引っ越し 単身パック おすすめ。 おすすめ引越し業者TOP5|単身・家族別口コミランキング

格安の単身引越しならプロスタッフがおすすめ

引っ越し 単身パック おすすめ

「単身パック」は1989年に開発された、業界で初めてコンテナボックスを利用した単身者向けの引越しサービスです。 現在では、複数の引越会社がコンテナボックスによる引越しサービスを提供しており、名称も「単身パック」や「単身引越サービスパック」など様々です。 この「単身パック」、引越しを安く済ませたい、という方によく選ばれるプランになります。。 単身パックは運べる荷物の量の上限が決まっています。 このコンテナに乗る前提の料金設定ですので、料金は通常の引越しに比べれば金額は低いです。 また、スタッフによる事前の訪問見積もりも不要なのでお手軽に感じられます。 しかし、そう安易に選択をしてはいけません。 なぜならば、荷物が積みきれず通常の引越しよりも高くなってしまったということがままあるからです。 冷蔵庫は運べるが、洗濯機は運べない 布団は運べるが、ベッドは運べない など、各社サービスにより、コンテナボックスの大きさは異なります。 洋服や身の回りのものなど、必要最低限のものしか持ってかない方であれば問題ないかもしれませんが、大半の方はそうではないと思います。 ですので、ご自身の荷物量に対応したサービスかどうかをしっかりとお調べになることをおすすめします。 ここでは、コンテナボックスのサイズを参考に積込が可能なのかを見て行きましょう。 ここでは具体的にどういった違いがあるかをご紹介します。 積める量 やはり大きな違いは詰める荷物量の違いです。 引越し会社に依頼する場合は、最も小さい車両で「2tショート」1台、一部ではさらに小さい「軽トラック」1台となります。 単身パックではこの「軽トラック」1台よりも積載量は劣ります。 積み日と卸し日 普通の引越でしたら、現住居から荷物を積んだその日に新居に荷物を卸すのが普通です(長距離引越しなど覗く)。 単身パックはコンテナを「荷物」のように扱いますので集荷後、別日に配達されるのが基本的な流れとなります。。 資材の提供 引越し時の荷造りを自身でされる際に、梱包作業に必要な資材として、ダンボールやガムテープ、布団袋や食器の包装紙などがあります。 普通の引越しの場合は、これら資材は引越し会社から提供されますが(一部有料)、単身パックでは資材の提供はなく、自分自身で用意する必要があります。 コンテナボックスに荷物が積込できない人は、通常車両を借り切って運送するチャーター運送です。 荷物の量で車のサイズを決めます。 少量の荷物には軽トラやバンなど、大量の荷物には1. 5tトラックで運送します。 その場合、高さや横幅の規制もないので、単身パックなどコンテナボックスに積込きれない心配はなく、ベッドもマットレスも、最近では単身の方でも多いと思われる20インチ以上TVも普通の引越しであれば可能になるのです。 単身パックに詰込めなかった荷物は、別途サービスで送ったり、コンテナボックスを追加する事になるのです。 そうなると高くついてしまいます。 また、単身パックは段ボールの無料提供サービスがないところも多く、自ら段ボールを探さないといけません。 また、パックの内容によっても距離数の制限(同一都道府県内など)が設けられているものもありますので、注意が必要です。 単身パックの利用でもっとも気をつけなければならないのは「果たして、コンテナに荷物を積み切ることができるか」です。 単身パック利用には、大きく2つのリスクがあります。 一つは、単身パックを選んだ方が引越し代が高くついてしまうというリスク。 もう一つは希望の日に荷物を指定場所に届けられないかもしれないというリスクです。 指定のコンテナに積み込めればお手軽に安く引越しができますが、1つのコンテナには積みきれない場合が大半です。 オプションでコンテナを増やす場合は、当然費用が増加します。 もしコンテナを増やさない(増やせない:当日に発覚など)場合は、残りの荷物を他の方法で運ばなくてはなりません。 自力で運ぶか、宅配便など、別の輸送手段で送るか、別途単身パックを申し込むなどが考えられます。 自力で運ぶ場合は、レンタカー代がかかることが想定されますのでその分の費用が、宅急便の場合は配送料がそれぞれかかります。 また自力はともかくその他の方法では、希望通りの日程に荷物を到着させられるかどうかが不透明です。 新居での新生活が、必需品が欠けた状態でのスタートになってしまうかもしれません。 まず、大前提として「安く済ませたいから単身パックを選ぼう」とお考えになるのは間違いです。 「大型の家具家電を運ぶ予定がない、荷物量が超少ない、だったら単身パックを使って引越し代を節約できる」と自分の荷物量を確認してから考えるが正しいです。 これまでご説明した通り、単身パックひとつのコンテナで詰める荷物量はかなり限定的です。 ではそういった容量でも収まるであろう人はどういう人か。 ・単身赴任 ・家具付き住居への引越し ・シェアハウスへの引越し ・実家からの引越し(新居での家具・家電は新規購入が多い) 単身パックは目的とご自身の荷物をしっかりと把握した上で選択していただければ、想定外の費用がかかることもなく、安心して引越しを行うことができるのでお勧めします。

