ドライ と 冷房 電気 代。 意外と知らない冷房とドライの違いや電気代の違い

エアコンの冷房と除湿(ドライ)の電気代はどっちが安い?仕組みと節電効果の違いは?

ドライ と 冷房 電気 代

スポンサーリンク エアコンのドライと冷房の違い ここ数年、本当に暑い日が多いですねぇ。 特に湿度が高い場所や地域に住んでいる場合は、暑さが倍増して感じられます。 室外はもちろんですが、最近は室内でも熱中症になるケースも増えているので、日中や就寝時にエアコンを使用する事も多いと思います。 エアコンを使用する時に気になるのが、電気代ですよね。 とにかく暑いので細かいことは考えずに、クーラーをつけていたら電気代の請求額を見てビックリ!なんてこともあります。 エアコンを使用する際に、いつも気になるのがドライ(除湿)と冷房って何が違うのかという事です。 なんとなくドライは除湿というくらいだから「 湿気を取ってくれるのだろう」とか「 電気代が安いんだろう」とイメージがあるようですが、果たしてそうなのでしょうか? エアコンを利用する際は、除湿が大切! まず、 エアコンを利用する際に室内の温度調節も大切ですが、もう一つ除湿もかなり大切です。 気温が高くて湿度も高ければ、ジメッとした暑さになりますし、 気温が高くても湿度が低ければ、カラッとした暑さで過ごしやすくなります。 前者は東京や大阪などで、後者は沖縄やハワイなんかがそうですよね。 湿度を下げるために「ドライ」を使う方も、特に女性は多いですが、 実はドライも冷房もどちらも同じものです! 「えっ、同じ?」と思われたかもしれませんが、もう一度言います! エアコンのドライと冷房は同じものです! 同じものなのに、なぜドライ(除湿)と冷房の機能が使い分けできるようになっているの? ドライと冷房はどっちを使った方が良いのか?というのを説明しますね。 エアコンのドライと冷房どっちが良い エアコンのドライと冷房は同じものだと紹介しました。 ドライも冷房も同じ仕組みで動いているものなので、違いがありません。 ただ、ご家庭で使用されているエアコンによっては、大きな違いがあります。 その大きな違いがわかれば、エアコンのドライと冷房の違いとどっちを使用するべきなのか見極めるのは簡単です。 まず、 それを知る為にドライの仕組みについて説明しますね。 ドライはエアコンによっては除湿と表示されていますが、ドライの仕組みには実は2種類あります。 冷ましたものを再度暖めているので、当然電気代はAの方がかかりますよね。 例えばですが、お茶を沸かしたとします。 あら熱取りをして冷蔵庫で冷ましたお茶を、再度火にかけて暖めなおしたら余計な光熱費がかかりますよね。 Aはずっと、それをやっているようなものです。 なのでAの仕組みのエアコンを使用しているご家庭は、 無駄な電気代を払い続けてしまっています。 除湿機能のみのエアコンと弱冷房除湿のエアコンの見分け方! でも、自宅のエアコンのリモコンに「弱冷房除湿」なんてないですよね。 では、どうやってAの「除湿機能のみ」とBの「弱冷房除湿」を見極めるかというと、エアコンが製造された年です。 