道化の騎士。 宮廷道化師

煙の騎士 (けむりのきし)とは【ピクシブ百科事典】

道化の騎士

『リア王』の道化について 劇の前半は、リア王と道化のやり取りがかなり占めている。 道化のいない「リア王」は考えられないだろうが、それをおもしろいと思うかばかばかしいと思うか、人によって評価の分かれるところだろう。 一般に道化は、面白い話題や所作でその場を盛りあげ、人々の笑いをさそうのが役目だろう。 ハムレットが墓から掘り出された頭蓋骨を手に感慨にひたるのも、それが道化ヨーリックの頭蓋骨であり、幼いころ食卓をにぎやかに盛り上げてくれたそんな道化を思い出すからである。 しかし「リア王」の道化はまったくそういうことがない。 考えてみれば、道化が必要なのは宮廷が平穏な時期なのであって、「リア王」のように劇の冒頭から王国の分裂を予感させ、それが悲劇へと突き進んでいく状況では、道化本来の出番はないと思う。 「リア王」の道化は、劇が始まった時すでに道化としての活躍の場を失っているのである。 リア王は道化をたいそうかわいがっている。 そばにいないと落ち着かなくなり、すぐ呼びつける。 ゴナリルの使用人が道化を叱ったと知ると、すぐさまリア王は仕返しにその者を叩く。 次第に孤独になってゆくリア王の唯一の侍従として、道化が舞台に出てくる。 そしてリア王が本当に狂ってしまうと、道化はもうリア王の相手をすることができず、姿を消してしまう。 ここでは、そんな道化の台詞の中で多少とも印象に残る部分を選んでみた。 道化はまだ舞台に出てこないのであるが、すでにリア王の馬鹿げた遺産相続によって、もっとも父親思いのコーディリアが一片の土地も相続されず、フランスに実質的に追放されたことに、道化はすっかり意気消沈している。 ここでは、コーディリアに同情する道化の心優しい性格が示されている。 KING LEAR.

次の

[変身ヒロイン][言葉責め]道化の騎士ララ・ウィステリア File:07(assets.pnconnect.porternovelli.com)

道化の騎士

彼が目指すのは恒久的な世界平和だ。 そのためならば如何なる犠牲をも厭わない。 そんなものは、まやかしだ。 そこにあるのは、垣根なしの絶望だけ。 彼を完成させるための部品になれているだろうか。 名前を与えられた。 生き方を教えてもらった。 それだけあれば。 彼のためになるならば、私は人外の怪物とだって代行者とだって戦える。 結果として死んでしまうとしても切り捨てられるとしても。 …それだけで私の命に価値があったと誇ることができる。 だから、 「こちらが、鍵になります。 」 今は任された役目を全うしよう。 「アイリスフィール、隠し事をするのはやめてほしい。 私には、あなたを守るという任務がある。 」 アイリスフィールの様子がおかしい。 身支度に時間がかかるのは貴婦人には珍しくないことだ。 しかし、『キリツグがくれた玩具の中では、一番のお気に入りなの!』そう言って楽しそうに運転を行っていた彼女。 それが、今日は私にハンドルを握らせて助手席で舟を漕いでいた。 さらにマスターの助手であるマイヤから屋敷の鍵を渡されたときも私に預からせた。 おまけに今度は私に魔方陣を描けと言う。 「なんのことかしら?」 明らかにおかしい。 「今日の貴女は物に触れることに対して酷く慎重になっている。 」 彼女はホムンクルスで活動時間は10年にも満たない。 よって彼女にとって出会うものは、その殆どが今までに出会ったことのない新しいものになりえるのだ。 彼女が町を歩いたときも少女のように楽しんでいたはずだ。 「…そうね、隠したって仕方ないものね。 」 彼女は儚く笑う。 「セイバー、手を出して。 」 その白い指。 その細い指は不思議なことに小さな道化師を思い出させる。 「私は、今から精一杯の力で手を握るわ。 」 「…アイリスフィール?」 何の冗談だろうか。 これで精一杯?いや、精一杯やっているようだ。 しかし、わずか数日でここまで衰えるものなのだろうか? 「これが今の私。 指先に引っ掻けることならできるんだけど…。 着替えるのとかは、大変だったわ。 」 なぜ冷静にいられるのだろうか。 これは、明らかな異常だ。 「でも、これは私の構造的な問題。 それに私はホムンクルス。 いったでしょ?私は人間じゃないの。 だから、病気になったり怪我をしたりしても病院にいったりはできないわ。 」 多くのホムンクルスは人間よりはるかに優れた魔術の才能を持つが、基本的に脆くて儚い存在だ。 「そう、ですか…。 」 彼女達は寿命を活動限界と呼ぶ。 しかし、人間よりも短いそれを悲嘆することはない。

