煽り運転 通報された場合。 煽り運転の通報方法と通報された場合は?ドライブレコーダーは必須!|イヌノツドイ

煽り運転を警察に通報する方法!ドライブレコーダーが動かぬ証拠に

煽り運転 通報された場合

興奮度マックスの相手から身の安全を守る 高級SUVに乗った茨城での暴行事件を受け、様々なメディアで「煽(あお)られたらどうした らいいか?」という対応策を紹介している。 決定的なアイデアがあ るかと思って見るのだけれど、今回のような輩だったらいかんと もしがたい。 例えばテレビで紹介していた対応策のひとつに「 相手にしないこと」とあるが、 向こうから相手にしてきたらどうしたらいいのだろうか。 他にも「警察に通報」とか「撮影する」「窓ガラスを開けない」などの対処法はあるものの、考えて頂きたい。 例えば、東名道で発生した死亡事故は、止めら れたところに大型トラックが突っ込んできた。 前に出られて道を塞 がれた時点で、いつ後続車に突っ込まれてもおかしくない状況であり、停止させられた時点で死亡事故になる可能性は大きい。 警察に通報 したとしても即対応してくれる状況でもない。 以下、考えてみた。 激しい煽り運転をされた場合、大抵は煽られる側に原因があるわけで、速やかな対応をしてほしい。 例えば、追い 越し車線の居座り走行ならば、すぐ走行車線に戻るとか、多少強引な 進路変更ならハザードを付けて挨拶するといった合図(手で挨拶するも良し)をするといいだろう。 大体のケースは、これで収まるはずだ。 それでも多少の嫌がらせはされるかもしれないが、本線上で止めら れるまではいかないと考える。 茨城の事件のような乱暴者に遭遇することは、滅多にないはず。 しかし、今回のような興奮度マックスな人物に遭遇した場合の対処法はどうすべきか。 まず、一般道な らば後続車に突っ込まれる危険性は少ないため、駐車場や路肩に停めてドアロックをして窓を 閉めて110番すること。 興奮度マックス状態でも電話(通報)しているのを見たらたいて い諦めるはずだ。 それでもバールや金属バットのような武器を持って降りてきたら どうか。 ここまでくると、命に関わる問題であり、加えてこの時点で道交法じ ゃなく刑法犯(暴行または傷害)。 正当防衛だと考え、私ならば武器を見た時点で相手のクルマが動けなくなるよう な場所(フロントバンパーのカド)に突っ込むが、一般的には その時点で110番通報し、状況を説明し、判断を求めればよかろ う。 バールなどで殴られ、後遺症でも残したら一生後悔する。 すなわち、 ここは躊躇せずに逃げること。 高速道路の本線上で止められたような 時も同じで、決して対抗しようとせず、無視すること。 決して停車せず、逃げている間に通報し、SAやPAなど人の多い場所まで移動するようにしよう。 実社会では法律が間に合わないことだって希ながらある。 強盗に入 られた場合、脅されるだけで済むこともあるだろうし、ケガするこ とだってある。 そんな時の緊急対応はどこにも書かれていない し、決まってもいない。 とりあえず可能な限り手を打ち、後は司法 に判断してもらえばいいと思う。 世の中、きれい事だけでは済まな いのである。 といった対応策をするためにもドライブレコーダーという証拠が必 要。 未だにドライブレコーダーを持っていない人は数千円の安いタ イプでいいから購入すること。 また、最近は後方に向けてのドライ ブレコーダーも必要になってきた。 これまた安価なタイプで良いか ら付けて置きたい。 日頃から対応策を練っておくと、 遭遇しても慌てないで済むだろう。

