アナ雪2エルサ髪型。 アナと雪の女王2

「アナ雪2」エルサが元いた街アレンデールに戻らなかった理由は?考察とともに解説

アナ雪2エルサ髪型

エルサがいつ精霊になったのか? 実は生まれたときから!? エルサが第5の精霊であった、という落ちでしたが、ではいつからエルサは精霊になったのでしょうか? 実際にエルサがいくつのときから魔法が使えたのかははっきりとはわかりません。 しかし父親のアグナル王のセリフでは生まれつき魔法が使えたと発言していることを考えると、生まれたときから魔法が使えたと考えていいでしょう。 そしてエルサが魔法をなぜ使えるのか、という謎の答えが、 第5の精霊であったから と今回の「アナと雪の女王2」で明らかにされたわけですので、そうなると 生まれつきエルサは精霊であった ということになってしまいそうです。 しかしそれではあんまり、という感じもしますし、前作の「アナと雪の女王」でエルサがずっと精霊であった、ということであれば、映画の雰囲気も壊れてしまいかねないので、ここでは、 エルサは「アナと雪の女王2」で第5の精霊になった、ということにしたいと思います。 アートハランがまさにその時! そうなると、いつ精霊になったか?という疑問が出てきますが、やはりそれは アートハランに辿り着いてから と考えるのが、一番でしょう。 前作の「アナと雪の女王」でも隠していた魔法のことが国民に知れ渡ってしまい、北の山に逃げて一人でありのままで生きていくんだ、と開き直った途端、衣装も髪型も変わったわけですから、エルサの衣装や髪型が変わったときには、彼女になにか変化があったとき、と見るのが、良さそうです。 今回は髪の毛の色も白っぽく変化しましたし、なんとなく人間離れしつつあるような雰囲気でした。 おそらくエルサが第5の精霊になったのは、アートハランに辿り着いたとき、と考えて間違いなさそうです。 エルサは死んで蘇った!? エルサは凍りついて死んだ? エルサはそのアートハランで、地下深くに降りていき、過去の出来事を知ることになります。 そのせいかどうかは、はっきりしませんが、エルサは寒さで震え始め、ついには体が凍り付き出し、それが体全体に影響しだして全身が氷漬けとなる、という現象に襲われます。 ちょうど、過去の恐ろしい真実がわかっていく過程で、凍りついていくのですから、知ってはならない過去を知ったための罰のようにも見えなくはありません。 ルナード王の罰をエルサが受ける必要があるのか とはいえ、少し考えればそれはおかしいと分かるでしょう。 過去のルナード王、自分の祖父の悪事がわかったからといって、それが理由で凍りつくというのはあまりにご都合主義と思われるからです。 ルナード王の悪事は、エルサが生まれるずっと前のできことで、それを血がつながっているとはいえ、エルサに罰を与えるのは、納得がいきません。 だいたい、人間生きていれば誰でもやり直したい、消してしまいたい過去があるものです。 ルナード王の悪事はそうそう誰もが経験することではありませんが、だいたいルナード王がとった行動に対する理由は、一国を預かる王として分からなくはない、と思えます。 魔法という得体のしれないものを操る民族が自分の王国の近くに住んでいるというのであれば、きちんと納得のできない「魔法」という代物が関わっているからこそ、将来自分たちの危険になる可能性があるものは、王として排除しておきたい、という心理状態になってもおかしくはないでしょう。 もちろん、物理的手段によるだまし討ちという方法は、選択肢の中では、あまりに短絡的で野蛮で、王としての資質を疑ってはしまいますが。 エルサが精霊になるために必要な変身の過程 少し話がそれましたので、本題に戻ると、エルサが凍りついたことで一度死に、その後蘇ったのか?