2011年以降に製造されたエアコンであれば、ドライ機能は「弱冷房除湿」になっています。 なので、2011年以降に製造されたエアコンを使用している家庭であれば、 冷房よりもドライを使用した方が電気代が安くなります。 逆に2011年以前に製造されたエアコンを使用している家庭は、ドライを使うと電気代がかなり割高になってしまうので、冷房を使用された方が良いです。 エアコンのドライと冷房どっちの方が電気代をお安く使えるかについては、おわかりいただけたかと思います。 電気代を簡単に安くする方法! 電気代を簡単に安くするには、 自宅の電気の契約を変更するのが一番簡単です。 電気の契約を変更した場合、どれだけ安くなるのかについて比較しています。 一般家庭の電力会社の契約変更で、 「最強」の呼び声も高いLooopでんきと大手電力会社を比較してみました。 実際、 Looopでんきに切り替えて1ヶ月1,000円くらい安くなりました! 関西電力や東京電力エリア以外の方も、料金シミュレーションは簡単にできますよ。 2011年以前に製造されたエアコンは、ドライと冷房どちらが涼しい? 2011年以前に製造されたものは、「一度冷ました空気を再度暖めて室内に送り込む」仕組みでしたよね。 先程の「お茶を沸かした」例でいうと、冷蔵庫で冷ましたお茶を再度火にかけて温めているので、冷たいわけありませんよね。 ですので、 2011年以前に製造されたものはドライより冷房の方が涼しいです。 ちなみに、なぜ一度冷ました空気を再度暖めなおすかというと、昔はドライは冬にも使用していたからです。 冬は結露がつきやすいので、それを取り除く為にドライ機能を使って除湿していたんです。 冬に使用するときに、冷たい風が出てくると室内が寒くなるので、暖めなおしてから室内に送り込んでいたということです。 2011年以降に製造されたエアコン、ドライと冷房どちらが涼しい? 次に2011年以降に製造されたものですが、こちらも ドライを使用するよりも冷房を使った方が涼しいです。 2011年以降に製造されたエアコンは、ドライも冷房も同じ仕組みです。 違いは、室内から取り込んだ空気を冷ます強さが違うだけです。 冷房の方がより強く、空気を冷まして室内に送り込みます。 空気を冷ます強さが強いということは、より空気をカラカラにして室内に送り込むということなので、室内の湿度を下げたいときはドライを使うよりも冷房を使った方が、より湿度を下げることができます。 ドライよりも冷房の方が空気中の水分をより搾り取ってくれるので、湿度が下がるという事ですね。 エアコンのドライと冷房の違いとどっちが良くて涼しいのか?電気代は?まとめ エアコンのドライと冷房には、違いはなく空気を冷ます強さが強いか弱いかだけです。 ただし、ご家庭で使用しているエアコンが2011年以前に製造されたものであれば、仕組みが違うので注意してください。 2011年以前に製造されたものを使用している場合は、夏場にドライを利用されるメリットは何もありません。 ちなみに、なぜ2011年かというと震災があり電力不足に陥ったため、旧式のドライでは無駄な電力を消費するのでその年に改善された為です。

