国税庁 確定 申告。 「確定申告」は4月17日以降も受け付け、「期限延長手続き」で柔軟に対応~国税庁が新型コロナ感染拡大状況を考慮

Microsoft Edgeをご利用の方へ

国税庁 確定 申告

控除額の計算• なお、控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額等の40%が上限です。 住民税からの控除には「基本分」と「特例分」があり、それぞれ以下のように決まります。 なお、控除の対象となるふるさと納税額は、総所得金額等の30%が上限です。 上記 における所得税の税率は、個人住民税の課税所得金額から人的控除差調整額を差し引いた金額により求めた所得税の税率であり、上記 の所得税の税率と異なる場合があります。 全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安 自己負担額の2,000円を除いた全額が所得税(復興特別所得税を含む)及び個人住民税から控除される、ふるさと納税額の目安一覧(平成27年以降)です。 ふるさと納税を行う方の給与収入と家族構成別で表にしていますので、参考にしてください。 全額控除されるふるさと納税額の年間上限を超えた金額については、全額控除の対象となりませんのでご注意ください。 年金収入のみの方や事業者の方、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けている給与所得者の方の控除額上限は表とは異なりますのでご注意ください。 具体的な計算はお住まい(ふるさと納税翌年1月1日時点)の市区町村にお問い合わせください。 例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。 また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

