ホヤ 仙台。 「宮城県」の郷土料理一覧

MOE♡ROOM

ホヤ 仙台

もくじ• ほや実物の見た目• ほやはどんな生き物• 宮城県内での売られ方• この記事でお伝えすること 三陸ならでは。 仙台ならではの味覚 「ホヤ」。 仙台ならではの珍味をあの人に教えたい。 そんな方へ仙台駅で買えるお土産を紹介します。 仙台ならではのお土産「三陸珍味ほや」実物写真 まずは実物写真。 一目見てわかるとおり,職場など大勢向けのお土産ではありません。 お値段350円(税抜)。 銘菓のような「ザ・お土産」ではなく,電車に乗る前に缶ビールと一緒に買うタイプのヤツです。 「お土産には不向き」と見る方もいると思いますが,個人,特に日本酒好きな方には喜んでもらえると思います。 なんといっても, ホヤにしかない「磯の味」は日本酒とベストマッチですから。 たしかに,ほや(特にナマ)は好き嫌いが分かれるんですけど 美味しいんです。 ナマのほやの味は「鮮度」で左右されます。 「三陸珍味ほや」は,乾物なので食べやすさがあります(販売元「横田屋本店」さんでは,旬の初夏にとったほやを加工しているとのことです。 下記)。 あの人と突然の来客用に,必要な数だけ買える気軽さ。 お土産話に花が咲くと思いますよ。 仙台駅で「三陸珍味ほや」を買える場所 二つ紹介します。 そもそも「ほや」って何 ほや実物の見た目 これです。 その見た目から「海のパイナップル」とも称されることが多いほや。 「パイナップル」というのは見た目だけ。 「パイナップル」の味をイメージして口に入れると脳みそが混乱します。 味は「磯の味」です。 フルーティーなテイストではありませんのでご注意を。 ほやはどんな生き物 ホヤ(海鞘、老海鼠)は尾索動物亜門ホヤ綱に属する海産動物の総称。 「」(2019年4月7日 日 10:50 UTC の版)『ウィキペディア日本語版』。 少し難しいので詳しく知りたい方は,ウィキを参照下さい。 宮城県内での売られ方 地域によりばらつきはありますが,旬を迎える初夏になると県内スーパー(鮮魚売場)にほやがならびます。 殻付きほやは,上写真のようにカートに山盛りにされます。 値段は1個100円(たぶん養殖)~300円台(たぶん天然)が多いです。 販売元「横田屋本店」 「横田屋本店」さんは,気仙沼市に本社(本店)を置く創業宝永三年 海苔と三陸海産品の店。 どんな歴史があるのかと同社ホームページをのぞくと,仙台海苔の開祖「横田屋猪狩新兵衛」のエピソードがあります。 yokotayahonten. さらに2020年には三陸沿岸道路「小泉海岸IC」「本吉津谷IC」間が開通予定。 復興途上の明るい話題に活気の湧く「海の市」に横田屋本店さんの店舗があります。 ホヤぼーやのショップ近くに「海の市店」があります。 店内を除くと・・・ありました「三陸珍味ほや」。 試食もできるんですよ。 「三陸珍味ほや」で酒がグッと美味くなる 考えてみると,気仙沼に本社(本店)を置く横田屋本店さんの「三陸珍味ほや」を仙台駅で買えるのって貴重。 仙台でお土産をお探しの方に是非おすすめします。 仙台の思い出とともに持ち帰る「珍味」。 1000年以上前から食されている「三陸珍味ほや」 パッケージ裏面には「ほや」の紹介が(以下)。 「ほや」は三陸沿岸の美しい自然の海に生息する「ほや科」の動物で,紀貫之(きのつらゆき)の「土佐日記」にもほやの鮓(すし)の話が登場したように1000年以上も前から食されていました。 「海花」「保夜」等と名付けられ東北地方では 酒豪家にかかせぬ珍味のひとつです。 酢の物,天ぷら,山かけ,煮物,お吸物など,料理の仕方によって色々な食べ方があります。 当製品は初夏が旬の美味しいほやを原料に使用しています。 丹念に手作りで加工した珍味です。 お酒,ビールのお友にどうぞ。 創業宝永三年。 仙台海苔の開祖「横田屋猪狩新兵衛」による海苔と三陸海産品の店「横田屋本店」さんがつくるほやの乾物。 発泡酒と合わせるおつまみ「割れ柿ピー」。 そこに 「三陸珍味ほや」が加わえると酒好きにはたまらぬ豪華さが。 安酒が,否いつもの 酒の美味さが口の中で極上になる瞬間がやってくる。 「三陸珍味ほや」を贈ったあの人に仙台ならではの珍味を,ホヤの磯の味を感じていただけると思います。 らずもね 主なDIY実績 カテゴリー• 9 タグ.