次の

煽り運転を警察に通報する方法 罰則も強化され暴行罪成立の可能性も

煽り運転 通報された場合

煽り運転とは 東名高速での煽り運転が原因となる悲惨な事故は、多くの人にとって 他人事とは思えない話で、特に高速道路などで煽られて怖い思いをしたことのある人も多いのではないでしょうか。 一般道でも十分恐怖感がありますが、高速道路ともなると恐怖を通り越して怒りすら感じてしまいますが、長いこと運転している人はら数年に1度くらいはこのような経験をすることがほとんどです。 煽り運転とは、他の車に対する嫌がらせ運転のことで、以下の場合が該当します。 1.前の車に対して、衝突するほどに車間距離を詰め、道を譲るよう強要する 2.前の車を猛スピードで追い掛け回す 3.ハイビーム、パッシング、クラクション、幅寄せ等で威嚇する 程度の差にもよりますが、多くのケースでは、1と3を同時に行いながら、道を譲らなかった場合には2になることが多いのではないでしょうか。 このような脅し行為を行うことや、いわゆる 「当たり屋」も煽り行為として一括りにされています。 煽り運転は立派な犯罪行為です! メディアに取り上げられることも多い煽り運転ですが、相手がけがをしたり最悪のケースで死亡した場合には、 道路交通法26条により車間距離保持義務違反となります。 当たり屋の場合には確信犯ですが、 質の悪いドライバーが日常的に行っている煽り運転行為は立派な犯罪行為であり、知らなかったでは済まされない行為なのです。 現在、テレビやネットなどのメディアで煽り運転が多く取り上げられていますが、煽り運転行為を平然と行っている質の悪いドライバーも、自分が犯罪行為を犯していおり、検挙された場合にはどのような罰則があるのかを知れば、このような迷惑行為も少しは減少するのではないでしょうか。 ・道路交通法26条 (車間距離の保持) 第二六条 車両等は、同一の進路を進行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。 煽り運転への対策を求める声の高まりを受けて、 警察庁は2017年12月に事故に至っていなくても、暴行や脅迫などの事実が認められる場合にも免停(免許停止30日~180日)などの処分を適切に行うようにしました。 さらに、 2018年1月には罰則が用化され、悪質・危険とみられる煽り運転に対しては、道路交通法違反のみならず危険運転致死罪や暴行罪などを適用し、これまで以上に罰則を厳しくしました。 万一、煽り運転された場合の3つの対処法 ドライブレコーダーの設置 万一、煽り運転を受けた時にはどのような対処法が有効なのでしょうか。 まず第一に、相手にせずに道を譲るというのが最善の方法で、煽り返したりすると余計面倒なことに巻き込まれることもあります。 特に、若くて腕に少々自信のある男性の場合には、車を止めて先に相手を怒鳴りつけという先制攻撃は時により抑止力以上の効果を発揮することもありますが、 相手が薬物中毒者である可能性も高く、また道路という 極めて危険地帯で車から降りるという行為はリスクが高すぎますので、ぐっと耐えることが重要です。 煽り運転に対して有効性があるといわれているのが ドライブレコーダーで、煽り運転をしてくる車の様子を動画撮影することで、 煽り運転の証拠映像となりますので、警察に通報する際の証拠として利用できますし、相手に対する 抑止効果もあります。 もちろん、自分のスマホで撮影することは危険運転になりますので、同乗者がいる場合かドライブレコーダーを設置していることが条件となります。 警察に通報する できればかかわりたくはないものの、忘れたころにやってくるのが煽り運転するドライバーで、執拗に絡んできたりトラブルに発展した場合には、 煽り運転は違反行為なのですから警察に通報しましょう。 110番に電話したことない人も多いかもしれませんが、はじめてでもわかるように対応してもらえますので、落ち着いて状況を連絡しましょう。 