という謎について考えたいと思います。 ボク個人の意見としては、あそこで体が凍ってしまったのは、事故でもなんでもなく、 エルサが精霊になるための過程の一つのものとして必要不可欠なものであったのでは、と思っています。 つまり、青虫が蝶になるためにサナギになるように、エルサも人間から氷の精霊になるために、全身が凍りつかないといけなかった、という考えです。 氷の彫像のようになったのは、まさに 氷の精霊になるためのサナギであったのです。 そしてアナがダムを破壊して他の精霊たちの力も解き放たれたのを合図に、精霊として再生した、そう考えています。 エルサがノーサルドラに残る決断をした理由は? ノーサルドラの自由がエルサには適している 最後にエルサがノーサルドラに残る決断をした理由についても考えてみたいと思います。 ノーサルドラでは多くの精霊が、まるで野生動物のようにそこここで動き回っていました。 そんな森の中で第5の精霊となったエルサは自然体で生活できることでしょう。 アレンデールを始めとする人間社会で、しかも王女という責任ある立場は、それこそ自然のままに振る舞うことが似合っている精霊とは正反対の位置にあると感じてしまいます。 また、ノーサルドラの人々は、今はどうかわかりませんが、昔から精霊達と共存して生きてきており、精霊の手助けを借りることを、それこそ道具を使うような感覚で、自然としてきたように見受けられました。 そんな人々にとってエルサは人間から精霊になった珍しいケースとはいえ、なんら違和感もなく自然に付き合うことは容易いと思います。 これらのことを考えると、エルサがノーサルドラに残る決断をしたことは、とても自然な流れであったように思え、逆にそうしないことのほうが違和感を感じてしまうでしょう。 アナの存在も後押しに また、 妹としてアナがいるというのも、エルサがノーサルドラに残る決断をした理由の一つにあるのではないでしょうか? アナは前回と今回でエルサのために危険を犯して一連の冒険をしてきました。 ある意味アナはエルサの影になっていた、と言えなくもないと思います。 そんなアナに、エルサはアナのための行動をとってほしい、と思わずにはいられなかったでしょう。 仲の良い姉妹としてお互いのことを気にかけるのは美しい姉妹愛ですが、その結果としてアナが常にエルサのために行動をし、自分のために行動できないのは、逆説的ですが、エルサがいるため、ともいえます。 ですので、エルサが自分自身の意志でアナから遠く離れた場所にすみかを移し、アナを自分の行動が自分の国に対して責任を持たなくてはならない、という立場に置くことで、アナが自分にとって、そして国にとってよいことは何か、と考えて生きていけるようにしたのではないか、と思えたのです。 まとめ いかがでしたでしょうか? エルサが人間から精霊になったことで、ディズニープリンセスの一人としてとどまっていられるかどうか、ちょっと興味があります。 それくらい、エルサというキャラはこれまでのディズニーとは全く違ったキャラクターと言えるでしょう。 映画で 氷漬けになり、一度は死んでしまったかのように見えましたが、僕はあれは第5の精霊になるための、一種のサナギの時間だったと考えています。 そして精霊となったエルサが自由に、他の精霊たちとノーサルドラの森で暮らすというエンディングを迎えますが、その選択はとても理にかなっていて自然に思えるものだったと思いました。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事:.

次の

アナ雪2のネタバレ結末あらすじ考察!エルサやオラフは最後どうなる?

