ガラケー女 本名。 喜本奈津子(きもとなつこ)がガラケー女の名前と判明!インスタグラムやFacebook、川崎市出身特定でコメント欄が炎上

ガラケー女の名前をついに特定!あおり運転から逮捕までのまとめ

ガラケー女 本名

この記事の目次• 喜本奈津子は「常磐道あおり運転殴打事件」のガラケー女 今回焦点を当てる喜本奈津子は、2019年8月に発生し世間を騒がせた「常磐道あおり運転殴打事件」で「ガラケー女」として話題になった女です。 「常磐道あおり運転殴打事件」とは 「常磐道あおり運転殴打事件」は、2019年8月10日朝、常磐自動車道上り線で、当時25歳の会社員男性の運転する車が、当時44歳の自称会社役員・宮崎文夫の運転する車からの、あおり運転を受けたあげく停車させられ暴行を受けた事件です。 宮崎文夫は被害者男性の車を数キロメートルにわたって幅寄せや割り込み、急な減速などの執拗なあおり運転を仕掛けてた上、進路を妨害して停車させ、「今すぐ出てこい。 殺してやる」などと叫びながら、高速道路上で車から降りて被害男性の車に歩み寄って無理やり窓を開けさせ、被害者男性の頭部を拳で5発殴打しました。 喜本奈津子は暴行の様子をガラケーで撮影した事から「ガラケー女」と呼ばれる この時、宮崎文夫の車に同乗していたのが喜本奈津子で、宮崎文夫に続いて車から降りると、ガラケー(折りたたみ式のガラパゴス携帯)を被害男性の方へ向け、宮崎文夫が被害者を暴行する姿をカメラで撮影。 この時の喜本奈津子のハット型の帽子を目深にかぶりサングラスをかけた異様な出で立ちで、無表情に被害者の方に向けてガラケーを構える姿は連日テレビのワイドショーやニュース番組で放送され話題になりました。 喜本奈津子の出身や実家は? 常磐自動車道殴打事件で、強烈なインパクトを残した「ガラケー女」こと喜本奈津子の出身や実家にも注目が集まっています。 どうやら、喜本奈津子の出身地は「神奈川県川崎市」で現在もそこに実家があるようです。 事件の数年前まで喜本奈津子はここに母親と2人で暮らし、2016年頃に母親が施設に入った後は、宮崎文夫と出会うまで、この実家で一人暮らしをしていたようです。 残念ながら詳細な住所情報は流出していませんが、一部週刊誌などは突き止めているようで、現地への直撃取材を行っているようです。 それによれば、事件前の2019年5月か6月頃にこの実家を宮崎文夫と喜本奈津子の2人が訪れているところが周辺住人に目撃されていたとの事。 「実家前に軽トラックを停めて、ふたりで大型の冷蔵庫を運び入れようとしていたんです。 ところが、間口が狭かったのか、すぐには搬入できなかった。 もう片方の手は例のガラケーをピコピコいじっていました」 喜本奈津子の生い立ちや経歴、出身校は? 喜本奈津子は上述の通り神奈川県川崎市の出身で、事件当時51歳と報じられているので、1968年か1967年生まれという事になります。 2人姉妹の長女で、実家はパン屋兼菓子店を経営していたようです。 喜本奈津子の父親は厳格な人物で、母親は父親に従順な人物だった事も現地取材により明らかにされています。 喜本奈津子の子供時代については、小中学校の同級生が「真面目で曲がった事が嫌いなタイプ」と証言しています。 「僕らの中学は荒れていて、不良グループが教室で消火器を振り回すなど学級崩壊寸前だった。 喜本はそういうグループには近づかなかったし、まじめな女子生徒と仲よくしていた。 優等生でもブリっ子でもなかった」 真面目だったという子供時代の喜本奈津子ですが、一方では、「とっつきにくい印象」や、中学生の頃は子供に暴言を吐いていたという証言も出ています。 近所に住んでいた女性は、子どものころの喜本について「とっつきにくいという印象でした。 ほかの人に積極的に話すような感じはなかった」と話す。 中学生だった喜本に「いきなり、『うるせえクソガキ』と言われた記憶もあります」 喜本奈津子の出身校は? 喜本奈津子は小中学校を卒業後は、地元の県立高校へ進学していますが、出身校の名前などは特定されていません。 「地元の県立高校」という事ですが、神奈川県立の高校は130校以上、川崎市内の公立校だけでも19校あるため、当時の同級生からの情報提供などがない限り、中々特定は難しいようです。 喜本奈津子は高校卒業後地元で就職 喜本奈津子は地元の県立高校を卒業後、地元で就職し、デパートの販売員や病院の食堂などで働いています。 長続きしない仕事もあったようですが、当時の関係者によれば、基本的には意欲的に働いているように見えたという事でした。 また、「常磐道あおり運転殴打事件」が発生する前までは、都内の大手AV機器メーカーに勤めていた事が明らかになっています。 そこには10年以上勤めていたという事でしたが、2019年2月頃に体調不良を理由に退職したそうです。 父親の死去後、母親を虐待 喜本奈津子の父親は、「常磐道あおり運転殴打事件」から約10年ほど前にすい臓がんで死去しています。 どうやら喜本奈津子は、父親の死後に母親を虐待するようになったようです。 喜本奈津子は、認知症を患う母親と度々大声で喧嘩し家から追い出す事がよくあったようです。 追い出された母親は近所の商業スーパーのベンチにずっと座り、閉店時間になっても出て行かずに警察を呼ばれ、パトカーで帰宅させられる事もあったとか。 