ヘーベル ライト。 旭化成・ヘーベルハウス宅の外壁塗装をお考えの方へ ハウスメーカー塗装専門店がポイントをお伝えいたします

製品紹介|ヘーベルライト【旭化成建材のALCパネル】

ヘーベル ライト

費用が気になる集中メンテナンス 入居後すぐ、1年目、2年目、5年、10年……そして30年。 8回の定期点検、その後の30年目に大規模なメンテナンスをおこなう。 この後、5年ごとの有料点検で60年の長期間安心して住むことができるというのが、ヘーベルハウスのロングライフプログラム。 カタログやHPによると、30年目の集中メンテナンスの内容は以下の通りです。 屋根の防水の交換・重ね貼り、• 外壁防水の塗装・交換、• サッシ枠シーリング交換、• 出窓屋根の塗装・シーリング、• 樋の塗装・交換 以上で400万円、これは45坪2階建てでの試算ですので、形状によってはもっとかかるということです。 さて、この金額をどうとらえるかということです。 例えば築30年の場合、外壁をメンテナンスする場合、既存の外壁にサイディングを重ね貼りするか、撤去後に貼るかになります。 45坪2階建ての住宅の場合、それだけでも 200~250万円の費用がかかることは覚悟しなくてはなりません。 この金額は住宅の骨組みに当たる、躯体にダメージがなかった場合。 劣化したサイディングを放置することによって、起こるであろう躯体のダメージを補修すると、金額はさらに増すことになります。 このことから考えると、集中メンテナンスで400万円という金額は、必ずしも高くはないのです。 費用は30年で400万円だけではない さて、へーベルハウスのロングライフプログラムは30年目まで点検費用は無料。 しかし、その時に劣化が見つかった場合、メンテナンス費用は無料ではありません。 30年間放置して集中メンテナンスで400万円かければ、 その後30年間住めるというものではありません。 例えば、外壁材に用いられるALCのパネルの間やサッシと外壁の隙間を埋める、シリコン製のシーリング。 防水や躯体の膨張・収縮、外壁への振動にともなうサイディングへの力を吸収する役割があります。 しかし、経年劣化しやすい性質があり、最近発売になったごく限られたものを除き、10年持つものはありません。 劣化したまま放置すると、水の侵入による躯体へのダメージやALCボードへのダメージへとつながります。 そこで、シーリングを打ちかえなくてはいけないのですが、それにかかる費用は30万円程度。 外壁に限っても、30年間にシーリングのメンテナンスだけでも、最低4回は必要です。 もちろん、これはへーベルハウスに限った話ではありませんが。

次の

ヘーベルハウスの外壁で最も濃いのがダイナブラウン

ヘーベル ライト

地震に強い家は火災保険も安い? 生命保険の保険料は、年齢が若い人ほど安く設定されていますよね。 それは、お年を召した方に比べて病気にかかる確率が低いから。 健康でいられる可能性が高い=保険のお世話になる確率が低いということで、保険料も安くなるのです。 同じように考えれば、火災保険も「火事に強い家(耐火性の高い家)ほど保険料が安い」ということですよね。 それでいくと、ヘーベルハウスは火災保険も有利なハズ! ヘーベルハウスの特徴である「ヘーベルパネル」は、万が一の火災でも燃えにくいのが強み。 過酷な耐火試験をクリアしていて、国土交通大臣の認定も受けています。 となれば、当然、火災保険もお安い! 実際、ヘーベルハウスの公式サイトにも、「耐火性能の高さから耐火構造(T構造)になり保険料が安くなります」と明記されています。 また、オール電化住宅も火災のリスクが少ない分だけ火災保険の料金が割引になるんですよ! 火災保険だけじゃダメ!あれこれ武装して「万が一」に備えよう しかし、住宅に降りかかる悲劇は「火事」だけではありませんよね。 地震で倒壊してしまうかもしれませんし、大雨で床下浸水してしまうかもしれません。 道路に面した家なら、車に追突されるリスクだってあるわけですよね。 ですから、ヘーベルハウスに限らず、家にかける保険は火災保険だけでは不十分なのです。 そこでヘーベルハウスでは、火災保険に加えて家財保険や地震保険への加入も勧めています。 ヘーベルハウスによれば、地震保険は国が運営母体になっているため、どこの保険会社で加入しても同条件・同額なんですって! しかも、しかるべき耐震等級を満たしていればその保険料も安くなるんです。 ちなみに、火災保険や地震保険の保険料は、「月払い」よりも「長期一括払い」がオトクなのだとか。 こういった「保険料を安く抑えるコツ」について細かくアドバイスしてくれるというのも、ヘーベルハウスが選ばれるポイントの一つのようです。 言われるがままの加入だと損をするかも!? ただ、「ヘーベルハウスの営業担当者のアドバイス通りに火災保険に加入すると、高くつく」という声もあるんですね。 へーベルハウスはAIU保険と提携していて(トライアングルA)、安く入れる!というのを謳い文句にしていますが、 「自分で見積もりを取って契約したほうが安くなった」 という先輩オーナーさんもいるんですよ。 こちらのお宅では、「これはうちでは起こり得ないだろう」と思う補償内容を外したために料金も安くなったとか。 例えば、川が近くなければ水災被害に遭うリスクは低いでしょうし、「労働争議」というのも一般の家庭にはあまり関係がなさそう・・・。 このように、「これは、うちには明らかに関係ないな」と思えるものを外すことで保険料をカットすることができます。 「保険」ですから、できればフル装備しておくことに越したことはないのでしょうが、金銭的に余裕がない場合はこんな手段もあるということです。 そうはいっても、個人的にはやはり「ヘーベルハウスで建てるなら、火災保険もヘーベルハウスを仲介して加入したほうが安心ではないかな?」と。 万が一のことがあった時は、パニックになってあれこれ冷静に判断するのが難しいと思うんですよ。 そんな時、ヘーベルハウス経由で保険に入っていれば、間に入ってあれこれ手続きしてもらえますからね。 安さを取るか、それとも「万が一」の時を想定した判断をするか。 価値観によって選択が分かれてくると思いますね。

次の

【ヘーベルROOMS】賃貸マンションなら旭化成不動産レジデンス

ヘーベル ライト

幾何学の極地『マイクロストライプ 』 さて、お見苦しい点を晒しましたが続けます。 300㎜の大判に18本細かなストライプ溝が彫られています(数えていて目がいたくなりましたwww)。 こういった 線で強調された意匠はヘーベル板史上初ですね。 また、これまでの ヘーベル板のラインナップの多数が長方形だったのに対して、 MSは正方形ベースとなっている点も大きな違いです。 ちなみにMS発表前までは正方形の大判サイズはJJタイプだけでした。 ひとつのユニットのサイズはJJタイプと同じですが、違いは自然石の粒状な表面をモチーフとしたJJタイプとは対照的な、 高級タイルを彷彿とさせる整然とした造形にあります。 一般的にもタイル外壁は人気なので、これからMS目地を採用・施工する方は増えそうですね。 新外壁デザインを見たくなったら? この記事をお読みになってヘーベルハウスも見てみようかなと思われた読者の皆様もおられるかなと思います。 気になる外壁を見るにはいくつか方法があります。 展示場をめぐる• 営業所で外壁サンプルを直接見る• 街中のヘーベルハウスを見る ただし、残念ながら 新外壁デザインを採用している展示場はまだ無いようです(2020年2月)。 ヘーベルハウスの営業所一覧は。 訪問前に『フレックスアクシーのサンプルはありますか?』と聞いてみると、無駄足にならないかと思います。

次の