ウォシュレット 水 漏れ。 トイレ便器と床の隙間(付け根)から水漏れ!原因・修理方法・料金をご紹介

症状・メーカー別!ウォシュレット修理費用や自分で出来る対処法|ピッタリ住設

ウォシュレット 水 漏れ

ウォシュレットの構造と水漏れが起きやすい場所 ウォシュレットの水漏れの原因を理解するためにも、基本的な構造を理解しておくといいでしょう。 ウォシュレットは、トイレに入る水を便器とウォシュレットに分岐(ぶんき)し、ウォシュレット本体の中で温水に変えて、ノズルから噴射するものです。 ウォシュレットにはさまざまな金具がついており、内部は複雑な構造となっています。 水漏れが起きやすい場所は、 ・水道の配管から分岐し、ウォシュレット本体と繋いでいる給水ホース ・給水フィルターがついている部分の水抜き栓 ・ノズル ・水を温水にするためのユニットに入る部分についている減圧弁付近 などがあげられます。 いずれにしても、各部位の接続部分に多く水漏れが発生します。 ウォシュレットの取扱説明書などがあると、各部位の構造をわかりやすく図解したものがありますので、一度見ておくといいかもしれません。 今後の故障の処置などにも役立つので、取扱説明書は捨てないようにしましょう。 別売りの部品などや型番なども掲載しているので、部品交換の際にも大変役立ちます。 ウォシュレットの水抜き栓付近の構造 ウォシュレットの水漏れの原因で多いのが、水抜き栓です。 水道の配管から水と一緒に流れるゴミなどを「給水フィルター」という部分を通り、ウォシュレット本体へ水が入る部分についている水抜き栓のことです。 長い間ウォシュレットを使用していると、給水フィルターにゴミや水アカが溜まり、水がうまく流れずに水漏れが起こってしまいます。 水抜き栓は、ウォシュレットの側面についている小さな部分です。 水漏れが起こった場合に、大抵は水がポタポタと床に落ちているので、その部分を追って見ていくと水抜き栓の場所がわかると思います。 もちろん、取扱説明書があるとすぐにその場所もわかります。 水抜き栓の内部の給水フィルターの目詰まり、もしくはパッキンの劣化が水漏れの原因と考えられます。 ポタポタと落ちているだけと安易に考えずに、応急処置を施しましょう。 すぐにできることは「水を止める」ことです。 トイレの止水栓、もしくはウォシュレットの止水栓を閉めて、水を止めます。 水抜き栓からの水漏れを自分で修理 ウォシュレットの水漏れが、水抜き栓部分からだと判明したら、自分で修理が可能かどうか調べてみましょう。 部品交換やフィルター清掃程度でしたら、自分で修理ができる場合もあります。 まずは止水栓を閉めて水を止めたら、次はウォシュレットの電源プラグを抜いてください。 水漏れに関係ないのでは?と思われるかもしれませんが、水漏れが発生している場合には漏電の危険性があります。 二次被害を防ぐためにも、電源プラグを抜いておきましょう。 水抜き栓を外す前には、バケツや洗面器などを水抜き栓の下に置いてください。 水抜き栓を外す時に、中に残っている水がこぼれ出ることがありますので、水を受けるために用意してください。 水抜き栓と給水フィルターは一体化になったものが多いので、水抜き栓を外すと給水フィルターも一緒に外れます。 給水フィルターに水アカやゴミなどが溜まっている場合は、歯ブラシのようなものでこするときれいになります。 水アカやゴミを取り除いて、水抜き栓をまた元に戻して、止水栓を開けます。 ウォシュレット内部に通水され、水を流したりノズルを使用してみても水漏れがしなければ、原因は給水フィルターの汚れだということになります。 給水フィルターの清掃をしても水漏れが止まらない場合は、水抜き栓本体の交換になります。 水抜き栓は別売りで購入することが可能です。 ウォシュレットの水抜き栓はどこで買える? ウォシュレットの水抜き栓の劣化や損傷が原因で水漏れが起きている場合には、水抜き栓本体の交換が必要になります。 では、水抜き栓はどこで買えるのでしょうか? 水抜き栓は通販サイトで購入することができます。 通販サイトで購入する際は、ウォシュレットの型番や水抜き栓本体の型番をしっかりと確認しておくことが大事です。 間違って購入してしまうと、全く合わないものが届いてしまいますので、型番を確認しておきましょう。 ウォシュレットの型番は、本体正面や側面などに記載してあります。 一番確実なのは、取扱説明書があるとウォシュレットの型番はもちろん、水抜き栓本体の型番も記載されていますので、通販サイトで検索するのも容易にできます。 大規模なホームセンターでも購入することができるかもしれませんが、取り扱いがなければ二度手間にもなってしまいますので、事前に確認することをおすすめします。 また、各メーカーに直接問い合わせるのが最も確実に水抜き栓を取り寄せることができます。 各メーカーへは、ホームページや電話などで問い合わせることが可能です。 その際もやはりウォシュレットの型番は必要になりますので、必ず控えてから問い合わせをしてみてください。 