次の

引っ越しが安い単身パックの料金相場と単身格安業者!

引っ越し 単身パック おすすめ

単身パックの選び方 はじめに、単身パックの選び方について紹介します。 そのため、 引っ越す前の家と引っ越し先がそれぞれエリアに対応しているかという基準で選ぶと良いでしょう。 エリア外の場合にはその単身パックサービスは利用できないので注意が必要です。 そうすると、梱包が不要になったりダンボールを届けてもらえたりします。 より簡単に引っ越したい場合には オプションの充実度で選ぶとよいでしょう。 そのため、 自分の荷物量に一番近いもの選ぶとよいでしょう。 自分で思っているよりも荷物が多くなることがあるので、 余裕のある荷物量の単身パックを選ぶのがおすすめです。 単身パックのおすすめ人気ランキング【2020年】 ここでは、 単身パックのおすすめ人気ランキングを5選紹介します。 2020年現在サービスを提供している単身パックの中から選びましたので、参考にしてください。 【1位】プロスタッフ 荷物が多めの方に!コスパも良くおすすめ は、単身引越しパックを提供しています。 この単身パックの売りは、荷物がたくさん積めること。 大手引っ越し業者の約2倍の量が積めるため、たくさん荷物がある場合でも安心。 また、 土日祝日の追加料金もなく、ハンガーボックスも2個無料貸出。 コスパを重視したい方はおすすめです。 出発地と到着地がわかれば、 おおよその料金がわかるパック料金表もあり、予算が立てやすくなっています。 また、商業物流No. 1の西濃運輸のネットワークを利用して運搬されるため安心。 最大5立方メートルまでのパック料金表があるため、大きな荷物がある方でも安心です。 夜間を除いて配達時間帯を無料で指定できるため、引っ越し時間帯を確定させたい方にもおすすめ。 支払い方法は、現金やクレジットのほか、一部地域でQRコード決済にも対応。 引っ越しでポイントをためることもできます。 遠方地への単身での引越しに特化したサービスとなっています。 ダンボールが無料でついてくるため、梱包材の用意も不要。 時期によっては値引き交渉も可能なため、見積もりをしてみると安くなる場合もあるでしょう。 特徴は、 カーゴ単位で荷物の依頼ができること。 1カーゴ荷物が足りる人はもちろんのこと、大量の荷物を運びたい人や縦長の荷物が多い場合でも安心です。 カーゴの依頼数は無制限なので、他社の単身パックに入り切らなかった場合でも利用できます。 インターネット上から手続きできるところがほとんどなので、サイトにアクセスして確認することをおすすめします。 ただし、サービスによっては他の便と一緒に運んでコストカットをしたりするなどしている場合があります。 見積もりをとってみることをおすすめします。 事業改善命令に対しての改善を行っている最中であり、まだ再開時期は未定のようです。 こちらのサービスを利用すると、大型家電や家具などを運んでもらうことができます。 必要に応じて単身パックと組み合わせるとよいでしょう。 しかし、は軽 自動車を利用した引っ越しなので、単身にピッタリです。 単身パックのまとめ 今回は、単身パックについて比較ランキングを紹介しました。 サービスによりメリットやデメリットがあります。 そのため、 自身の引っ越しの状況と照らし合わせながら良いものを選ぶことをおすすめします。 見積もりを複数とると、自分にぴったりの業者がわかるでしょう。 このサイトを参考に単身パックを検討していただけたら幸いです。

