スタディサプリ 社会人。 スタディサプリを本当に有効に使えるのは大学生と社会人だなぁという話

【社会人の英語学習】スタディサプリの目的別おすすめコース!※私の口コミあり。

スタディサプリ 社会人

【要約】スタディサプリの3つの魅力• 中学+高校=6年分の主要科目を総復習できる!• 講義は「動画」なので、通勤・通学のスキマ時間に学べる!• 国語・数学・英語・理科・社会 (歴史・地理・政治経済)の全科目を月額1,980円で! まさか30歳近くになって、中学・高校の勉強をすることになるとは思わなかった……。 いや、数年前から漠然と「歴史と英語くらいは復習したい」という思いはあったのですが。 きっかけとなったのは、池上彰さんと佐藤優さんによる対論本。 そのなかで勧められていたのが、こちらのWebサービスでした。 ビジネスパーソンが短期的に基礎知識を強化しようと思ったら、リクルートが2012年に「受験サプリ」としてスタートさせた「スタディサプリ」はすごくいいですよ。 受験生向けのオンライン予備校ですが、ビジネスパーソンの「やり直し勉強法」としても最適です。 289より) 高校受験に挑む中学生、あるいは大学受験を控えた高校生向けの「オンライン予備校」でありながら、大人にもぴったりの学習サービス。 無料でお試し受講もできるということで、遊び半分で登録してみたら……これが、思いのほかおもしろかったんですよね。 「勉強になる」とか「学生時代の復習になる」といった感想よりも前に、素直に「おもしろかった」と感じられるほどには魅力的だった『スタディサプリ』。 学習意欲のある社会人にこそおすすめできると思えたので、ご紹介します。 月額1,980円で中学・高校の主要科目を総復習できる! 『スタディサプリ』ではどのような教科を学べるのかといえば、中学・高校の主要科目は網羅しているという充実っぷり。 登録すれば、 国語・数学・英語・理科・社会 (歴史・地理・政治経済)の一通りを学ぶことができます。 教科書や参考書を買おうとすれば出費がかさみますが、それが月額1,980円で済むのは嬉しいですね。 実家に過去の教科書を残しているという場合でも、最新の学習課程で学べるのは『スタディサプリ』のメリットと言えそうです (公民や歴史の内容が結構変わっていて驚いた)。 各講座の画面はこんな感じ。 基本的には動画で受講する形で、テキストは別途ダウンロードが可能。 PDFファイルのテキストを画面上に並べて講義を聴いてもいいし、学校の授業のようにテキストを印刷して、手元でメモを取りながら受講してもOKです。 それぞれの講座は「チャプター」に区分されており、動画1本が10〜30分程度。 たとえば上記の 「中学 社会 公民 (基礎)」の講座の場合、「第1講 現代の社会」が4チャプターに分割された計60分程度の講座となっています。 講義のほか、最後には「問題」を解いて内容を復習するパートも。 スマートフォンの専用アプリで見るとこんな感じ。 上画面で動画を再生しつつ、下画面に表示したテキストを追うことができるので、むしろWeb版よりも見やすいかもしれません。 Web版もアプリ版も、動画の速度は2倍速まで変更が可能。 隣に立った人から「このオッサン、なんで中学の公民を勉強しているんだ……」と思われようが、そんなの気にすることはございません。 フルスクリーンにして、講義に集中してもOK。 また、完全に「現役の学生 (受験生)」向けかと思いきや、一部では「おとな」を意識した説明も散見されました。 特に 高校3年生を対象とした講座はレベルが高く、「普通に勉強になるわ……」とふんふん頷きメモりつつ動画に集中してしまうほど。 自分も過去に受験勉強を経験していますが、当時は選択しなかった科目も『スタディサプリ』では履修することができるので、自然と学習意欲が高まります。 実際のところ、『スタディサプリ』を利用することでどの程度の学力がつくのかはわかりません。 ですが、冒頭に挙げた本『僕らが毎日やっている最強の読み方』によれば、「早慶上智の文系まではこれで十分合格できる」との話でした。 マジか。 やってみた実感として、論述問題がある国立大学の2次試験や慶應義塾大学の医学部など一部の学部を除き、早慶上智の文系まではこれで十分合格できると思いました。 290より) また 「オンライン授業」ならではの魅力としては、「講師」の存在が挙げられます。 授業のスタイルはもちろん、先生によって話し方や説明の仕方も異なるので、「自分が好きな授業・講師」を探してみてもいいかもしれませんね。 