水漏れは被害が大きくなる前にすぐに処置を! ウォシュレットをはじめ、トイレの水漏れは放っておくと被害が拡大してしまいます。 少量の水滴だからと見逃していると、床や壁まで水が浸透して、床材や壁紙の腐食を引き起こします。 水抜き栓からの水漏れを発見して、すぐに水抜き栓の部分を修理・交換してしまえば、床や壁の被害は防ぐことができます。 床材や壁紙が腐食してしまうと、張替えの費用が余計にかかってしまいます。 さらに水漏れを放置しておくと、結露やカビが発生してしまいます。 修理の前の応急処置の一つに、換気することもおすすめです。 換気をして湿度を保つことで、結露やカビの発生を抑制します。 トイレに窓がついている家は、一定時間窓を開けて換気をしてみてください。 最近は、換気扇がついている家がほとんどです。 24時間換気扇を入れたままでも、電気代は月に数十円程度です。 水漏れの時だけではなく、普段からもトイレの換気をしておくことは非常に重要です。 賃貸のウォシュレットの水漏れは自分で修理しないこと ウォシュレットの水漏れを発見してからの応急処置や、水抜き栓の清掃や交換方法をお伝えしてきました。 しかし、これが賃貸住宅に住んでいる場合は別です。 賃貸住宅は、自分自身の持ち家ではないので、ウォシュレットの水漏れは、水を止めるなどの応急処置をした後に、大家さんや管理会社へ連絡してください。 修理や水抜き栓の交換費用は全て大家さんや管理会社の負担となります。 自分で勝手に修理しないようにするのが適切です。 しかし、水漏れは急に起こってしまうものです。 応急処置だけでは済まないような水漏れを起こしている場合などは、早急に連絡をしたいところです。 ですが夜中や休日など、大家さんや管理会社にすぐに連絡が取れない場合などは、自分で修理業者に修理を依頼するしかないでしょう。 自分で修理業者に来てもらい修理をしてもらった場合の費用は、大家さんや管理会社とよく相談をしてください。 相談する際は、必ず修理内容がわかるものや、支払った費用の領収書などをきちんと大家さんや管理会社に提示できるようにしておきましょう。 ただし、賃貸住宅のトイレに自分でウォシュレットを取り付けた場合は別です。 それは修理業者を呼ぶか、自分で修理・交換をしてください。 そして、退去時には「原状回復」が条件ですので、ウォシュレットを取外し、元通りに戻して退居となりますので、注意してください。 ウォシュレットの水漏れは放置せずに適切な処置を ウォシュレットの水抜き栓からの水漏れは、給水フィルターの清掃や水抜き栓本体の交換で、容易に直せます。 放置すると、水漏れの影響で床や壁まで腐食してしまい、結露やカビの原因にもなります。 適切な応急処置をして、正しい修理、または交換をしてください。

次の

ウォシュレット・シャワートイレを修理したい!自分で直す方法

ウォシュレット 水 漏れ

ウォシュレットの水漏れ症状から原因を調べる 最初に、ウォシュレットの水漏れの症状と原因についてご紹介いたします。 症状によって、おおよその原因が分かります。 よくある症状は、下記の一覧をご覧下さい。 ・洗浄ノズル本体からの水漏れ• ・温水タンクからの水漏れ• ・ウォシュレット横からの水漏れ• ・ウォシュレット便器内・便座からの水漏れ• ・給水ホース・配管・パイプからの水漏れ• ・ウォシュレット操作パネル・ボタンからの水漏れ ウォシュレット洗浄ノズル本体からポタポタ水漏れする原因 ウォシュレットの水漏れ箇所で一番多いのが、「洗浄ノズル本体」からの水漏れです。 洗浄ノズルとは、ウォシュレットの水が出てくる部品のことです。 出たり引っ込んだりするのが、洗浄ノズルです。 洗浄ノズルから水がポタポタ漏れている場合、「バルブユニット」と呼ばれる部品の故障が原因となっているケースが多く見られます。 バルブユニットの個人修理はメーカー非推奨 バルブユニットとは、「ノズルから水を出す・止める」といった動きを調整している部品ですが、この部品は「メーカーが個人での修理を推奨しておらず、バルブユニットのみの販売は行っていない」ため自分で修理するのは難しいでしょう。 あらかじめご了承願います。 温水タンクから水漏れする原因 ウォシュレットの水漏れでノズルの次に多いのが、「温水タンク」からの水漏れです。 温水タンクとは、温かい水をためておくタンクです。 ウォシュレットの操作パネル・ボタンを押すと、タンクから温かいお湯が出てきます。 温水タンクも、ウォシュレットの内部部品にあたるため、バルブユニットと同様にメーカーが個人での修理を推奨しておらず部品が手に入りません。 温水タンクからの水漏れ修理も、業者依頼をおすすめしております。 ウォシュレット横から水漏れする原因 ウォシュレットの横から水が漏れているケースでは、ウォシュレット本体と給水ホース・配管・パイプの結合部分の緩みが原因となっている可能性があります。 本体との繋ぎ目や、ナット部分を確認して、部品が緩んでいないか確認してみましょう。 手で触っただけでナットなどが動いてしまう箇所があるときは、レンチなどを使って部品を締め直すことで水漏れを修理できる場合があります。 