ボル の ハブ。 assets.pnconnect.porternovelli.com: (STRAIGHT/ストレート) ハブボルトネジ山修正器 M12 19

ENKEI インポートカー用ボルトキット&ハブリング 1台分(20個セット) カラー:クロームタイプオプション ホイール4枚と同時購入で送料無料 Eタイヤショップ

ボル の ハブ

この記事の所要時間: 約 6分 49秒 流し読みの場合: 約 4分 2秒 ども。 今日も暑い一日ご苦労様でした。 巷では明日から3連休ですね。 いや、まぁ普段から事故は絶えないのですが、 一杯楽しい思い出作ったレジャー帰りの事故とか、 悔しくて仕方ありませんよね。。 もちろん、事故の大小に関わらず悔しい思いばかりが残ります。 事故はほんの一瞬の気の緩み。 それは加害者だけでなく、被害者側にも言えることです。 信号守って速度超過なんてもってのほか! これ、当たり前のことです。 このルールをみんなが守っていれば事故は起きませんが、 なかなかそうも言ってられないのが現実。 だからって、全てが加害者だけが悪いとは思えません。 他の交通状況も把握しつつ、安全に自動車を運行できる 心の余裕、これが最も必要とされているのではと考えます。 自分だけが良けりゃいいのでは無く、周囲の状況を常に意識していれば 事前に回避行動などの自己防衛も可能かもしれませんよ。 少なくとも、何もしないよりはきっと良いはず。 みな元気でぴんぴんしております。 で、今日もニュースを見ていると当店がある堺市南区内で オートバイの死亡事故が発生したという記事を読んで、 ふと、こんな記事を書こうと思った次第であります。 降水確率も朝から40-50%台と高くなっていますので、 雨具のご準備はお忘れ無く。 また、落雷なども良く発生する時期ですのでご注意を。 では本日の本題です。 先日からご紹介している ボルティのリヤタイヤを交換してみよう! ですが、今日は後編の最終回となります。 さて、前回までは確か、 新しいタイヤをご紹介した所まででしたね。 今日はこの続きをご紹介していきます。 まず新しいタイヤ内部に予めチューブをセットしておきましょう。 チューブをセットしたらある程度空気を入れて膨らませておきましょう。 指で軽く押してこれぐらい凹むぐらいですね。 ちょうどチューブの折り目が消えるぐらいって感じでしょうか。 入れすぎるとビードを入れれなくなりますので、適切な量で留めておいて下さい。 んで、まずバルブ部分をホイールに差し込んでナットを軽く掛けておきます。 チューブを挟まないように注意しながら、まずは反面だけ ビードをホイールに入れましょう。 もちろん、バルブの合わせ位置は予め合わした状態で 作業しておくのをお忘れ無く。 残る反面をタイヤレバーを使用して、 エアバルブ部分が最後になるようにビードを入れていきましょう。 この段階で、ビードを入れにくいと感じる場合は、 チューブに入れてある空気を少し抜いてあげると良いでしょう。 ビードを入れ終えたらエアバルブを指でタイヤ側に 押し込んでおくのをお忘れ無く。 これをしておかないと、ビード部分に挟まったチューブが パンクしてしまいますから。 そう、エアバルブ周辺のチューブが最も固く、 融通が利きにくいので、最後にこうしてタイヤの中に押し込んで あげる必要があります。 バルブ部のナットを固定してから 規定値まで空気を入れましょう。 まずはドラムブレーキ部をエアーブローしてカスを飛ばしておきます。 エアーブローしてから、ベアリングの動作チェックと グリスアップ作業です。 スプロケットハブ側のベアリングにも グリスを塗っていきますが、表面のダスシールが お邪魔なので取り外してグリスアップしましょう。 スプロケットハブのグリスアップが終わったら 新品のハブダンパーを準備します。 ハブダンパーをホイールにセットします。 ハブダンパーとスプロケットハブの合わせ部分には 予めグリスを薄く塗っておくと、取り付けし易いですよっと。 んでスプロケットハブを取付けます。 ホイールを元通り車両に入れていきますが、 取り外し時と同様にぶつけて不用意な振動を与えないように 注意しながら入れていきましょう。 スプロケットにチェーンを掛けてっと。 アクスルシャフトにグリスを縫ってからホイールに 差し込んで行きます。 アクスルシャフトを通したら、ブレーキ調整ナットと ドラムパネルのトルクロッド固定ボルトを固定してっと。 あっトルクロッドのナット部には忘れずにわりピンを入れておきましょうね。 アクスルナットを締め付ける前に、 チェーンを調整しておきましょう。 チェーン調整後、アクスルナットをしっかりと本締めして 固定し、その後チェーングリスを塗っておきます。 最後に閉店時のTODAYのグリップ表面温度をお知らせです。 そして、10年間大変お疲れ様でした。 人の何倍も努力してここまで築き上げてこられた事と思います。 記念すべき閉店後第一回目の記事に拙いジオラマ(と... カテゴリ別 投稿記事• 357• 139• 208• 374• 151• 274• 1 暇潰し的読み物【実話】.

