ヨガ コロナ。 ホットヨガでコロナ発生,ウイルス感染,ラバは大丈夫?

【新型コロナ】ジムやヨガは大丈夫?危険性と安全な感染予防の対策

ヨガ コロナ

記事の項目• 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言から早1ヶ月超。 外出自粛により、様々な業界が大きな影響を受けています。 ヨガ業界も例外ではありません。 スタジオの休業やオンラインレッスンへの切り替えなど、対応に苦慮した方も多いはず。 今回は、 全米ヨガアライアンスが発信する新型コロナウイルス情報について、邦訳してお伝えします!「スタジオを再開したいけど、何に気をつければ良いの?」など「知りたかった!」情報満載です。 お見逃しなく! ヨガイントラが抑えておきたい新型コロナ対策の基本 ヨガインストラクターになるにあたってRYTなどの認定を行なっている全米ヨガアライアンスに登録している人も多いはず。 新型コロナの影響で業界として世界的に大きな影響を受けている中、全米ヨガアライアンスのホームページに新型コロナ特設ページが作られ、様々な情報が掲載されていることをご存知でしょうか? 全て英語の案内しかないため、「読むのはちょっと…」という方に向けて、全米ヨガアライアンスのホームページに掲載されている情報をかいつまんでご紹介します。 新型コロナ特設ページに掲載されている内容は主に下記の通りです。 新型コロナの予防と健康管理について• 財政サポート• オンラインビジネスサポート• オンラインイベントのお知らせ• 会員更新手続きに関して この中でも日本にいる方にもぜひ読んでもらいたい内容である(1)と(5)について翻訳します。 対面ヨガレッスンは自粛、正しい情報を得る 対面ヨガレッスンは自粛、正しい情報を得る 全米ヨガアライアンスは、ソーシャルディスタンスが必要と判断された全ての地域において 対面型のヨガレッスンを自粛するように推奨しています。 そこで、推奨されているのが、オンラインレッスンです。 これはティーチャートレーニング(通称TT、指導者養成講座)も当てはまります。 日本でも緊急事態宣言が発令したことで、既に多くのヨガスタジオで実施されていることと思います。 期間は、「ソーシャルディスタンスが必要なくなるまで」とされており、今後の感染拡大・収束状況や政府・専門家の見解を考慮しながら、対面でのヨガレッスン再開を判断する必要がありそうです。 また正しい情報を得ることが大切だとし、WHO や米国疾病管理予防センター(CDC)、米国国立衛生研究所(NIH)等の情報を利用することを推奨しています。 これは、日本に置き換えれば、下記のようなサイトになるのではないでしょうか?• (日本語サイトですが最新情報ではありません)• (最新情報はこちらから。 日本語翻訳なし)• 加えて、感染者の推移を把握する手段としてジョンズ・ホプキンス大学のまとめを見るよう推奨していますが、こちらも日本に置き換えると下記のサイトが有用そうです。 対面レッスンができるようになったら気をつけること 上記サイトなどの情報からソーシャルディスタンスの必要がなくなったと判断できた時、対面レッスンの再開を検討できます。 