自分はまだあまり多くの授業を聴いていないので何とも言えませんが、現代文の小柴先生が気になります。 数日ほど利用してみた印象としては、 「すべての授業を聴くのは無理でも、学び直したい科目だけでも安価で知識を身につけることができるため、非常に便利なサービスである」という印象を受けました。 極端な話、 中学・高校の6年分の「歴史」系の授業を聴くだけでも、得られるものは大きいように思います。 自分もそのつもりで登録したのですが、ついでに受講した現代文が想像以上におもしろく、日々楽しく勉学に励んでいる格好です。 今からでも身につけたい「教養」のための勉強 以下は余談となりますが、「学生時代の学習過程」を改めて学び直すことの意義について考えてみようと思います。 学生時代を怠惰に過ごしてしまった後悔からか、はたまた仕事において必要だからか、あるいは金銭的な余裕ができたことで「勉強」に投資したくなったか。 いずれにせよ、仕事に関係のあることも無関係のことも引っくるめて、何らかの「勉強」への意欲が見て取れました。 僕自身、入社2年目はやたらと学習意欲に満ち満ちており、営業トーク術やらマーケティング入門やらのビジネス書を買いあさっていた覚えがあります。 で、 実際にそうして勉強を始めてみると、意外と楽しいんですよね。 学校の勉強と違って、自ら進んで学ぼうとするからでしょうか。 日本史・世界史は言うに及ばず、当時は退屈に感じていた教科・講義までもが、なぜか楽しく感じられる不思議。 でも、 なぜ社会人になって急に、「勉強やる気マン」として覚醒したのだろうか。 その理由のひとつとして、 「社会に出て本格的に働くようになったことで、『自分が必要とする知識』を選べるようになった」という点が挙げられるように思うのです。 同時に、ある程度の年齢になったことで 「複数分野の知識を結びつける術を身につけた」という面もありそう。 さまざまな分野の知識を紐づけることによって得られる能力と、心の豊かさ。 それはきっと、本来であれば学生時代に身につけておきたかった 「教養」と呼ばれるものなのではないでしょうか。 そのような「教養」を会得するべく、中学・高校の各教科を総復習するにあたって、この 『スタディサプリ』が有効活用できるわけです。 正直に言って、当初はあまり期待していませんでした。 「すぐに飽きるんだろうな……」と思いつつ、試しに無料体験に登録してみただけ……だったのですが。 その結果は、上記のとおり。 実際に受講してみたところ、これが想像以上におもしろかった! 今や電車移動中のスキマ時間は、ゲームアプリもそこそこに『スタディサプリ』を起動しているほどで、楽しく勉学に励んでいます。 もちろん、基本的には「現役学生」をターゲットとしたサービスであるため、万人に勧められるものではありません。 でも一方で、 学生時代に勉強してこなかったことを後悔している大人や、学習意欲に満ちあふれているビジネスパーソンには、ぴったりの学習サービスであるとも感じました。 勉強したい「大人」な方は、無料登録から試してみてはいかがでしょうか。 TOEIC対策にも!英語に特化した もおすすめ 関連記事• ornith.

次の

【社会人の英語学習】スタディサプリの目的別おすすめコース!※私の口コミあり。

スタディサプリ 社会人

社会人&学生のための大学・大学院、通信制大学・大学院検索サイト スタディサプリ 社会人大学・大学院 大学・大学院を探そう(通信制、通学制)• 学問分野から探す 通信制 通学制• 条件・目的から探す 取得できる資格から探す• エリアから探す• こだわり条件から探す• 在校生・修了生インタビューを見る• 説明会・個別相談会・セミナー・見学会を探す• 今月のスペシャルレポートピックアップ! [更新日:2020年6月25日]• 7月のイチオシ特集! [更新日:2020年6月25日]• スペシャルレポート一覧• 社会人大学・大学院を受験するための予備校を探す• 受験のための予備校をチェック• お役立ち情報 入試過去問題&受験準備室• …他全10回分掲載 編集部おススメ記事• 社会人学生のホンネCAFE• …他全10回分掲載 メルマガ登録 最新のテーマに関するコラムや学び・キャリアに関するニュース、 お得なノウハウや大学・大学院が実施するセミナー・説明会の情報などを毎月2〜3回程度発信してまいります。 お知らせ•

次の

社会人がスタディサプリで学ぶ3つの理由!ビジネススキル以前に「基礎学力」って足りてます?