警察に通報する際の注意点 1.緊迫した状況の場合でも、できるだけ安全な場所に車を停車するようにします。 安全な場所がなければ停車は事故に繋がりますので、必ず先に安全を確保します。 2.煽り運転車のナンバー、車種、車のカラー、トラブルの状況などをしっかりと記憶しておきます。 3.常習犯の場合には、車から降りてきて威嚇したりしますが、相手にせずにドアにロックをかけて警察が到着するのを待ちます。 窓を開けたりすると、キーを奪われたりしますので必ずロックをしておくことです。 こちらの状況から警察に通報したと思われると、ほとんどのケースではその場から立ち去っていくでしょうが、後を追っかけたりせずに警察が来るのを待ちましょう。 抑止力 日本の防衛問題が議論される際には必ず抑止力が語られますが、実際に、 空き巣の被害の場合には抑止力でほとんど防げることが証明されています。 防犯カメラや二重キーなどでしっかりと対策をとっているような面倒な人には、プロフェッショナルの空き巣は近寄っては来ないのです。 煽り運転にプロフェッショナルはいないかもしれませんが、 ドライブレコーダーを付けているだけでも抑止効果は高いでしょうし、場合によってはダミーカメラでも一定の効果はあるでしょう。 警察に通報されることを最も嫌がるでしょうから、証拠映像を取られることを一番恐れすはずです。 この車を煽ったり迷惑運転をしたら、証拠映像を取って警察に通報しますよ、という態度を示しておくことでほとんどの迷惑ドライバーは近寄ってこなくなるでしょう。 同様に、 「カメラ撮影中」というステッカーを付けておくことも有効ですし、「赤ちゃんが乗っています」というステッカーは抑止力というよりはむしろ魔除けとして働いでくれるでしょう。 車社会の原理原則は譲り合いの精神から成り立つ 現代社会は車がないと成立しませんし、自動車産業は世界最大の産業とも言ってよいでしょう。 車ほど人間の生活を大きく変えたものも少ないでしょうし、こんな便利なものはそうそうありません。 しかしながら、 便利さの裏返しとして、一つ間違えると命に係わる事故を起こしてしまうというリスクも抱えてしまうことになります。 車を利用することで非常に快適な生活を営むことができますが、そのためには一定のリスクを持ち続けることにもなり、このリスクを少しでもなくすようにしなければならないのです。 車のリスクを取り除いてくれるのはなんなのでしょう、自動車保険でしょうか、いいえ違います、 自動車社会の原理原則は「譲り合いの精神から成り立っている」のです。 皆が譲り合いの精神を持てば、煽り運転はおろか、事故もほとんどなくなってしまうでしょう。 もちろん、そう簡単な話ではないのですが、少なくとも 煽り運転を受けた場合にはこの気持ちを忘れなようにしたいものです。 まとめ 日常的に車を運転している人であれば、多くの人が経験している煽り運転行為や迷惑運転項にですが、東名高速での惨事を機にメディアで取り上げられることも多くなり、遂に警察庁も動き出し罰則強化などの対策が打ち出されるようになりました。 万一、 煽り運転を受けた時のために、しっかりと対策を練っておき、実際の現場では落ち着いて対応できるようにしておきましょう。 煽り運転は犯罪行為ですから、泣き寝入りすることなくしっかりと警察に通報するようにしたいものです。 カーライフの多様化により、マイカーのみならず レンタカーやカーシェアを利用する人が急増していますが、特にカーシェアなどではドライブレコーダーは提供されていないことも多いですから、 携帯型のドライブレコーダーやダミータイプのものも検討するとよいかもしれません。 そんなカーシェアリングを、あなたのお近くのカーステーションを探したり、レンタカーや他のカーシェアリング会社との料金比較ができる『』で探してみることをおすすめします!.

