オオカミ ちゃん ななか。 オオカミちゃんななか(松川菜々花)は結婚して子供がいるの?wikiやインスタも調査!

ヒナ、あずさ、ナナは“オオカミちゃん”? 予想外の展開に!|Real Sound|リアルサウンド テック

オオカミ ちゃん ななか

続く2人目のメンバーはヒナ(Hina)。 これにはスタジオからも驚きの声が上がる。 彼女に告白するのは、一途に想いを伝え続けてきたコア(Novel Core)。 真正面から愛情を届け、時に隣で支え、後ろから見守るなどヒナを一番に考え続けてきたコアの恋心は報われるのだろうか? 「最初に振り返ったときに直感があった。 これからももっと知りたいし、出来たら隣にいたい。 『オオカミちゃんじゃないって信じてる』とかじゃなくて、俺は(オオカミちゃんじゃないと)知ってるから」と力強く語りかけるコア。 長い長い沈黙の後、ヒナから風船が渡される! 3人目のメンバーはあずさ。 彼女に会いに来たのは、しょうたろうだった。 懸命にアピールしたななかの頑張りは、届かなかった……。 そしてナナ(加藤ナナ)が脱落してしまったことで、気持ちに揺らぎを見せていたとおるも姿を見せず。 しょうたろうを待っていたのは、あずさではなく彼女が宛てた手紙。 「しょうたろうへ。 初めて会った日、2人でイルミネーションを見たこと覚えてますか? 思えば私はその時から、ずっとしょうたろうに支えられていた気がします。 ただ私には、今日この場所に立つ前にどうしてもやらなければいけないと決めていたことがありました」という意味深な文から始まるその手紙には、彼女が月LINEを送った相手が記されていた。 その相手はとおるではなく、なんとナナ! アトリエにやってきたナナに、あずさは「ごめんね」と涙をこらえながら謝り、「私はオオカミです。 本当にごめん」と真実を伝えて泣き崩れる。 チームのリーダーでもあった彼女は、ナナが脱落してしまったことに対する責任をずっと感じていたのだ。 オオカミちゃんの役割と、リーダーとしての感情の狭間で苦しみ続けたあずさが最後に選んだ、本当に想いを伝えたかった相手。 こんなにも切ない結末を、いったい誰が予想できただろう。 残酷な『オオカミちゃん』の設定に翻ろうされ続け、とおるが選んだのは、ナナの手紙。 「一緒に最後を迎えられなくて残念です。 でもこの冬は楽しいことばっかりでした。 私は少しの後悔もありません。 ありがとう。 (中略)こんな心境でいられるのはとおるくんが最後まで信じてくれたからです」と書かれた手紙と赤い風船を握りしめ、とおるは独りで去っていく。 誰も悪くないだけに、切なさもひとしおだ。