次の

単身者の引越しならココ!東京のおすすめ引越し業者一覧

引っ越し 単身パック おすすめ

単身引越しを格安料金でしたいならプロスタッフがおすすめです。 一人暮らしの単身分のお荷物にぴったりのサービスでお得に引っ越ししよう。 たくさん運べる引越し単身パック プロスタッフの引越し単身パックは たっぷり運べて割安な料金設定です。 たしかにプロスタッフより安い料金の軽トラを使った引っ越し屋はたくさんあり、10,000円以下の値段に惹かれる人も多いことでしょう。 しかし、軽トラで収まる荷物量ってその内容によっては意外に積めない場合が多いです。 ほとんどが同じサイズのダンボールばかりの荷物だと、たくさん積むことができますが、自転車や原付バイク、ベッドなど大きくて嵩張る形状の場合は1台で載り切らないなんてことにも。 新居までの往復回数が増えたり、トラックの台数が必要になると追加料金により、予算オーバーなんてことにもなりかねません。 その点プロスタッフは単身分の荷物量には余裕があるトラックで運搬をするので、嵩張る荷物があってもたっぷりと積み込むことができます。 結果、トータルで見た場合に単身引越しが安い料金で終わらせることができるのです。 プロのスタッフが作業します。 お手伝いは不要です 軽トラ系の引越し業者は 作業員1名による作業が前提の料金体系のものが多いです。 そういった業者は冷蔵庫や洗濯機、ソファーなどの大きな家具、家電については手伝いを要求されます。 また時間制料金を採用している場合もあるので、ダンボールの運搬も手伝わないことには追加費用が発生する可能性もあります。 若い男性であれば安くなるなら手伝ったとしても問題ないでしょうが、女性の場合はそう簡単にもいきません。 またトラブルの元にもなりかねないのが保障に関する問題です。 二人での運搬中に荷物を落とすなどして壊れた場合にどちらに責任の所在があるのかと揉める可能性もあるでしょう。 プロスタッフなら自社スタッフによる作業を徹底させているので、お手伝いは不要です。 また単身引越しばかりではなく、荷物が大きな家族引越しも頻繁に行っているので、単身専門業者と比較しても高い技術を持っています。 大切なお荷物を確かな作業品質と丁寧な作業でお運びするので作業内容重視の方にはおすすめします。 15,000円と格安料金の引越し単身パック プロスタッフの引越し単身パックは 基本料金が15,000円と格安で提供しています。 たしかに10,000円以下の業者と比較すると高く感じる人もいるかもしれませんが、前述したような様々な条件を加味していくと結果的に一番安かったという場合が多いのも事実です。 品質にもこだわる格安引越しなので、業者選びに迷っているなら見積りだけでも取ってみて損はないかもしれません。 電話ですばやくお見積もり 実際に営業マンが目で見て初めて見積もりをする引越し業者が多い中、プロスタッフの引越し単身パックは 電話で見積もりをしています。 訪問見積もりは業者にとっても負担が大きい見積もり方法です。 だからこそ呼ばれたからには何度も食い下がりなんとしてでも契約を取ろうと頑張ります。 プロスタッフは電話見積もりによって営業コストを削減し、コストパフォーマンスが高い単身引越しを提供しています。 特に一人暮らしの女性にとっては知らない男性を部屋に上げるのは怖いという方もいるでしょう。 そんな人にこそプロスタッフの電話見積もりを活用して欲しいです。 また他社の見積もり額が高かったので料金だけでも聞いてみたいという方にもプロスタッフはおすすめできる単身引越し業者です。 気軽な気持ちで問い合わせてください。 単身引越しに力を入れるプロスタッフとしては、格安の長距離便を提供することは無視できない問題でした。 というのも、長距離便は近距離の移動よりもトラックを拘束する時間が長く、料金も高くなりがちです。 でも、拘束している時間のほとんどは移動距離とお一人分の荷物でトラックを走らせると非常に効率が悪いのです。 実際、長距離引越しの見積もりを依頼してびっくりするような高い見積もりを出された人も多いのではないでしょうか。 だからこそプロスタッフでは、少しでも安い見積もりを実現するために、単身引越しの長距離移動におけるコストダウンを目指しました。 混載便や帰り便、航空便やフェリー便など、あらゆる方法を駆使して長距離便を格安費用で承ります。 