部品の緩みを締め直す際は、あまりきつく締めないように注意しましょう。 圧力をかけすぎると、給水ホースや配管・パイプが破裂することがあります。 ゆっくり、少しずつ締めなおすようにすると、部品を傷つけにくいです。 ウォシュレット便器内・便座から水漏れする原因 ウォシュレットのノズルが出ていないのに、便座の裏あたりから便器内に水が漏れている場合は、バルブユニットの故障が原因で水漏れが起こっている可能性があります。 「洗浄ノズル本体からの水漏れ」でも紹介しましたが、バルブユニットはメーカーが個人での修理を推奨しておらず、部品の購入ができないため修理業者に依頼をすることをおすすめいたします。 また、給水管からの水を分岐させる分岐金具の劣化・故障によって水が漏れている可能性もあります。 分岐金具については、メーカーが部品を販売しているため自分で購入して取り替えることができます。 ウォシュレットの分岐金具の購入先 ウォシュレットからの水漏れで、分岐金具を新品に交換する場合。 自分で修理する場合は、メーカー公式のホームページから部品の注文を行います。 ウォシュレットの操作パネル・ボタンから水漏れする原因 ウォシュレットの操作パネル・ボタンから水漏れがしている場合は、ウォシュレット本体内部のパーツの故障が原因です。 こちらも、「洗浄ノズル本体からの水漏れ」で紹介した通り、メーカーがウォシュレット本体内部のパーツを販売していないため個人での修理ができません。 そのため、ウォシュレットの操作パネル・ボタンから水漏れが起こっている場合は業者に相談することをおすすめいたします。 電磁系故障での水漏れについて 過去に、ウォシュレットの電磁系(操作パネル・ボタン)の故障を自分で修理しようとして、火災が起こった事件がありました。 ウォシュレットの温水は、ヒーターで温めているため間違った修理をすると火災トラブルに繋がるおそれがあります。 また、古い部品を使いつづけるということは、メーカーが安全性を保証している期間を超えて使うことになります。 そのため、取り付けから10年経ったものについては、メーカーが安全上の理由から部品を廃盤にすることがあります。 年数が経って、部品が廃盤になっている場合は新しいウォシュレットへの交換を検討されることをおすすめいたします。 一方では、それに伴って長時間使用されている製品も確実に増加してきています。 温水洗浄便座は電気製品です。 故障したままのご使用や長年のご使用は、内部の電子・電気部品が劣化し発煙発火にいたる場合があります。 故障したまま使い続けないでください。 また、安心してご使用いただくため、定期的な点検をおすすめします。 しかし、外部の分岐金具の故障やナットの緩み、給水フィルター(ストレーナー)などの修理については自分で直せることもあります。 ナットなどの緩みはレンチなどを使って締めなおすだけですが、給水フィルター(ストレーナー)については「どんな部品なのかよく知らない」という人もいらっしゃると思います。 そこでここからは、ウォシュレットの部品の説明や、水漏れの修理方法についてご紹介いたします。 給水フィルター(ストレーナー)の掃除で水漏れを直す ウォシュレットの給水管には、水道水からの不純物を取り除くための「フィルター(ストレーナー)」が取り付けられています。 ウォシュレットを長く使っていると、フィルターに不純物が詰まって水漏れが起こることがあります。 給水フィルター付水抜き栓も同様の理由で、水漏れが起こることがあります。 フィルターつまりによる水漏れは、分解して歯ブラシなどでフィルターを水洗いすることで修理できる可能性があります。 メーカーや品番によって修理対応が違うので、ウォシュレット購入時にもらった「説明書」を確認するようにしましょう。 ウォシュレット本体の交換・取り付けで修理する ウォシュレットを費用を抑えて交換、取り付けがしたい人は多いと思います。 そんなときは、DIYでの交換がおすすめです。 ここでは、自分で作業をしたことがない方にも簡単にできる取り付け方をご紹介いたします。 事前に確認すること ウォシュレットは電化製品のため、トイレ内にコンセントがないときは設置できません。 また、コンセントが届かないときは、延長コードを使いましょう。 さらに、便器がウォシュレット対応可能なタイプかを確認しておきましょう。 一般洋式便器、ワンピース型便器は取り付け可能ですが、隅付タンク式腰掛便器は確認が必要です。 最後に、ウォシュレットを正しく取り付けるために、トイレのサイズにあったものを選びましょう。 【手順】 1. 止水栓を止める。 マイナスドライバーを使って、ナットを緩め、既存の給水管をとりはずす。 取りはずしたときに、水がこぼれる可能性があるため雑巾を用意しておく。 止水栓を抑え、付属のパッキンを間にはさんで分岐金具を取り付ける。 (古いパッキンは使用しない) 4. ナット部分にパッキンが入っていることを確認してから、フレキシブル管(止水栓からトイレタンクに水を送る管)を取り付ける。 