ですが、これも今まで通りというのは難しそうです。 どんなことに気をつければ良いのか、全米ヨガアライアンスが推奨している内容を参考にしてみましょう。 準備するもの 対面でのヨガレッスン時に準備するもの• ハンドソープ• 60%以上のアルコール除菌剤• 受付等で直接手を触れなくても済むような工夫(入れ物などを準備)• 各種ポスターの作成と掲示 *「咳エチケットのお願い」 *「手を20秒以上洗おう」 *「体調が悪い時はレッスンを控える旨のお願い」 営業を始めたら• 消毒できる洗剤を使用して毎日・複数回シャワールームを清掃• レッスンごとにスタジオの床を清掃• 電話・キーボード・ドアのぶ・蛇口・受付などよく触れるものをこまめに拭く• 極力マットやプロップスの レンタルを行わない• レンタルする場合は、レッスン前後に全て拭く• ブランケット・ボルスターを頻繁に洗濯する インストラクター・スタッフ・従業員に向けて• 新型コロナ対策チームを作り、感染状況に応じて行うことをまとめる• アジャスト・アシストを最低限に止めるか、全て控える• できるだけ在宅勤務を推奨する• クラスの生徒数を制限し、マットとマットの間を十分に保つ• 体調が悪い時は出勤しないよう勧める• 呼吸器疾患で欠勤する際に、医師の診断書等を求めず休めるようにする• 新型コロナ 陽性の人の機密を保守する 生徒・お客さんに向けて• スタジオの掃除や予防策について積極的に情報をシェアする• 体調が悪い時には来店せず、家で練習するよう勧める• クラスで 咳やくしゃみをする場合は退室するよう依頼する• アイピローを共有する場合は、必ずティッシュを挟むか、カバーを持参してもらう• マット・プロップスを持参してもらうよう促す 全米ヨガアライアンスが推奨しているスタジオを運営する上での注意事項は上記の通りです。 ぜひ、スタジオ再開の際に参考にしてみてくださいね。 会員更新手続きに関して 全米ヨガアライアンスの会員更新手続きに関して 全米ヨガアライアンスに登録しているインストラクター向けの大切な情報も掲載されています。 休業・休講が多くなり、レッスン数が減っていること、収入が減っていることを考慮し、下記のような対応がなされています。 更新の際、登録する指導時間に実質的に教えられた指導時間をカウントできる• 更新期限が6月30日までの場合、 支払いを最大3ヶ月延長できる 更新支払い日が近づくと、 延長するか予定通り支払うかを選択するようメールが届くそうです。 延長をご希望の方は全米ヨガアライアンスから届くメールをチェックしてみてください。 全米ヨガアライアンスが発信する最新情報をチェックしよう これらの情報は4月25日現在の情報です。 全米ヨガアライアンスの COVID-19特設ページは逐一更新されているので、下記リンクより最新情報をチェックするようにお願いします。 私自身、1週間ほど見ていなかっただけで、大幅に更新されていてびっくりした経験があります。 今回翻訳した情報も変更される可能性もあります。 「英語が苦手…」という方はGoogle翻訳の助けをかりながら情報を得るようにしましょう。 少しわかりにくい日本語になりますが、8割以上の内容は理解できるよう訳してくれます。