また、母親も喜本奈津子に反撃し、喜本奈津子が鍵を失くした際、鍵を開けずに家の中に入れないという事もあったようです。 当時を知る知人によれば喜本奈津子は「仕事でイライラして母親に当たってしまう」と言っていた事もあったそうです。 しかし、この母親も事件の約3年前に施設に入れられ、喜本奈津子はこの実家で一人暮らしをしていたという事でした。 2019年2月に宮崎文夫と交際をスタート 前述のように、喜本奈津子は都内の大手AV機器メーカーを2019年2月頃に退職していますが、どうやらこの時に、常磐道あおり運転事件の犯人・宮崎文夫と交際をスタートさせたようです。 どうやら、喜本奈津子と宮崎文夫は出会い系アプリで知り合ったようで、同級生には「今付き合っている彼氏が金持ち」だと自慢していたようです。 また、喜本奈津子は宮崎文夫の誕生日に30万円のヴィトンのバッグをねだられ、クレジットカードでプレゼントしています。 事件の前にこの2人を乗せたというタクシー運転手は、2人は後部座席でハグしたり手を繋いだりしてイチャつきあっていた事を証言しています。 このタクシー運転手も宮崎文夫に絡まれており、警察が絡む騒動に発展しています。 この騒動の際も、喜本奈津子は宮崎文夫と一緒になって暴言を吐いていたという事なので、喜本奈津子はあちこちで宮崎文夫を一緒になってトラブルを起こしていたようです。 そして、その後の2019年8月「常磐道あおり運転殴打事件」が起こるのです。 喜本奈津子の卒アル写真が流出!ネットの反応は? 事件後、喜本奈津子の卒業アルバムの写真が流出し、マスコミが連日この写真を使って報じました。 この喜本奈津子の卒アル写真がかなりインパクトが強いものだった事も人々の話題を集めました。 喜本奈津子の卒アルに関するネットの反応を紹介します。 卒アル出たーーー!! 木嶋佳苗死刑囚にクリソツ パーツがどれも肉厚だなーー — ロックマン150 zHEoOll2sZJ2WA5 JK時代はアレでも悲観する事はないんですよ。 キモトさーん 木嶋佳苗 高校の卒アルは全力で笑いを取りに行ってるスタイルだけど、大人の女性になったら綺麗になってモテモテだからね。 木嶋佳苗死刑囚はともかくとして、ゆりやんレトリィバァさんはとんだ風評被害ですね。 喜本奈津子のルックス評価についてはあえて触れませんが、若い頃から積み重なったコンプレックスが、宮崎文夫という人間のクズとまで評価されるような男との交際に至らせ、さらには犯罪を助長させる結果になったのでは?と見る専門家も多いようです。 また、喜本奈津子の卒アル画像があまりに「アレ」だったため、卒アル公開はやりすぎでは?といった同情やマスコミ批判の声も少なくはない様子です。 一部マスコミでは喜本容疑者の「若い頃の写真」が公開され、話題を呼んでいる。 「喜本容疑者の『卒業アルバム』が公開されました。 その悪意を感じさせる編集というか写真というか……とにかく『悪意あるなあ』という声でネット上で埋め尽くされています。 喜本奈津子の逮捕とその後 以上のように、色々とやらかしている喜本奈津子でしたが、「常磐道あおり運転殴打事件」の後、逃走を続けていた宮崎文夫をかくまって隠蔽したとして「犯人蔵匿・隠避」の疑いで逮捕されました。 その後、喜本奈津子は、罰金30万円の略式命令を受けて2019年9月頃に既に釈放されているようです。 喜本奈津子の現在 釈放後の喜本奈津子の行方については、2019年9月に事件前まで拠点としていた東京都品川区のアパートを引き払い、川崎市の実家へも戻っていない事などが明らかになっています。 またその後、2020年1月の週刊文春が、身元引き受け人となった知人が手配した神奈川県内の住居に身を寄せていた事などを突き止めています。 週刊文春は、この身元引き受け人を通じて喜本奈津子への取材を申し込んだようですが断られたようです。 「取材は断るように本人から言われている。 生活がありますから、もちろん仕事はしています」 この身元引受人によれば、現在、喜本奈津子は仕事をしているという事ですが、どんな仕事をしているのかは明らかにされていません。 おそらくこの身元引き受け人の知人が仕事の世話をしたのでしょう。 ただ、これだけ世間で名前と顔が知れ渡ってしまっているため、今後しばらくの間はまともな生活は送れないでしょう。 愚かな振る舞いをした自分を見つめ直し、しっかりと反省して欲しいものですね。 まとめ 今回は、「常磐道あおり運転殴打事件」で全国的に名前と顔が知れ渡った「ガラケー女」こと喜本奈津子についてまとめてみました。 喜本奈津子は、2019年2月頃に、出会い系サイトを通じて「あおり男」こと宮崎文夫と知り合い、その後行動を共にして、あちこちでトラブルを起こしていました。 そして、2019年8月、高速道路の常磐道上り線で、宮崎文夫の危険なあおり運転の車に同乗し、宮崎が被害者の車を停車させ、暴行を加える様子をガラケーで撮影したのでした。 その後、喜本奈津子は「犯人蔵匿・隠避」の容疑で逮捕さ、罰金30万円の略式命令を受けて、それを収め、既に社会に戻って働いているという事です。 喜本奈津子には、今後は周囲に迷惑をかけず大人しく静かに暮らして欲しいものです。