便座を固定しているナットを便座締付工具を使って緩めて、便座をはずす。 便器が汚れている場合は掃除をする。 便座取付穴に、表面を水で濡らしたゴムブッシュを差し込み、ベースプレートをネジで固定する。 ウォシュレットをベースプレートに差し込む。 分岐水栓に給水ホースのナットを締め付けて、止水栓をゆっくり開ける。 このとき、給水ホースを曲げたりつぶしたりしない。 電源プラグを差し込み電源を入れ、試運転を行う。 配管接続に不備があると水漏れの原因になるので、万が一水漏れが生じた場合は再施工を行う。 ウォシュレットの水漏れが止められないときは 給水フィルター(ストレーナー)の掃除をしても水漏れが止められないときは、ウォシュレット内部の故障の可能性があります。 内部の部品などはメーカーが販売していないため、専門の業者に依頼をしましょう。 ウォシュレットの水漏れ修理を業者に依頼した場合の費用 DIYでの修理が難しい場合や、交換用の部品が販売していない箇所の水漏れなどは、業者に修理を依頼することをおすすめしております。 しかし、初めて業者に依頼をするときは、費用がいくらかかるのかが気になりますよね。 そこでここからは、ウォシュレットの水漏れ修理を業者に依頼した場合の費用についてご紹介したいと思います。 生活救急車でウォシュレットの水漏れ修理をした料金事例 ウォシュレットの水漏れ修理にかかる料金は、故障箇所や作業内容によって異なります。 具体的な料金を知りたいときは、業者に相談して現地での見積もりを依頼することをおすすめいたします。 ここでは費用をイメージしやすいように、生活救急車でウォシュレットの水漏れ修理に対応した場合の料金事例をご紹介いたします。 ウォシュレットホースの調整• 項目内容 料金(税込)• 基本料金 4,400円• 調整作業 ウォシュレットホース) 4,400円• 合計 8,800円 シャワートイレ接合部からの水漏れ修理• 項目内容 料金(税込)• トイレ調整作業等 4,320円• トイレその他作業代 2,160円• 基本料金 4,320円• 合計 10,800円 ウォシュレットの水漏れ修理• 項目内容 料金(税込)• 基本料金 4,400円• タンク調整作業 ふた裏ゴム外し 4,400円• 排水弁交換 2,200円• TOTO 部品代 2,420円• 合計 13,420円 シャワートイレの水漏れ修理• 項目内容 料金(税込)• 基本料金 4,400円• シャワートイレ交換(当社にて購入) 4,400円• INAX シャワートイレ 部品代 21,200円• 合計 30,000円 シャワートイレ操作盤からの水漏れ修理• 項目内容 料金(税込)• 基本料金 4,400円• シャワートイレ交換費 12,100円• Panasonic シャワートイレ 部品代 46,200円• 廃材諸経費 3,300円• 合計 66,000円 シャワートイレの水漏れ修理・交換• 項目内容 料金(税込)• 基本料金 4,320円• シャワートイレ交換(当社にて購入) 4,320円• TOTO シャワートイレ 65,828円• 止水栓部品交換 4,320円• カクダイ メタル上部 部品代 972円• 廃材諸経費 3,240円• 合計 83,000円 シャワートイレ配管からの水漏れ修理• 項目内容 料金(税込)• LIXIL便器 18,760円• LIXILタンク 53,136円• Panasonic温水洗浄便座 53,784円• 基本料金 4,320円• 合計 130,000円 ウォシュレットの水漏れ修理でよくある質問 ウォシュレットの水漏れ修理の際に、「あれ?これってどうしたらいいの?」と疑問に思うことがたくさんあると思います。 そこでここからは、ウォシュレットの水漏れ修理でよくある質問と回答をご紹介いたします。 症状の診断や自己修理のレクチャーはご対応できませんので、ご了承ください。 賃貸でウォシュレットの水漏れ修理をしたら費用は誰が払うの? A. 入居者の過失(掃除時の不注意や転倒での物理的破損)でなければ、貸し主側で費用を負担するのが一般的です。 ただし、入居時に最初から取り付けてあったものではなく、入居後に自分で取り付けたり、前の入居者が設置して使っていたウォシュレットの水漏れについては入居者が修理費を負担することになります。 その他、契約内容によって負担側が異なる可能性があるため、不安な場合は大家さんや管理会社に問い合わせて確認しておくと安心です。 深夜で管理会社に問い合わせができないのですが修理業者を呼んでも大丈夫ですか? A. まずは、深夜対応窓口や入居時の保険サービスに24時間対応の修理サービスが付随していないか再度確認してみましょう。 上記の対応手段がなく自分で修理業者を手配した場合は、管理会社の対応時間になったら必ず報告をしておきましょう。 その際に、大家さんや管理会社と費用の負担について話し合いをする場合もあります。 費用についての話し合いで必要になる可能性があるので、修理の見積書や支払った費用の領収書は忘れずに保管しておきましょう。 ウォシュレットの水漏れ修理で火災保険は使えますか? A. 