次の

【新型コロナ】ジムやヨガは大丈夫?危険性と安全な感染予防の対策

ヨガ コロナ

ヨガスタジオはいつから再開? 各都道府県によって、方針は変わってきますが、政府の緊急事態宣言が解除された後、随時地域のロードマップに沿って、段階的にヨガスタジオやジムも営業を再開し始めています。 東京都では6月1日から、たくさんのスポーツジムが営業再開しています。 感染対策は? 実際にどんな感染対策が取られているのかは、スタジオやジムによって様々です。 私が行ってみた常温のヨガスタジオの対策は以下でした。 従業員の毎日の検温と、お客様への公開• マスク着用徹底(スタッフと生徒全員)• スタジオに入る際に消毒と検温を生徒にも徹底• 使用するヨガマットは、毎回アルコール消毒• 換気のために、窓は全開• レッスンの入れ替わりの時間を30分以上とる• 参加人数の制限 他にも、様々な対策があると思いますので、それぞれのスタジオやジムのホームページを確認してみてください。 実際に行ってみました!対策に関する感想 6月1日、東京都のステップ2の段階で、「ヨガスタジオ」や「スポーツジム」の運営再開が始まったため、以前より通っていた常温のヨガスタジオに行ってみました。 私が参加したのは午前中一番早い時間(10時代)のレッスンでした。 スタジオに入るには、マスクと手の消毒、そして検温が必要でした。 換気に気をつけているようで、更衣室は、ドアではなく、のれんで目隠しされている状態です。 お手洗いは窓が開き、使用中以外はドアも開けられています。 スタジオは、予約制限で人数が限られており、朝のクラスは20畳ほどの広さに3名のみ参加していました。 レッスン中はマスク着用。 マットはレンタルです。 私はこのレンタルのマットが気になりましたが、アルコール消毒液が置いてあり、使う前に消毒できます。 また、レッスンが終わった後は、必ずアルコールで消毒掃除が徹底されていました。 私個人の意見ですが、換気も十分で人口密度も低いため、安心してレッスンを受けることができました。 しかし、レンタルマットは消毒済みであっても、少し気になりました。 そのため、次回はバスタオルを持参して、レンタルマットの上に敷こうと思います。 これから行くか迷っている方への注意点とおすすめの対策 私が実際に営業再開後に行ったヨガスタジオの感想から、今後生徒として注意したい点をまとめました。 更衣室にいる時間を短くする 私が参加した常温のヨガスタジオは、スタジオ自体は大きな窓が解放されており、 換気が常にされていました。 人の出入りを少なくするため、 人数制限やレッスン間の時間を30分以上開けていました。 しかし、更衣室は、小さな窓(開いています)しかなく、狭いのが気になりました。 神経質過ぎるかもしれませんが、早めに着替えて長時間狭い空間にいる必要がないように、次回は工夫したいと思います。 例えば洋服の下にウェアを着てくるなどすることで、時間は短縮できると思います。 軽量マットやヨガタオルを持参する ヨガスタジオでは、仕事帰りなどにも立ち寄りやすくするために、マットをレンタルしているところが多いです。 私が通っているスタジオは、もちろんアルコール消毒を徹底していますが、それでも、不特定多数の人が使ったマットを使うのは心配もあります。 そこで、次回は、自分のマットを持参しようと思いました。 マットは思いですが、ヨガマットの上に敷いて使える「ヨガタオル」は軽くて洗濯もできるので衛生的にとても安心です。 まとめ コロナウイルスの感染拡大によって営業自粛していたジムやヨガスタジオの営業再開が始まりました。 ホットヨガなどは特に、「密集・密室空間のため、怖い。 対策は大丈夫?」と疑問の方も多いと思います。 まずは各スタジオのホームページから、どのような対策をしながら営業しているのか、チェックしてみましょう。 不安がある場合は、で自宅でヨガを続けるのも選択肢の一つです。 スタジオに実際に行きたいという方は、個人での感染予防対策も大切です。 ヨガマットはスタジオから借りずに持参する、更衣室は狭い場所が多いため、着替えの時間をできるだけ短くするなど、個人の意識の高さでリスクも軽減できると思いました。 オンラインのヨガクラスと実際のスタジオのクラスと両方を提供しているスタジオもあるため、安心して参加できるやり方を探してみることをおすすめします。 アフターコロナ・ヴィズコロナの時代、営業自粛中に倒産せざるを得なかったスタジオも多くあります。 今後ヨガ業界はさらに変わる可能性もありますが、私個人の意見は、オンラインと実際のレッスン両方を参加者が選択しながら安心して運動できる環境ができればいいなと思っています。