アナ雪2エルサ髪型

「」も参照 主人公 エルサ(Queen Elsa of Arendelle) アナの姉で、年齢は24歳。 アレンデールの。 真面目で落ち着いた性格だが、物事を一人で抱え込む傾向がある。 一人称は「私」。 生まれながら、やを作り出す魔法の力を持っている。 普通の生活に満足しておりトラブルを避ける傾向でいたが、彼女にしか聴こえない謎の歌声に導かれ力を解放するとアレンデール王国に異変が起きる。 魔法の森に向かい両親の死の真相を知り、そして自分の使命に導かれ単身アートハランを目指す。 髪型がここからそれまでの三つ編みから後ろで束ねたスタイルを経て、更に何もしてない下ろした髪型へと変わっていく。 アートハランで全ての真実を知り、アナに譲位して「第5の精霊」として生きる道を選ぶ。 アナ(Princess Anna of Arendelle) エルサの妹で、年齢は21歳。 アレンデール王国の第2。 好奇心旺盛で活発な性格。 一人称は「あたし」。 髪はで5歳の時に頭に受けたエルサの魔法の影響により一房だけが白くなっていたが、の終盤で髪の色は全て赤毛に戻り、にしていた髪型は本作ではハーフアップになっている。 クリストフの事は好きだが使命を一人で抱かえこもうとするエルサを何より心配していた。 エルサが一度凍りつきオラフが消滅した際には非常に悲しみ絶望したが、最終的にエルサに託された「正しきこと」を成し遂げる。 その後クリストフと結婚して、女王の座を降りて「第5の精霊」となることを選んだエルサに代わってアレンデール女王に即位。 なお、お互いに会うこと自体は可能である。 クリストフ・ビョルグマン(Kristoff Bjorgman) 山男の青年で、アナの恋人。 年齢は24歳。 一人称は「俺」。 アナとは相思相愛で彼女にプロポーズしようとするが、エルサの事を心配し変化を恐れているアナと気持ちが噛み合わずことごとく失敗する。 さらにはノーサルドラの集落でライダーの助言によりトナカイを引き連れノーサルドラ式のプロポーズの練習をしていたところ予定より早く出発を決めたエルサにアナが付いていったため置いてきぼりにされてしまう。 アナが「正しきこと」を成すために大地の精霊に追われていた所でアナを助けてダムに向かう。 最終的には紆余曲折の末にアナにプロポーズ、その後彼女と結婚することになる。 スヴェン(Sven) クリストフの相棒の。 アナへのプロポーズが失敗したクリストフに対し、「今感じていることが肝心だからためらわない方がいい」と慰めた。 オラフ(Olaf) エルサとアナが幼い頃に作った。 年齢は3歳。 一人称は「僕」。 文字を覚えたことで以前より知識が増え、事情を知らない人々にあらゆる事情を説明することが出来る。 本作ではバラバラになる体を使ったを披露している。 アレンデール王国 王家 エルサとアナの両親2人は、エルサ18歳、アナ15歳の時にでに遭い亡くなったとされていた。 しかし実際はエルサの魔法の秘密を調べるためにアートハランに向かいダークシーで亡くなっていた。 2人は姉妹を分断し彼女達に何もしてあげられなかったことを後悔している。 イドゥナ王妃(Queen Iduna of Arendelle) アレンデール王国ので、エルサとアナの母親。 実はノーサルドラ一族の1人で、アグナルの命の恩人。 アグナル国王(King Agnarr of Arendelle) アレンデール王国ので、エルサとアナの父親。 アレンデール王国とノーサルドラ一族の争いに巻き込まれた際、死にかけていたところをイドゥナに助けられ、恋に落ち結婚した。 ルナード国王(King Runeard of Arendelle) アグナルの父で、エルサとアナの祖父。 アレンデール王国とノーサルドラ一族の争いにて死亡した。 現在では故人だが、本作のに相当する。 表向きはノーサルドラとの外交を持ちかけていたが、実はノーサルドラを乗っ取るためにダムを建設した。 彼の悪事は息子夫婦と孫娘たちの不幸とすれ違いの原因になった。 王家警備隊 デスティン・マティアス中尉(Lieutenant Destin Mattias) かつてアレンデール王国の隊のメンバーであった男性。 アレンデールをノーサルドラから守ってきたが、そのせいで魔法の森に閉じ込められた挙句34年間もそこで過ごすことになった。 