次の

第773話 ど道化さんとセブンカース

道化の騎士

B「道化師がぁ、道化師が怖いぃ!」ガタガタ J「誤解だから!誤解だから!」 B「道化師に犯されるぅ!」ブルブル J「やめろ!」 J「ご、誤解だって言ってんだろ!」 B「そうなのか……?」 J「うん」 B「じゃああの本は、お前の物ではないのか?」 J「いや、それはまぁ、俺様のなんだけど……」 B「犯されるぅ! 道化師に犯されるぅ!」ガタガタ J「ち、違う!」 B「いや、お前もいい歳だから、そういう事に興味を持つ事自体は私も全然否定しない」ビクビク J「……うん」 B「そういう本を読んだりしてみたくなる事も、全然悪い事だとは思わないが……」ブルブル J「……あの、バッツィ」 B「な、何だ!? 」ビクゥッ J「な、なんで距離とってるんだ?」 B「怖いからだ!犯すつもりだろう!」ガタガタ J「やめろ!」 B「超マニアックな方法で犯すつもりだろう!」 J「しねえよそんなの!」 B「薄汚い廃墟の床に寝かされて 『ゴッサムに大きな花火を打ち上げたくなければ、分かるな……?』 とか言いながら犯すつもりだろう!」 J「抜粋するのやめろ!さっきの本から抜粋するのやめろ!」 B「なにかヒーロー陵辱特有のマニアックな言葉責めとかするつもりなんだろう!」 J「しねえよ!やめろ!」 B「『こんなズタズタじゃあ折角のスーツも役立たずだな!』 とか言いながら犯すつもりだろう!」 J「抜粋やめろ!音読やめろ!」 B「道化師がマニアックな言葉責めを身につけているぅぅ……!」 B「とにかく、そういうマニアックなプレイをしようとしているんだろう……?」 J「違えから!そういうんじゃないから!」 B「さ、さらにマニアックな……?」 J「違えよ!ていうかさっきお前が言ったみたいのはヒーロー陵辱もの では全然マニアックの範疇じゃねえよ!」 B「……え?」 J「……あ」 B「……あ、あれくらいは、基本なんだな?」 J「なんでもない!さっきのなんでもない!」 B「正直さっきのでもかなりエグいところを抜粋したつもりだったんだが……」 J「聞けよ!さっきのは間違いだから!」 B「もうあれくらいじゃ、満足できないんだな……?」 J「やめろ!」 B「道化師がどんどん遠くに行く……」 J「遠くに行ってるのはお前だよ……物理的に距離とってるじゃねえか……」 B「だ、だって犯すつもりだろう……」 J「しねえよ!」 B「ただアーカムに閉じ込めるだけじゃだめだったのか…… 知らず知らずの内に、お前により深い心の闇を……」 J「やめろ!重い感じにすんな!」 B「ちゃんと拳で語り合っていたのに……」 J「語り合ってねえよ!基本的にお前からの一方通行だったよ!」 B「で、でもプレイ的な見地から言えば殴り合いも興奮ポイントに……?」 J「やめろ!嗜好を探るのやめろ!」 B「し、しかし先程言ったくらいはもう基本なんだろう?」 J「間違いでしたァー!さっきの無しで!」 B「とすると殴り合いとかそっち系に行かざるを得ないじゃないか……?」 J「っていうか何でちょっと協力的なんだ!? さっきまで犯される!とか言ってたよなァ!? 」 B「さ、逆らったらもっとひどい目に遭わされる……」 J「そ、そういうことか!いや、しねえよ!」 B「じゃ、じゃあ面と向かって言うんだ……」 J「何をだ?」 B「『私はゴッサムの守護者を犯したいと思っていないし、思ったこともありません』と」 J「何だその宣言!? 」 B「言わなきゃ信用できない!