浮気調査 メール 復元。 スマホや携帯のデータ復元・復旧で消された浮気の証拠を押さえる

スマホで浮気調査!スマホ・携帯から浮気を見破る方法!|探偵 R&I

浮気調査 メール 復元

家族や友人、知人と気軽にメッセージを送り合うことができるメッセンジャーアプリは、この記事をご覧の皆さんのほとんどが一度は利用したことがあるでしょう。 そんなメッセンジャーアプリの中でも、日本で一番使われているのがLINEです。 LINEの国内月間利用者数は7,600万人で、日本国民の5人に3人が利用しています。 スマホを持っていない子供や高齢者を差し引くと、スマホを持っている人のほとんどがLINEを使っているとみてよいでしょう。 そんなLINEですが、一番普及している年代は40歳代、次に普及している年代は30歳代というデータがあります。 若者世代はLINE以外のメッセンジャーアプリも利用しているため、社会人世代にとっては一番メジャーなメッセンジャーアプリということができます。 ここまでは、パートナーが浮気と推定されるLINEトーク履歴を消した痕跡があるかどうかを確認する方法を説明してきました。 もし、パートナーが浮気と推定されるLINEのトーク履歴を消した可能性があるようであれば、どのようなトーク内容を消したのか確認する方法はないのでしょうか。 実は、パートナーが消した浮気と推定されるLINEのトーク履歴を復元する方法が3つあります。 1つ目は、削除されたL浮気と推定されるINEトークのバックアップを取得して復元する方法、2つ目は、パソコンからLINEトークのバックアップを確認して復元する方法、3つ目は、LINEトーク削除履歴復元する特殊なアプリを活用する方法です。 ここからは、その3つの方法について、順番に解説していきます。 iPhoneで削除された浮気と推定されるLINEトークを復元する方法ですが、それには一度、LINEアプリをアンインストールする必要があります。 そのため、現時点までのトーク履歴をiCloud上にバックアップしておかないと、前回のバックアップ以降のトーク履歴が消えてしまうので気をつけましょう。 LINEアプリをアンインストールした後は、App Storeから再度LINEをダウンロードします。 Androidで削除された、浮気と推定されるLINEトークを復元する方法ですが、iPhoneの場合のようにLINEアプリをアンインストールする必要はありません。 もちろん、浮気と推定されるLINEのトーク履歴を消した痕跡があったとしても、必ずしも浮気をしているとは言い切れません。 スマホのデータ容量を減らすためにトーク履歴を消したのかもしれませんし、法的にはLINEのトーク履歴だけでは、パートナーが浮気をしていることの証拠にはなりません。 再三お伝えしますが、、LINEの画面を盗み見たことは、個人情報保護法や不正アクセス禁止法違反で逆に訴えられる可能性もありますので、LINEのトーク履歴を消した痕跡がないか見る時には、自己責任でお願いします。 まず、スマホ端末自体のスクリーンショット機能を用いてスクリーンショットを取る方法についてです。 iPhone8までの機種であれば、電源ボタンとホームボタンを同時押し、iPhoneX以降の機種であれば、電源ボタンと音量を上げるボタンの同時押しでスクリーンショットを取ることができます。 Android端末に関しては端末ごとに方法が異なるので、それぞれの端末の取扱説明書を見るようにしてください。 撮影した浮気と推定されるスクリーンショットは、メールやLINEなどのメッセンジャーアプリを使って、あなたのスマホに送信しておきましょう。 撮影した浮気と推定されるスクリーンショットをあなたのスマホに送信した後は、パートナーに浮気と推定されるスクリーンショットを取られたことを悟られないように、浮気と推定されるスクリーンショットの送信履歴を削除しておくことを忘れないようにしましょう。 選択したトークの前後の文脈も含めて保存しておきたい場合は、保存しておきたい前後のトークをタップします。 そうすると、前後のトークも含めてハイライト表示されます。 撮影した浮気と推定されるスクリーンショットは、メールやLINEなどのメッセンジャーアプリを使って、あなたのスマホに送信しておきましょう。 撮影した浮気と推定されるスクリーンショットをあなたのスマホに送信した後は、パートナーに浮気と推定されるスクリーンショットを取られたことを悟られないように、スクリーンショットの送信履歴を削除しておくことを忘れないようにしましょう。