次の

【後編】ボルティのリヤタイヤを交換してみよう!

ボル の ハブ

というのも、今日ご紹介する 部品の事について、もう一度みなさんに知ってもらいたい事があったからなんですね。 先ず、純正ホイール以外のいわゆるアフター品のアルミホイールを装着した場合、ホイール取り付け面には 隙間が発生します。 これはトヨタ車だったり、ホンダ車だったりどの車種にでもアルミホイールが取り付けられる様に設計されているからなんですね。 でも、先ほども書いた通り、取り付け面に隙間が出来ます。 その隙間を埋める役目が、ハブリングと言われる部品なんですね。 画面中央の〝 ハブ 〟と呼ばれる箇所を掃除してから、取り付けします。 掃除が完了すれば、センターにあるハブ部分にはめ込んで完成です。 ハブリングのメリット 純正ホイールは、車体のホイール取り付け面にピッタリとフィットする設計になっているのでタイヤとホイールは安定して回転しています。 でも、これが社外のアルミホイールになりますと、隙間が発生します。 隙間がある状態のままにしておくと、高速走行中など速度域が高い場面でハンドルが振れだす現象が起こったりする場合があるんですね。 先ず、純正ホイールの場合ですと、ホイールバランスの調整が狂っている可能性が考えられます。 それが原因で、回転速度が高くなるとハンドルが振れだす事が多いので、バランス調整を取り直してくださいね。 次に、社外のアルミホイールの場合ですと、ハブリングは装着されていますか?装着されていないなら、ハブリングを装着してください。 ハンドルの振れが、ピタっと治まります。 バランスも調整した、ハブリングも装着したけど、それでも治まらない場合は アライメント不良が原因と考えられますので、アライメント調整をすれば直る可能性があります。 ハブリングの、デメリット メリットがあれば、デメリットもあります。 それは、 ハブリングを取り外すのを忘れる!こういった場合に起こります。 ハブリングを取り外す場面ってのは、パンクしたのでスペアータイヤに取り替える時です。 これは実際にあった事なのですが、先日お客さまがパンクしたのでご自分でスペアータイヤと交換されたんですね。 で、パンク修理に来て頂いた時の出来事です。 パンクしたので社外のアルミホイールを外して、スペアータイヤに交換されたのは良いのですが、ハブリングを取り外すことなくスペアータイヤを取り付けしちゃってたんですね。 スペアータイヤも純正品ですので、車両のハブ部分にピッタリと取り付けられる様になっているんです。 ホイールのハブ取り付け面が、二重に重なった状態になってます。 不幸にも、その事を知らなかったお客さまはホイールナットの締め付ける際に少し違和感を感じてられたそうです。 〝 ナットが、硬い! 〟と・・・ 違和感を感じながらも、スペアータイヤに交換してナットを締めこんでしまった為、ハブボルトを傷めてしまったんですね。 そうなると、ハブボルトまでも交換しなくてはなりません。 何らかの事情でスペアータイヤを取り付けられる場合は、ハブリングを外してくださいね。 ハブリングの外し方は、はめ込んだリングとハブ取り付け面の隙から対角線上にマイナスドライバー等を差込み、テコの原理で引き起こす感じで隙間を作ってあげてください。 ある程度リングが起き上がると、外れます。 車が走行する際に、安定して走行が出来る様にするアイテムは沢山ありますし、快適にするアイテムも沢山ありますが、どれも正しい使い方を知っておかないと意味がありません。 ネットで検索すれば様々な情報を得ることも出来ますが、中にはガセ情報も含まれたり、詳細な情報が無い場合もあります。 そんな時は、ボクたち専門のプロに聞いてもらえれば良いと思います。 知っている事はお伝えしますし、知らない事は知らないのでお伝えしようがありませんが・・・(苦笑) 何か分からない事、疑問に思う事があれば、あなたの街のタイヤ屋さんに尋ねて見てください。