次の

あおり運転事件の「ガラケー女」に間違われた女性 1日で人生が一変

ガラケー女 本名

喜本奈津子がガラケー女!宮崎文夫と一緒に逮捕のニュースは? 茨城県守谷市の常磐自動車道で10日に「あおり運転」をして車を停止させ、運転手の男性を殴って負傷させたとして、茨城県警は18日、傷害容疑で住所・職業不詳、宮崎文夫容疑者(43)を逮捕した。 また、宮崎容疑者と同居する交際相手の同市東住吉区の会社員、喜本奈津子容疑者(51)も同日夜、犯人蔵匿・隠避容疑で逮捕した。 18日午前11時過ぎ。 大阪市東住吉区のマンション近くの男性によると、帽子にサングラス姿の宮崎容疑者を4、5人の捜査員が取り囲んだ。 宮崎容疑者は「何するんですか」などと抵抗の様子を見せたという。 そばにいた喜本容疑者も「何するの」「やめて」などと叫び、住宅街は一時騒然となった。 約2カ月前から、マンションの自転車の駐輪場に宮崎容疑者のものとみられる高級車が止められるようになった。 近くの女性は「(以前に)早朝に怒鳴り声を聞いた。 近寄りがたい雰囲気だった」と話した。 【鶴見泰寿、石川将来】 引用:毎日新聞 スポンサーリンク 喜本奈津子がガラケー女と宮崎文夫との関係は? 噂のガラケー女、喜本奈津子(きもとなつこ)が宮崎文夫と一緒に逮捕されました。 記事によりますと、二人は、同居していて交際相手とあります。 二人揃って、DQNなんですね。 オラオラで、あおり運転していて、殴りかかってる様子を笑いながらガラケーで撮影するって・・・。 普通の神経では考えられないですね。 ふたりに子供はいないのでしょうか?いたら、その子も・・・・。 いないことを祈ります。 喜本奈津子は51歳、宮崎文夫は43歳とのこと、姉さん女房ですね。 スポンサーリンク 喜本奈津子がガラケー女!宮崎文夫との関係は同居で交際相手?2ネットの声は? シャバに出てきても、ここまで晒されたらもうまともな生活出来ないねー笑 2人ともガラケーってのが、ものすごく恥ずかしいんですけどーww — Hisa hiko05552424 罪科のない人だが自分が嫌いなひとをワザと犯人だと世間の注目を集めるよう仕向けて他人がその人に嫌がらせを行うことを想定したネットの書き込みでは?と考えてしまう私。 ありえなくはないよね? — troubadour 1966troubadour 『あおり運転で殴打』の と同乗していたと見られるガラケー女の身元が判明した模様。 犯人隠匿・隠避の容疑で逮捕されたのは 51歳とのことです。 今日も9条に感謝。 — あさひ新間 PWyVw4xpW1SHM0I•