スタディサプリ 社会人

他のコースの体験レビューは、それぞれ各コースごとに別ページで解説しているので、ご自身の目的にあわせて以下をご参照してもらいたい。 > > > 学習時間が900時間超え!「日常英会話コース」のリアル体験談 スタディサプリ・イングリッシュのスマホ画面 リクルートの英会話アプリ『スタディサプリENGLISH(日常英会話コース)』を使って英語の学習を2017年5月からはじめ、約3年(36ヶ月)経過した。 僕の学習記録も総学習時間900時間/総学習回数9,000回を超え、かなりの勉強量になってきた。 ほぼ毎日英語学習を継続し、今では家族が寝静まった夜中に、一人でこっそり英会話の練習をするのが日課になっている。 アプリの方もすっかり、桐谷美玲の「スタサプイングリッシュ」のCMで有名になった。 実際その通り、使ってみて明らかな効果を感じられている。 特にリスニング力は以前より格段上がった。 3ヶ月過ぎたくらいから音がクリアに聞こえるようになり、細かい音にも敏感に反応できるようなった。 ここでは、スタディサプリイングリッシュの効果と英語学習記録を定期更新している。 内容は以下の【目次】の通り。 興味のあるところからどうぞ。 継続期間:36ヶ月• 1日の学習時間:約60分以上• 総学習時間:約903時間38分• 消化したレベル:レベル2〜6(現在7の途中) 最近でこそ1日1時間以上勉強しているけれど、はじめは15~20分くらいだったので、総学習時間としては少ないかも。 (初期にもう少しやっとけば良かった…) ただ、使用開始からほとんど休むことなく継続できているのがポイント。 36ヶ月通して感じたスタディサプリENGLISHの効果 上でも書いたけれど、36ヶ月も継続すると明らかに効果を実感できていることがいくつかある。 特にリスニング力の向上が顕著。 3ヶ月目のある日「あれ、今日は結構聞けてるな」と思える瞬間が突然やってきた。 スタディサプリのユーザー統計でも、平均2. 8ヶ月で「効果を実感できた」という人が圧倒的に多かったし、実際に1ユーザーとしてこのデータが正しいことを実感できた。 リスニング力の向上は、スタディサプリENGLISHの「ディクテーション」機能によるところが大きいだろう。 ディクテーションはユーザーが「最も効果がある」と口を揃えて賞賛する機能(下図)。 更に詳しいユーザーの声やコメントは の公式サイトに記載されている。 スタディサプリENGLISHの総合評価 総合的な評価を表にまとめてみた。 試験対策としては効果的とは言い難い。 1つずつ解説していこう。 英語力もUPしたし満足している。 (スタディサプリENGSLIHはキャンペーンをよくやっているので、うまく利用しよう。 ドラマ仕立てで先が気になるようなストーリー。 面白いからこそ継続できている。 ただ人によって好みもあると思うので、一度お試しで様子を見て判断するのが良いだろう。 実戦で使える便利な日常英会話フレーズが豊富。 (話す&聴く力をつけるためのアプリだから当然だけど。 ) 特に「ディクテーション」はリスニング効果抜群。 「なりきりスピーキング」も評判通り音声認識のクオリティが高く、「クイックレスポンス」では英会話に必要な瞬間英作文力が磨けるので、英 会話の総合力をグッと伸ばすことができる。 僕がこのアプリに求めていないのもあるけれど、単語や文法をしっかりやりたい人は物足りなさを感じるだろう。 TOEIC対策等の英文法を集中的にやりたい人は がおすすめ。 スタディサプリENGLISH「日常英会話コース」で英語学習すれば、リスニングは大きく伸びるので結果的に試験のスコアアップに繋がる可能性は高いが、即効性のある試験勉強にはならない。 有名講師陣の解説動画が期待はずれ• 文法を体系的に学べない• 毎レッスンダウンロードが必要で通信量大 一番残念なポイントは、有名講師陣の解説動画。 スタディサプリENGLISHを少しでも試したことがある人なら、同じ意見を持つんじゃないだろうか。 