ヘア スプレー メンズ。 メンズにおすすめのヘアフレグランス人気ランキングTOP16|ヘアコロン

メンズ用ヘアスプレーおすすめ人気ランキングTOP10!軟毛用の使い方も【2018年最新版】

ヘア スプレー メンズ

アリミノの「ピースプロデザイン・フリーズキープスプレー」 こちらはパリパリに固まるのではなく、少し手直しもできる程度にキープしてくれるハード系スプレーです。 髪の毛をスタイリングしながらも使え、フィニッシュもこれでバッチリ! また、つけてすぐには固まらないので手直しがしやすいところがGOOD!髪の毛を根元から立たせるようなセットがしたい方にもおすすめです。 さらに、ややツヤ感も出るので潤いを感じるおしゃれで綺麗な仕上がりになりますよ。 加えてアリミノのいい香りが包み込んでくれるので明るい気分にさせてくれますね。 しっかりヘアスタイルをキープしながら、手直しもしやすいヘアスプレーをお探しの方に是非おすすめです。 ただし、少々お値段が高いところがネックとなりそうです。 サンスターの「VO5・スーパーキープヘアスプレー」 大人気ヘアスプレーVO5のエクストラハードタイプがランクインです。 たっぷり大容量に加え、雨や風にも負けずしっかり固めてくれるところが魅力。 また、無香料なので使用状況を選ばず使えるところも嬉しいですね。 使用感はパリッとガチッと固めるタイプのヘアスプレーになります。 あまり近くでスプレーしないことが上手に固めるコツですよ! さらに、朝しっかりスタイリングしておけば夜までロングキープ。 ただし夏場で汗をたくさんかいたりするとヘタってくるので、そこは頭に入れておいて下さいね。 容量を気にせずガッツリ使いたい方には是非おすすめのエクストラハードなヘアスプレーです。 アリミノの「スパイスシャワーフリーズ」 青リンゴの香りが特徴的なアリミノ・スパイスシャワーフリーズスプレーです。 ツンツンにセットしたいショートヘアの方にも対応した強力なホールド力が魅力。 またガッチリ固めてくれるのにも関わらず、スプレー直後はすぐに固まらないので、手直しして絶妙なニュアンスを作り出せるところがGOOD!毛先を遊ばせて立体感を出したい方には嬉しいですね。 使い勝手とホールド力は申し分のない商品。 口コミでも "3年前から使用していますが、1度もほかのヘアスプレーを買おうと思わなかった。 それほど満足できます。 " などと大好評です。