次の

冷房と除湿(ドライ)って、どっちがお得なの?

ドライ と 冷房 電気 代

こういう機械があります。 家電製品とコンセントの間に差し込んで、通過する電気の量を計測してくれます。 と検索するとサンワダイレクトの商品が一番先頭に出てきますが、エルパの物と形がまったく同じで、値段が1,000円くらい高いです。 仕様とかを比べて同じようだったのでこちらにしました。 説明書を見るとこう書いてあります。 この辺は自己責任なんですが、うちのエアコンはワンルーム用の小型のもので、冷房での消費電力が最大700W程度だったので、使ってみることにしました。 24時間、冷房と除湿をそれぞれ付けたままにした結果 こういう条件で測定してみました。 四畳半の鉄筋コンクリート造りの部屋• 24時間付けっぱなし• 温度は26度• 風量、風向きは自動• 使用したエアコンはパナソニックのCS-221CF、2011年発売のやや古いモデルです。 気温が同じくらいの晴れた2日間 その結果はこちら。 つけていた時間 冷房 ドライ 24時間 27. 12円 34. 43円 確かにドライの方が高いですね…っていうか、一日の電気代って30円くらいだったんですね…。 ちなみに冒頭の写真は、別の日に27度設定の除湿を24時間付けっぱなしにしておいた物で、 一日あたり25円になります。 ただ、冷房・ドライのどちらを使っていても室外機から水が出てくるので、どちらも除湿をしてるのかなと思っていました。 冷えたジュースに水がつくように、冷房でも湿気が取れている…?除湿の存在意義って何…? 正直なところ違いがわかっていなくて、なんとなく冷房のほうが電気を使っているような気がしていました。 部屋をキンキンに冷やさなくても、軽く湿気を取ってくれればそれでいいや、と思って除湿を使っていました。 ところが、テレビやネットで 「除湿は空気を冷やしたあと加熱するから電気代が上がる」と見聞きして以来、なんとなく怖くなって冷房しか使わないようになりました。 その辺りも確かめてみたくて数日間実験してみたのですが、その結果うちの場合は冷房のほうが安くなり、除湿が高くなりました。 しかし、「やっぱり除湿は高いんや!」と言えるほど価格差がありません。 どういうことなんだろうと調べてみると、ドライには 「弱冷房除湿と再熱除湿」の2種類あることが分かりました。 2種類のドライ: 弱冷房除湿と再熱除湿 除湿について調べてみると次の2つの資料が見つかりました。 エアコンメーカー、東京電力、という信頼できるソースです。 弱冷房除湿• 軽く除湿する• 通称「弱い冷房」• 冷房と比べて電気代が安い場合が多い• 利用想定シーン: 真夏で湿度も高い日など 再熱除湿• しっかり除湿する• 空気を温めるので電気代が高い• 高級機種についている、とされている• 利用想定シーン: 気温の低い梅雨時など で、冷房とドライのどちらがお得なのか? ダイキンの資料によると ドライ 弱冷房除湿 がお得となっています。 東電の資料でも同じです。 同じなんですが、 お使いのエアコンによっては除湿よりも冷房のほうが省エネになる場合がありますという注釈が載っていました。 東電の場合はお客さんがどんなエアコン持ってるかわからないから、こういった注釈が必要なんですね。 おそらく、最近のほとんどのエアコンでは弱冷房除湿がお得になると思います。 うちの場合は…なにか他の要因がありそう。 湿度の高い日だったのかな…。 カンタンにまとめるとこんな感じでした。 冷房: 一番冷やすので電気代が高い。 冷やしたついでに除湿もできてしまう(しかも除湿量が多い)。 弱冷房除湿: 軽い冷房なので実は除湿量も低め。 温度もあまり下がらない。 その代わり電気代が安い。 再熱除湿: しっかり冷やして除湿する。 そして空気を温めて排出するので快適。 電気代は冷房より高い😱 我が家のエアコンは安物なので、再熱除湿は付いていませんでした。 そもそも除湿で温風が出る機種って見たことないかも…。 貴族の家にあるんですかね。 一日つけっぱなしで本当に電気代が30円なのか? これ、試しながら思ったのですが、部屋が広かったり、頻繁に部屋を出入りしたり、日当たりのいい部屋だったり、窓が大きかったり、すき間の多い木造家屋だったり、部屋の中で動画のエンコーディングをしまくっていたり、大人が3人くらいいたり、エアコンのフィルター掃除してなかったり…と、環境によってだいぶ変わりそうだなと思いました。 一般的な軽鉄筋造りのワンルームアパートで一人暮らしとかなら30円位になると思います。 