かぐや様 ネタバレ 最新話。 最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』182

かぐや様は告らせたいネタバレ142話(最新話)!考察や感想も!【柏木渚は隠したい】

かぐや様 ネタバレ 最新話

一方で、クラスメイトがかぐやと愛と白銀の三角関係を心配する中、 愛はかぐやに白銀にチョコを渡していいか尋ねます。 一瞬固まるかぐやですが、 2人はどんなチョコがいいのか相談し合うことに・・・!恋に対して様々な想いを抱える女子たち。 かぐや様は告らせたい185話ネタバレ ついに迎えた2月14日、バレンタイン当日です。 義理でもいいから誰かからのチョコが欲しい!好意が欲しい! そう期待するも、無様な現実を叩きつけられる日・・・例年なら。 しかし今年の石上は、女子からチョコレートを受け取り思わず感激で涙がこぼれます。 その優のリアクションを受けて、こっちまで恥ずかしくなると顔を赤らめる女子・・・。 これまでの石上は決して目立つタイプではなく、むしろ根暗より。 良い事をしていたとしても、不運にも評価されない事の方が多かったのです。 しかし、その積み重ねを幾重にも幾重にも重ねるうちに、偏った確率は期待値へと収束し、 いずれ適切な評価に変わるのだと・・・そう、自ら身をもって実感したのでした。 駄菓子のようなチョコ、箱チョコ、食べかけのお菓子のついでに・・・と、 その後も次々とチョコを受け取っていく石上は、モテ期が来ている!?と自分史上未だかつてない体験に困惑するのでした。 その足ですぐに会長白銀に自慢しようと、生徒会室へと急ぎます・・・! しかし、実際の白銀の机の上には既にチョコレートの山が。 それを目にした石上は、白銀には勝てない・・・!と、自分の浮かれっぷりを恥じるのでした。 白銀の隣に座っていた伊井野ミコは、石上の登場にドキマギ。 白銀の助言を受けてチョコレートを渡すことにしたものの・・・その選んだチョコは 義理チョコ風に普通のお菓子チョコ。 ですが、どの味がいいのかと悩みに悩んだ、ミコの想いをのせた特別なチョコです。 ミコのために、ちょっと席を外すと退出する白銀。 2人きりになって、ついにこの時がきた・・・! ミコは勇気を振り絞って無言でチョコを差し出すのでした。 呆気にとられる石上に「勘違いしないでよ!義理だから!一応生徒会の仲間として・・・義理!義理よ!」と言います。 でもその渡す手は緊張していて、ミコは石上を直視することができません。 石上はそれを受け取ると「・・・はは、そんな義理を強調すんなよ。 傷つくだろが!」と笑います。 義理だけど嬉しいという石上の言葉を聞き、ミコは少し安心しますが平然を装いながら 風紀委員に戻るからと言ってその場を後にするのでした・・・。 しかし部屋を抜け、廊下を1人駆けるミコの顔は真っ赤です。 「喜んでくれるんだ・・・私のチョコでも・・・良かったぁ・・・」と。 一方、気を利かせ生徒会室から出た白銀はそこで愛と遭遇していました。 君は一杯もらってるだろうけど私からも1つ、と手渡されたのは綺麗な箱に入ったチョコ。 そして「君が居なかったら私は今ここに居なかったと思う、 自由になる事も、かぐやと関係を再構築する事も」と白銀への感謝を述べます。 「言ってくれたよね、私の事友達だと思ってたって、だからこれは友チョコ」と、 愛は照れながらも白銀の目を見据え、チョコを渡しながら友達になってくれないかと申し出るのでした。 愛の想いを汲んで、喜んで受け取らせてもらうとチョコレートを受け取る白銀。 そして愛は「じゃあ次は本命」と、後ろでかぐやが控えているため、かぐやの名前を呼び自分はその場を後にするのでした。 照れながらかぐやは、みんなに負けないチョコにするためにはどんなものにするのがいいのか、 色々なものを探したけれど分からなかったと前置きし、 「だから率直に行くことにしました。 私の気持ち、貰ってくれますか?」と、 恋人が出来て初めて迎えるバレンタイン、かぐやが選んだのは・・・ハート型のチョコです。 それには思わず赤面する白銀・・・。 どんな形であれ想いを示したミコと、それを受け止めた石上。 そして白銀を好きだけれども、それを隠す事なく正々堂々とした愛。 愛が白銀に、次は本命と促すシーンとっても良かったです・・・!青春ですね。 今後の人間模様も楽しみです。 かぐや様は告らせたい186話ネタバレはこちら.

