー1枚で過ごしたいのが正直なところ……。 去年使っていたノースリーブインナー(白)は「なんとなくおじいちゃん感が強い」と思ったのですが、これならマシになったはず。 黒を選んだのが勝因かもしれませんね。 薄い&フィット感が強いのでさすがに街には出られませんが、宅配やゴミ出しくらいなら慌てて着替えなくても大丈夫ですよ。 日差しも気温もパワーアップする夏本番、頼りにしたいと思います!.

次の

ワークマンのラッシュガードが超絶お勧めな件

ワークマン ラッシュ ガード

以前の記事で、「長袖で過ごす」ことが、猛暑を上手に乗り切るコツ、というお話しをさせていただきました。 薄手のラッシュガードを着用し、紫外線を浴びる量を上手にコントロール。 暑ければ「水浴び」をして気化熱によって体温を下げます。 嘘みたいな本当のハナシで、半袖で一日過ごすよりも、実ははるかに快適に過ごせるのです。 ラッシュガード そんな「紫外線コントロール」における重要アイテムである、「ラッシュガード」。 昨シーズンまでは激安ラッシュガードを使っており、それはそれで満足だったのですが、なんだかテンションが上がらないのもまた事実。 ということで、今シーズンはお気に入りのラッシュガードを見つけるべく、Amazon、楽天、あらゆるネットショッピングを探し回りました。 良いのが無い。 しかし、イマイチお気に入りの商品が見つからずにいました。 「ラッシュガード」で探すと、市場に存在するのは、ノーブランドの極端に安いモノか、あまり馴染みのない「サーフ系(死語?)」の、ちょっとヤンチャなブランドのモノが主流です。 本来、マリンスポーツ用である「ラッシュガード」なので、当然の事なのですが、どうもしっくりこないモノばかり。 理想の一着に出会えた? 探しているのは、アウトドア系か、スポーツブランドの落ち着いたデザインのモノが理想でした。 そんなある時、「ノースフェイス ラッシュガード」でググると、「RDTボルテージパーカ」というアイテムを発見。 「RDTボルテージパーカ」は、「ランニングウェア」または「トレーニングウェア」としてラインナップされていたのですが、賢いグーグルが、私の検索需要をみたすべく、「ラッシュガード」という間違ったキーワードから、親切な検索結果を表示してくれたのでしょうw RDTボルテージパーカ買ってみた。 さっそく人柱になるべく、購入してみました。 …思ったよりタイト目なフィッティングでした。 特にフード部分がかなりきつくて、ちょっとイメージと違ったかな… 帽子の上からフードを被りたいので、釣りに使うなら、もう少し緩めなフィッティングのモノの方が良さそう。 やっぱり「トレーニングウェア」だとややタイト目なフィッティングのモノが多いと思われるのでその点、注意が必要です。 サイズ感が合わないとか、ネットショッピングの基本中の基本でミスってしまった… 私が求める要素 私が夏のバスフィッシングの際のウェアに求める条件は以下です。 ・UVカットの生地であること。 ・薄手のナイロン、またはポリエステル製である。 ・速乾性に優れている。 ・通気性が高いこと。 ・落ち着いたデザイン。 ・高すぎない価格。 「ラッシュガード」というくくりで探しているとなかなか出会えなかったのですが、ナイロンまたはポリエステル製の薄手のパーカーの正式な呼び名は一体なんと言えばいいのでしょうか。 調べた限り、以下のような名称があるようです。 「ラッシュガード」だけでなく、ランニング用やトレーニング用のフーデッドパーカーも視野に入れて探してみたいと思います。 購入候補 私が購入時、候補にしたフーディをご紹介しますね。 THE NORTH FACE RDTボルテージパーカー.

次の

ワークマンを着倒すファッション!耐久撥水シャツが最高な件

ワークマン ラッシュ ガード

以前の記事で、「長袖で過ごす」ことが、猛暑を上手に乗り切るコツ、というお話しをさせていただきました。 薄手のラッシュガードを着用し、紫外線を浴びる量を上手にコントロール。 暑ければ「水浴び」をして気化熱によって体温を下げます。 嘘みたいな本当のハナシで、半袖で一日過ごすよりも、実ははるかに快適に過ごせるのです。 ラッシュガード そんな「紫外線コントロール」における重要アイテムである、「ラッシュガード」。 昨シーズンまでは激安ラッシュガードを使っており、それはそれで満足だったのですが、なんだかテンションが上がらないのもまた事実。 ということで、今シーズンはお気に入りのラッシュガードを見つけるべく、Amazon、楽天、あらゆるネットショッピングを探し回りました。 良いのが無い。 しかし、イマイチお気に入りの商品が見つからずにいました。 「ラッシュガード」で探すと、市場に存在するのは、ノーブランドの極端に安いモノか、あまり馴染みのない「サーフ系(死語?)」の、ちょっとヤンチャなブランドのモノが主流です。 本来、マリンスポーツ用である「ラッシュガード」なので、当然の事なのですが、どうもしっくりこないモノばかり。 理想の一着に出会えた? 探しているのは、アウトドア系か、スポーツブランドの落ち着いたデザインのモノが理想でした。 そんなある時、「ノースフェイス ラッシュガード」でググると、「RDTボルテージパーカ」というアイテムを発見。 「RDTボルテージパーカ」は、「ランニングウェア」または「トレーニングウェア」としてラインナップされていたのですが、賢いグーグルが、私の検索需要をみたすべく、「ラッシュガード」という間違ったキーワードから、親切な検索結果を表示してくれたのでしょうw RDTボルテージパーカ買ってみた。 さっそく人柱になるべく、購入してみました。 …思ったよりタイト目なフィッティングでした。 特にフード部分がかなりきつくて、ちょっとイメージと違ったかな… 帽子の上からフードを被りたいので、釣りに使うなら、もう少し緩めなフィッティングのモノの方が良さそう。 やっぱり「トレーニングウェア」だとややタイト目なフィッティングのモノが多いと思われるのでその点、注意が必要です。 サイズ感が合わないとか、ネットショッピングの基本中の基本でミスってしまった… 私が求める要素 私が夏のバスフィッシングの際のウェアに求める条件は以下です。 ・UVカットの生地であること。 ・薄手のナイロン、またはポリエステル製である。 ・速乾性に優れている。 ・通気性が高いこと。 ・落ち着いたデザイン。 ・高すぎない価格。 「ラッシュガード」というくくりで探しているとなかなか出会えなかったのですが、ナイロンまたはポリエステル製の薄手のパーカーの正式な呼び名は一体なんと言えばいいのでしょうか。 調べた限り、以下のような名称があるようです。 「ラッシュガード」だけでなく、ランニング用やトレーニング用のフーデッドパーカーも視野に入れて探してみたいと思います。 購入候補 私が購入時、候補にしたフーディをご紹介しますね。 THE NORTH FACE RDTボルテージパーカー.

次の