エアコン代を節約する方法にはどんなものがあるのか? エアコンの節電というか効率的な使い方を考えていくと、冷蔵庫と同じになると思うんですよね。 ドアを開けたままにしないとか、物を詰め込み過ぎないとか、温度を下げ過ぎないとか、よく似ています。 エアコンを使う部屋自体を冷蔵庫内と考えるとイメージしやすいです。 そんな視点から、いくつか節電方法を調べてみました。 エアコンを24時間使わない おまえは何を言っているんだと思われそうですが、仕事や旅行で長時間外出する場合は普通に切ったほうが得です。 エアコンを24時間つけっぱなし〜…という言い方の落とし穴は 「こまめに消すか、付けっぱなしにするか」という視点で語られていることが多く、自分が部屋にいる時はつけっぱなしで良いんですが、いない時は消しといた方が節電できます。 本当に24時間使うのは、ペットがいる場合とか、休日くらいですね。 エアコンを買い換える またしてもおまえは何を…と思われそうですが、これは冷蔵庫でもよく言われる話で、10年モノとかのエアコンだったら買い換えたほうがお得になったりします。 古いものは省エネ能力が低いのに加えて老朽化により元々の性能が出せていない事が多いので、1〜2年くらいの長さで考えるとお得になることが多いです。 具体的にいくらお得になるかを出すのが面倒くさいので、10年使ってエアコンが臭いなぁとか、黄ばんでるなぁとか、異音がするなぁとか思うところがあり、手元に5万円程度のまとまったお金があれば、勢いで買ってしまっても良いかもしれません(無責任)。 サーキュレーターを使う これはよく知られた方法ですね。 最近は扇風機よりこっちの方が人気な気がします。 サーキュレーターは扇風機より風量があるので、部屋全体の空気を循環させやすいです。 また風が動くことで体感温度も低く感じ、エアコンの温度を高めにしても快適に過ごせます。 風量を生かして洗濯の室内干しの時にも活躍します。 扇風機より小型な物が多いので、一つ持っておくと何かと重宝します。 カーテンを閉める レースのカーテンを閉めるだけでもだいぶ違います。 外出時などは遮光カーテンも閉めてしまえば、窓からの熱気をだいぶ減らせます。 窓って意外と熱を通します。 夏はモワッと熱いし冬は結露して冷たいし、厳しい季節になると「もうちょっと断熱性あればなぁ…」とよく思います。 南向きの部屋や西日が当たる位置だと最悪で、夕方になっても室温が下がらなかったりします。 日差しが強すぎる場合はこういう商品を使う手もあります。 熱源をできるだけ減らす 主に台所とかでの話になりますが、ヤカンで沸かしたお湯が余った時にそのままにしておくと、湯たんぽのような存在になります。 さっさと捨ててヤカンも水で冷ましておくと良いです。 浄水器やペットボトルの水を使う場合は、マメな話ですが使う分だけ計量してから沸かすようにしています。 外のほうが涼しい日はさっさと換気する 9月頃になってくると、朝晩に涼しい日が出てきます。 エアコンを使っている家の中の方がちょっと暑い、というよくわからない状況になる場合もあるので、気温が変わったらサクッと換気しちゃいましょう。 フィルターを掃除する エアコンって高い場所にあるので、フィルター掃除がすごく面倒なんですよね。 僕も億劫でなかなかできないんですが、月に1回くらいは面倒見ておくと節電になります。 冷房を使う期間って7〜9月の3ヶ月程度なので、1年間に3回だけと割り切れば意外とやれると思います 暖房を使う場合はもうちょっと増える。 電気代には影響しませんが、臭ってきたので先日自分で洗ってみました。 shimashimanoneko. com 室外機を効率的に冷やす エアコンの説明書などを見ると 「室外機の周りに物を置かない」という注意書きが載っています。 室外機の中の扇風機が風を出すんですが、近くにものがあったり雑草が生えていると効率が悪くなるんですね。 室外機の中を見てみると、エアコン内部と同じような冷却フィン ミルフィーユ状に配置された薄いアルミの板 が見えると思います。 超ざっくり言うと、 「室内の熱を外に持ってきて捨てる」というようなことをしています。 熱を捨てる室外機がちゃんと機能しないと効率が悪くなって燃費が悪くなる、というようなイメージです。 なので、室外機の周り、特に風が出てくる場所はしっかりと空けてあげて、熱がこもらないようにしっかりと逃がしてやることが大切です。 また、直射日光が当たる場所だと扇風機で冷やしきれなくなります。 そういう場合は日よけを作るわけですが、山善から出ているこういう商品がコスパ的にもかなり効果的なようです。