それでも王国への義務を忘れなかったが、エルサとの出会いをきっかけにルナード国王の過去の悪事を知ることになった。 ノーサルドラ かつて、アレンデールと敵対してきたと言われる民族。 アグナルの父の"計画"によって戦争を引き起こし、怒った精霊によって34年間、深い霧に閉じ込められてしまった。 イエレナ(Yelana) ノーサルドラ一族の現在のリーダー。 クリストフに間違ってプロポーズされる。 ライダー(Ryder) ノーサルドラのメンバー。 アナとの煮え切らない関係に悩むクリストフに恋のアドバイスを伝授する。 クリストフと同様、トナカイの気持ちを理解でき、トナカイの声でトナカイたちとコミュニケーションを取る。 ハニーマレン(Honeymaren) ノーサルドラのメンバーで、ライダーの妹。 魔法の森 ゲイル(Gale) 魔法の森のの。 オラフがゲイルと名付けた。 ブルーニ(Bruni) 魔法の森のの精霊。 がモデル。 最初はエルサに牙を向けるが、正体は小さなサラマンダーで、エルサと旅をすることになる。 ノック(The Nokk) 魔法の森のの精霊。 の形をしている。 ダークシーにてアートハランに向かおうとするエルサの行く手を妨害するが、エルサが必死に乗りこなしたことから忠実に仕えるようになる。 アースジャイアント(Earth Giant) 魔法の森のの精霊。 攻撃するときには大きなを投げつける。 精霊たちの怒りが静まってるときは体を橋の代わりにしたりと住民たちの手助けをする。 気性が荒く、些細な事で仲間も吹き飛ばしたりする。 トロール パビー(Pabbie) トロールの長老で、かつてアナの頭に当たった魔法を記憶を書き換えて治療する。 魔法に詳しく、「ビジョン」をオーロラを操って見せたりする。 クリストフの家族であり、本作ではアレンデールの国民の避難所として国民を村に預かることになる。 スペシャルゲスト マシュマロウ(Marshmarrow) 過去作と前作に出演。 本作ではメインストーリーに出演しないが、エンドロール後のオラフの本編解説の特典で登場しており、オラフから教わったのか人語を解している。 エルサが『』でアナとクリストフをノースマウンテンの氷の城から追い払うために魔法で作った。 スノーギース(Snowgies) 短編『』にてエルサがくしゃみをすると複数同時に現れるミニ雪だるま。 喋ることは出来ないが、身振りで気持ちを伝える。 マシュマロウと同様、エンドロール後の特典映像でのみ登場する。 その他 ハンス・ウェスターガード(Prince Hans Westergaard of the Southern Isles) サザンアイルズ王国の第13。 本作では「アートハランの記憶」でのみ登場。 年齢は今作の時系列では26歳。 前作でアレンデール王国を乗っ取ろうと計画したが失敗に終わり、この一件により王位継承権を剥奪された。 アナは彼の事をあまり思い出したくないため、彼女のNGワードになっている。 また、エルサを含めた他のメンバーも彼にあまりいい感情を持っていない。 ウェーゼルトン公爵(The Duke of Weselton) アレンデール王国の隣国で、貿易相手国であるウェーゼルトン国からエルサの戴冠式に招待された公爵。 本作では「アートハランの記憶」でのみ登場。 前作で金目当てでアレンデールに赴き、エルサの抹殺を目論むが失敗に終わり、これらのことでアレンデールとの貿易を打ち切られた。 「ウィーゼルトン」と何回も名前を間違えられる。 声の出演 役名 原語版 日本語吹き替え版 エルサ アナ クリストフ オラフ デスティン・マティアス中尉 イドゥナ王妃 アグナル国王 イエレナ ライダー ハニーマレン ルナード国王 パビー ノーサルドラのリーダー 幼いエルサ マッテア・コンフォルティ 幼いアナ ハドリー・ギャナウェイ 不思議な声 アートハランの記憶 ハンス ウェーゼルトン公爵 アラン・テュディック 幼いアナ リビー・スタベンラッチ 幼いエルサ エヴァ・ベラ ではオラフの日本語吹き替え版声優はが担当していたが、瀧が不祥事により逮捕、後に起訴されたため、本作では武内駿輔に変更されている。 製作 音楽 に引き続き、本作でもが音楽を担当している。 また、前作で楽曲製作を担当したと夫妻は、本作のために新曲『』 を新たに書き下ろした。 