ブロッコリー レシピ。 ブロッコリーの痩せレシピ9選|ヘルシー&栄養豊富な簡単料理がズラリ! (1/1)

ブロッコリーの痩せレシピ9選|ヘルシー&栄養豊富な簡単料理がズラリ! (1/1)

ブロッコリー レシピ

冬から初春の旬の時期には甘みが増します。 下ごしらえで気をつけたいのが 「ブロッコリーの茎は食べられるので捨てない!」ということ。 茎の芯の部分には、緑色のつぼみの部分以上にしっかりとした甘みがあります。 順に切りやすい下から切っていき、一番上の部分は他のものと比べて、太くて大きい塊のようになりますが同じく切り落とします(あとで割いて同じ大きさにします)。 次に、ゆで時間を同じにするために、茎に切り込みを入れ、手で割いて大きさをそろえます。 緑のつぼみ部分まで包丁を入れてしまうと、バラバラになってしまうので茎だけ切ることが大切です!• また、「割くほどでもないけど少し大きい」くらいのものは、茎に十字の切り込みを小さく入れると、ゆで時間が少し早くなってゆで時間を合わせることができます! 塩の分量は水1~1. しっかり塩をきかせてゆでるとよいです。 沸いた状態でブロッコリーを入れ、 ゆで時間は2分をひとつの目安として、大きい場合は2〜3分くらいです。 小分けした房と一緒に切った茎の芯も一緒に入れてOKです。 ブロッコリーが浮いてくるので、落し蓋をするか、箸で混ぜながらゆでます。 2分たったら一度太いものを取り出して、茎の根元を手で触ってみるか、食べてみましょう。 (はじめのうちは茎を触ってから食べ、ゆで上がった茎の硬さを覚えると便利です!) ブロッコリーをゆで上げるときに大切なのは 「ブロッコリーはゆでた後に水につけずに冷ます」ということ。 これは 水につけてしまうと小さなつぼみの中に水を含んで、食べる時に水っぽくなってしまうからです。 ざるに上げてしっかりと水気を切り、常温で放置しておくか、余裕があればうちわなどを使って冷ますとよいです。

次の

ブロッコリーの痩せレシピ9選|ヘルシー&栄養豊富な簡単料理がズラリ! (1/1)

ブロッコリー レシピ

茹でたり、レンチンしたブロッコリーに鰹節、マヨネーズ、しょうゆを混ぜて、白ごまをふって完成です。 15秒のレシピ動画あり。 水気をしっかり切るのがポイントです。 ブロッコリー、にんにく、塩だけ。 にんにくはチューブやドライチップスでもOK。 簡単です。 オーブンで40分焼いて完成。 朝食に出てきたらスゴイって思っちゃいます。 レシピ動画あり。 ブロッコリーはレンチンしてから使います。 マヨネーズ、ケチャップ、おろしにんにく、砂糖などを使ったドレッシングです。 レシピ動画あり(20秒)。 大量消費したいときにもおすすめです。 メイン料理になるブロッコリーとエビの簡単に作れる炒め物です。 あんかけは簡単にめんつゆを使って作ります。 レシピ動画あり(50秒)。 ブロッコリー1株と牛肉を使ったメイン料理になる炒め物のおかず。 ブロッコリーと豚肉の中華炒め。 クックパッドのレシピ本「糖質オフのつくりおき」に掲載。 【つくれぽ238】ブロッコリーだけ。 ブロッコリーと玉ねぎはレンチンして、牛乳とミキサーにかけ、鍋で調味料と一緒に加熱して完成。 【つくれぽ488】ささみとブロッコリーの常備菜。 レシピ動画あり(38秒)。 もうすぐつくれぽ1000超えの人気レシピです。 マヨネーズや黒ごまで代用してもOK。 つくれぽではお弁当に入れている人も多いです。 ぜひ参考に。 この洗い方は知っておくと良いかも! まとめ クックパッドから人気のあるブロッコリーレシピをご紹介しました。 つくれぽ1000以上の殿堂入り、大量消費したいときに便利なレシピ、捨てるのがもったいない茎レシピもありました。 栄養豊富なブロッコリー。 参考にしてみてください。

次の

【超簡単】ブロッコリー人気レシピ15選!にんにく相性抜群!サラダも美味しい!

ブロッコリー レシピ

冬から初春の旬の時期には甘みが増します。 下ごしらえで気をつけたいのが 「ブロッコリーの茎は食べられるので捨てない!」ということ。 茎の芯の部分には、緑色のつぼみの部分以上にしっかりとした甘みがあります。 順に切りやすい下から切っていき、一番上の部分は他のものと比べて、太くて大きい塊のようになりますが同じく切り落とします(あとで割いて同じ大きさにします)。 次に、ゆで時間を同じにするために、茎に切り込みを入れ、手で割いて大きさをそろえます。 緑のつぼみ部分まで包丁を入れてしまうと、バラバラになってしまうので茎だけ切ることが大切です!• また、「割くほどでもないけど少し大きい」くらいのものは、茎に十字の切り込みを小さく入れると、ゆで時間が少し早くなってゆで時間を合わせることができます! 塩の分量は水1~1. しっかり塩をきかせてゆでるとよいです。 沸いた状態でブロッコリーを入れ、 ゆで時間は2分をひとつの目安として、大きい場合は2〜3分くらいです。 小分けした房と一緒に切った茎の芯も一緒に入れてOKです。 ブロッコリーが浮いてくるので、落し蓋をするか、箸で混ぜながらゆでます。 2分たったら一度太いものを取り出して、茎の根元を手で触ってみるか、食べてみましょう。 (はじめのうちは茎を触ってから食べ、ゆで上がった茎の硬さを覚えると便利です!) ブロッコリーをゆで上げるときに大切なのは 「ブロッコリーはゆでた後に水につけずに冷ます」ということ。 これは 水につけてしまうと小さなつぼみの中に水を含んで、食べる時に水っぽくなってしまうからです。 ざるに上げてしっかりと水気を切り、常温で放置しておくか、余裕があればうちわなどを使って冷ますとよいです。

次の