夏野菜 浅漬け。 夏は「野菜の甘酢漬け」でさっぱりと![毎日のお助けレシピ 万能甘酢編 vol.1/4]

【みんなが作ってる】 夏野菜 つけもののレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

夏野菜 浅漬け

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 収穫は夏。 貯蔵で甘みが増すので冬まで可。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 生の場合。 乾燥品は一年中。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 あまり旬なし。 本来は甘み増す冬が旬。 春はやわらかい春キャベツ、夏は高原キャベツ。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 トゲの強いものが新鮮。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 花山椒4~5月、実山椒6月、粉は秋。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 赤シソは6、7月。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 5、6が新じゃが。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 貯蔵して翌年出回るのは固めで辛いひねしょうが。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 旬は3日と言われるほど鮮度落ち早い。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 冬まで貯蔵できることから命名。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 フルーツトマトは春。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 秋茄子の秋は旧暦。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 元観賞用。 未成熟な状態で食用。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 本来冬。 夏は高原レタス。

次の

「夏野菜の常備菜」5大メニューは?暑い日にあると嬉しい主婦がつくり置きは…

夏野菜 浅漬け

きゅうり 浅漬けの王様。 きゅうり さっぱりと塩だけでもいいし 鷹の爪と刻みコンブに加えて ニンニクの風味をわからないくらいほんの少しだけつけると美味しい。 豆板醤や辛子でピリッといくのもいいし 甘酸っぱいピクルスでもいいし 疲れているときはエバラ浅漬けの素でもいい。 塩昆布や梅こぶ茶を使ってもいい 一本浸けでも乱切りでも なんでもOK。 夏の終わりに やたらめったらと ご近所からいただく巨大なきゅうりは、皮を厚く剥いて 縦半分に切り 中の種をスプーンで出して 薄くスライス。 塩もみにして かさばる量をとにかく減らしてから ポン酢でいただきます。 一生懸命食べないと 次から次へと巨大きゅうりがやってくるので間に合わない きゅうりに飽きるころ 夏が終わります。 トマト トマトを浸けるなら ミツカンの味ポンが好き 乱切りにしたナスを油で素揚げに ミニトマトは ヘタを切り落として縦半分に きゅうりはミニトマトの大きさに合わせて乱切りに この三つをポン酢に浸けこんで冷蔵庫でよく冷やします 冷たくて サッパリとした箸休めになります 大量に作っておくと パスタにも使えます 湯がいて 冷水でしめたパスタにからめると 簡単に冷製パスタが出来上がります なす 漬かりの悪いなすは 細く切れ目を入れて浅漬けに これは天ぷらの時も一緒です 細く切れ目を入れたなすは「よそ行き」のオシャレな雰囲気がします 簡単に浅漬けにしたいときは5ミリくらいの厚さに切って塩もみすると出来上がり。 お酢で和えるとさらに美味しい。 生姜やみょうがを添えるともっと美味しい。 変色しやすいので 手早く作ってすぐに食べてくださいね。 みょうが 子どもの頃は食べれないのに 大人になると大好きになるもののひとつみょうが。 夏の食欲がない時に みょうがや生姜が冷蔵庫にあるとうれしい 我が家では みょうがはきゅうりと一緒に浅漬けが定番です。 白瓜 きゅうりよりも上品な味 とは言え 扱いは ほとんどきゅうりと一緒なので ひと夏に1度か2度食べて終わり ヘタを切り落として 種をスプーンで取り除きます。 皮が固いようなら ピーラーで半分くらい皮を剥いておきます。 エバラ浅漬けの素と一緒にジップロックに。 一晩冷蔵庫に入れたら出来あがりです。 パプリカ ピーマンよりも肉厚で甘い。 色も鮮やかで料理に使うのも楽しい。 甘酢でピクルスにするときれい。 人参やズッキーニなどと浸けるとさらに栄養が豊富になります。 ピーマン ピーマンは単品よりも 他の野菜と合わせたほうが食べやすい。 洗って種を取って 縦に千切りにして使います よく作るのはレタスやキャベツと一緒の浅漬け。 浅漬けの素を使うと簡単です。 キャベツ 一年中見かけるキャベツ 一番知名度が高いのは「春キャベツ」。 柔らかく瑞々しいキャベツ 冬には「冬キャベツ」。 夏に出回るのは冬キャベツを高地で栽培「高原キャベツ」です。 つまり ほとんど一年中旬。 と無理やり感がありますが やはり浅漬けにキャベツは外せないので キャベツも入れておきます。 サッとつけてサラダ感覚で ぱりぱり食べるのが美味しいです。 塩昆布との相性もいいですね。 レタス キャベツと同じ理由でレタスも追加 きゅうりや細切りの人参と一緒に浸けて こちらもサラダ風に。 または ごま油や鷹の爪をプラスして中華風でもおいしいです。 冬瓜 夏の終わりから出回る冬瓜(とうがん)。 冬野菜ではなく 冬まで保存がきくことから「冬瓜」と呼ばれるとか 煮物でいただくことが多いですが 浅漬けでもイケます。 皮は厚く剥くようにしてください。 おわりに 昔は スイカの皮もお漬物とかも 頻繁に食卓に上がっていたものですが 最近はスイカを食べる機会も減ってるのでスイカの皮にたどり着けない管理人です。 即席漬けの王道 きゅうりさんですが、「世界一栄養のない野菜」としてギネスに認定されているのは有名な話ですね。 確かにきゅうりの成分はほとんど「水分」。 栄養は ほとんどないんですが、カリウムを含んでいるので、利尿作用があり むくみの予防になります。 ちなみに きゅうりによく似たズッキーニは、実はカボチャの仲間。 こちらの方が栄養的には優等生です。 とは言え やっぱりきゅうりのサッパリ感は 飽きが来なくていいですよね。 今回は 浅漬けにするとおいしい夏野菜についての記事でした。

