アイス リボン ジュリア。 女子プロレス界激震! ジュリア アイスリボン電撃退団でスターダム後楽園大会に強行登場!!

【アイスリボン】ジュリア 元キャバ嬢で元イタリア料理店店長の異色経歴

アイス リボン ジュリア

女子プロレス界に激震が走った。 アイスリボンは台風19号の影響を鑑みてテキーラ沙弥引退興行だった10・12後楽園大会を中止。 その引退試合でパートナーに抜擢され、テキーラ沙弥の穴を埋めていくものと思われていたジュリアが10月14日(月祝)午前に自身のTwitterアカウントでアイスリボンの退団を発表、その直後、11:30開催のスターダム後楽園ホール大会に登場し、参戦をアピールしたのだ。 選手の皆様、スタッフの皆様、ファンの皆様の暖かいご指導ご支援を頂き、ここまで成長することが出来ましたことを、この場をお借りしまして、お礼申し上げます。 小川代表 だがこの一連の経緯に、アイスリボンを運営するネオプラスの佐藤代表は困惑を隠さず。 昨日ジュリアから退団の申し出があり会って話をしましたが、沙弥の引退延期や決まっている参戦もあり退団時期について調整しようと話をしていた中でのツィートに混乱しています。 参戦予定等を確認、調整して改めて公式にリリースいたします。 — 佐藤 肇 neoplus00 弊社との雇用契約継続(社員状態)のままで、他団体に入団ってどういう事なんだろうか? どんな道だろうと笑顔で送りだせる方法はあるのに、嘘までついて何故強行な手段をするのだろうか — 佐藤 肇 neoplus00 アイスリボンの公式サイトでも、ジュリアは現在も有限会社ネオプラスの社員である事を強調し、現状、職場を放棄している状態となっている模様。 プロレス界の慣習として契約書を一々取り交わしていないので問題ないという事かもしれないが、法的に争うとなると口約束を契約と見なすのが商習慣だと裁判所が判断する可能性もあるだろう。 この度の台風で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。 の目の前は です。 号により、自然の猛威や天災から来る水害の恐ろしさを身をもって感じました。 そこで被害に遭われた方々に旗揚げ戦における収益の一部を させていただく事といたしました。 — マジックボックス mbpw4545 また、朝ジュリアから連絡を受けてその日の大会に登場させたとのスターダム側の説明はいかにも苦しく、アイスリボンファンは勿論引き抜きと断じて批判的な意見が多い。 また、豊田真奈美はジュリアの行動を強く非難している。 炎上覚悟で言いますけど、今回のジュリアの行動には黙ってられません 物事には順序って物があるだろ あなたが自分だけで成長して来た訳じゃない それだけはわかって下さい 調子に乗るな アイスリボンはあの団体とは違ってきちんとしてる団体だから話し合えばきちんと送り出します — 豊田真奈美 marukomariya 昭和の時代ならともかく、プロレスラーにもそれなりに社会性が求められる今の時代に、身勝手ととられるジュリアの行動も、来場を許したスターダムにも批判が集まるのは当然。 仮にジュリアから連絡を受けたとしても、早まった行動を諫めてアイスリボンと話し合うのが筋であるし、木村花のWRESTLE-1からの移籍時には、カズ・ハヤシ社長同席でちゃんと会見を行っている。 にも関わらず、今回、ロッシー小川代表が時代の空気を無視する様な判断を何故下したのかは非常に疑問ではある。 プロレス的な解決を模索するとすれば、アイスリボンとスターダムの団体抗争に持っていくという事にはなるだろうが、一度信頼関係が失われた状態で果たして可能かどうか。 当面は、アイスリボンは無論、他団体への約束をジュリアとスターダムがどう果たすのかに注目したいが、しばらくは尾を曳く問題となりそうだ。