なお、この楽曲の日本語吹き替え版アーティストには、新人のが起用された。 公開 マーケティング 最初のティザー動画は、が2019年2月13日にで公開した動画で 、この予告編は公開から24時間で1億1640万回視聴され、歴代で最も視聴されたアニメーション映画の予告編となった。 さらに、6月11日には2つ目の予告編が 、9月23日には3つ目の予告編が 、それぞれ公開された。 日本では2019年2月20日、邦題と日本での公開日、場面写真が同時に公開された。 さらに、10月10日には日本オリジナルの本予告編が公開された。 公開後の12月3日、上で複数の漫画家が本作の感想を描いた漫画を投稿した。 いずれも本作の内容を好意的に紹介するものだったが、広告によるものといった表記はなかった。 しかし、投稿された時間が19時に集中していたことから、報酬を受け取って漫画の掲載を依頼されたではないかという指摘が相次いだ。 これに対してはの取材に「依頼の段階で伝達ミスがあり、広告表示がなされなかった。 意図して起きたものではない」「どこかでコミュニケーションミスがあり、抜け落ちてしまった」と回答した。 その後の12月5日、ウォルト・ディズニー・ジャパンは公式Webサイトで「『アナと雪の女王2 感想漫画企画』に関するおわび」と題した謝罪文を公開した。 謝罪文には「投稿には広告であると分かるよう明記する予定だったが、関係者間でのコミュニケーションに行き届かない部分があり、当初の投稿において広告表記が抜け落ちる結果となった」と記されており、改めてステルスマーケティングであることを否定した。 12月11日、ウォルト・ディズニー・ジャパンは公式Webサイトで企画に参加した漫画家とファンに向け改めて謝罪文を公開した。 その謝罪文には「クリエイターに責任はない」「社内指針順守の不徹底が招いた結果である」と自社の責任であることが強調して記されていた。 興行成績 日本では初週末において観客動員数121万1000人、興行収入16億1600万円を記録し、ランキングでは初登場首位となった。 この記録は、の興行収入比211. 7%の成績である。 公開3日間では観客動員数145万人、興行収入19億円を突破した。 前作と同様に10代、20代の女性を中心に幅広い層が劇場に詰めかけた。 2週目、観客動員数124万8000人、興行収入14億4300万円を稼ぎ、前週と同じく首位をキープした。 この時点での累計観客動員数は338万人、興行収入は43億円を突破しており、公開から10日間での40億円突破はと作品の中で最速となった。 2020年3月までに日本での興行収入は133億6000万円、観客動員数1460万人を記録した。 『アナと雪の女王2』観客動員数・興行収入の推移 観客動員数 (万人) 興行収入 (億円) 備考 週末 累計 週末 累計 1週目の週末 2019年11月23日・24日 1位 121. 1 145. 3 16. 2 19. 4 2週目の週末 11月30日・12月1日 124. 8 338. 6 14. 4 43. 1 3週目の週末 12月7日・8日 77. 6 466. 7 10. 3 60. 1 4週目の週末 12月14日・15日 60. 7 568. 3 7. 8 73. 4 5週目の週末 12月21日・22日 2位 40. 0 641. 4 5. 1 82. 8 週末観客動員数は『』が1位。 6週目の週末 12月28日・29日 41. 5 745. 0 5. 4 95. 0 7週目の週末 2020年1月4日・5日 1位 38. 2 882. 4 5. 0 112. 9 8週目の週末 2020年1月11日・12日 26. 5 955. 3 3. 5 122. 0 累計観客動員数および累計興行収入は1月13日までのもの。 9週目の週末 2020年1月18日・19日 15. 9 980. 3 2. 1 125. 2 週末興行収入は『』が1位で、本作は2位。 10週目の週末 2020年1月25日・26日 3位 12. 9 1000 1. 7 127. 9 11週目の週末 2020年2月1日・2日 5位 1016 129. 7 12週目の週末 2020年2月8日・9日 7位 130. 8 13週目の週末 2020年2月15日・16日 6位 1034 132. 