特約がついていれば保険が使える可能性はあります。 保険の適用可否については、契約している保険会社に問い合わせましょう。 ただし、火災保険でカバーできる費用は「ウォシュレットの水漏れ修理費用」ではなく、「水漏れによって生じた家財や建物の損害」である点に注意が必要です。 たとえば、ウォシュレットの水漏れで床や壁紙を張り替えることになった場合などの費用に、火災保険が使えるケースがあります。 ウォシュレットの水漏れで水道代が急激に上がることはありますか? A. ポタポタ程度であれば急激に上がることはありませんが、目に見えない壁の中や床下の配管から大量に水漏れしていると漏れた分だけ水道代が上がります。 また、表面には軽度な水漏れであっても見えないところで水漏れが発生している場合、メーターの検針で水道局の人に指摘されて水道代が急激に上がったことに気づいた、というケースもあります。 見えない箇所での水漏れは、修理が終わったあとに「減免申請」をすることで水漏れの際に発生した水道代を減免できる可能性があります。 減免申請が通らないケース 水漏れに対して減免申請をしている場合でも、水漏れ箇所が見えているのに放置している、見える箇所からの水漏れに関しては減免の対象外になります。 そのため、水漏れを発見したら早めに自分で修理するか、業者に依頼して修理をしておくと、水道代が急激に上がったときのトラブルを防ぐことができます。 ウォシュレット水漏れでノズルからポタポタする原因と修理方法まとめ 今回は、ウォシュレットでノズルから水漏れする原因と修理方法についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 ウォシュレットのノズルが水漏れしている場合、ストレーナー清掃などで直るケースもありますが、原因箇所によっては個人で修理を行うのが難しい可能性があります。 その場合は、専門の業者に相談して部品交換による修理を依頼することをおすすめいたします。 生活救急車ではウォシュレットの交換作業に対応しておりますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。 まずは、現地見積もりからご対応させていただきます。

次の

自分でできる洗濯機の蛇口水漏れの解消法

ウォシュレット 水 漏れ

ウォシュレットが動かない原因と対処法 ウォシュレットが動かないという場合は、ウォシュレットの故障ではなく単純なミスが原因の可能性もあります。 以下からはそれを紹介していきます。 ・ウォシュレットのコンセントが抜けていた 大掃除やトイレ掃除をした際などにウォシュレットのコンセントを抜き、そのままコンセントをつけるのを忘れていたという事例はよくあります。 そのままでは当然動かないので、まずはここを確認してみましょう。 ・ウォシュレットの本体のスイッチが入っていない 「コンセントは差さっているのに動かない!」という場合は、ウォシュレット本体のスイッチが入っていない可能性があります。 スイッチはある程度上位の機種にしかないことが多いですが確認をしてみましょう。 ・ウォシュレットがしっかりと便器に固定されていない ウォシュレットがしっかりと便器に固定されていないと正常に動かないことがよくあります。 本体がガタつくようであれば、一度取り外して再度取り付けてみましょう。 ・ブレーカーが落ちた 家全体のブレーカーが落ちた場合、電機が必要なウォシュレットは当然動きません。 一度停電をしていないか確認をしましょう。 ・漏電遮断機が落ちた 「漏電遮断機」と呼ばれる漏電ブレーカーが落ちた場合、家の中の電気を使えないためウォシュレットも動かすことができません。 漏電遮断器を戻してもすぐに落ちてしまうという場合、家の中のどこかの家電が漏電している可能性もあるため、電気業者に相談をしましょう。 ・ウォシュレットのリモコンの電源が切れている 壁にリモコンが設置してある場合、そのリモコンの電源が切れているとウォシュレットが動かない場合があります。 リモコンの電池切れマークが点灯していたり、リモコンに何も表示されていない場合は電池切れの可能性があるため、電池の交換をしましょう。 ・故障 上記のどれにも当てはまらない場合、ウォシュレットが故障している可能性があります。 水漏れ修理・トイレつまりのプロに相談をしましょう。 ウォシュレットが動かないときに水を流す方法 ウォシュレットに水を流す機能があり、それが動かないために便器の水が流せないときは以下の方法を試してください。 なお、これはTOTO製のウォシュレットの場合なので、その他のメーカーを使用している場合は少々異なることもあります。 (1)ウォシュレット本体の右側側面についている手動のレバーを取り出します。 (2)手動レバーを引っ張ると水が流れます。 (3)十分に水が流れ便器洗浄が完了したらレバーから手を離します。 (4)手動のレバーをもとの位置に戻します。 ウォシュレットが水漏れをする原因と対処法 ウォシュレットが故障する際に多いのが、ウォシュレットの水漏れによる故障です。 