次の

煽り運転を警察に通報する方法 罰則も強化され暴行罪成立の可能性も

煽り運転 通報された場合

もくじ• 煽り運転をされた時の通報方法や通報先 車の運転で最も厄介なのが、いやがらせ・ 煽り運転・仕返しなどの運転マナーですね。 私も経験がありますが、特に女性が運転する場合、恐い顔をした男性が後ろにくっついて来ていると、ただそれだけで運転を続ける勇気が削がれる事があります。 煽り運転とは、後にピッタリ付いて来るだけではなく、車の前に回って運転を遮ったり、横に付いて幅を寄せて来たりと、いじめているようにしか思えない運転をする事です。 煽り運転は、交通違反であり、場合によっては免許停止を言い渡す事が出来る、大きな犯罪です。 最近では悪質な煽り運転で逮捕されたニュースもやっていましたよね。 あの映像をみると、ホントに心が痛みます。 煽り運転にあったら、出来るだけ直ぐに警察に 通報して、安全を確保する事が必要でしょう。 通報の方法としては、電話・ドライブレコーディングなどの方法があります。 煽り運転で通報した時に仕返しをされる事はあるか 煽り運転は通報した方が良いと分かっていても、仕返しされるのではないかと心配になる気持ちは分かります。 私の友人も駐車場から煽り運転を通報した時に、相手の運転手が出てきて彼女を罵倒して、車のドアを蹴り、出て来るように迫ってきた恐怖を話していました。 犯人はあなたが一人なのを良い事に、ますます暴力的になる事もあります。 ですが、あなたと同じような以外を他の人に広げないためにも、誰かが食い止めなければなりません。 近くの駐車場に停める場合には以下のような点に十分注意します。 ・角や隅に駐車すると良き手を阻まれる危険性があります。 ・出来るだけ人目の多い真ん中に駐車します。 ・内側から必ずロックをして、冷静に警察に電話をかけましょう。 また、鍵をしめてロックをして車の中からスマホ等でその様子を録画するのも効果的です。 ご自分の安全を確保してから行ってください。 煽り運転の対策グッズ 最近よくニュースでも取り上げられている「煽り運転」。 遭遇された方も結構いらっしゃるかと思いますが、車間距離を詰められたり幅寄せされたり、ハイビームでパッシングされたり無理に割り込んでこられたりと、煽り運電は危ない行為です。 された方はとても恐怖感を覚えますし、最近ではそれだけでは済まず、執拗に追い掛け回されたり罵声を浴びさせられたり、暴力などの事件も絡んだりと凶悪な事件になりつつあります。 そういった煽り運転を受けないためにも、対策が必要とされるようになってきました。 煽り運転対策グッズでメジャーなのは、ドライブレコーダーですね。 自分の運転ももちろんですが、前方や後方をビデオに撮っておくことで、万が一煽り運転を受けた際の証拠として提出もできるので、ドライブレコーダーを取り付ける方も増えてきているようです。 安価やものから高価なものまで販売されていて、録画機能や高画質などレコーダーの機能から商品を選ぶこともできますよ。 ただ、まだドライブレコーダーを取り付けるまでも考えていないという方もいらっしゃるでしょう。 そんな方には、ダミーのドライブレコーダーも購入することができるのでおすすめですよ。 画質の悪い録画できる安いドライブレコーダーをダミーとして使用するのもよし、マグネットでドライブレコーダーを取り付けている風を装えるダミーも使用してもいいと思います^^ 大事なのは、煽り運転について何か対策を講じることです。 通販でもたくさん販売されているので、一度検索してみてはいかがでしょうか。 ドライブレコーダーを使う方法 ドライブレコーダーが2万円前後で買えてしまう時代になりました。 また、カメラを設置しているように見せかけるだけでも、煽り運転を避けられる可能性が高くなります。 2GBだと2時間の録画だったのが、16GBだと16時間も続けて録画出来てしまいます。 煽り運転・盗難意外にもさまざまな場面で役立つドラレコ。 私も今すぐにでも設置したくなります。 レコーダーを使う方法は、車の前方に角度を見て設置するだけでOK。 簡単で、安全を確保するために運転手にはなくてはならないものかもしれません。 煽り運転を予防するには、警察に通報する以外にも後ほどレコーダーを持って報告する事も出来ます。 レコーダーが動かぬ証拠を提示してくれますから、ぜひこの機会に設置を考えてみるのはいかがでしょうか? ドライブレコーダーの代わりをしてくれるものもあります。 それはスマホアプリです。 スマホアプリの「Safety Sight」というものがあります。 こちらはandroidとiPheonのどちらもインストール可能です。 スマホアプリを使ったドライブレコーダーなら費用も抑えられていいですよね。 格安スマホを使えば普段使っているスマホを設置しなくてもいいですよね。 LINEモバイルなら月々500円~使えるので、機種変更して家にあまっているスマホを使ってドライブレコーダーにすることができます。 月々500円なら2万円のドライブレコーダーを買うことを思うと、3年ぐらいは使えます。 スマホをドライブレコーダーの代わりにするならスマホを固定するホルダーも必要にはなりますが・・・ 煽り運転対策にはステッカーもおすすめ! 煽り運転対策には、車にステッカーを貼り付けるだけでも効果があると言われています。 「ドライブレコーダー搭載車」や「ドライブレコーダー録画中」などと書かれたステッカーを車の後ろに貼り付けるだけでも。 『この車には煽り運転しないでおこう』『あまり車間距離を詰めないでおこう』などと煽り運転を抑制してくれる効果が期待されています。 車に直接貼り付けるステッカーだけでなく、マグネットで取り外し可能なものから吸盤型で車内に貼り付けるものもありますよ。 また、文言もさまざまあります。 