1 14週目の週末 2020年2月22日・23日 11位 132. 9 累計興行収入は2月24日までのもの。 15週目の週末 2020年2月29日・3月1日 - 133. 1 16週目の週末 2020年3月7日・8日 - 133. 4 3月12日までに日本での劇場公開を終了した。 最終 1460 133. 6 脚注 注釈• (シネマトゥデイ2019年1月3日掲載、2019年1月9日閲覧)• - 2020年2月14日閲覧。 土方ゆり子 2019年2月19日. IGN Japan. 2019年2月20日閲覧。 ディズニー公式. 2019年10月6日閲覧。 cinemacafe. net. 2019年10月16日閲覧。 NEWSポストセブン. 2019年11月25日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年11月25日閲覧。 ディズニー公式. 2019年9月22日閲覧。 front-row. 2019年11月22日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2019年11月22日. 2019年11月22日閲覧。 jp 2019年7月11日• 2019年7月11日閲覧。 - Disney. jp 2019年10月10日• 2019年12月26日閲覧。 [ 松田賢二オフィシャルブログ「Kenji Matsuda」 Powered by Ameba]• cinemacafe. net. 2019年10月31日閲覧。 Disney. jp 2019年3月13日• 管理人 2019年10月11日. uDiscoverMusic 洋楽についての音楽サイト. 2019年10月26日閲覧。 Inc, Natasha. 映画ナタリー. 2019年10月26日閲覧。 ディズニー公式. 2019年10月26日閲覧。 nikkansports. com. 2019年10月26日閲覧。 Rolling Stone Japan 2019年2月14日. 2019年2月20日閲覧。 D'Alessandro, Anthony 2019年2月14日. Deadline. 2019年10月6日閲覧。 News, A. ABC News. 2019年10月6日閲覧。 Movies. 2019年10月6日閲覧。 cinemacafe. net. 2019年2月20日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年2月20日閲覧。 Inc, Natasha. 映画ナタリー. 2019年10月10日閲覧。 ITmedia NEWS. 2019年12月7日閲覧。 ITmedia NEWS. 2019年12月7日閲覧。 ITmedia NEWS. 2019年12月7日閲覧。 ITmedia NEWS. 2019年12月31日閲覧。 com. 2019年11月25日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年11月25日閲覧。 クランクイン!- エンタメの「今」がわかる 映画&エンタメニュースサイト. 2019年12月5日閲覧。 cinemacafe. net. 2019年12月5日閲覧。 com. 2020年5月11日閲覧。 com. 2019年12月2日閲覧。 com. 2019年12月9日閲覧。 com. 2019年12月16日閲覧。 com. 2019年12月23日閲覧。 CINEMAランキング通信. 2020年1月6日閲覧。 com. 2020年1月6日閲覧。 com. 2020年1月14日閲覧。 com. 2020年1月20日閲覧。 com. 2020年1月20日閲覧。 com. 2020年2月3日閲覧。 com. 2020年2月10日閲覧。 com. 2020年2月17日閲覧。 com. 2020年2月25日閲覧。 アニメハック. 2020年2月26日閲覧。 関連項目• 外部リンク• (日本語)• (英語)• - (英語)•

次の

アナ雪2の映画の髪型に簡単アレンジ!アナの三つ編み一周まとめ髪

アナ雪2エルサ髪型