獣と共に同じ街にはいられない!」 J「ケモノとか言うな!」 B「と、とにかくお前がそう言えば、安心できるかもしれない……」 J「……うーん……」 B「や、やっぱり虚偽の申告はできないのか?」ビクビク J「虚偽じゃねえ!」 B「いいんだ!私はお前をこれ以上嘘つきにしたいわけじゃない!」 J「その感じやめろ!」 B「お前にその場限りの嘘をつかせるくらいなら、私はお前の嗜好と向き合う!」 J「言うから!言うから重い感じやめろ!」 J「え、な、なんだっけ……『私は』……」 B「『私はゴッサムの守護者を犯したいと思っていないし』 J「そ、そうだな。 『私はゴッサムの守護者を』……」 B「……ど、どうかしたか?」ビクビク J「あ、あのー、一応、一応確認な?」 B「な、何だ?」 J「こ、この『犯す』の範囲って……?」 B「!! 」 J「い、一応だ!!」 B「そ、それはつまり範囲によっては……」 J「一応だって!俺たちのことだし、意外と二人の間で食い違ってるかもしれないだろ!」 B「範囲によってはありえるということか?」 J「いやだからその確認!」 B「そ、そうだな。 お前の基準はちょっとアレだしな」 J「アレとかやめろ」 J「えーと、じゃあ少しずつ確認していくぞ?」 B「あ、ああ。 ここでの『犯す』の範囲が広ければ広いほど、その……」 J「……うん」 B「お前がさっきの宣誓をできなくなる可能性が上がるわけだな」 J「いやまぁ多分ていうか絶対大丈夫だけどな!! 」 B「そうだな!」 J「えー、じゃあ『犯す』の基準決めスタート!」 B「まずは『キス』!」 J「えッ!?」 B「えッ!?」 J「ストップで! 一旦ストップで!」 B「怖い怖い怖い怖い!!」 J「違うって! 普通にするじゃん! キスってするだろ! 友達で!」 B「しないしないしない怖い怖い怖い!というか私たちは友達ですらない!」 J「俺様がするかどうかじゃないぜ!? 一般的にだぜ!? 一般的な基準として、親友でキスはセーフだろ!」 B「しないだろ…… さりげなく親友にランクアップしている…… 」 J「アレだぜ? キスって唇同士の奴だぞ? 『下の兜同士で』とかそういうんじゃないぜ? そのつもりで俺はOKにしたんだぞ?」 B「当たり前だろう…… というか今言った方OKにしていたら本当に永久入院させていた……」 B「あの、というかそれなら、キスが基準だとアウトなのか? そうなんだな? ああ、言わなくていいが」 J(心底屈辱的……) B「……いっそもう、聞こう…… ど、どこラインにしたらさっきの宣言できるんだ?」 J「……えー?」 B「お、お前が決めてくれ。 それを聞いて対処する」 J「……う、ん・・・…」 (五分後) J「……」 B「……」ドキドキ J「……なあ」 B「ひっ!? 」ビクゥッ J「そ、そこまで怯えなくても!」 B「す、すまない? 驚いただけだから。 すまない。 犯さないでくれ……」 J「やめて!」 B「……というか、これ長考した時点で相当ヤバ……」 J「言う!今すぐ言う!」 J「え、えーと……」 B「さっさと言え!ドンと!」 J「えーと……」 B「今更何を言われても驚かん!」 J「えー……多分、何をラインにしても、その、無理……」 B「え」 J「あの、だって、したいし……」 B「うわああああああやっぱりガチではないかぁぁぁぁ!!!」 J「ご、ごめんねぇぇぇぇ! でもしたいんだものぉぉぉぉ!!」 B「最初ので合ってだろぉぉぉぉ!! 最初のリアクションでむしろ正解だろう!!!! 