次の

【アイスリボン】移籍を志願したジュリアの正式な退団を発表

アイス リボン ジュリア

入団を表明したジュリア アイスリボンを退団したジュリア(25)が14日、スターダムの東京・後楽園ホール大会に現れ、電撃入団を表明した。 まさかの事態が起きたのは、ワールド王者ビー・プレストリー(23)が木村花(22)を下しV5を達成した直後だ。 ロッシー小川社長(62)から呼び込まれる形でリングインしたジュリアは「初めまして、ジュリアです。 私は女子プロレスのトップを目指して今日、ここにやってきました。 この輝くスターダムのリングでジュリアの熱い試合をお見せしたいです」とあいさつして頭を下げ、歓声を浴びた。 その後、小川社長はこの日朝にジュリアからスターダム参戦を希望する電話があったと説明。 「『スターダムでやりたい』とのことだったので『だったら会場に来てくれ』と言いました。 覚悟を感じたし、思いはしっかりしているし、入団する方向で考えています。 スターダムはほかの団体と交流しているわけではないから、彼女はほかとの関係を断つことになるかもしれない。 それでも来たいという並大抵ではない覚悟を感じました」と話した。 ジュリアはこの日午前8時52分に自身のツイッターで「10月13日付で、アイスリボンを退団しました」と表明していた。 小川社長は「(アイスリボンとジュリアの間の)契約は『ない』と聞きました。 うちは来るものは拒まず、去る者は追わずですから」とした上で、今後の詳細についてはジュリアと話し合うとした。 ジュリアは2017年10月29日にデビュー。 ロンドン生まれのイタリアと日本のハーフで、イタリアンレストラン店長やキャバクラ嬢を経てレスラーとなった異色の経歴の持ち主。 昨年10月にはAbemaTVの「格闘代理戦争」で総合格闘技戦に挑戦し話題に。 アイスリボンの次期エースとして期待されていただけに今回の移籍は衝撃的だ。 一方、スターダムは今年に入って立て続けの補強に成功だ。 我闘雲舞を7月に退団し、米団体「AEW」所属となった里歩(22)も日本での主戦場としており、独自路線を貫くスターダムがさらに存在感を増していきそうだ。

次の

ジュリア(女子プロレスラー)木村花のライバルはどんな人?二人の動画あり

アイス リボン ジュリア

今回はアイスリボンを観戦するために大阪市立平野区民センターを訪れた。 今で残っているのは藤本、ハム子、もち、松本、フリー参戦している真琴、世羅ぐらいなもので、世羅もすっかり主力選手の一人、月日が流れたのを改めて痛感した。 会場となった平野区民センターはマークこそつかなかったが、用意されたイスはほとんど埋まり満員マークがついてもおかしくない、同日に世界館で開催されているスターダムが怪我人が続出しているということで、女子プロファン層がアイスリボンに流れてきているという。 序盤はロックアップからジュリアが執拗に押し込んでエルボーの連打を浴びせ、コーナーに押し込んでまた連打、串刺しビックブーツを放っていくも、雪妃はミドルキックで反撃、髪を掴んだままスナップメイヤーを連発して、グラウンドとなるも、雪妃がジュリアは雪妃の手に噛みついて脱出する。 試合後は雪妃が「ジュリア、一発で取るってらっしゃったけど、一発では取らせませんでしたわァ!」と簡単に王座が取れるほど甘くないと突きつけ、ジュリアのパートナーであるテキーラに王座挑戦を迫り、テキーラも指名を受諾、6月30日の川口大会での選手権が決定した。 試合は終わってみれば26分の激戦、アイスリボンのルールでは30分フルタイムだと王座剥奪というルールだが、フルタイムになってもおかしくはなかった。 雪妃は生では初めて見たが、OZアカデミーでヒールをやっているだけに、相手に対して厳しい攻めもある、気が強いという印象を受けた。 ジュリアも強気に攻めたが、強気では雪妃が優ったということなのかもしれない。 セミファイナルでは絆トーナメントの準決勝ということで、世羅がすずと組み、テキーラ&尾崎と対戦。 試合は世羅組が奇襲も、テキーラ組が返り討ちにし、すずを捕らえてリードしつつ、テキーラはコーナーに控える世羅を再三に渡って蹴落とす。

次の