気になるところから読む• 年齢は24歳。 色白でブロンドの髪に、紫色のアイシャドーが特徴です。 真面目でクールな性格で、 生まれつき雪や氷を作り出す魔法の力を持っています。 アナ:アレンデール王国の王女 エルサの妹で、年齢は21歳。 髪の色は赤毛でそばかすがあり、好奇心旺盛で活発な性格です。 クリストフとスヴェン:山男の青年とトナカイ クリストフは山男の青年で、アナの恋人。 年齢は24歳。 今作ではアナにプロポーズをしようと何度もトライしますが、彼女が鈍感なためなかなかうまくいきません。 スヴェンはクリストフの相棒のトナカイ。 オラフ:エルサが作った雪だるま エルサとアナが幼い頃に作った雪だるまで、年齢は3歳。 文字を覚えたことで、以前より知識が増えたようです。 その他、ストーリーの重要な鍵を握る人物がこちら。 イドゥナ… エルサとアナのお母さんで、アレンデール王国の王妃。 アグナル… エルサとアナのお父さんで、アレンデール王国の国王。 両親はエルサが18歳、アナが15歳の時に外交の海難事故で亡くなってしまいます。 さらに今作では4つの精霊が登場します。 『アナと雪の女王2』のまとめ記事を作成しています。 平和の証としてダムを建設するも、その祝いの席で突然戦争が始まり、アグナルの父(エルサ達の祖父)は命を落とすことに。 アグナルは 何者かによって命を助けられますが、平和の約束を破った事で精霊は怒り狂い、ノーサルドラは深い霧に閉じ込められてしまったのだといいます。 そして、エルサとアナの母・イドゥナは子守唄に「アートハランの歌」を二人に聞かせていました。 前作では冒頭で亡くなってしまい、あまり両親のことは語られなかったので、このシーンにはちょっとほっこりします。 しかしある日、エルサは自分を呼ぶ北からの 「不思議な歌声」を聴くようになります。 エルサが歌声の正体を知るため冒険に出ようとすると、アレンデールの街は強烈な嵐によって崩壊寸前となり、人々は高台に避難することに。 街を嵐が襲った理由は 「古代の魔法が目覚めたから」で、戦争によって失われてしまった絆を修復する必要があるとトロールの長から聞かされます。 アレンデールを守るため、エルサ・アナ・クリストフ・スヴェン・オラフ一行は、北の「ノーサルドラ」へと向かいました。 エルサを呼ぶ謎の声の正体については『』の記事でご紹介していますので是非読んでみてくださいね! ノーサルドラの民やサラマンダーとの出会い エルサの力によって深い霧の奥にある森にたどり着いた一行は、そこでノーサルドラの民達と出会います。 霧に閉じ込められたノーサルドラの民とアレンデールの兵士たちは、なんと今も戦い続けていました。 すると突然森が青い炎に包まれ、一帯はパニックに。 エルサが氷の魔法で鎮火し、炎の正体を追い詰めると、そこに現れたのは 火の精霊・トカゲの「サラマンダー」でした。 予告編で何度も見ていたので、可愛いサラマンダーの登場に「ここで出てきたか!!」とちょっと興奮しましたね! アナ雪2の新キャラ・サラマンダーについて知りたい!という方は『』で詳しくまとめていますのでぜひ一緒にチェックしてみてくださいね! スポンサーリンク 【ネタバレあり】アナと雪の女王2のストーリーあらすじ・後編 『アナと雪の女王2』 前作からさらにパワーアップしてやってきましたね~。 エルサとアナの母イドゥナの正体と両親の死の真相 エルサが巻いていた母の肩身のスカーフによって、 イドゥナが「ノーサルドラの民」だったことが明らかになります。 エルサが過去の記憶を氷によって蘇らせたところ、父・アグナルの命を助けたのは母・イドゥナであることもわかりました。 ノーサルドラの民たちから、両親が「アートハラン」に行く途中で難破事故にあってしまったことを聞かされ、その謎を解き明かすべく海岸にあった難破船へ。 難破船でイドゥナのものとみられるメモと「アートハラン」への地図を見つけ、両親がエルサの魔法の謎を解き明かすために命を落としたことを知ります。 両親が自分のために死んだというのは、なんとも残酷な真実ですよね。 そして、エルサはダークシーを越えて「アートハラン」へ行くことを決意します。 アートハランで明らかになった真実 「一緒に行く」と言って聞かないアナと、オラフを魔法の力で遠くに追いやり、一人でダークシーの荒波に立ち向かっていくエルサ。 そこで凶暴な 水の精霊・ノックと出会い、始めは激しく抵抗されますが、やがてそれを乗りこなし、海を駆け抜けてアートハランに到着します。 