次の

No.2020 確定申告|国税庁

国税庁 確定 申告

税務署の開庁時間は、月曜日から金曜日までの8時30分〜17時ですが、 確定申告期間内に限り、一部の日曜日に開庁して相談・申告書受付を行う税務署もあります。 確定申告の方法については、大きく分けて3つの方法があります。 3つの提出方法から、自分に合った方法を選んでください。 確定申告書類はどこでもらえる? 税務署へを提出した人や、前年以前に確定申告を行ったことのある事業主には、確定申告期間の少し前の12月〜1月頃に確定申告書類の一式が郵送されます。 郵送されない場合は、下記の方法で書類を手にいれましょう。 確定申告書類を入手する方法• 税務署や役所へ取りに行く• 税務署から郵送してもらう• 国税庁のウェブサイトからダウンロードして印刷する 税務署や役所へ取りに行く 税務署や市区町村の役所へ行けば確定申告書類が用意してあるので、近くにそういった場所があれば直接取りに行くのが手っ取り早いです。 1月中旬以降に行けば、新しい確定申告書類も用意されているはずです。 税務署から郵送してもらう 返送用の封筒等を同封の上、希望する書類をメモ書きして税務署へ送付すれば、 希望の書類を郵送してもらうこともできます。 その場合は、返送用の切手つき封筒を同封しておきましょう。 国税庁のウェブサイトからダウンロードして印刷する から確定申告書類をダウンロードすることができます。 ダウンロードしたファイルは、各自で印刷して提出用の書類として使用できます。 提出方法1 税務署へ行って確定申告書類を提出する 管轄の税務署へ行って確定申告書類を直接提出するのが、最もオーソドックスな方法です。 自宅で確定申告書類を作成して持っていくのを推奨しますが、税務署で署員に相談をしながら作成することも可能です。 明らかな不備が見つかれば、その場で指摘してもらえるというメリットがあります。 確定申告期間中は税務署が大変混み合うので、期間前に税務署へ行って相談を受けるか、 自宅でできるだけ書類への記入を終わらせてから持参するのをおすすめします。 税務署の敷地内には「時間外収受箱」という書類の投函ボックスが置いてあり、これに投函しても構いません。 ただ、この投函する方法では署員の確認を通さず提出することになるので、後々の面倒を考慮すると初心者にはおすすめできません。 この場合、提出する確定申告書類に加えて、以下のものを同封すれば受付印を押した控えを返送してもらえます。 郵送の場合に必要書類と一緒に同封するもの• それぞれの確定申告書類の控え(原本と同じ内容を記載したもの)• 返送用の封筒(必要な金額の切手も貼り付けておく) 例えば、今年のように4月16日が提出期限日であった場合、 4月16日の通信日付印が押されていれば期間内提出とみなされます。 つまり、提出期限日に郵便局の窓口から出せば、期限に間にあうことになります。 国税庁のウェブサイトでは「通信日付印により表示された日を提出日とみなします」と明示されており、 確定申告期間内の日付で通信日付印がついていればOKです。 懸賞などで「消印有効」という言葉がありますが、これと同じ意味です。 (消印の正式名称が「通信日付印」) 提出方法3 e-Taxを使ってネットで申告する は、日本の国税に関するオンラインサービスです。 国が運営している国税電子申告・納税システムのことを指します。 e-Taxで申告をするには、事前申請が必要です。 e-Taxにより、自宅からネットで申告(電子申告)ができます。 この場合は確定申告書を持参したり、それを郵送する必要がありません。 申告書を紙で提出しない方法ということです。 税務署としては、e-Taxで直接データを送ってもらえる方が助かるので、e-Taxによる申告が推奨されています。 ただし、行政主導のウェブサービスだけあって使いづらく、この認証システムも決して分かりやすいものではありません。 民間企業が提供するウェブサービスとは一線を画します。 したがって、 電子申告は確定申告初心者の方、パソコンが苦手な方にはおすすめできません。 Windows・Macどちらでも電子申告ができますが、Macの場合は特に推奨OSのレンジが狭く、最新OS・あるいは古いOSへ対応していない場合も多いので注意しましょう。 ブラウザのバージョンにも注意が必要です。 e-Taxに対応しているを使っていれば、 会計ソフトで自動作成した申告データをe-Taxにそのまま利用できます。 確定申告期間と国税の納付時期について 2020年 令和2年)の期間・納付期限 確定申告期間 2月17日(月)〜4月16日(木) 4月16日(木)まで 4月16日(木)まで 第1期分 7月31日(金)まで 第2期分 11月30日(月)まで 2020年(令和2年)の場合、確定申告期間は2月17日(月)から4月16日(木)まででした。 申告期限と納付期限はセットで延長されています。 は、確定申告の期限日である4月16日(木)までに納付します。 は、同じく4月16日(木)までに消費税を納付します。 ただし前述の通り、今年の申告・納付については、例外的な対応が行われます。 外出の自粛などで申告が困難であった方については、税務署に申し出ることにより、申告期限延長の取り扱いをしてもらえます。 消費税については、基本的に開業してから2年間は納める必要がありません。 また、前々年の課税売上高が1,000万円以下の場合も、基本的に消費税を納める必要はありません。 (ただし、前年の上半期だけで課税売上高1,000万を超え、なおかつ、この期間の給与等の支払い金額も1,000万円を超えた場合には、課税事業者となります。 法人の場合は、消費税・法人税ともに事業年度の終了翌日から2ヶ月以内に納付します。 予定納税とは、前年の申告納税額が15万円以上だった場合に納付する前払いの税金です。 例えば、2019年1年分の会計をもとにして所得税の納税額が15万円以上になった場合、 2020年の7月中と11月中に、それぞれ前年の所得税額の3分の1を納付することになります。 予定納税を納付する必要がある場合には、6月15日までに税務署から通知が届きます。 遅れた日数分、延滞税(最高14. 延滞税や無申告加算税は、本来の納税額に上乗せして納付する罰則的な税金です。

次の

「確定申告」は4月17日以降も受け付け、「期限延長手続き」で柔軟に対応~国税庁が新型コロナ感染拡大状況を考慮

国税庁 確定 申告

申告のみで期限延長 コロナウイルスの感染拡大防止のため4月16日まで延長されていた確定申告の期限で、国税庁は6日、感染症への対策を徹底するため期限を設けずに対応することを発表した。 また、17日以降の申告相談については、先着順ではなく事前予約制とするなど、感染対策もより一層強化するという。 1回目の期限延長や自宅から申告ができるe-Taxの利用増加などから確定申告会場の混雑を緩和させつつ、すでに昨年比で9割の申告が行われる。 しかし、コロナウイルスの脅威は依然去らず、感染者や外出自粛に対応する形で17日以降も申告を受け付けることを決定した。 書面・e-Taxどちらでも17日以降の申告が認められるが、17日以降に提出する場合は理由の申告が別途必要となる。 書面の場合は申告書の右上の余白に、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載• e-Taxの場合は「特記事項」欄に、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力 詳しくは以下のリンクを参照。 参考: なお、新型コロナウイルス感染症の影響によって、国税を一時に納付することができない場合は、税務署に申請することで、原則として1年以内の期間に限り、換価の猶予が認められる。 (法令の要件を満たす必要あり。 詳しくは以下のリンクから確認が可能だ。 参考:.

次の