次の

月とオオカミちゃんには騙されない10 嘘にビビる りこ急変 ななか ルーク本音

オオカミ ちゃん ななか

「女子高生の3人に1人が見ている」と言われる、ABEMAの恋愛リアリティショーシリーズ最新作『月とオオカミちゃんには騙されない』。 今年の3月末には大好評のままシーズンフィナーレを迎えたが、このたび「副音声付き」の新バージョンとして、再放送がスタートした。 この副音声、誰がゲストとして登場するかというと、シリーズ初回作よりMCを務める横澤夏子と、シリーズを一度も見たことないという滝沢カレン。 誰よりも『オオカミ』通の横澤が、完全なるビギナーである滝沢を相手に繰り広げる徹底解説とコミカルなやり取りで、初めて見る方にも親切な設計に。 シリーズのファンには、ニヤッと笑える要素も用意されている。 次ページより、第8話から第9話を一気に振り返る。 本編のネタバレもあるため、ご注意いただきたい。 第8話で描かれるのは、横澤と滝沢が「待ちに待った」という脱落発表のエピソード。 2人がどんな反応を見せるかも気になるところだが、そこに至るまでにまず描かれるのは、コア(Novel Core)とりおん(岡本莉音)の水族館デートだ。 カップル用の音声ガイドの指示で、2人は「水槽越しに10秒見つめ合う」「相手の下の名前を耳元でささやく」といったミッションに挑戦するが、その一つひとつに横澤・滝沢が「もうやめて本当に……」と悶絶。 りおんがコアに誕生日プレゼントを贈るシーンでは「観てるこっちが恥ずかしい!」(滝沢)と大盛り上がり。 そんな中、とおる(堀江亨)がナナ(加藤ナナ)に太陽LINEを送ったり、ルーク(岸本ルーク)がヒナ(Hina)に月LINEを送ったりと、他のメンバーも動き出す。 ルークとヒナのデートでは、ルークが「俺にも可能性あるのかな?」と直球で伝え、ヒナが「ルークの気持ちに応えることはできない……かなって」と残酷な返答をする場面も。 「それが優しさだけど、その優しさに気付けるのって今じゃないんですよね……」(滝沢)、「本当に難しいよね……」(横澤)と2人もしみじみ。 ナナととおるが再会し、テニスシーンが映されると「かっこよすぎるんですけど!」(滝沢)と大はしゃぎ。 とおるがナナにテニスを教えるシーンでは「あら、出ました!」(横澤)「聞いてない! 近すぎるんですよ」(滝沢)と完全にファン化し、ずっと話し続ける。 しかし、そんなハイテンションもつかの間、いよいよ脱落発表のシーンに突入。 緊張や不安に耐えられなくなったメンバーが泣き出すシーンでは、横澤と滝沢も固唾をのんで見守る。 ナナの脱落が決まった瞬間、横澤がもらい泣きし、滝沢もこれまでにない心痛な面持ちを浮かべる。 とおるとナナは、最後の時間をスカイツリーで過ごすことに。 とおるがナナを強く抱きしめるシーンでは、横澤と滝沢からため息が漏れる。 その後、大泣きする横澤と、今にも泣きそうな滝沢は「ナナちゃんの『忘れてもいいよ』って一言、言える?」(横澤)、「絶対忘れないでよって感じです。 『ずっと私のことを頭に描いててよ』っていうのが私たちの恋心ってものなのに、とおるくんまで悲しませたくないっていうナナちゃんの強さですよ」(滝沢)と、とおるを一番に思うナナの姿勢に脱帽。 そして第9話では、「脱落後が、オオカミシリーズの真骨頂」と横澤が指南し、滝沢は「あずさ(大原梓)に注目する」と宣言。 そのあずさは、ナナを救うために洋服作りに没頭。 しかし、そこにしょうたろう(岡田翔大郎)が近づき、「第一印象はあずさだったよ」と衝撃告白。 「動き出したじゃん!」(滝沢)「やっとスポットライトが当たった」(横澤)と見守る。 そこにななか(松川菜々花)が乱入し、あずさはその場を離れてしまう。 そんなとき、気落ちするメンバーを気遣ったりこ(莉子)の太陽LINEで、場の雰囲気が一気に明るくなる。 その行動に「かっこよくない?」(横澤)「男前よ」(滝沢)と称賛。 その結果出かけた際、ななかがしょうたろうにたいして積極的に動きまくり、滝沢は「危なくないですか?」と心配する。 しかし、ななかの奮闘もむなしくしょうたろうに気づかれず、横澤が「鈍感男なんだよ!」と突っ込む一コマも。 9話では、様々なメンバーが大きく動き出したが、鑑賞後の滝沢は「ななかちゃん怪しくないですか?」と疑念を深めた様子。 逆にあずさのまっすぐな姿を目の当たりにし、「あずさちゃんはオオカミじゃないと思う」(滝沢)と見解を語った。 横澤は逆に「私だったら逆に、ガンガン行っちゃう」と自身の恋愛観を披露し、滝沢から「ガツガツ精神がすごいですよ(笑)。 だからこその結婚でしたよ」と突っ込まれる。 2人の和気あいあいとした様子も収められ、終了かと思いきや……。 番組の最後に、ヒナが太陽LINEを使用。 「コア、スペインから戻ったら話がしたい」という意味深な内容に、「自分がもし好きな人から言われたら、怖くないですか? いいことだけとは私は思いません」とコメント。 ヒナがオオカミなのでは?という予想を語り、第9話は幕を閉じた。 SYO(映画ライター).