声の正体と会ったエルサは、 氷の彫刻と化した記憶によって祖父がノーサルドラの民の長を後ろから剣で襲って裏切った真実を知り、エルサはアナの時のように全身が凍りついてしまいます。 それによりオラフの魔法が消え始め、アナの腕の中で 雪の結晶となり消えていってしまいます。 途中大きな岩に潰されそうになるものの、間一髪でクリストフとスヴェンに助けられ、 アース・ジャイアントの放った岩によって精霊の怒りの元となっていたダムを破壊することに成功します! それと同時に全身が凍りついていた エルサの氷が解け、自由の身に! ダムから大量の水が流れ出て、アレンデールへ津波のように襲いかかるも、エルサと水の精霊・ノックが「アートハラン」から駆けつけ間一髪のところで水を食い止めます!速い! 冒頭でアレンデールの街が風に襲われたのは、こうなることを予期していた精霊たちが人々を避難させるためだったんですね! 第5の精霊はエルサだった アレンデールは再び平和を取り戻し、ノーサルドラの霧も晴れて青空が姿を見せます。 ノーサルドラの民の血をひくエルサは、氷の魔法の力を与えられた 「第5の精霊」でした。 アレンデールを危機から救ったエルサはアナと感動の再会を果たします。 エルサの魔法と「水の記憶」によって オラフは復活! そして、 エルサはノーサルドラの女王として、 アナはアレンデールの女王として、二つの国をつなぐ架け橋となりました。 」なんてことを思いながらあまり期待せずに映画を見に行ったのですが、実際見てみると すごく面白かったです! 魅力的なキャラクターが次々に出てくるし、ストーリーもハッピーエンドで、見終わった後に「良かった〜」とジーンと心温まる感覚がありましたね。 前作では明かされていなかったエルサの魔法の秘密が明らかになって、両親が亡くなってしまった理由とか、伏線を回収するような展開が随所にあって 「製作陣は元々2部作でやるつもりだったのかな?」とすら感じましたね。 今作のキャッチコピーにもなっている「エルサに魔法の力が与えられた理由」については、作品の中で明確に語られておらず、映画を見終わった方々が混乱する一つの要因となっているようです。 これは私の予想ですが、エルサに魔法の力が与えられたのは、祖父の代に犯してしまった間違いを正し精霊の怒りを鎮めるため、その息子であるアグナルとノーサルドラの民イドゥナの子供(エルサ)に氷の精霊の力を宿したのではないかと思います。 また、エルサが終盤「アートハラン」で凍ってしまった理由については、祖父の犯した過ちを知ってエルサが動揺してしてしまい、その場所の持つ 氷の魔力に飲み込まれてしまったという可能性が考えられますね。 個人的には、風の精霊・ゲイル(最初の竜巻と最後に手紙届けた)と火の精霊・サラマンダー(雪の結晶モグモグ)の活躍するシーンがもっと見たかったなぁという印象はありましたが、全体通してとても楽しめる映画でした! グラフィックもすごく綺麗で、水の躍動感とか、髪の質感とかとてもリアルでしたよね。 スピード感あり、ところどころに笑えるポイントもあったりして、全く飽きずに時間があっという間に過ぎてしまいました。 これで物語は一段落した感じはありますが、もし続編があるなら、今度は 「エルサの恋愛事情」も見てみたいですね! エルサを呼ぶ謎の声の正体については『』でまとめていますので一緒にチェックしてみてくださいね! エンドソングを歌う中元みずきさんについては『』の記事でもご紹介しているので是非読んでみてくださいね! スポンサーリンク まとめ 今回は、アナと雪の女王2(原題:FROZEN2)のネタバレありあらすじ結末まで完全版と、考察をご紹介しました。 ストーリーは前作と同じくハッピーエンディングで、グラフィックや新キャラクターによってパワーアップしたアナ雪を見ることができました! エンドロールの後に特典映像がありますので、これから映画を見に行く方は最後までお見逃しなく! アナ雪2の評価や感想・レビューについては『』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね! アナ雪2の主題歌については『』の記事でまとめているので是非読んでみてくださいね! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の