次の

夏の野菜

夏野菜 浅漬け

豚こま切れ肉…120g• 卵…1個• 花がつお…適量• 塩・こしょう…適量• 酒…小さじ1• 電子レンジ600Wで1分加熱して、水切りをします。 ・ゴーヤは縦半分に切り、スプーンなどで綿を取ります。 薄切りにして塩をひとつまみ(分量外)振って、揉んでおきましょう。 ・豚肉を一口大に切り、塩・こしょう、酒小さじ1を振りかけます。 フライパンにごま油を入れて中火にし、両面焼き色がつくまで焼いて取り出します。 ・ゴーヤから出てきた水気を切ったあと、同じフライパンにごま油を入れて炒めます。 ・ゴーヤがしんなりしてきたら、端にずらして豚肉を入れます。 色が変わってきたら豆腐を戻し、醤油、塩・こしょうで味付けをします。 ・全体に火が回ったら中火にして、溶き卵を回し入れます。 半熟状で火を止めましょう。 醤油を少々垂らせば完成です。 鮭と長芋の焼きびたし 材料• なす…3本• 玉ねぎ…1個• ズッキーニ…1本• しいたけ…2個• にんにく…一片• ホールトマト缶…1缶• ベーコン…80g• ローリエ…2枚 調味料• オリーブオイル…大さじ2• コンソメ…1個• トマトケチャップ…大さじ1• なすとズッキーニはピーラーでしま模様に皮をむいて、輪切りに。 ベーコンは2〜3cm長さに切りましょう。 玉ねぎ、ベーコン、しいたけを加えて中火にしたら、じっくり3〜4分炒めましょう。 玉ねぎの色が透き通って焼き色がついたら、なす、ズッキーニ、パプリカを炒め合わせます。 木ベラなどでトマトを軽く潰しましょう。 ふつふつしてきたら弱火にし、ふたをして20分ほど煮込みます。 人気の鶏肉とズッキーニの香り炒め 材料(2個分)• 丸くて大きいパン…2切れ• マヨネーズ…適量• ハーフベーコン…1枚• プチトマト…2個• なす…小1本• 塩、こしょう…各少々• ベーコンは8mm幅、トマトは四つ割に、なすは輪切りにします。 両面こんがりしたら取り出しましょう。 野菜をたっぷり使ったお家中華もおすすめです。 厚切りベーコン…1枚• ピーマン…2個• 赤パプリカ…半分• もやし…1袋• 冷凍むき海老…6尾• 酒大さじ…1• 生姜…ひとかけ• ダシダ…大さじ1• ブラックペッパー• 人参も千切りにしましょう。 もやし1袋はさっと洗って水切りしておきます。 冷凍むき海老6尾を解凍します。 ベーコン、海老、人参、もやしの順に炒めていきましょう。 レンジで軽く温めた焼きそば麺を入れたら、めんの上から酒大さじ1をかけてほぐしながら炒めていきます。 野菜と麺が馴染んだら、パプリカとピーマンを入れてざっくり炒めます。 ダシダを3回に分けながら入れて、炒めながら味付けしていきます。 仕上げに塩を適量入れて味を整え、ブラックペッパーを好みの量振ったら、ごま油を一回し。 ざっくり混ぜれば完成です! ポイント 炒めるときに、少し麺を押し付けて焼くと香ばしく仕上がりますよ。 器に盛ってネギを散らし、途中レモンを絞りながらさっぱりといただきましょう。 そんなスパイスの効いたエスニック料理は、やはり暑い夏になると食べたくなりますね!ぴりっと辛いものから酸味の効いた料理などご紹介します。 豚ひき肉…400g• しいたけ…4個• バジル…5枚• 卵…1個• 白米 タイ米がおすすめ …2人分• ドライバジル…お好みで• パプリカパウダー…お好みで A• オイスターソース…大さじ1• スイートチリソース…大さじ1• ナンプラー…大さじ1• 醤油…小さじ1• 砂糖…小さじ1• 色がついたら、野菜を追加して炒めましょう。 そのあとAを加えて煮詰めます。 別のフライパンで目玉焼きを作ります。 お好みでごはんにドライバジル、目玉焼きにパプリカパウダーを振りかけてもいいですよ。

次の