地震 予知 キャンディ。 地震予知のミシェル氏(以前はキャンディ)の予測をブログで見てみました

地震予知のミシェル氏(以前はキャンディ)の予測をブログで見てみました

地震 予知 キャンディ

例えば「(時)一年以内に、(場所)日本の内陸部で、(大きさ)マグニチュード5の地震が起こる」というようなあいまいな予測や、毎日起きているマグニチュード4程度以下の小さな地震を予測するような場合はたいてい当たりますが、それに情報としての価値はあまりないと考えます。 少なくとも「(時)一週間以内に、(場所)東京直下で、(大きさ)マグニチュード6~7の地震が発生する」というように限定されている必要がありますが、現在の科学的知見からは、そのような確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。 以上により、一般に、日時と場所を特定した地震を予知する情報はデマと考えられます。 お聞きになった情報で心配される必要はありませんが、日本は地震国であり、地震が起こらない場所はないと言っても過言ではありません。 日ごろから地震に対する備えをお願いいたします。 南海トラフ地震の発生は予測できるのですか? 南海トラフ地震は、おおむね100~150年間隔で繰り返し発生していることが分かっていますが、その発生間隔にはばらつきがあり、震源域の広がり方には多様性があることが知られています。 また、地震の発生時期や場所・規模を確度高く予測することは困難であると考えられています。 一方で、南海トラフ沿いで発生した大規模地震の直近の2事例では、東側の領域で大規模地震(1854年の安政東海地震、1944年の昭和東南海地震)が発生した後、それぞれ32時間後、2年後に残る西側の領域で大規模地震(1854年の安政南海地震、1946年の昭和南海地震)が続けて発生しています。 そのため、今後南海トラフ沿いで大規模地震が発生した場合、残りの領域での地震発生の可能性が平常時に比べて相対的に高まっているとの評価が可能と考えられています。 また、南海トラフ沿いの大規模地震の想定震源域の周辺では、平時からプレート境界面で「ゆっくりすべり」という現象が観測されています。 この現象はプレート境界の固着状況の変化を知る手がかりとなる現象と考えられています。 この「ゆっくりすべり」が通常とは異なる場所や発生様式(変化速度が大きいなど)で起きている場合には、定性的には南海トラフ地震発生の可能性が平常時に比べて相対的に高まっているとの評価が可能と考えられています。 関連リンク• 8以上の地震が発生した場合や東海地域に設置されたひずみ計に有意な変化を観測した場合などを想定しています。 関連リンク• 南海トラフ地震が発生する前には、必ず「南海トラフ地震臨時情報」が発表されるのですか? 南海トラフ地震の発生前に、必ずしも異常な現象が観測されるとは限らないため、「南海トラフ地震臨時情報」を発表していなくても、南海トラフ地震が発生することもあります。 地震発生の可能性が相対的に高まっているという評価を行う「南海トラフ地震に関連する情報」と、これまでの東海地震予知情報との違いは何ですか? これまでの東海地震予知情報は、2~3日以内に想定される東海地震が発生するおそれがあるという確度の高い情報です。 しかしながら、現在の科学的知見からは、こういった確度の高い地震の予測は難しいと考えられています。 一方、「南海トラフ地震に関連する情報」は、南海トラフ沿いで異常な現象が観測され、その現象が南海トラフ沿いの大規模な地震と関連するかどうか調査を開始した場合、または調査を継続している場合、あるいは観測された現象を調査した結果、南海トラフ沿いの大規模な地震発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まっていると評価された場合などに発表する情報です。 関連リンク• 動物や植物は地震を予知できるのですか? 動植物には、音、電気、電磁波、匂いなどに対する感知力が人間などに比べ格段に優れているものがあることは知られています。 一方、地震は、地中の広い範囲で、固い岩盤同士が、破壊し合い、ずれ合う大きなエネルギーの集中や解放を伴うため、徐々に岩盤が変形し始めたり、地下水位が変動したりして、地震の発生前から非常に微弱で特異な音、電気、電磁波、匂いなどが周辺の地面や大気などに現れ、それを動植物が感じ取る可能性もあるのかもしれません。 しかし、動植物は地震以外の理由によって通常と異なる行動・反応をすることがあり、また、動植物自体についてまだわかっていないことも多く、ましてや地震の前兆現象も解明できていない部分が多いことから、地震の前にそうした異常行動・反応をする理由について科学的に説明できていない状況です。 地震雲はあるのですか? 雲は大気の現象であり、地震は大地の現象で、両者は全く別の現象です。 大気は地形の影響を受けますが、地震の影響を受ける科学的なメカニズムは説明できていません。 「地震雲」が無いと言いきるのは難しいですが、仮に「地震雲」があるとしても、「地震雲」とはどのような雲で、地震とどのような関係で現れるのか、科学的な説明がなされていない状態です。 日本における震度1以上を観測した地震(以下、有感地震)数は、概ね年間2,000回程度あり、平均すれば日本で一日あたり5回程度の有感地震が発生していることとなります。 このように地震はいつもどこかで発生している現象です。 雲は上空の気流や太陽光などにより珍しい形や色に見える場合がありますし、夜間は正確な形状を確認することができません。 形の変わった雲と地震の発生は、一定頻度で発生する全く関連のない二つの現象が、見かけ上そのように結びつけられることがあるという程度のことであり、現時点では科学的な扱いは出来ていません。