次の

メールを転送して浮気を見破る!携帯メールを使った浮気調査

浮気調査 メール 復元

【スポンサーリンク】 妻や 夫が証拠隠滅のために携帯電話のメールを削除して しまった場合に、そのメールを復元する 浮気調査法を ディスクロージャー致します。 基本的に携帯電話はパソコンとは違い、一度削除して しまったメールを復元することはできません。 そのことは、パソコンでいくら検索しても携帯電話の メールを復元すると謳っている広告がないことからも 明らかです。 仮に、携帯電話のメールを復元することが できれば、携帯電話のメールを復元したいという需要は 多い訳ですから、携帯電話のメールを復元するソフトや サービスが出回っていても良いはずです。 携帯自体に記録されたメールを削除してしまった場合は、 まず復元不可能と考えた方が良いでしょう。 ただし、携帯電話のメールが絶対に復元できないとは 申し上げません。 データ復旧のプロがいるからです。 データ復旧とは何ぞやという方は、以下サイトで詳述。 駄目元でプロに依頼以外に、私の知っている限りでは 条件付きで1つだけ削除してしまったメールを復元 する方法があります。 条件は2つあります。 1つは、携帯端末がauであること。 そして、もう1つがメールを削除してから30日以内で あることです。 携帯端末がauで、削除してしまったメールが30日以内で あれば、メールがサーバーに残っているため、再び 削除してしまったメールを受信することが可能です。 ドコモの場合は、端末でメールを受信するとメールが サーバから削除されるので、残念ながらメールを復元する ことはできません。 さて、それでは、auの携帯端末でメールを復元する 方法を ディスクロージャー致します。 下記の方法で復元致します。 以上でメールを復元することが可能です。 今日は、限定的ではありますが、削除してしまった 携帯電話のメールを復元する 浮気調査法を ディスクロージャー致しました。 【スポンサーリンク】.