」 J「ごめんなさい! 本当にごめんなさい! でもさっきの言葉責め とかめっちゃしたいです!」 B「それは聞いてないだろおおお!! 怖い怖い怖いぃぃぃ!!」 J「し、静かにしろぉ!! 犯すぞッ!?」 B「本性むき出しになったぁぁぁぁ!!!」 B「廃屋の拘束プレイは?」 J「基本」 B「腸内と書いて?」 J「ナカ」 B「ヒーロースーツ破壊は?」 J「極上」 B「背徳感は?」 J「正義」 B「こわいよぉぉぉ! 道化師が怖いよぉぉぉ!」 J「う、うるせえ! 銃口を口に突っ込むぞッ!? 」 B「なんだそれ!?」 J「よくあるんだよ!」 B「よくあるだと!?」 J「色々装着したままヒーロー活動させたりしたい!」 B「何だ急に!? 」 J「ご、ごめん、もう我慢しなくていいと思ったら願望出ちゃった」 B「怖い! そんなことを内に秘めていたとか怖い!」 J「他のヴィラン退治してる時にリモコンでいじりたい!」 B「やめろ怖い!」 J「こういう時そのヴィランは俺の話題を出す!」 B「細かな設定とか怖い!」 J「うわあああ願望出るぅぅぅ!! 」 B「落ち着け! もうやめろ!」 J「バッツの身内の目の前でキスしたい!」 J「脅迫してゴッサムのために耐えてるバッツの胸を弄って開発したい!」 J「一緒にアーカムに入りたい!」 B「最後のは普段通りの事を言っているはずなのに怖い!」 J「そういうことだから!よ、よろしくな!」 B「何をヨロシクするんだ?」 J「……じゃ、じゃぁ俺様帰るから!もう帰るから!」 B「このタイミングで引き上げられるとより怖い! ていうかなにをヨロシクすればいいんだ?」 J「あばよバッツィ!」ダッ B「ええー……絶対明日から何か仕掛けてくる……」 B「本当にヤダ本当に怖い……」 B「なんであんな本を見つけてしまったんだろう……」 B「ロビンたちにはなんて言えば……いや、言えない……こんな稀有な悩み……」 ~~~~~ H「あれ、アイヴィーの部屋から変な本が…! 勝手に読んでやーろおっと!!」 H「……ん?」 おしまい 【別Ver. 】 B「道化師が闇騎士陵辱もののエロ本隠し持っていた……」 J「バレちまっちゃあしょうがねえ。 おいケツ貸せバッツィ」 B「いい度胸だ。 ありえないほど崩壊してたぞ……おかげで部屋の中の物は全部パーだ」 B「貴様があまりにも気色の悪い事をしていたからだ」 S「ああ……折角の俺のバットマンコレクションが……」 B「これに懲りたらアーカムに妙な部屋を作るのをやめるんだな」 S「まあ別にバックアップも印刷済みのもいくらでもあるからいいんだけどな」バサバサ B「分かった、私はお前を何回殴ればいい?」 殺人狂と蝙蝠 Z「バッツを殺したらどういう風に飾ろう……」 Z「やっぱり殴ったり蹴ったりしてるポーズ?いやでも蝙蝠といったら飛んでる姿も捨てがたい……」ムラァ Z「一回抜いておくか」ティッシュスー B「人をオカズにするのはやめろ!」ドグシャァア B「さあザズー、アーカムに……おいティッシュを股間運ぶのを止めろ。 私が殴ったのも今貴様がぶつけたのも顔のはずだ。 血を拭うなら……だから股間にティッシュを持っていくな!」 道化王子と蝙蝠 J「もしだ。 もしもだぞ?俺様とアイヴィーが二人とも崖につかまって、今にも落ちそうになっていたらどちらを助ける?」 B「ポイズンアイヴィー」 J「……じゃあハーレイだったら?」 