次の

地震前兆と予想

地震 予知 キャンディ

新型コロナウイルスのことを、「昔大変なことがあったのよね」と語られる日は必ず来ます。 今は未だこの新型コロナウイルスが心の中に住んでいますが、それよりも、この新型コロナウイルスのおかげで世界経済はボロボロです。 街から人が消え、ゴーストタウンのようになりました。 観光客の楽しげな表情も見ることが出来なくなりました。 ホテルやお店や至る所でキャンセルの嵐。 今までこのような光景を目にしたことがあったでしょうか。 深刻化することであろう世界経済。 この新型コロナウイルス事件が終わりを告げた時、世界はどれだけの痛手を受けていることでしょう。 銀行倒産だって真実味を帯びることでしょう。 新型コロナウイルスの影に隠れてしまっていますが、イギリスのEU離脱劇もそろそろ問題も出て来そうに思います。 国民投票の結果、EU離脱が僅差で決まりましたが、アイルランド共和国との国境での問題は実に大きな問題です。 アイルランド島の一部イギリス領では、イングランド人とアイルランド人の間で帰属を巡る紛争が続いていましたが、和解出来た理由は両国がEUに加盟し、アイルランドの国境が消滅したことでした。 ところが、イギリスのEU離脱紛争がいつ再燃してもおかしくありません。 新型コロナウイルスのおかげというのも変ですが、今は先送りされたこの問題、今後EUとの間に輸出品には関税が掛かることになるために、思った以上の問題が起きるかもしれないのです。 EUとは、ヨーロッパの国々がひとつの国のように結び付くために誕生した連合組織ですが、新型コロナウイルスが苦しめている国も多く、今後EU問題は世界を巻き込んだ経済問題に発展することでしょう。

次の

【地震予知ミシェル】2020は震度8の南海トラフ発生で東京オリンピックが中止?

地震 予知 キャンディ

50代の主婦です。 5年前の3月5日から三日間続けて見た夢のことです。 私の夢は正夢が多く、何かよくないことが起こるとき、何かが夢で教えてくれます。 たとえば夢で、太陽が沈むとき子供の名前を聞き、心配になって子供に連絡を取ってみたら、やはり問題が起こっていたというゆうようなことがありました。 今回5年前に見た夢のことがずっと気にかかり、やはり書いてみようと思って書きます。 一日目に見た夢はビルを飲み込むような大津波の夢。 覚えているのは、その瞬間だけです。 二日目は何かが爆発したのか、大きなきのこ雲が二つです。 これが何をあらわしているのかはわかりません。 三日目は、「20859」の数字です。 目が覚めた時、頭にこの数字だけが残っていました。 この時は3月なのに寝汗で下着までぐっしょりでした。 これらの夢は地震をあらわしていると思います。 問題なのは「20859」の数字です。 いろいろ私なりに考えてみましたが、これは2020年8月5日9時ではないかと思うのです。 地震を予知している日月神示でも「八と十八と五月と九月と十月に気つけてくれよ、」とあります。 その中の8と9と5と0の数字はわたしの夢で見た数字と同じです。 たかが夢の話です。 でも、何があってもおかしくないので、水と食料の備蓄と防災用品を備えておくことにこしたことはありません。 なにもない事を願います。 投稿者: 愛媛のダンディ> 投稿日:2020年 6月 6日 土 06時11分40秒 気が付くと目の前にフラグ(お袋)がうつ伏せで倒れていた 慌てて布団を敷き、そこにそのまま寝かせた 疲れて寝ているだけの様に見えたし途中で夢と気付いたので ここはいつものお礼にマッサージだな。 と思い肩甲骨辺りからもみほぐしながら顔色を見た 無数の赤と黒の斑点が現れ大きくなりながら顔中に広がりすぐに消えた 耳を近づけ息を確認するとスースーと寝息を立てている おそらくアラームだろう。 ここんところの夢を読み解くにインドネシア方面での群発地震の懸念 単に月齢のわりに地震が少なくキモイ昨日が見せた精神的な夢かもしれないが・・・ 投稿者: 竜樹 たつき 諒 元漫画家 投稿日:2020年 6月 5日 金 21時41分11秒 見せられたのは南南東の沿岸部から数キロ内陸の平地での巨大溶岩噴火、、小規模な噴火は既に起きていたようで、いつの間にか火山灰は少しずつ周りに積もり始めていた 私達が溶岩噴火の方へ向かうと途中で、立っていた女性占い師がいて伏せたトランプを私達に配り、私にも配るが、それ所ではないので、隣りの男性にカードを渡し私は溶岩噴火が危うい方へ向かう、、私の後を追って来たその男性は私に訊く、「カードの数字はなんだと思いますか?、、私は4か5だと思うけれど?」という、、で私は「4だ」と答える、、それが巨大溶岩噴火が起こる先の日数か日付かもしれない? 投稿者: トラウマ? 投稿日:2020年 6月 4日 木 08時05分6秒 いつものシチュエーションと少し違う アラームで目が覚めて止めようと一階に降りよう。 吹き抜けから一階に飛び降りようとしたら下にお袋がいた どいてくれるよう声を掛けたら「びっくりした」と声を出した あ、階段から下りよう。 下りる途中で気が付いた・・・フラグが立った。 一階に降りるとようやくいつもの場所だった。 そもそもここは平屋の設定のはずだ。 お袋は見えない。 いつもと違ってなんだか片付いている。 台所の床なんかフローリングに張り替えている(俺の仕事だっけ?)。 そこに弟の歌和(仮名)がいたので 「どうだ(床)きれいになったろう」俺が言うと 機嫌の悪そうな歌和が「あと一枚・・・」 はは・・・あと一枚で張り終わるフローリング・・・というところで目が覚めた まずは下・・・下というと太平洋のことだろうか? 和歌山も注意・・・かな 疲れるので最近はめったに立ち寄らない掲示板ですので質問やツッコミには対応できかねますのでよろしくです 投稿者: て 投稿日:2020年 5月29日 金 23時38分10秒.

次の