水漏れしている部位によって対処法が異なります。 ウォシュレットのノズルから水漏れしている場合 ウォシュレットのノズルから水漏れをしている場合、ウォシュレット内部の水流を制御する「電磁弁」という部分にゴミや異物が挟まり、水漏れの原因となっている場合があります。 電磁弁はウォシュレット内部のバルブユニットに設置されていて、分解が必要となるため、自分で修理するより水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をして修理をしてもらいましょう。 給水管や分岐金具から水漏れする場合 ウォシュレットの給水管や分岐金具から水漏れを起こす場合、ナットが緩んでいる場合が考えられます。 モンキーレンチを使ってナットを閉めれば水漏れが直る可能性があるので試してみましょう。 その方法でも水漏れが直らない場合、給水管内部のパッキンが劣化している可能性があります。 パッキンが劣化している場合は交換が必要になりますが、給水管をモンキーレンチで取り外す必要があるので、自信がない場合は水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼するのが確実です。 給水フィルター付きの水抜き栓から水漏れする 水漏れが原因の場合、ウォシュレットの劣化した給水フィルター付きの水抜き栓から水が漏れている可能性があります。 その場合水抜き栓を交換する必要があります。 交換方法は部品をマイナスドライバーで外して交換するという簡単なものです。 型番はメーカーに言えば送ってもらうことができます。 給水フィルターを交換しても水漏れが止まらない場合や、交換に自信がない場合は水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をしましょう。 ウォシュレットのノズルから水がでない原因と対処法 ウォシュレットのノズルから水がでない場合、ウォシュレットの故障以外にもさまざまな原因が考えられます。 ・断水をしている 水がでない場合、地域の断水スケジュールによっては断水をしている可能性があります。 断水中は水が供給されないため、断水スケジュールは確認しておきましょう。 ・水道の元栓が閉まっている 水道の元栓が閉まっているとウォシュレットの水がでないため、水道の元栓が閉まっていないか確認をしましょう。 ・フィルターがつまっている 断水や水道の元栓が原因でない場合、ウォシュレットの本体と給水ホースの接続部にあるフィルターがつまっているという可能性があります。 フィルターの掃除の手順は以下になります。 (1)マイナスドライバーを使って止水栓を右に回し、水を止めます。 (2)本体と給水ホースの接続部についているフィルターのフタをマイナスドライバーで左に回し外します。 (3)フィルターを取り外したらつまっているゴミを歯ブラシなどを使って取り除き洗浄します。 (4)フィルターをもとの場所に差し込んで、マイナスドライバーで右に回して取り付けます。 この時取り付けが悪いと水漏れになるため、しっかりと取り付けましょう。 (5)止水栓を左に回して水がでることを確認したら完了です。 ・寒い日に水圧が低めになっている 冬などの外気温が低いときは、ウォシュレットがお湯の温度を確保するために水の勢いが弱まる場合があります。 寒い日に水がでにくい場合は、水の勢いを強くしてみましょう。 ・水道の配管が凍結している 冬などの外気温が低いときは、水道の配管が凍結して水が供給されていない場合があります。 温度が上がれば解決することがあります。 ・ノズルが汚れでつまる ウォシュレットのノズルから水がでないときは、ノズルが汚れでつまっていることが考えられます。 ノズルを掃除すると水がでる可能性があるため掃除をしましょう。 ウォシュレットから温水がでない原因と対処法 ウォシュレットのおしり洗浄などで温水がでない場合は、ウォシュレットの故障のほかにもいくかの原因が考えられます。 ・温水の温度設定が「低温」になっている 温水の温度設定が低温に設定されていたり、OFFになっている場合は水だけしかでないことがあります。 ウォシュレットの温度設定を見直しましょう。 ・貯蓄式ウォシュレットの場合は温水を使い切ることがある 貯蓄式のウォシュレットの場合、タンク内の温水を使い切ってしまった後だと温水がでないため、タンクに温水が溜まるまで待つ必要があります。 ・故障 故障をしていると温水がでないため、水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をしましょう。 ウォシュレットの水が止まらない原因と対処法 ウォシュレットの故障として、ノズルがでてこずに洗浄ができない場合や、洗浄後もノズルが収納されずに出続けている場合があります。 以下はその原因と対処法になります。 ・ノズル部分に汚れが固まっている ノズルを伸縮する部分に尿石などの汚れが固着している場合、ノズルの伸縮を妨げている場合があります。 