次の

【19年最新版!】使える浮気調査アプリ9選とアプリで調査するリスク|浮気調査ナビ

浮気調査 メール 復元

LINEトークの流れに不自然な点が見られたら、それは彼氏が意図的にトーク内容を削除した可能性があります。 削除されたトークは、もう確認できないのでは?この時点で、諦める人は多いでしょう。 実はLINEトークは削除されていても「復元」できます。 LINEのトークが削除されているか見抜くには、以下の3点をチェックします。 ・トークリストの上位にいるのにトーク履歴が一部ない ・トークの繋がりが不自然 ・トークリストにいるのにトーク内容がない LINEのトークリスト上位にいるのは、頻繁にやりとりをしている証拠です。 頻繁にやりとりしているのに、トーク履歴が 一部ないのは不自然です。 トークの繋がりが前後で不自然なのも、トークを削除したからと考えるのが妥当でしょう。 トークリスト上に表示されているのに、トークがまったくないのもトークをすべて削除した可能性が高いです。 削除されたLINEトークの復元方法は、以下の4パターンあります。 彼氏の浮気は、いずれかの方法を使って削除されたトークを復元すれば、見抜くことができるでしょう。 ・LINEのバックアップを復元する方法 ・iPhoneアナライザー ・PhoneRescue ・パソコン版LINE LINEのバックアップから復元する方法以外は、すべてパソコンを使います。 これからご紹介する、削除されたLINEの復元方法で、彼氏が削除したトーク履歴をあなたはチェックすることができるでしょう。 ただし個人でトークを復元するのは、リスクもあります。 最後までしっかり目を通してください。 LINE(ライン)のバックアップからトークを復元する方法 LINEのバックアップを日ごろから取っている人におすすめなのが、LINEのバックアップから削除されたトークを復元する方法です。 「バックアップ」は、パソコンを使っている人ならお馴染みの言葉でしょう。 データを別の場所に一時的に保存することを、バックアップと呼びます。 バックアップからトークを復元するには、iPhone・androidごとに操作方法が異なります。 機種ごとにLINEのバックアップからトークを復元する方法を見ていきましょう。 iPhoneの場合 1度彼氏の携帯のLINEアプリを、アンインストールします。 その後、再びLINEアプリを再インストール、再起動してログイン認証します。 対象のトークの「トーク設定」から「トーク履歴のバックアップ」をタップ、その後「すべてバックアップ」をタップします。 androidの場合 LINEの「プロフィール」から「設定」、「トーク」の「トークのバックアップの復元」をタップします。 バックアップから復元したLINEのトークは、iPhone・android、それぞれテキスト形式で、自分の携帯にメール送信することができます。 復元したトークは、自分の携帯にメールしておきましょう。 メールしたLINEの復元トークは、SDカードなどに保存すると、より安心です。 iPhoneアナライザーを使ってパソコンでトークを復元 「iPhoneアナライザー」はiPhoneのLINEはもちろん、通話履歴やメール、スカイプなどの内容を解析するのに用いるツールです。 iPhoneアナライザーは、パソコンで使うデータ解析ソフトです。 無料版が公式ホームページから段ロードできます。 その他、CD-ROMやUSB版もあります。 iPhoneをパソコンに接続し「iTunes」の中の「iPhone」をクリック、「今すぐバックアップ」をクリックします。 その後iPhoneアナライザーでチェックしたいデータをクリックします。 iPhoneアナライザーを使えば、バックアップを取った時点での、LINEのトーク履歴をチェックすることができます。 それが例え削除されたトークでも、iPhoneアナライザー上で閲覧が可能です。 ただiPhoneアナライザーは悪用されるケースもあるため、使用用途に規制がかかっています。 そのためLINEトークの復元は、iPhoneアナライザー本来の使用目的とは外れているので、使う場合は自己責任となります。 PhoneRescueでデータを完全復元する方法 PhoneRescueを使って、削除されたLINEトークを復元することも可能です。 PhoneRescueもiPhoneアナライザーと同じく、パソコンにダウンロード・インストールして使うデータ復元ソフトとなります。 LINEのバックアップを取っていなくても、PhoneRescueはiosからトークを復元することができます。 パソコンを使うため、復元場所も自分のパソコン端末など、保存しやすい場所を選べる点でも優れています。 PhoneRescueは公式ホームページからダウンロードできます。 Windows・Macと選択できるため、使用する端末によって選びましょう。 ダウンロードしたPhoneRescueをインストールし、iPhoneをパソコンに接続します。 「iosからリカバリー」を選択し、「復元したいデータ」をクリックします。 LINEで削除されたトーク履歴を復元することはもちろん、PhoneRescueを使えば、写真・電話帳といったすべてのデータを自分の端末に保存できます。 PhoneRescueを使って無断で彼氏の携帯のデータを抜き取るのは、違法行為にあたる可能性があるので、自己責任とはいえ1人で焦って行動するのはおすすめしません。 パソコンで彼氏のLINE ライン)トークを復元する方法 パソコンを使って、彼氏のLINEにログインし、トーク内容を確認する方法もあります。 パソコン版の「LINE」をLINE公式ホームページからダウンロードします。 その後、彼氏のLINEにログインすれば、トーク内容を確認できます。 携帯のLINEではトークを削除していても、パソコンのLINEは使っているユーザーが少ないため、浮気の証拠が残っている可能性が高いです。 ただしパソコンで彼氏のLINEにログインすると、彼氏の携帯のLINEにメッセージが送信されます。 彼氏が不在だからと言って、パソコンで削除されたトークを確認しようとすれば、外出先の彼氏に不正アクセスがバレる可能性があります。 慌てた行動は要注意です。 LINE ライン)のトークは復元可能!でも許可なしに調査するのは要注意! 削除されていても、ご紹介した方法を使えば、LINEのトークは復元できます。 ただし彼氏に許可を得ずに、勝手に彼氏のLINE情報をチェックするのはおすすめできません。 勝手にLINEチェックしたことが彼氏にわかれば、あなたと彼氏、2人の間に溝が入ってしまうのは想像に難くないでしょう。 さらに勝手に彼氏のLINEを覗き見ることは、違法行為に当たる可能性があります。 ・プライバシーの侵害 ・不正アクセス禁止法 彼氏に浮気疑惑があっても、彼氏のLINEを勝手に覗き見ることは、この2つの法律に反することになります。 プライバシー侵害の場合は100万円以下の罰金、不正アクセス禁止法の場合は3年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金が罰則として課せられます。 削除されたLINEトークの復元方法はほんの一例で、現在ではさまざまな復元アプリが出ています。 しかしどれを使っても、勝手に他人のLINEにログインしたりトーク履歴を復元するのは、違法となります。 彼氏にLINEトーク復元の許可をもらってから、削除されたトークの復元を試みましょう。 もし彼氏があなたの申し出を拒んで、まっとうな理由が彼氏になければ浮気の線が濃厚だと言えます。 その場合は自分1人で焦って行動せずに、浮気調査に長けている探偵事務所に相談してみることをおすすめします。

次の