次の

ハブリングのメリット、デメリットを教えます♪

ボル の ハブ

Contents• ハブボルト破損するとこんなに手間な作業に! みなさんこんにちは!ミュンヘンのWeb担当mak utsunomiya です!以前ご紹介した事がありますが、ホイールナットを締め付けすぎると恐ろし事になります!おそろしや~です! 車のボルトというボルトは、規定トルクで締め付けてあります。 当店を含め、全てのお店がそれぞれの規定トルクで締めてるのか分かりませんが、走りに甚大な影響を及ぼす部分は必ず規定トルクで締め付けてあげるって事が望ましいと思います。 特にホイールナットは、タイヤを支えている重要な部品です。 一歩間違えれば、大事故につながる恐れもありますし、ボルトのネジ山を破損させてしまうと、ホイール1本分で工賃だけで10,000円以上かかる場合もあります。 4本なら・・・。 DIYでタイヤ交換をした方が、安くつくに決まってますが、ハブボルトを壊してしまえば、大きな損失に繋がる可能性があります。 矢印部分のネジ山がなくなってますね。 お客様がDIYでタイヤ交換作業をしていたところ、なかなか外れないので急遽当店に持ち込まれたものです。 人力では外せないので、インパクトで無理やり外しました。 インパクトを使ってもなかなか外れないんですよね・・・。 インパクトレンチで外す際にも多少はネジ山を痛めてしまうでしょうが、ここまでくると交換前提として作業しなくてはなりません。 ハブボルト交換作業手順 これからの作業を見て頂けると、破損したハブボルトの交換工賃が如何に高くつくのかが分かって頂けると思います。 大抵の車は、キャリパーの上下2本のボルトで固定されています。 こちらの画像が、ブレーキキャリパーを固定しているボルト上下です。 軽く叩いても抜けないなら、無理して抜こうとしないようにしましょう。 無理やり外そうとすると、ボルトどころか、ハブやベアリングまで破損してしまいます。 そういった時は、ちゃんとした設備があるところで作業しなくてはなりません。 これが抜ければキャリパーを軽くこじれば外れていくはずです。 今回は破損したハブボルトなのでそのままたたきましたが、ロングハブボルト等に交換されるなら、ネジ山を誤ってつぶさないようにナットをかけておいた方が良いでしょう。 今回は破損しているボルトなので壊す勢いでハンマーを使ってますが、望ましいのはゴムハンマーです。 この車両ではハブボルトが外れたとしてもハブ自体に干渉して抜けない・・・。 そこで! ハブベアリングを抜かなければボルトが抜けない! この車両では、ハブボルトがハブに干渉して全て外す事が出来ない!こんな車両実は多いんです!DIYの強者の中には、ハブを削るって方もいるようですが、あまりお勧めな方法ではないですね。 車は強度等考えられてる作られていますからね。 よって以下の作業が必要になってきます。 ブレーキディスクを取り外す ブレーキディスクは、固着していなければ少しゆすれば外れます。 しかし、固着してる場合はサービスホールを利用してディスクを外しましょう。 大抵サービスホールは2個ありますので、均等にボルトを差し込みましょう。 片側だけを無理にこじらないように! センターナットを外しましょう! ドライブシャフトが差し込んである部分に、ボルトがはめ込んでありますが、回り止め防止の為タガネでナット先端が押しつぶされています。 それを、先の細い工具で起こしていきます。 ハンマーで無理やり!なんてしてると後で痛い目を見ます!車は繊細な生き物です。 力まかせで作業してると、思った以上に工賃がかかる事も多々あります! ハブベアリングは油圧プレスで引き抜く 画像のように少しづつ圧力を加えながら、ベアリングを抜いていきます。 全部外す必要はありません。 ハブボルトが抜ければいいなってくらいで留めておきます。 なぜかって?全て抜いて、圧入する場合のリスクが高まる為です。 ま、これはお店によっても考え方は違うでしょうし、予算にも関係してくる部分です。 新品のハブボルトを差し込む作業編 破損したボルトが抜けたなら、今度は新品のハブボルトを差し込んでいきます。 が、ハブボルトには溝がきってあり、溝をきっちり合わせながら圧入していきます。 一歩間違えれば、新品のハブボルトも台無しです。 まずは、手で位置を確認し、インパクトレンチ等できっちりとはめ込んでいきましょう。 ホイールナットで締めこむ前にすべき事 ハブボルトを圧入する場合は、大抵ホイールナットを使って締めこんでいくという作業になるかと思います。 しかし、いきなりホイールナットを使うと、ナットを傷める危険性があるので、間にワンクッションになるような大径のナットを間に挟みます。 これで、ナット及びボルトも破損させずに済むことができます。 しかし、ここのところは一気に作業する事なく、溝どうしがあっているか、ボルトに曲がりがないかを確認しながら作業しましょう。 曲がったり、ネジ山を破損させてしまったら今までの作業は台無しです・・・。 これがきっちり収まったボルト画像 画像を見て頂ければわかると思います。 溝にきっちり収まり、まっすぐ入るとスタッドボルトはすんなりと、そして隙間なく収まると思います。 まっすぐ入らないなら溝位置があっていません。 つまり、ボルト破損って事です。 ベアリングの隙間を元に戻す 先ほどハブベアリングを、油圧プレスで広げていますので、これを元に戻さなくてはなりません。 余程錆等で固着していない場合は、ハンマーでたたいていけばすんなり入っていきます。 破損させたら結構厄介な作業を踏まなくてはならないんですよ! まとめ スタッドレスボルトの交換方法をお伝えしてまいりましたが、数千円のタイヤ工賃を浮かすため、又はメカ好きな方は工賃を浮かす為にご自身で作業をする事があると思います。 しかし、たかがタイヤ交換、されどタイヤ交換なのです。 1本破損させるとボルト交換に1万以上かかる場合があります。 仮にホイール4本ダメにしたらどうでしょうか? DIYでタイヤ交換をされるなら、しっかりとした知識を持ないと後々高くつくばかりか、仕事に支障をきたしたり、走行中にタイヤが外れてしまうって事と隣り合わせだと思っておいて下さい。 簡単そうでいて難しいから、好奇心から自分で触ってみたい気持ちはわかりますが、タイヤは路面と接地している唯一のものです。

次の