次の

かぐや様は告らせたい 173話 ネタバレ感想 早坂の友人たち

かぐや様 ネタバレ 最新話

スポンサーリンク 2月のイベントと言えば、バレンタイン! 女子たちの話題は専らバレンタイン一色です。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」184話より引用 早坂愛は友人からチョコをどうするのか聞かれますが、答えを濁していました。 その態度を見て、友人は修学旅行でのことを思い出します。 この友人は修学旅行で同じ班だった子です 早坂は御行が好きで、かぐやも御行が好き…。 早坂はかぐやの家に行くため、一緒に帰る約束をしました。 友人は2人の関係性がどうなっているのか、ますますわからなくなっていくのでした…。 誤解が解ける日は遠そうですw スポンサーリンク 感謝の気持ちを伝えよう 生徒会室では伊井野がある悩みを抱えていました。 御行は伊井野に「口に出せばスッキリするかもしれない」と促します。 伊井野はもうすぐくるバレンタインのことで悩んでいる事を打ち明けました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」184話より引用 御行は伊井野が石上にチョコを渡していいのか迷っていることにすぐに気がつきます。 「むしろ渡せ」 伊井野はその言葉に驚いて振り返ります。 伊井野が骨折している間、石上が世話をしていたのだから感謝の気持ちを伝えるべきだ、御行は伊井野にアドバイスします。 スポンサーリンク 片思いの気持ち 好きな人に好きな人がいてきっと自分の心は届かない…。 それでもチョコに気持ちを込めて、少しでも私を見てと思う気持ち…。 チョコをあげた女子の気持ちを伊井野は代弁しました。 それはもちろん、今の伊井野が同じ気持ちだからです。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」184話より引用 「…私、わかってしまいます。 」 伊井野は自分の周りにも御行を好きだという子が何人かいたことを明かします。 でも、御行はかぐやといい雰囲気 実際は付き合っている であることは周知の事実。 泣く泣く諦めた子がいるわけです。 「本名チョコは会長に渡しますね」 伊井野は御行をからかいました。 「本命は石上にだろ」 「いいえ…石上には義理チョコを義理っぽく渡します」 伊井野は静かに答えました。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」184話より引用 「その方がきっと誰も困らない」 伊井野は石上がつばめに恋していることを知っています。 伊井野の気持ちを考えると切ないですね…。 スポンサーリンク 『かぐや様は告らせたい』ネタバレ184-185話のまとめ 今回のお話は、バレンタイン一色でした。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」184話より引用 伊井野はバレンタインに石上にチョコを渡すことは渡すのでしょうが、あくまで義理としてあげることにしています。 自分が気持ちを吐き出すことで、石上が困るようなことがあってはいけない…そんな風に考えているんですね。 伊井野のマジメな性格が出ています。 石上も伊井野も、自分の気持ちより相手の気持ちを考えてしまうタイプなので恋は苦しいものになりがちです…。 赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」184話より引用 バレンタイン、つばめはおそらく石上にチョコを渡すでしょう。

次の

「かぐや様は告らせたい:180話」最新話ネタバレと感想!先輩くんと後輩ちゃん③&伊井野ミコは愛せない⑤

かぐや様 ネタバレ 最新話

そしてかれんとエリカは写真を撮ろうとしていました。 赤組の方へと向かった2人は、赤組のアンカーが石上だと言う事に納得がいかず、ブーイングを起こしていたのです。 余りの異様な光景にかぐや推しのエリカも心配しているようでした。 かれんもまた同じ思いでしたが、偶々白銀が石上の髪を結んでいるのを目撃しました。 「し 心配ですわ…石上会計が会長ガチ恋勢にならないか心配ですわ……!! 」 かれんはこのような心配をしているようです。 この様子を見ていたエリカは一番心配なのはかれんだと呟きました。 白銀が石上にしたような事を他の者もされたら間違いなくオトされてしまうと興奮気味に語るかれん。 しかもかれんは白銀が石上の髪を結んだ事で、石上の表情がさっきまでと打って変わって明るくなったように感じていました。 それ故に、もう恋をしてしまったのではないかと思ってしまいました。 しかし、かれんは白銀とかぐやが結ばれてほしいので、石上の恋は応援できないと頭を抱えながら呟いたのです。 対してエリカはかれんの妄想にはついていけないと思ったのか、石上の応援をし始めましたのです。 かれんはエリカも白銀と石上を結ばせる側かと言うのでした。 かれんとエリカの本音 「かれんの戯言は知らないけど会長が石上会計を励ます気持ちも分かるわ」 「ブーイングまで出るこの状況ちょと異常だもの」 エリカは疑問に思って事を口にしました。 かれんも周囲の皆の気持ちは嫉妬であると言い放ちます。 かれん曰く人気者に優しくされるのをやっかむ輩が出るのが世の常だとの事です。 エリカはかれんも異常じゃ会話も成立しないとぼやきます。 当然ながらかれんは白銀とかぐやの様子を間近で見れる石上に嫉妬しており、皆も同じ気持ちだと言い張ります。 エリカは主語デガだし違うと思うと言います。 そんな彼女にかれんはかぐやに勉強を見てもらったり、制服を貸してもらった石上が羨ましくないのかと訴えるのです。 そして2人は言いたい放題言い始めました。 体育祭が終わる 我に返った2人は石上の事に関しては一旦スルーする事にしました。 この異常さに関しては生徒会も皆知っているのに敢えて放置しているのは何か訳があるからだと思います。 それ故に自分達は余計な詮索をせずに必要に応じた対応を取るべきだと決めました。 しかし、本当は白銀の行動を伝え、かぐやのポニーテール姿を収めるのが理由でした。 結果、赤組が石上のおかげで勝つことになりました。 かぐやを擁する白組が負けた事に肩を落として泣くエリカ。 対してかれんはつばめ達から祝福を受ける石上の姿をカメラに収めたのです。 写真が消される 翌日、エリカが撮ったかぐやの写真が殆ど消されていたので、部長に問い詰めます。 体育祭の記事で使えない写真が殆どだから削除したのが理由みたいです。 しかし、エリカはかぐやのポニーテール姿は目に焼き付けているから大丈夫と前を向きました。

次の