ドライブレコーダーを搭載するか迷っている、もしくは搭載する予定のない方は、まず手始めにステッカーを貼ることを検討してみてはどうでしょうか。 煽り運転を防ぐためのステッカーやグッズなどの他の工夫とは? ドライブレコーダーを設置しなくても、録画していますよ、とメッセージを伝えるだけで煽り運転が減る事があります。 ここでは、おすすめのステッカーやグッズを紹介していきます。 全く見破る事が出来ない瓜二つの製品の上、コストも本来の10分の1ほどで済むので家計にも優しいグッズです。 お気に入りのものを探して、相手にメッセージを伝えるのはいかがでしょうか? 煽り運転の心理とは 疑問に思うのが、なぜ煽り運転をしてしまうのか、ということではないでしょうか。 煽り運転をする理由や心理について詳しくみてまいりたいと思います。 まず、煽る理由について。 理由は一言で言うと人それぞれです。 煽ってくる人間も人ですから、そのとき機嫌が悪かった、イライラしていた、体調が悪かったなど、心理的なことから身体的なことまで理由になると思います。 一番思い当たる理由は、「急いでいること」ではないでしょうか。 仕事や待ち合わせに間に合わない、トイレに行きたいなどで急いでいるとき、前に遅い車が走っているとさらにイラついてしまいます。 運転している道は自分だけの道ではありません。 あらゆる人が通っている道です。 しかし、このことがあらゆるフラストレーションを生んでいるということにもつながってしまうんですね。 また、スピードを出して走りたい、上手な運転を見せたいなど、自分の思い通りの運転をしたいと思っている方にも煽り運転をしがちな面があると言われています。 逆に、煽り運転をされた側の心理はどうなんでしょうか。 まずは、恐怖でしかないと思います。 「自分は法定速度も守っているのに」「追突されるのではないか」など、怖い思いをしますよね。 ここで一度申しておきますが、煽り運転はする側は100%悪いです。 煽られた方は被害者に当たります。 このことを踏まえて記述しますが、煽り運転はされた側にも何かしらの要因を作ってしまっているのではないかと思います。 例えば、運転が苦手で急ブレーキ・急発進をよくしてしまうとか、安全運転を心掛けるばかりに速度が遅くなってしまうとか、急にウィンカーを出して曲がるとか、実は危ない運転をしてしまっている可能性も考えられるんですね。 後続車は「前の車が危ないな」と思ったり「急いでいるのにイライラするなぁ」と思ったり、少なからず嫌な思いをしているかもしれません。 だからといって煽るかどうかは別ですが、煽られるきっかけを無意識に作ってしまっている可能性もあることも念頭においておきましょう。 先ほども言いましたが、運転している道は自分だけの道ではありません。 あらゆる人が使っていて、交通規則のもと、車で走っています。 煽る側も煽られる側も、自分本位の運転になってしまわないよう、今一度注意が必要なのかもしれませんね。 煽り運転の罰則 煽り運転に対して何か罰則はあるのでしょうか? 煽り運転は事故にならなくとも、事故になりかねないような非常に危ない運転なので、警察の方々も取り締まりを始めています。 主に「車間距離不保持」「高速道路上における車間距離不保持」といった車間距離に対して道路交通法違法と定められており、検挙されることが多いようです。 しかし、最近では悪質性も高まり、煽り運転が危険であること、そして規制を実効性のあるものとするため、道路交通法だけでなく「暴行罪」による立件も視野に入れていると言われています。 さらに、煽り運転が発端で事故になり、被害者の死傷が加わる場合には、「危険運転致死傷罪」が、故意に事故を起こして被害者が死亡したとなれば「殺人罪」が、といった重い罪を科すべきであるといった意見も多数出てきているようです。 再度、煽り運転が交通違反である事を強調しておきましょう。 そして、煽り運転を止めさせるためにも、私たちの警告が必要である事を改めて確認しておきましょう。 また、被害に合っている人を見掛けたら、録画してあげるなど協力してあげましょう。 煽り運転の逮捕基準とは 危険な煽り運転をした人が逮捕される基準や通報するタイミングも解説しておきましょう。 まず、通報するタイミングとしては、なるべく早急な方がいいと言えます。 自分たちだけで解決しようとすると、加害者側が何をしてくるかわからないので、さらに危険な状態になってしまうことも考えられますから、冷静に警察まで通報してください。 通報するには、煽り運転をしてきた車と十分な距離を取り、安全な場所に停車してから通報するか、同乗者がいるなら停車せずとも通報すると良いでしょう。 このとき、警察に正確な状況を伝えなくてはならないので、現在のトラブルの状況、煽り運転をしている車のナンバーや車種、どこを走っているかなどを伝えましょう。 ドライブレコーダーの録画があり煽り運転の証拠を提示できるときは、後日通報してもいいので、そのときの状況やナンバーなどはきちんと記憶しておいてください。 場合によっては、煽り運転をしている人が車から降りてきて脅迫や挑発、暴行までされることも考えられるので、車のロックを必ずして、決して外に出ないで相手にしないようにしましょう。 次に、逮捕の基準となるのは、現行犯の場合と被害者から被害届がなされて証拠となるもの(ドライブレコーダーの録画など)がある場合です。 現行犯でない限り、後日通報したとて口頭での注意に終わるパターンもあります。 そのため、先ほども申したように、後日通報や被害届を出す場合は、確固たる証拠を持参した方が何等かの罰則を与えられる可能性が高まります。 煽り運転は非常に危険で怖い行為です。 煽り運転をする方はもちろんですが、される側も対策を講じたり自分本位の運転をしないようにしたり、みんなが運転しやすいようにしなければなりませんね。

次の