ノズルに汚れが固着している場合は掃除をすると正しく伸縮します。 ・ウォシュレットのコンセントが抜けている コンセントが抜けているとノズルも伸縮しません。 コンセントはしっかりと差しましょう。 ・ウォシュレットの本体のスイッチが入っていない ウォシュレットの本体のスイッチが入っていないとノズルもでてきません。 本体のスイッチが入っているかどうか確認をしましょう。 ・ウォシュレット本体が便器に設置されていない ウォシュレット本体がしっかりと便器に設置されていないとノズルがでてきません。 本体にガタつきがないかなどを確認し、もしガタつきが見られれば本体を取り外して再度取り付けをしましょう。 ウォシュレットの便座が温まらない原因と対処法 ウォシュレットの故障として便座が温まらないというものがあります。 便座が温まらない原因は以下の通りになります。 ・便座の温度設定がOFFになっている ウォシュレットの便座が温まらない原因に、便座の温度設定がOFFになっているというものがあります。 一度便座の温度設定を確認しましょう。 ・節電設定がONになっている ウォシュレットの節電設定がONになっていると、トイレを使用しない場合に便座のヒーターがOFFになっている場合があります。 節電設定を見直すと便器が温まることがあります。 ・着座センサーに汚れがある ウォシュレットの着座センサーが汚れていると便座が冷たくなる原因になります。 ウォシュレットの着座センサーは便座とフタの間にあり、人間が座ると自動で便座を温めてくれるなどの機能がついています。 着座センサーに汚れがないか確認をして、汚れているようであれば雑巾などで汚れを拭きとりましょう。 ・便座に長時間座っている ウォシュレットの便座に長時間座ることで、着座センサーの安全装置が働きウォシュレットのヒーターが切れることがあります。 この場合再び座ることでヒーターがONになります。 ウォシュレットの寿命について ウォシュレットの寿命は使用する環境にもよりますが、一般的には7年から10年程度と言われています。 使用中のウォシュレットが7年を超えている場合は「動かない」「水が全くでない」など故障をする確率が高まります。 寿命が近いと故障しやすいと言えます。 ウォシュレットは修理よりも買い替えがお得? ウォシュレットの寿命が近い場合、故障した際の修理代金よりも買い替えをしたほうが料金が安く済む場合が多いです。 安いものでは1万円台からあるほか、思い切って今のウォシュレットより性能がいいものに買い替えるのも手ではあります。 ウォシュレットの電気代について ウォシュレットの電気代は、1ヶ月約150円程度のものから約1,000円程度のものまでと差があります。 その差は暖房機能があるかないかで変わります。 1ヶ月のウォシュレットの電気代が1,000円というのは、トイレ全体を暖めることのできる温風機能がついているもので、冬場にはそれほどの電気代がかかります。 この暖房機能の節電をしないとウォシュレットの故障の原因にもなるため、使用後に必ず便座を閉めるようにするなどの工夫が必要になります。 ウォシュレットの掃除のポイント ノズル掃除 ウォシュレットの故障を防ぐためにも、ノズルの定期的な掃除は効果的です。 ノズルの掃除方法は以下になります。 ・ノズルクリーニング機能を使う 機種によっては洗浄前に自動でノズルを洗浄してくれるものや、ボタンを押すと洗浄してくれるものがあります。 設置されているウォシュレットにそれらの機能があれば使うようにしましょう。 ・自分で掃除をする 中性洗剤・クエン酸スプレー・ノズルクリーナーなどを使って、自分でノズルを掃除する方法です。 クエン酸スプレーは固くこびりついた尿石などに効果的なほか、ノズルクリーナーはアルコールの成分でしっかりと汚れを落としてくれます。 汚れが落ちない場合はノズルにトイレットペーパーを巻いてクエン酸のスプレーを噴射するとクエン酸が浸透して汚れが落ちやすくなります。 また、汚れが落ちないからといって歯ブラシでゴシゴシと擦るとノズルに細かい傷がつき、傷に汚れが入り込んでしまう可能性もあります。 ウォシュレット掃除 ウォシュレットを掃除する際は、トイレットペーパー・ゴム手袋・酸性洗剤を使って汚れを落としていきましょう。 尿はアルカリ性のため、酸性洗剤で汚れを落とすときれいに落ちます。 (1)トイレ周りを掃除する トイレットペーパーに酸性洗剤をつけてきれいに拭いていきます。 座る部分のため、念入りに掃除をしましょう。 (2)裏側を拭く 便座の裏側は尿が飛び散りやすく汚れやすいため、しっかりと掃除をしましょう。 また、トイレの裏側にウォシュレットのセンサーがついている場合、その部分が汚れているとウォシュレットが動かない場合があるため、センサーの汚れを拭きとりましょう。 (3)フタを掃除する 便器のフタを取り外して掃除をしましょう。 フタは菌が付着しやすいほか、細かい隙間にはホコリが溜まりやすいので綿棒などで汚れを取り除きましょう。 酸性洗剤のほかに、アルコールを使った洗浄も効果的です。 (4)ウォシュレットを取り外す ウォシュレットと便座は簡単に取り外せます。 トイレの横にある便座脱着ボタンを押しながら前に引き、スライドをさせると取り外しが可能になります。 便座を外すと便器がむき出しの状態になるため、ウォシュレット側を掃除しましょう。 ウォシュレットの故障の原因がわからない場合は無理せず業者に ウォシュレットの故障の原因がわからない場合は、自分で直そうとせず水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をして修理をしてもらいましょう。 水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をするポイントは以下の通りになります。 料金は適切か トイレ関係の修理の金額相場は、約5,000円から20,000円が相場となります。 ただし、この金額は「基本料金」であることも多いため、他に「出張費」「パーツ料金」などがかかる可能性があります。 依頼をする場合は基本料金のほかにどのような費用がかかるのかをしっかりと確認しましょう。 ウォシュレットの脱着は約8,000円程度です。 ウォシュレットの機種によっては脱着が困難なものもあるため、そのようなウォシュレットは水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をして取り付けをしてもらいましょう。 繊細な製品のため、自分でやるよりも依頼をしたほうが確実に取り付けられます。 水漏れ修理・トイレつまり工事は専門的な知識が必要となることもあります。 ウォシュレットの工事を依頼する際に、でホームページを持っている会社の中にはウォシュレットの取り付けや修理を得意とするところもあるため、そのような水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をすると適切な料金で満足のいく施工をしてくれます。 実績があるか ウォシュレットの故障で工事を依頼する際、その会社に実績があるかは重要なポイントになります。 今まで会社や公共施設のウォシュレット修理を何件も扱っていたという会社であれば、施工にも安心感があるうえに多方面からの信頼もあるため修理に失敗するということが少ないです。 実績は会社のホームページに記載されていることが多いため、確認をしましょう。 サポートやアフターフォローがあるかどうか 修理後にまたウォシュレットが故障した場合にアフターフォローがある水漏れ修理・トイレつまり工事のプロだと無料で再度修理をおこなってくれる場合があります。 この部分がしっかりとしていないところだと、また余計に料金をとられてしまうこともあります。 電話での態度やマナーを見る いざ依頼をする際にサポートセンターのスタッフの態度が悪い・横柄である場合は注意です。 その会社への信頼度が下がり「本当でこの業者にまかせてよいのか」という不安感がでるばかりか、説明がろくにされずに施工が決まってしまうこともあります。 実績がしっかりとある会社でも、電話対応時のスタッフのマナーが悪い水漏れ修理・トイレつまりのプロには注意をしましょう。 自分の住んでいるエリアに対応しているか 「この水漏れ修理・トイレつまりのプロなら実績もあるし、安心してまかせられるかも」と思っても、自分の住んでいるエリアにその水漏れ修理・トイレつまりのプロが対応していないと施工が頼めません。 また、エリアが対応していない場合で施工が頼めたとしても、出張費として高い金額がかかってしまう可能性があります。 水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をする場合はホームページをしっかりと確認して、自分の住んでいるエリアに対応しているかを調べましょう。 一度の見積もりですぐ施工を決めない 実際に水漏れ修理・トイレつまりのプロに家に来てもらい、見積もりを依頼しても同じ内容・施工内容で水漏れ修理・トイレつまりのプロによっては大きく金額が違う可能性もあります。 見積もりの依頼をする際はその場で決めずに最低3社から見積もりを依頼し、料金の比較・検討をしたうえで決めるようにしましょう。 水漏れ修理・トイレつまりのプロによってはキャンペーンなどを実地して料金が普段より大幅に安くなっている場合もあります。 まとめ トイレのウォシュレットの故障にはさまざまな原因がありますが、確実に直すには水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼して修理をしてもらうのが一番になります。 もし自宅のウォシュレットが故障した場合は、自分でどうにもならないと判断したときには水漏れ修理・トイレつまりのプロに依頼をして修理をしてもらいましょう。 修理をする場合、あまりにもウォシュレットの種類が古い場合は部品が見つからずに買い替えが必要なこともあるため、自分の家のウォシュレットがいつ製造されたものなのかなどを調べるようにしましょう。 (この記事は2020年5月26日に加筆・修正しています).

次の