正直、なくてもいい。 この点も含め、欠点・デメリットについて詳しくは後述。 特に会話力を磨くという点においてはかなり秀逸な学習ツール。 英会話力がアップしたというユーザーが多いのも納得できる。 1週間無料でお試しできる点もユーザーに優しい。 これまでもユーザーの声を反映して新機能の追加や使い勝手の改善などが行われてきた。 「売って終わり」の商品ではなく、きちんとユーザーの方を向いて、快適な英語学習環境を提供しようという意図が見られる。 こういったサポート面も評判の良い理由の一つ。 スタディサプリEnglishは無料体験があるので、まずは気軽にお試しではじめて見るのがよい。 少なくとも「話す・聴く」力は確実に伸びる。 TED• スタディサプリENGLISH「TOEIC対策コース」• Mikan• スタディサプリENGLISH「日常英会話コース」• Duolingo スタディサプリ英語シリーズは「TOEIC対策コース」が2位、「日常英会話コース」が4位とBEST5に2つランキングするという好結果だった。 おすすめの英語教材ベスト5 スタディサプリEnglish 英語 のリアルな使用感 さらに詳しく解説していこう。 スタディサプリENGLISHを36ヶ月やって感じたリアルな使用感をまとめてみる。 「話す、聴く」アプリとしての評価 僕がスタディサプリENGLISHを手にした理由は、英語を日々話せる環境を作りたかったから。 (英単語や文法の勉強が目的ではない) 実際にアプリは期待した通りの環境を提供してくれているし、いつでもディクテーションやシャドーイングができるので1人で英会話タイムを満喫できている。 その結果、上で書いたように英会話力の成長を感じられるようになった。 もちろん人によってスタディサプリENGLISHの評価は異なると思うけど、「英語を話せるようなりたい」が目的の人は、無料期間でお試しする価値は十分ある。 なによりの収穫は「英語学習を継続できていること」。 個人的には、これがこのアプリの最も評価できるポイント。 「学習を継続できる=内容がおもしろくて効果がある」の証拠。 なんだかんだ、英語学習は挫折しやすいから。 リアルな感想と使用感まとめ 僕が感じた正直な感想と効果をまとめると以下のような感じ。 「使える英会話」が豊富に出てくる• 最低3ヶ月はやらないと効果は出ない• 3ヶ月目から明らかに聴きとれる音が増えた (聞き取りづらい文中の「弱音」、ifや'd、'veも拾えるようになった)• 「とにかく英語を口にする」習慣がついた• 常に先が気になるミステリー小説のようなストーリー展開で13ヶ月経過した今でも飽きていない• 学習管理がありモチベーションを保てる• 会話で使える便利なフレーズが圧倒的に増えた 残念な点 ここまで、ほぼいいことばかり書いてきたのでマイナス面も紹介しよう。 有名講師陣の解説動画が残念 スタディサプリENGLISHは「有名講師の動画解説」がウリの一つなのだけれど、実際にこの講義動画から得られるものが非常に少ない。 「TOEIC対策コース」の関先生の講義動画はすごく有益だけれど、比較にならないくらいこちらは期待外れ。 「有名講師の名前を借りたかっただけなのかな?」と勘ぐってしまうくらいの出来栄え。 講師が話す内容は解説文にすでに書かれているので、なくても良い。 少なくとも僕はもう見ていない。 あくまで「話す・聴く」アプリなので、そもそも付加的な機能なのだけれど… 英語の文法を体系的に学べない 英文法の基礎を1つ1つ学べる訳ではない。 この英語アプリは、あくまで「英語を話す・聴く」ところから入って、日本人の苦手な「実践力」を磨いていくことに重点をおいているので、文法力UPを期待するのはお門違い。 文法学習には「一億人の英文法」などの良本を1冊用意して、スタディサプリのアウトプット学習と平行していけば、とてもバランスの良い理想的な英語学習が実現できる。 