次の

ガラケー歴16年の女、知人の衝撃発言であっけなくスマホに変える

ガラケー女 本名

Contents• 豊田市議の原田隆司がガラケー女のデマ拡散で提訴 「ガラケー女」こと、喜本奈津子容疑者とは別の女性を「ガラケー女」としてデマを拡散してしまった原田隆司市議。 被害女性は知らないうちにネット上で誹謗中傷を受け、多大なる精神的苦痛を受けたことは容易に想像がつきます。 市民を守るために本来は訴えかける仕事をしているのに、これは非常に問題となって当然だと思います。 ネット上での確証の取れていない情報に対してデマを拡散してしまった、被害女性から訴訟を受けても当然だと思います。 原田市議のプロフィール 原田隆司市議の読み方は「はらだ たかし」。 愛知県豊田市出身の57歳です。 豊田市の市議会議員の当選回数は2回で、市議会の中では地域生活委員会、予算決算委員会、定住促進対策特別委員会に所属しています。 豊田市議になる前は、日本商工会議所青年部の平成19年度会長を務めていたこともあるそう。 これだけ色々と経験されてきた市議がどうして今回のデマ拡散に便乗してしまったかは定かではありませんが、経歴からは過去にこういった問題はなかったようです。 写真を見る限りではベテランの貫禄もあり、ガラケー女のデマを拡散してしまうような失態を犯すようには見えないのですが、どうして起こったのでしょうか? 豊田市議がガラケー女と間違得た経緯は? 原田隆司市議は宮崎文夫容疑者によるあおり運転が起きた8月に、 事件とは無関係だった被害者女性と宮崎容疑者の写真を容疑者として自らのFacebookに掲載し、 「早く逮捕されるよう拡散お願いします」 などと書き込んだと言われています。 原田市議はFacebookにガラケー女のデマを投稿した後、知人から被害者女性は無関係と指摘され、数時間後にはFacebookの投稿を削除したと言います。 しかし、原田市議による投稿はみるみるうちに拡散し、罪のない女性がガラケー女として叩かれることになってしまったというのが騒動の経緯になります。 原田市議は「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。 おとしめるつもりはなかった」と釈明。 デマの被害者女性側からの慰謝料100万円を求める通知には謝罪の手紙を送ったそうですが、被害者女性からしたら、100万円でも気が済まないのではないでしょうか。 ここまで関係のない事件に対して世間からバッシングを受けたり、社会的立場を貶められるような事態までなったのに、お金だけでは解決しきれない部分も大きく影響しているかもしれません。 原田市議はFacebookの自己紹介欄に以下のように掲載し、ガラケー女としてデマを拡散された被害者女性に謝罪しています。 豊田市議会議員原田たかしでございます。 間違った情報をシェア拡散した事お詫びします しかし大変残念なのは、この文章にも被害者女性の本名を掲載してしまっていたため、さらに被害者女性に不快を与えてしまったのではないでしょうか? 本人からすれば再度公表されて永遠に公開され続けるものになるので、無実が明らかになったとしても事実を蒸し返されるだけになります。 これはさすがに原田市議の被害者女性に対する配慮が足りないように感じてしまいした。 周囲からも対応に対して意見することなどはなかったのでしょうか? 被害女性が原田市議に提訴した慰謝料は支払われる? 茨城県の常磐自動車道で今年8月、会社員男性があおり運転を受け殴られた事件をめぐり、加害者の男の車に同乗していた「ガラケー女」とのデマをネット上で流され名誉を傷つけられたとして、東京の会社経営の女性が愛知県豊田市の原田隆司市議(57)に慰謝料100万円を求める訴訟を東京簡裁に起こした。 提訴は21日付。 訴状によると、原田市議は自らのフェイスブックに、事件とは無関係だったこの女性と男の写真を容疑者として掲載。 「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだ。 「公的な立場で積極的な拡散を試みた行為は悪質」と訴えている。 原田市議は取材に対し「犯人が早く捕まってほしいと思い、『拡散希望』と書かれた投稿をシェアしてしまった。 おとしめるつもりはなかった」と釈明。 知人から女性は無関係と指摘されて数時間後に削除したという。 女性側からの慰謝料を求める通知には謝罪の手紙を送ったが、訴訟については「弁護士を通じて対応する」としている。 これに対してネット上での反応をまとめてみました。 これじゃあ同じようにトレンド入りしているガラケー女の被害に合った人が訴えるような「出回ったデマから攻撃される」事は減らないし 「払わないのが悪いから言ってる」ってのは本当か分からないADHDを論点にしてる時点で言い訳にならない 、鬱病とかで苦しんでる人の状況も多分分からないんだろうな。 — 無気 偏りの美学 xkgRgpx6H7KhkXI 別人がガラケー女として拡散されてたとき「どう見ても顔違うだろ!」って思ってた。 豊田市のバカ議員が。 本当ここの公務系が話題になる時はロクなネタじゃねぇな。。。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回はガラケー女のデマ拡散で慰謝料は出るのかについてと、原田市議への提訴について調査しました。 最期まで読んでくださり、ありがとうございました。

次の