次の

エアコン代、ドライが冷房より高いって本当?|【enepi

ドライ と 冷房 電気 代

夏場に多く使うエアコンの機能として、「冷房」のほかに「除湿」があります。 この2つをじょうずに使い分けている方は意外と少ないかもしれません。 実際のところ、電気代はどちらが安いのでしょうか? 結論から言うと、「 除湿のほうが安い場合もあるし、高い場合もある」ということになります。 その理由は、冷房や除湿のしくみの違いにあります。 くわしく解説していきましょう。 エアコンの「冷房」と「除湿(ドライ)」の違いは? エアコンについている「冷房」と「除湿」は、どちらも夏場の室内を快適にしてくれる機能です。 しかし、具体的にどんな違いがあるのでしょうか? 「冷房」は温度を下げる機能 冷房は部屋の温度を下げることを目的とした機能です。 室内機と室外機をつなぐ配管の中を循環する冷媒が熱交換器をとおして室内の熱を奪い、冷えた空気を室内に戻すことで室温を下げます。 空気が冷やされる際には、温度の急激な低下によって飽和した水蒸気が結露水となります。 そして、この結露水がドレンホースをとおって室外へ排出されるしくみです。 室内の空気中の水分(湿気)を排出することになるため、実は 冷房も除湿を兼ねていることになります。 「除湿」は湿度を下げる機能 いっぽうの除湿は、 湿度を下げることを目的とした機能です。 一般的な「弱冷房除湿」は、冷房と同様のしくみで室内の湿度を下げていきます。 ただし、冷房が素早く室温を下げることを目的としているのに対し、除湿は湿度を下げることをいちばんの目的としているため、急激に部屋を冷やさないよう「弱冷房」で運転して湿度を下げます。 エアコンの「除湿(ドライ)」には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類がある! 除湿は室内の湿度を下げることをいちばんの目的にした機能なので、本来であれば温度は下げずに湿度だけを下げられればいちばん目的にかなっていることになります。 そこでエアコンの中でもおもに上位機種に搭載されているのが、「再熱除湿」という除湿機能です。 もうひとつの除湿「再熱除湿」とは? 弱冷房除湿は部屋を冷やしながら除湿しますが、 再熱除湿は冷やした空気をエアコン内部であたためなおしてから送風します。 そのため、部屋を冷やさずに室温を保ったまま除湿することができます。 梅雨の時期など湿気が多くまだ肌寒さが残る日は、再熱除湿を行うことで快適な室温のまま除湿ができるでしょう。 また、再熱除湿は弱冷房除湿に比べて除湿量が大きい点もメリットです。 いっぽうで、冷やした空気をあたためなおす必要があるため、より 多くの電力を消費する点はデメリットといえます。 エアコンの「冷房」「弱冷房除湿」「再熱除湿」のうち電気代が安いのはどれ? 冒頭で「 除湿のほうが安い場合もあるし、高い場合もある」と述べました。 すでにピンときている方もいるかも知れませんが、これは除湿に2つの種類があるためです。 では冷房と2つの除湿を比べた場合、電気代がもっとも安くなるのはどの機能なのでしょうか? ズバリ、電気代が安いほうから、• 弱冷房除湿• 再熱除湿 という順番になります。 ただし、弱冷房除湿は電気代が安いというメリットがある半面、部屋の温度を下げてしまうほか除湿量が少ないというデメリットがあります。 いっぽうの再熱除湿は電気代は高くなりますが、肌寒い梅雨の時期に適しているほか湿度を下げたいけれど冷え性で就寝時に室温を下げたくない場合などに重宝するでしょう。 逆に 真夏に再熱除湿を使用すると、室温が下がらないばかりか電気代も高くついてしまうことになるので注意が必要です。 わからない場合は、メーカーに問い合わせてみましょう。 エアコンの「冷房」や「除湿(ドライ)」の電気代は電力会社の切り替えでも節約できる エアコンの冷房と除湿(ドライ)の電気代やそれぞれの違いについて解説しました。 エアコンの除湿機能には2つの種類があるため、冷房と比べてどちらの電気代が安いかは一概には言えません。 まずは自宅で使用しているエアコンの除湿機能が「弱冷房除湿」か「再熱除湿」かを確認したうえで、各機能を適切なシーンで使い分けることが重要です。 また、エアコンに限らず、 電気代は電力会社を切り替えることでも大幅に節約ができます。 自分の家庭の生活スタイルにあった電力会社・電気料金プランを選べば、 同じように電気を使っても電気代を安く抑えることができるでしょう。 夏の電気代が気になる方は、ぜひ電力会社の見直しも検討してみましょう! 電力会社を見直して夏の電気代を節約しよう! 暑い夏を乗り切るためにエアコンは欠かせない存在ですが、それだけに電気代はどうしてもかさんでしまいがち。 そこでおすすめなのが電力会社の見直しです。 電気の使い方にあわせてぴっらりの電気料金プランを選べば、電気代を大幅に節約できる可能性があるんです。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の