参考 毎回ダウンロードが必要で通信量大 スマホの通信量を気にする人(格安SIMユーザーなど)は注意。 各ユニットは毎回ダウンロードしてからレッスンを始めるので通信量がかさむ。 特に「オートリスニング」機能を使うときは、聞き流しする全ユニットが予めダウンロードされる。 他のスタディサプリ英語ユーザーの評判・口コミ AppStoreに掲載されている他のスタディサプリ英語ユーザーの評判も紹介しておきたい。 圧倒的に良いコメントが多い。 もちろん評価の低いコメントも多数あるが、スタディサプリENGLISHは機能改善のためによくメンテナンスをしているので、それに対する不満が多い。 英語学習面では多くのユーザーが満足している。 4,246件の口コミがあって平均4. 2(2019年6月現在)なのでかなり評価が高い方だ。 僕と同様に、他のスタディサプリユーザーからの評判も良いと言っていい。 多くのユーザーが同じような効果を感じている。 よく見かけるコメントは以下のようなものが多い。 「効果を出す」ためのスタディサプリEnglish英語勉強法 900時間超このアプリを使ったので、それなりに効果的な使い方もわかってきた。 あくまで個人的な学習法だけれど、スタディサプリENGLISHで英語を勉強する上で、おすすめの勉強法を紹介しておこう。 下の2つを意識しておくと上達の度合いがかなり変わってくるはず。 とにかく「英語を話し倒す」こと• リアリティをもってスピーキング練習をすること 1. スタディサプリENGLISHで話し倒す せっかく「緊張や恥ずかしさなしに英語を話せる」ツールなので、とにかく「英語を話す」ことに重点を置いたほうがいい。 これをしないなら、スタディサプリENGLISHを使う意味がない。 何度も言い直してもいいし、つまってもいいし、相手に悪いなって思う必要もない。 失敗しまくれる。 それがこのアプリの最大のメリット。 アプリ内には、文法解説動画とか単語クイズとかもあるけれど、正直な所、これらはどうでもいいかなと。 (他のアプリでカバーできる) とにかく「英語を話す(量をこなす)」が大事。 リアリティを持って英語を話す スピーキングの練習時は「朗読」にならないよう気をつけている。 各レッスンのシチュエーションを想像し、自分がまさにその場にいるような気持ちで練習した方が絶対に英会話は上達する。 なぜなら、リアリティを感じて「自分の英語」として話した方が、脳に定着しやすいから。 またリアリティがあれば感情も入りやすく、感情の伴ったときに喋った英語は体で覚える。 例えば、むちゃくちゃ好きな有名人の英語を身振り手振りまでマネして話すと、不思議とフレーズ覚えやすいのはそういう理由。 外人と恋愛するのが英語上達の近道というのも同じ理由。 リアリティは大事。 棒読みはNG。 僕の学習ルール 最後に、上記以外に普段ぼくが実践している学習ルールを並べておく。 無料体験の申し込み手順は以下で、画像付きで解説している。 キャンペーン 以降は、これまでの毎月の細かい記録と感想。 興味のある人だけどうぞ。 1ヶ月目(無料期間)の記録と効果|とにかく色々試してみる 1ヶ月目は無料お試し期間。 スタディサプリEnglishは、とりあえずは無料期間を有効利用してお試しすることをオススメする。 無料期間中に使い込んで自分に合う教材かどうか試してみるのがいい。 無料期間中にチェックすべきことを以下にまとめている。 関連記事 設定レベル レベル1~7まで一通り試してみた。 レベル6,7は明らかに難しく、レベル1は簡単過ぎたので、とりあえずレベル2からスタート。 単語や内容は簡単だけどスピーキングにレベルを合わすなら、 ほとんどの人はレベル1か2スタートがいいと思う。 学習ペース スキマ時間にやりたいので、1日20分程度に設定。 1週間で約2時間。 勉強方法 手探り段階なので、とりあえず各レッスンに用意されている全機能を順番に進めていく。 