B「クインゼル」 J「トゥーフェイス」 B「トゥーフェイス」 J「ペンギン」 B「ペンギン」 J「リドラー」 B「リドラー」 J「ザズー」 B「…………ザズー」 J「OK,OK 取り敢えずザズーの奴が悩むラインなわけだな?それじゃあ奴を連れて来て、もしもを実行してみようぜ。 そうしたら何か新しい発見があるかもしれねえしな」 B そもそもこいつが崖から落ちたくらいで死ぬとは思えないんだが…… 謎男と蝙蝠 R「今回は貴様に譲ってやる。 だが、次はこうはいかないぞ、ダークナイト!次こそは、貴様に解けない謎をプレゼントしてやる!」 B「それは困る。 今回の謎々で十分私のキャパシティオーバーだった。 解けたのは完全にまぐれだ」 R「……ッ!そうか、そうだな!素直に認めるというのであれば、私も鬼ではない。 次回はほんの少しだけ、手加減してやってもいいぞ!」 B これ以上面倒な謎を吹っ掛けられては付き合ってられん。 ……それにしもてこいつは扱いやすいな…… 道化王子と蝙蝠 J「なあ、ちょっとこのマスクとそのマスク、交換してくれねえか」 B「何だそれは……。 私のマスクそっくりな……」 J「お前のマスクそのままだし、絶対に変な小細工はしてねえって誓う。 だから交換してくれよ」 B「何を考えている?そうしたところで、お前にどんな利点があるというんだ?」 J「そりゃあお前から貰ったマスクを使ってオナn」 B「分かったみなまで言うな今すぐその口を開けなくしてやる」 [newpage] 道化王子と暗殺娘 J「お前は奴の何だ?」 T「……フィアンセよ」 J「そうか。 じゃあ使い終わったらしっかり息の根を止めねえとな」 T「あら、彼が悲しむわ」 J「そうだ、そうこなくっちゃあいけねえ!……あいつに特大級の絶望をプレゼントするのはいつもこの俺様だ」 T「そうかしら。 私が死んで彼が悲しむのなら、絶望を与えるのはこの私よ。 ……お前が死んでも、彼は悲しんでくれるかしら?」 J「……口の減らねえ女だ。 俺が絶望をプレゼントするのは、なにも蝙蝠の野郎だけじゃないって教えてやろうか」 T「お前にそれが出来るのなら」 道化王子と元精神科医 H「プリンちゃん、最近蝙蝠の奴が現れないらしいわ」 J「らしいな」 H「暴れるなら今じゃない?」 J「おいおい、観客の居ないショーになんの意味がある?」 案山子と蝙蝠 S「なあ、薬やらねえ?」 B「何だ突然。 やるわけないだろう」 S「ちょっと試したいヤツがあって。 そんな時間とらせねえから」 B「話を聞け」 S「大丈夫だって!効いてる間他の奴が来たらちゃんと守ってやるから!」 B「お前まさか今までも……」キュンッ 元精神科医と植物女 H「ねえ、アイヴィー。 プリンちゃんに花をプレゼントしたいの、何かいい花はない?」 A「そういうのは自分で調べなさいよ……」 H「いいじゃない!親友でしょ!」 A「調子の良いこと。 そうね……デンファレなんてどう?ラン科の花で、花言葉は『お似合いの二人』」 H「それいい!早速盗って来なくっちゃ!」 A「花屋に行くなら私も行くわ。 子供たちを解放してあげなくちゃ」 H「ありがとうアイヴィー。 じゃあ行こう!」 道化王子とニ面男と人鳥 J「なあ、蝙蝠の野郎はいつ来るわけ?」 T「知るか!お前は黙って薬をばらまいてりゃいいんだよ!」 P「嫌でもそのうち来る。 ……噂をすれば影、ってな」 J「バァッツィ!!愛しの蝙蝠ちゃん!会いたかったぜぇ!」 T「おい、あいつ囮にしてさっさとずらかるぞ」 P「フン!最初からそのつもりだ」 T「……あいつもたまには役にたつな」.

次の