次の

注目!全米ヨガアライアンスにみる、新型コロナ対策

ヨガ コロナ

コロナウイルス、こわいですよねー。 中国だけでなく日本でも感染者が日に日に増加しまていますよね。 イタリアや韓国などでも感染者が増加しているようです。 この新型肺炎の具体的な対策、確実な治療法は、まだ確立されていないようです。 それで、コロナウイルスですが、密閉された空間で感染しやすいと言われています。 これまでの感染者をみると新幹線や飛行機、船などの密閉された空間で爆発的に感染してますよね。 密閉された空間で、真っ先に思い浮かぶのがホットヨガスタジオです。 ホットヨガに定期的に通っている人からしたら不安になりますよね。 健康になるためにホットヨガに通っているのに、スタジオでウイルスに感染しました!なんていうことになったらシャレになりません。 ラバは大丈夫 最大手のホットヨガスタジオの では、現在の時点ではスタジオ閉鎖とかの措置は取られていないようです。 ホットヨガスタジオで、コロナウイルスが発生したら日本中がパニックになるでしょうね。 旅慣れた人は外国人観光客のいない京都や奈良を、今のこの日本中がパニックになっているときに、逆に訪れていたりします。 ホテルも今は安いらしいですね。 ホットヨガスタジオLAVA鎌倉店 神奈川県の新型コロナウイルスに感染していた50代の女性が、ホットヨガスタジオLAVA鎌倉店に通っていたと言われていますが、本当でしょうか。 感染が発覚した50代の女性は、それより前に感染が確認された70代女性の家族です。 このLAVA鎌倉店を利用した50代女性のの気になる利用日の時間は、どうなのでしょうか? 神奈川県の新型コロナウイルスに感染していた50代女性が、スポーツクラブ「ホットヨガスタジオLAVA鎌倉店」を利用していました。 ホットヨガでコロナ発生? 現在の時点ではホットヨガのスタジオでコロナウイルスが発生したという医療機関では報告されていないようです。 もし、不安であれば密閉されたホットヨガスタジオではなく、このコロナウイルス騒ぎが収まって、大丈夫といえる状況になるまで、自宅でヨガを楽しむのもよいのかもしれません。 せっかく始めたヨガを、こんなウイルスごときで辞めたくないですよね。 ヨガはゴルフやテニス、ボーリングなどと違って、自宅でも楽しむことができます。 とは言いながらも、自分一人でやるとなると、何か物足りないとでも言うか、インストラクターの先生にうまくリードして欲しいですよね。 そんなときは、自宅で出来るヨガの、SOELUがオススメです。 無料体験も、随時行っています。 自宅でヨガ 私が定期的に行っている運動はヨガです。 始めたのはもう一年以上前になります。 私がヨガをやろう!と思ったきっかけは、二つ上の姉が腰を痛めたことでした。 私も姉ももともと腰痛持ちで、疲れがたまったり、無理をするとすぐに腰が痛くなる姉妹でした。 私よりも姉の方が腰痛はひどい方で、30才を過ぎた頃、椎間板ヘルニアと診断されてしまいました。 私も他人事ではなく、姉妹で腰に良いマッサージや温泉に通ったりもしました。 しかし、効果は一時的なものばかりでした。 そんな時、姉のかかりつけの病院の作業療法士の方からヨガを勧められました。 腰痛対策にヨガ 腰に良いことならなんでもやってみたい姉妹でしたが、私達が住んでいるのは田舎も田舎です。 しかも姉は30才、私は27才の働き盛り、仕事終わりに行けるような遅くまでやっているヨガスタジオなんて近くにはありませんでした。 そこでどうしようか考えたところ、ヨガなら自宅でできるんじゃない?と思い、動画サイトなどを観てみると、腰痛に効くヨガやストレッチがたくさん出てきました。 早速休日に姉と一緒にパソコン画面を観ながら初ヨガ、これがなかなか難しいのです。 自分の体の硬さを身に染みて実感しました。 しかし、なんとか初心者コース30分をやり遂げてみると、何だか腰が軽くなった気がしました。 そして翌日の朝、姉妹揃って驚きました。 起きても全く腰が痛くないのです! 腰痛持ちの方は分かると思いますが、私はいつも腰の痛みで朝目覚めるのが日課でした。 しかし、ヨガの翌日は全く痛くない!これに感動し、姉と二人で本格的にヨガをすることにしました。 とはいっても教えてくれる人もいない、ド素人の状態。 とにかくネットで情報を集め、ヨガマット、ヨガウェアなど最低限必要なものを楽天やアマゾンで買いました。 最初は安く、ヨガマットも1000円程度でした。 しかし、ヨガにどんどんハマっていく姉妹、最近はNIKEのヨガマットに10000円を投じ、1500円程度のReebokのヨガブロックも6個ほど購入しました。 ヨガウェアは相変わらず安物の私に対して、姉はadidasの本格的なヨガウェアを着ています。 全てネットでの購入ですが、信頼できるブランドなので失敗などはありませんでした。 すっかりヨガのおかげで腰痛からも解放され、体もとても柔らかくなりました。 姉ももうほとんど痛み止めを飲むこともありません。 やはり薬で痛みを取るよりも、体を動かして中から痛みを取り除く方が安心です。 最近ではヨガと共にピラティスもやってみたいなと思っています。 これなんか良さそうです。

次の