「内容確認クイズ(リスニング)」• 「ディクテーション」• 「会話文チェック」• 「なりきりスピーキング」 効果や感想• 思ったよりストーリーが面白く継続できそうな感触• とりあえず半年は継続してみることに決定• 評判通り、音声認識が秀逸でスピーキング強化に最適• 1レッスンを完璧にこなそうとすると、けっこう時間がかかる。 2ヶ月目の記録と効果|コツもわかって楽しくなってきた 2ヶ月目に入ると、スタディサプリEnglishの英語学習にも慣れてきて、徐々に自分にあった効率の良い勉強法がわかってきた。 設定レベル レベル2,3を進めていたが、慣れてくると簡単に感じてきたので、2ヶ月目の終盤はレベル4に変更した。 学習ペース 1日約20分。 週2時間程度。 勉強方法 全て完璧にこなすと時間が足りずレッスンが全然進まないことがわかってきたので、 とりあえず英語を話しまくることを最優先することにした。 具体的には、以下の2ステップに簡略化してスピーキングに集中。 「内容確認クイズ(リスニング)」で内容を把握• 「なりきりスピーキング」でとにかく喋る 常にシャドーイングしながら徹底的に1,2を繰り返す。 シャドーイングは英語学習において本当に不可欠。 声を出せない場所(電車の中など)では、ディクテーションや文法解説動画で勉強。 効果や感想• リスニング力はだいぶ良くなってきているのを実感• スピーキング集中で学習スピードがあがりサクサク進む• 一日20分スピーキングを集中的にすると、口がほどよく疲れる• サボる日もほとんどない。 だいぶ学習データも溜まってきたので、公開してこう。 学習データ• 総学習時間:約23時間(約3ヶ月)• ランキング:1202位 設定レベル レベル4。 レベル4の中でもレッスンによって難易度は違うけれど、自分の実力よりちょっと上くらいのレベルなので、負荷がちょどいい。 学習ペース 1日20~30分。 週3時間程度。 勉強方法 引き続き「英語を話しまくること」が最優先。 各レッスンの学習手順は先月と同じ。 内容が把握できるまでリスニング• スピーキングは、まず聞きながらシャドーイング• 音声認識を利用して自分のスピーキングを記録&チェック 以上の勉強法がシンプルで良い。 これでほぼ確定。 スコアや文法項目など細かいことは気にしない。 効果や感想• レベル4もストーリー設定が凝っている• 会話文のスクリプトや日本語訳は絶対見ない、これ大事 (スクリプトや訳を見ると、目で見た英文を読むだけの作業になる)• 1日30分でも、話し続けると終わったあとは口が回らない (脳に負荷がかかっている証拠なのでGOOD)• 一回聴いて覚えられる英文の長さが、長くなってきている• やはりスタディサプリEnglishは会話力強化ツールなので、 文法や単語チェックなどは細かくチェックせず、とにかく口を動かすのが良い 4ヶ月目の記録と効果|継続こそ力を実感中 4ヶ月経過。 今となってはもう「やらないと気持ち悪い」と思うくらいスタディサプリEnglishが習慣になっている。 学習データ• 総学習時間:約37時間(約4ヶ月)• ランキング:688位 設定レベル レベル4全レッスン完了したので、レベル5へ。 学習ペース 1日30~40分。 週4時間程度。 徐々に増やしている。 内容がタフになってきたのもあるが、早く進めて行きたいので。 勉強方法 引き続き、「聴く」と「話す」に集中して学習。 各レッスンの学習手順は以下の通り。 会話音声を聴く、1回目はリスニングだけ• 2回目以降はリスニングしながらシャドーイング• 内容理解できるまでリスニングを繰り返す• 1回目のスピーキングは、音声を聞きながら話す• 2回目以降は、自分で英文を組み立てて話す• 各フレーズをよどみ無く話せるまで繰り返す 効果や感想• 後半は、レベル4が簡単に感じるようになっていた• レベル5は難易度がグッとあがるが、ついていける感じ• 引き続き、学習中は 会話文のスクリプトや日本語訳は絶対見ない• 文法は気にしてないけど、自然にリスニング中、スピーキング中も細かいところに気づける余裕が出てきている• やっぱり リスニング力の向上が明らか• 4ヶ月もやっていると、「よく使われる会話パターン」が頭に蓄積されてきているので、考えずにスッと口から出るフレーズも増えてきた 5ヶ月目の記録と効果|もっと上を目指したい 5ヶ月過ぎた。 