不用品買取で格安引越しをしよう! 引越しを機に不用品を処分したいというお客様は多いものです。 しかし、昨今では自治体であっても不用品の処分に費用が掛かる場合が多いです。 お客様にとっては不要の物であってもリサイクル品としてまだまだ使える物も多く、そのまま処分してしまうのは非常にもったいない話です。 エコが叫ばれている今だからこそプロスタッフでは、不用品買取のサービスも実施して資源の有効活用に微力ながらも取り組んでいます。 特に一人暮らしの単身引越しでは学生さんが実家に帰ったり、結婚を機に単身向け冷蔵庫や洗濯機などの必要がなくなるケースが多いようです。 使用年度も比較的新しい物が多く、リサイクルショップでも需要が高い商品なので高価買取が見込めます。 また運搬する対象の荷物が減れば、相対的に引越し費用も安くなります。 そういった意味では一度で二度おいしいのが不用品買取なのです。 このサービスを活用すれば、単身でも激安料金の引越しができるかもしれませんよ。 まだまだ使えそうな不用品がある人にとってはおすすめ引越し業者ですよ。 オプションサービスも豊富です 家族引越しなら当然の梱包や開梱のサービスもご依頼いただけます。 それ以外にも荷物保管やエアコン・ウォシュレットなどの電気工事、ハウスクリーニングやペット預かりなどのサービスもお気軽にご相談ください。 引越し料金は少しでも安くしたいものです。 ここでは少しの工夫で単身引越しの見積もりで大きな値引きを獲得できるような格安方法をご紹介します。 引越しの荷物量を減らして安くする ホントなのって思えることですが、実際に引っ越しの訪問見積もりをしていると「この荷物は新居で処理したい」なんてことを言われるお客様は案外多い物です。 でもそれらをトラックに積み込むということはゴミをお金を払って運んでもらっているということに他なりません。 不要な荷物は見積もり前にできるだけ処分しておくことが最もおすすめな方法です。 見積もり時に「引越し当日までに捨てておく」なんて言われても営業マンは全面的には信用しません。 どうしてもリスクを考え、それらの荷物も積めるだけのトラックを見積もってしまうのです。 荷物量を大きく減らせればその分料金も下がり激安引越しも夢じゃないのです。 例えば、自治体に粗大ごみを出すのにごみ置き場まで一人で出せないと言うような場合はぜひご相談ください。 そういったお手伝いにも柔軟にお応えします。 安い日を選んで引越しする 引越しは混みあう日とそうでない日があります。 有名なのは春の繁忙期(シーズン)ですが、通常月であっても土日や祝日が忙しく、月初めよりも月末のほうが忙しい傾向があります。 また大安や友引などと言った縁起の良い日を積極的に選ばれる方も多く人気です。 当然忙しい日は暇な日と比較して料金が高くなる傾向が高いです。 もし、引越し日が忙しい日からずらせるのであれば、安い見積もりが受けられるでしょう。 また小さな引越し業者の場合ですと大きな家の引越しを1件受けただけでもトラックの予定が埋まってしまうことがあります。 暇そうだなと自分で日程を選ぶのではなく、引越し業者と相談し値引き交渉することで激安見積もりを受けられる確率が高まります。 その為にも一般的に言われているよりも早めに見積もり依頼することが大切です。 ダンボールを用意して値引き交渉をする ダンボールと言うのは意外と高価な物です。 今ではホームセンターで引越し用ダンボールでも手に入りますが、小さなダンボールでも100円以上で売っています。 引越し屋によっては無料サービスのところが増えていますが、段ボール代だけでもかなりの費用負担になるのが分かります。 ご自身で集めることができるのであれば、引越し会社としても値引きの交渉に応じてくれる場合があります。 少しでも安く引越ししたいのならダンボール集めを検討してみる価値はあります。 ただし注意したいのが、柔らかいダンボールは避けることです。 スーパーでもらえるお菓子やトイレットペーパーのダンボールは弱くて積み重ねに耐えられません。 集めるのであれば、電化製品や果物、野菜などのダンボールが頑丈にできている傾向があります。 またできるだけサイズを揃えなければ、トラック内での積み重ねが難しくなります。 作業遅延を招くようなダンボールばかりだと値引きは期待できないかもしれません。

次の