次の

まぼ屋 仙台駅前店(仙台駅/居酒屋)

ホヤ 仙台

「これはホヤたまご。 女川発祥の郷土料理で、ホヤの身の中にゆでたまごを詰めて甘辛く煮たものです。 」と、阿部さんが説明してくれました。 元々漁業関係者の一部の家庭で食べられていた料理で、お茶請けやおもてなしの料理として出されていたとのこと。 どことなく親しみやすいユニークなビジュアルですが、正直味が全く想像つきません…。 食べてみるとホヤとたまごが相性抜群。 ホヤが持つ磯の風味が塩の代わりとなっているためしっかり味が付いています。 お互いの風味同士が混ざることで温泉たまごのような味わいに。 これは珍味として人気があるのも頷けます! また、あがいんステーションではホヤ捌き・蒸しホヤ作り・利きホヤができるホヤ体験を実施中。 4月上旬~9月(収穫時期による)、5人以上で予約が必要となります。 興味のある方は、電話にて詳細を確認してみてくださいね。 それでは殻を剥いて一口。 弾力が強く歯ごたえがあるため、お刺身とは違った食感を楽しめます。 また味は刺身よりクセが少なくジューシー。 初心者がまず蒸しホヤを食べるように薦められることも納得ですね。 岡さんにホヤを美味しく食べる3ヶ条があると教えてもらいました。 「第一に産地で新鮮なものを食べること。 第二になるべくすぐに捌いて内臓を取ること。 それでも味に慣れなければ、最後に火を入れて調理すること。 」 こうすることで独特の磯っぽさを軽減し、美味しく食べることが可能なのだそうです。 「お魚いちば おかせい」では、いろんなホヤ料理を提供中。 オススメの一品を岡さんに聞いてみてください。 ホヤがスイーツに!? ホヤ塩とはホヤが入水孔から取り入れた海水(通称ホヤ水)を煎って、塩状にしたものです。 店主がホヤをもらった際、中のホヤ水をいつも捨てるだけではもったいないと感じ、考案したのがホヤ塩だったそう。 実際に作って食べてみると、濃厚だけどクセのない海の香りにびっくり。 さらにソフトクリームにかけたところ、思いのほかマッチしたのだとか。 一口食べてみると、通常の塩よりミネラルを感じさせる風味があって、とても美味。 スイカに塩をかけることで甘みが引き立つように、ソフトクリームのミルキーな甘みを強調し、大人な味わいの塩スイーツへと変貌します。

次の

まぼ屋 仙台駅前店【公式】

ホヤ 仙台

宮城県 油麩からあふれる汁とつるつるののど越しのはっとで冬を乗り切る• 宮城県 上品な味わいがやみつき!毎日の食卓に並べたい逸品• 宮城県 笹の形をしたすり身をこんがり焼いたかまぼこは、手軽さも人気• 宮城県 県内有数のお米どころの家庭の味• 宮城県 体の温まる、寒い冬には欠かせない料理• 宮城県 色合いも鮮やかな定番スイーツ• 宮城県 独特の食感と香りを持つ宮城三陸の味• 宮城県 ハゼの出汁で作る仙台特有の雑煮。 宮城県 新しい仙台名物!雪菜を練り込んだヘルシーなグリーン餃子• 宮城県 旬の魚介を味わえる名物丼が復活!• 宮城県 気軽に美味しい宮城の海鮮が楽しめる杜の都の新名物• 宮城県 地元でおなじみの昔ながらの食材を使った、甘辛い一品• 宮城県 やわらかく煮込んだ牛タンとカレーにぴったり!• 宮城県 衝撃!調理前から茶色い、不思議な焼そば• 宮城県 「第5回全国ご当地どんぶり選手権予選会」出場どんぶり.

次の