正直、かなりレベルアップしたと確信している。 でも、まだ聞き取れないときがある。 この先もっと上達するには、負荷を増やしていかないといけないと感じている。 学習データ• 総学習時間:約56時間• ランキング:488位 設定レベル レベル5。 学習ペース 1日30~40分。 週4時間程度。 勉強方法 引き続き、「聴く」と「話す」に集中して学習。 学習手順は以下の通り、今までと同じ。 会話音声を聴く、1回目はリスニングだけ• 2回目以降はリスニングしながらシャドーイング• 内容理解できるまでリスニングを繰り返す• 1回目のスピーキングは、音声を聞きながら話す• 2回目以降は、自分で英文を組み立てて話す• 各フレーズをよどみ無く話せるまで繰り返す 少し難しい表現も増えてきたので、会話文のメモを取り始めた。 こういう感じ(画像)走り書きで書き留めて、復讐して消化したら捨てる。 効果や感想• レベル5の単語&会話フレーズのレベルは結構高い。 レベル5で仮定法会話を重点的に学習できる。 仮定法をスラっと話せると、日常会話で表現の幅がグッと増えるのでいいトレーニング。 会話文のスクリプトや日本語訳は絶対見ない• リスニング力の向上したが、まだ余地がある• この先はもっとレベルアップするために、違ったトレーニングを取り入れる必要あるなと感じている• もう少し時間をかけて勉強していく 6ヶ月目の記録と効果|次のステップへ進む ついに一区切り、半年が過ぎた。 正直、自分でも半年続くとは思っていなかった。 英会話力もあがってきて、もっとインプットの量を増やしたくなったので、次のステップとしてスタディサプリの「TOEIC対策コース」でも英語の勉強をはじめた。 学習データ• 総学習時間:約80時間• ランキング:488位 設定レベル レベル5。 週7時間程度。 「TOEIC対策コース」での学習時間も増やしたので1日の勉強時間が長くなっている。 勉強方法 日常英会話コースに関しては、ここまでで自分なりのやり方が確立できたし、結果もでたので、以降は基本同じやり方で続けていく。 効果や感想• レベル5の後半は面接や就職の話でビジネス英語も頻繁に出てくる• 日常会話に加えフォーマルな英語も学べる• 6ヶ月経過してもモチベーションが落ちていない• むしろ、もっと英語力を伸ばしたいという気持ちが湧いてきている• 自然と学習時間が増えた(1日1時間以上) 7ヶ月目の記録と効果|TOEIC対策コースに集中 7ヶ月目は「日常英会話コース」の学習頻度を落として「TOEIC対策コース」を集中的にやることにした。 理由は、自分の英語基礎力(単語や文法)をもう一度見直したくなったから。 「英語を話す」ためにTOEIC英語学習! ここまで書いてきたように、スタディサプリENGLISHで半年以上学習してきて、巷の評判通り「話す力・聴く力」が明らかに向上した。 だけれど、英会話力が伸びていくと同時に「もっと基礎力がしっかりしてれば、もっと話せるハズ」と思うようになり、文法や構文の知識、ボキャブラリーの必要性を改めて実感した。 TOEIC対策コースでは、単語や文法を「TEPPAN英単語」やプロ講師の「神授業」で体系的にかつ効率良く学習できるので、これで3ヶ月を目処に英語基礎力のやり直し学習に取り組むことにした。 (TOEICコースについては以下で詳しく) 関連 もちろん「英語を話す」ことが英語学習の最大の目的なので、「日常英会話コース」も継続していくけれど、しばらくはTOEICコースに集中して一通り基礎力強化に目処がついたらまた日常英会話コースに戻ってくる。 まだレベル7が残っているし。 TOEICコースの学習経過は以下で別に記録している。 