次の

月とオオカミちゃんには騙されない10 嘘にビビる りこ急変 ななか ルーク本音

オオカミ ちゃん ななか

ABEMA TIMES 『横澤カレンの月とオオカミちゃんには騙されない』は、今年1月から3月にかけて放送されたABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『月とオオカミちゃんには騙されない』を視聴したことがない人に向けた、裏側解説付きのスピンオフ企画。 初回作よりMCを務めてきた横澤がルールや用語の解説をしながら、『オオカミ』シリーズ初心者の滝沢と本編を視聴するというもので、6月7日から全6週に渡り、毎週日曜よる10時に配信されている。 第5話では、ヒナを巡る恋模様に動きがあった。 中間告白を目前に控える中、ヒナは同じ日にコア、しょうたろうと連続でデートすることに。 コアは、ストレートな言葉で好意を伝え、苦悩するヒナに優しく寄り添った。 そんなコアの対応を、横澤と滝沢も絶賛。 横澤が「こういう人好きになった方が絶対幸せになれる」と語ると、滝沢も「絶対付き合ったら最高の男」と同調した。 ABEMA TIMES 一方の横澤は、しょうたろう派とのこと。 中間告白のシーンでは、滝沢に思わぬアクシデントが発生する一幕も。 りょうすけに想いを告げるも報われず、涙するななかに、滝沢は「大丈夫だよ、ななかちゃん。 人間はいっぱいいる」と励ましの言葉をかけた。 そして、「オオカミちゃん投票」で脱落システムがあることから、恋愛の期間が定められている状況についても「余計(アプローチ)できなくなる。 ドキドキドキドキ」と、身振り手振りを交えて熱く語っていると、耳に付けていたイヤホンが落下。 滝沢は「興奮しすぎて抜けちゃった 笑 」と照れ笑いを浮かべた。 ABEMA TIMES さらに滝沢は「でもここを通ると、けっこう清々しくなったりするもので、女って」と持論を展開。 この時は例え辛い思いをしたとしても「それがいつか絶対にあずさちゃんにとってプラスになる時が来る」と説き、「逃げないあずさちゃんがかっこいいと思いました」とあずさの行動を称えた。 また、ななかが緊張で手汗をかいていたことについて「気持ちわかります?」と問われると、滝沢は「わからないわけがない!」と声を大に。 「手をつなぐ時とか、今みたいに一緒に作業する時とか、手汗かいてると、色んなものがどっかからひっついて来ちゃうんですよ。 ゴミだらけになっちゃってたり、ティッシュついてたり、ほこりついてたり」と、持論を展開していた。 ABEMA TIMES 第7話では、あずさの切ない恋模様に注目が集まった。 ナナのステージを見に行った帰り道、あずさはとおるに「まだあきらめられていない」と想いをぶつけるも、「今気になっているのはナナ」と、はっきり告げられてしまったのだった。 このシーンに滝沢も胸を痛めた様子で「かわいそう」と悲しげな表情を見せた。 さらに、コアにりおんが「太陽LINE」を送信。 コアをデートに誘うという怒涛の展開を受け、滝沢は「ムズムズしますね。 もうかゆ い! 背中とか全てが」ともどかしさを露わにした。 滝沢はその一方で、りおんの積極的な行動に拍手を送り、「あっぱれりおんちゃんって感じ。 よく頑張った。 本当に強い子だと思う」と褒めちぎった。 これを聞いた滝沢は「それはそうです。 私だってそう思ってましたからね。 その他はヒナが22票、ななかが3票、りこが2票、ナナとあずさが0票という順番になった。 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の