次の

ヘアスプレーおすすめ15選|美容師が男女別にランキングで紹介【選び方や種類も】

ヘア スプレー メンズ

みなさんはヘアスプレーを使用していますか? ヘアスプレーはをキープするために使用するものです。 しかし、ヘアスプレーを使用している方の中には、 「をしているのに、髪型がすぐに崩れちゃう」または「ヘアスプレーをしたら、せっかく決まった髪型がかちんかちんに固まって不自然になっちゃった!」という経験がある方は少なくないはず。 実は、ヘアスプレーの使い方にはちょっとしたコツがあります。 このコツさえ掴んでおけば、ヘアスプレーを使ってヘアスタイルをキープしたり、スタイルをきれいにまとめることができたり、髪にツヤを出すことだってできてしまうのです。 そこで今回は、ヘアスプレーの使い方の中でも「固めたいとき」「自然なカール感を出したいとき」「ツヤを出したいとき」の3つの使い方をご紹介します。 ヘアスプレーを使いこなして、お気に入りのヘアスタイルを一日中キープしましょう! 目次• 基本的なヘアスプレーの使い方のポイント まずは、基本的なヘアスプレーの使い方のポイントを3つご紹介します。 ここでご紹介するポイントは、ヘアスプレーを使用する際の基本となるポイントです。 ヘアスプレーを使用するときは、常にこの3つのポイントを念頭に置いておくようにしましょう。 また、ヘアスプレーの使い方には、基本的に男女差はありません。 ヘアスプレーはメンズスタイルだからこう使う、レディースだからこう使う、と使い分けることよりも、ヘアスタイルそのものによって使い分けることが大切です。 今回ご紹介する使い方のポイントもまた、男女共にいえることです。 男性も女性もぜひ、ヘアスプレーを使用する際は参考にしてくださいね。 ヘアスプレーを髪に近付けてしまうと、ヘアスプレーが付き過ぎてしまい、髪が固まってしまうことがあります。 ヘアスプレーを付ける時は、髪から20cm程離すようにしましょう。 また、同じ部分にずっと付けてしまうと、髪がテカってしまうことがあります。 ヘアスプレーの噴射口を左右に揺らし、髪全体にまんべんなくヘアスプレーが付くようにしましょう。 ヘアスプレーは付け過ぎると髪に重さが出てしまうことがあります。 髪に重さが出ると、せっかく作ったスタイリングが崩れて髪がぺたんこになってしまうこともあります。 そうなってしまわないように、スプレーは髪の根元部分を中心に付けることがポイントになります。 髪の立ち上がりが欲しい部分を手ぐしで持ち上げ、根元部分にスプレーをします。 こうしておくと、髪の立ち上がりをキープすることができるので、髪がぺたんこになりにくくなりますよ。 この時も、スプレーの噴射口を頭に近づけすぎないように注意しましょう。 そのため、ヘアスプレーを付けるのは髪の表面が中心となります。 しかし、これはスタイルに応じた使用方法であり、ヘアスプレーは基本的には、髪の表面に塗布することでヘアスタイルのシルエットが崩れてしまうことを防ぐためのものです。 髪全体にしっかりと塗布してしまうと、髪に重さが出てぺたんこになってしまうことがあるので、注意しましょう。 ヘアスプレーの主な使い方 それでは、ヘアスプレーの主な使い方をご紹介しましょう。 「固めたいとき」「自然なカール感を出したいとき」「ツヤを出したいとき」の3種類の使い方をご紹介します。 その日のスタイルに合った使い方を試してみてくださいね。 2-1. 【髪を固めたい時のヘアスプレーの使い方】 まずは、髪を固めたい時のヘアスプレーの使い方をご紹介します。 今回は、7パターンの髪を固めたいヘアスタイルを想定して、それぞれのヘアスタイルに適した使い方をご紹介します。 髪を固めたい時は、「ハードタイプ」のヘアスプレーを使用することをおすすめします。 ヘアスプレーを吹きかけたあとにボリュームの調整をして、全体のバランスを整えます。 トップを浮かせて固めることで、空気感のあるヘアスタイルをつくることができます。 またはヘアスプレーをして、すぐにブラッシングをして毛髪を整えましょう。 アイロンやブローで伸ばしてからヘアスプレーすると、よりクセやボリュームを抑えることができます。 三つ編みの毛先にヘアスプレーを吹きかけたら、コームで逆毛を立たせることでより安定して固定されます。 クセをつけたい部分にヘアスプレーをして、少し時間を置いてからマジックカーラーを外すと狙ったクセを付けることができます。 置き時間を調節すると思いのままの前髪のカールをつくることができます。 2-2. 【髪に自然なカール感を出したい時のヘアスプレーの使い方】 次に、髪に自然なカール感を出したい時のヘアスプレーの使い方をご紹介します。 ふんわりと自然なカール感を出したい時には「アレンジタイプ」のスプレーを使うことをおすすめします。 アレンジタイプのヘアスプレーは、ふんわりとした仕上がりを演出したい時に活躍し、一度セットしても再セットすることができるので手軽に使えておすすめです。 また襟足、後頭部の順に全体に付けることで、前髪に対してヘアスプレーの付けすぎ防止になります。 2-3. 【髪にツヤ感を出したい時のヘアスプレーの使い方】 最後に、髪にツヤを出したいときのヘアスプレーの使い方をご紹介します。 髪にツヤが欲しいときは、「グロスタイプ」のヘアスプレーがおすすめです。 ヘアスプレーは、髪の表面に全体的に吹きかけるようにすることがポイントになります。 特に毛先はツヤ感が失われがちなので、毛先を気持ち多めに覆うような感じで吹きかけるようにしましょう。 また、一カ所だけ多く付けすぎないように20センチほど頭皮から離してヘアスプレーを使用するようにしてください。 よりツヤ感やさらさら感を出したい場合は、完全にドライの状態の髪をドライヤーとロールブラシでブローしたり、アイロンなどで熱を加えてキューティクルを整えてからスプレーをすると良いでしょう。 グロススプレーは、ハードスプレーやアレンジスプレーほどのセットのキープ力はありませんが、髪をコーティングすることによってツヤを出し、指通りをよくしてくれますよ。 髪自体に油分が多い人の場合は、時間がたつとベタついてきてしまう場合もあるので注意しましょう。 ヘアスプレーの洗い流し方のポイント ヘアスプレーは髪を固めるという特徴を持っているため、使用した日はその日のうちに洗い流すことが大切になります。 洗い流さずに寝てしまうと、固まった髪が枕に擦れて、ダメージを負ってしまうことがあるのです。 また、気を付けていたとしても地肌にヘアスプレーが付いている場合もあるので、ヘアスプレーを使った日は必ずシャンプーをするようにしましょう。 この章では、ヘアスプレーをきれいに洗い流すためのシャンプーのポイントをご紹介します。 ヘアスプレーは髪を固めるため、普段通りのシャンプーを行ってもきれいに洗い流せないことがあるのです。 すこやかな髪をキープするためにも、この章でご紹介するシャンプーのポイントを気にかけてみてくださいね。 3-1. 十分に濡らす スプレーはぬるま湯で濡らすと、取れやすくなります。 まずはぬるま湯で髪全体をしっかりと濡らし、固まったスプレーを洗い落としやすくしましょう。 ヘアスプレーの付着した髪は、ゴワゴワと硬くなりがちです。 手ぐしなどを無理に通そうとすると、髪のダメージに繋がることもあります。 手ぐしでぬるま湯を馴染ませるのではなく、髪を手のひらに取り、揉み込むようにしてぬるま湯を馴染ませましょう。 3-2. 髪自体にシャンプーの泡を馴染ませる 髪全体に十分にぬるま湯が行き渡ったら、よく泡立てたシャンプーを髪に馴染ませていきます。 普段のシャンプーでは頭皮を洗うことを意識している方が多いと思いますが、ここでは髪自体を洗うことを意識しましょう。 しっかりと泡立った泡は、髪に付着したヘアスプレーを浮きあがらせ、洗い流しやすくしてくれます。 髪全体にシャンプーの泡を馴染ませましょう。 3-3. 洗い流す 髪全体にシャンプーの泡を馴染ませたら、ぬるま湯で洗い流します。 シャンプーを洗い流すことはもちろんですが、シャンプーと共にヘアスプレーの固まりやベタつきを洗い落とすことを意識して、髪を指で揉むようにしながら、しっかりと洗い流しましょう。 3-4. 通常のシャンプー 1度目のシャンプーを洗い流し終わったら、もう一度シャンプーをします。 今度のシャンプーは通常通り、頭皮の汚れを洗い流す感覚で行いましょう。 肌らぶ編集部のおすすめヘアスプレー ここでは、肌らぶ編集部おすすめヘアスプレーをご紹介します。 今回は、ヘアサロンでも使用されていて尚且つ、ドラッグストアなどで購入できるものを選びました。 気になるものがあったら、ドラッグストアまたは取扱いのある美容室などで実際に手に取り、試してみてくださいね。 こちらも爽やかなミント系の香り!パッケージもシンプルかつスタイリッシュなところが魅力です。 スーパーハードタイプは、作ったヘアスタイルを固めて、維持するために作られたヘアスプレーなので、創作性の高いビッグシルエットのヘアスタイルに適しています。 シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力!こちらもぜひチェックしてみてくださいね! 5. まとめ ヘアスプレーを使う際のポイント、使う目的別のヘアスプレーの使い方、ヘアスプレーの洗い落とし方などをご紹介しましたが、いかがでしたか? ヘアスプレーはお気に入りの髪型をキープするための大切なアイテムです。 しかし、髪型をキープする為に、と多く使いすぎると反対に、髪型を崩してしまうこともあります。 ヘアスプレーに苦手意識があった方はぜひ、今回ご紹介した使い方のポイントを意識して使ってみてください。