関連 8、9ヶ月目の記録と効果|インプット量を増やして基礎強化 8、9ヶ月目は「TOEIC対策コース」にかなりの時間を投資した。 あと1月ほど続けて、「日常英会話コース」に戻ろうと考えている。 両コースやって実感したけれど、それぞれ以下の通り得意分野が違うので、• スタディサプリ TOEIC対策コースのメリット 今せっかくTOEICコースをやっているので、こちらの評価と効果も書いておきたい。 メリットは以下の3点。 TOEICのスコアアップはほぼ確実• 英語基礎力(単語、文法)が底上げされる• フォーマルな英語(ビジネスなど)の使い方が身につく TOEIC対策コースはTOEIC特化アプリだけあって、3ヶ月ほどみっちりやれば、ほぼ確実に100〜200点のレベルアップは期待できる。 詳しくは以下で。 関連 僕の場合はTOEICが目的ではないのでTOEICに特化したスキルを磨くつもりはない。 それでも、今回この「TOEICコース」で英単語や文法を一通りやりなおしたことによって、英語4技能全ての底上げができていると感じる。 英語を話すために大量のインプット! 会話(アウトプット)の練習だけしていても、持っている知識の範囲内でしか話せないので、ある一定レベルから伸びない。 継続的に新しい単語、表現、言い回しなど新しい知識をインプットする必要がある。 この点で、TOEIC対策コースは優れている。 大量のインプットができる。 またTOEIC対策コースでは、日常英会話コースでは絶対出てこないフォーマルな(堅い)表現や単語、そしてビジネス英語にも触れられる。 これらもある一定以上の英語レベルを目指す(仕事上で英語を使うなど)なら必要な知識なので、いい機会である。 TOEICコースも一通りやった後に日常英会話コースに戻れば、見える景色もかなり変わってくるように感じる。 10ヶ月目|ビジネス英語も豊富 10ヶ月目。 TOEICコースを継続しつつも軸足は日常英会話コースに戻した。 スタディサプリENGLISHは色んなタイプの英語を学べるので、10ヶ月たった今も「結構楽しい」と感じられる。 学習内容と勉強方法• 総学習時間:約460時間• 設定レベル:レベル6• 学習ペース:1日1時間~(週7時間程度) クイックレスポンスで「使える表現」を口が覚えるまで音読を繰り返せば、会話時に考える時間が短くなるので、英会話の基礎力を底上げしたい人はこれを重点的にやるとよい。 有名な「瞬間英作文」のトレーニングと同じ効果が得られる。 スタディサプリENGLISH 10ヶ月目の効果と感想• レベル6ではビジネス英会話が勉強できる• ビジネスで使えるちょっと堅い英単語や表現が豊富• 丁寧に話したいときの表現方法も知っておくと便利• 「クイックレスポンス」は重要表現の繰り返し音読で瞬間英作文力が鍛えられるので、スピーキング強化にすごく効果的と感じる• ビジネス英語の場合は、各レッスンの「会話文チェック」の解説をチェックしておくとライティングへの応用力が高まる 11〜27ヶ月目|英語学習は繰り返しと継続が肝 10ヶ月目までで「スタディサプリEnglishを使った自分の英語学習スタイル」も固まったので、11ヶ月目以降は毎日同じ英会話トレーニングの繰り返し。 今は完全に「スタディサプリENGLISHで英語学習」が生活の一部になっていて、いつも同じ時間に「一人で英会話」をしている。 これをやらないと、歯磨きを忘れたようですごく気持ち悪いくらい。 スタディサプリENGLISHに限ったことではないけれど、やはり英語学習は1つ教材(良質な)を決めて、ある一定期間かけて繰り返して使い倒すのが成功の鍵かなと思う。 スタディサプリENGLISHは、• ストーリーがあって継続できるコンテンツ• ユニット数が豊富で課題が尽きることがない ので、長期スパンで英語学習を継続したい人には最適なアプリ。 まだまだ、スタディサプリ英語でやるべきことはたくさんあるので継続していく予定。

次の