次の

メンズヘアスプレー人気おすすめ20選【使い方も】 | VOKKA [ヴォッカ]

ヘア スプレー メンズ

つけすぎる原因は 距離にあります。 髪がテカつく人はスプレーする時に髪から近づけすぎです。 距離が近すぎると、同じところに集中してしまい• 髪がパサつく• 白い粉がでてくる• 頭皮へのダメージ などの原因にも繋がります。 全体の形を整えたい時には、よく振って 20cm程 離してまんべんなく薄くスプレーするのがポイントです。 頭の上で円を1周を描くように こちらの動画でも美容師さんが詳しくポイントを解説していますので、あわせてどうぞ。 より長時間ボリュームをキープすることができます。 メリット• より立体感・束感がでる• 長時間ヘアスタイルをキープできる 毛先までやってしまうと全体的にも少々重たい印象になりがちです。 髪を少し持ちあげて、束と束の間にスプレーしていく。 そんなイメージでやっていきましょう。 注意 頭皮に直接つかないように注意しよう 直訳すると「輪郭」という意味。 わかりやすく言えば、髪全体のシルエットのラインのことです。 カットをする時はアウトラインをどうするか?から美容師の方は決めていきます。 また、セット後のシルエットの事もアウトラインと呼ぶこともあります。 特にコレといったルールもありません。 あくまでやり方の1つとしてご参考下さい。 これで髪のセットも完了です。 ただ、セット後には以下の事に気をつけましょう。 注意点:スプレー後の手直しはNG スプレー後には白い粉のようなものが出てくることもあります。 これは摩擦によってスプレーの成分が粉末化してしまうことが原因です。 なので、 スプレー後は何度も手で触らない事。 あとなってここがちょっと気になる…。 そんな時にいじりたくなる気持ちもわかりますが、触りすぎには注意してください。 最後にオススメのスプレーについてあわせてご紹介します。 おすすめのヘアスプレー.

次の