レッツノート スクリーンショット 保存先。 パソコン スクリーンショットができない。基本~アプリを紹介。

パソコンの画面を、そのまま保存しておくことはできる?

レッツノート スクリーンショット 保存先

スクリーンショット インターネットの検索結果等を保存するのに便利なこの機能ですが、パソコンと言えばノートパソコンを指す今、思わぬ事でつまづく方が多いようです。 そこで今回は良くあるつまづきの理由を紹介しながら、Windows 7でのスクリーンショットの撮り方について紹介します。 基本は「PrintScreen」 Windows 7でスクリーンショットを撮るには、以下の2つの操作をします。 ・ 「PrintScreen(プリントスクリーン)」キーで画面表示内容を取得 ・「ペイント」等を立ち上げ、取得結果を貼り付ける。 ただし小さなキーボードのパソコン、特にノートパソコンでは「PrintScreen」キーが見つけられない場合があるのです。 まず、「PrintScreen」キーは省略された形で記述されているものがほとんどです。 私のパソコンでも「PrtSc」と省略されています。 このキーボードの場合、InsertキーにPrintScreenキーが共有されている。 もしスクリーンショットが撮れない場合、どのキーを押すと「PrintScreen」キーになるのかをパソコンの説明書で確認しておきましょう。 画面表示内容を取得した後、ペイント等の画像編集ソフトを開いて「貼り付け」を選び、そのまま保存します。 こちらの方法については先に紹介した「」にある、「アクティブ ウィンドウのスクリーンショットを撮る」を参考にしてください。 トリミングしてスクリーンショットを撮る方法 表示されている画面の中で、一部だけ保存したい場合もあるでしょう。 画像として保存した後にトリミングする方法もありますが、ここでは一部分のみスクリーンショットを撮る方法を説明します。 Windows 7では 「PrintScreen」キーと「Alt」キーを同時に押すことで、今表示しているウィンドウのみをスクリーンショットで撮ることが出来ます。 先ほどと同様に、「fn」キー同時押しで「PrintScreen」キーになるパソコンの場合、 「PrintScreen」キーと 「fn」キー、 「Alt」キーの3つを同時に押します。

次の

Windows10でのスクリーンショットの撮り方と保存先の設定方法

レッツノート スクリーンショット 保存先

パソコンでスクリーンショットができないとお悩みの方向けの内容です。 pcでスクリーンショットができない。 やり方あれこれ• キーボードに「プリントスクリーン」がない場合• 保存先の話 などについて紹介しています。 パソコンで画面をコピーする方法は通称 スクリーンショット とか言われることもあります。 「スクショ」とか言うこともありますね。 スマホなどでも同じ機能があるので、聞いたことがあると思います。 先日キーボードを新調したんですが、今まであったスクリーンショットの 「プリントスクリーン」のキーが無い。 同じように困っている方がいるのでは?!と思い、パソコンでのスクショについて一通りまとめてみました。 お役に立つことがあれば幸いです。 アプリのインストールが可能な環境でパソコンを使用している方であれば、そちらを使用したほうが圧倒的に便利ですので参考にしてください。 後半で紹介しています。 もくじ• パソコンスクリーンショットのやり方。 <基本編> ということで、冒頭でもお話したとおり、 パソコンに於いて画面をコピーする方法は 「スクリーンショット」 などと言います。 語源はともかく 画面をコピーする機能だと思っていただければ良いと思います。 デスクトップパソコン、ノートパソコンに限らず基本的には画面のスクリーンショットは、キーボードの Print Screen (プリントスクリーン) 又は Prt Sc というキーを押すことで、現在表示されている画面がそのままコピーされます。 ちなみに、自分のPCはこんな感じです。 これは、ノートパソコンで、デスクトップの場合はそのまま Print Screen と表示されていることが多いと思います。 パソコンでスクリーンショットができない場合。 パソコンでスクリーンショットができない理由はいろいろ考えられます。 キーを押してもコピーできない• 機種によって操作が異なる• 画像複製が禁じられている そもそもできない、というケースはないので自分の環境と照らし合わせて試してみましょう。 プリントスクリーンキーを押してもスクリーンショットができないケースがいくつかあります。 他のキーと併用して使う方法 多くは、 Print Screen又は Prt Sc でスクリーンショットは可能ですが、そうでない場合もあります。 ちなみに自分のノートパソコンも同様です。 再び登場した自分のパソコンのキーボードの画像ですが、 赤丸が2段表示されているのが確認できると思います。 この場合、 そのままキー操作すれば、上段の機能となります。 ですので、ご自分のパソコンのキーボードを確認して見ましょう。 [Windows]+[PrtScn]キー [Windows]キー(Windowsロゴ)を押して[PrtScn]キーを押します。 そうすると、画面全体のスクリーンショットが撮れ、同時に[ピクチャー]フォルダ内に[スクリーンショット]フォルダが作成されて、そこに画像が自動保存されます。 ちなみに、windowsキーは、「スタート」と表示されている場合もあります。 キーボードに画面のコピーの「Prt Sc」などが無い場合 で、今回キーボードを新調したんですが、キーボードに画面のコピーに使う、「Prt Sc」がなかったんです。 結果、表示はされているものの、別表示だった、というオチです。 ということで、 カメラマークでした。 以降は、前述の通りFnキーとの併用で画面のコピーができるようになりました。 一番手前の画面だけをスクショする プリントスクリーンのキーで画面コピーをした場合は、画面表示されているものがそのままコピーされます。 [Alt]キーを押しながら[Prt Sc]キーを押す この操作をすることで、 最後にクリックした画面のみをコピーすることができます。 そもそもスクショができない場合 それから、操作方法は間違っていないのに、画面のコピーができない場合もあります。 その多くは、プリントスクリーン機能が使えない、ということではなく 著作権などで画像の複製が禁じられている ということが考えられます。 ですので、ホーム画面などの画面を一度コピーして確認してみると良いでしょう。 パソコンスのクリーンショットの保存先がわからない? せっかくスクリーンショットしたのにどこにあるのかわからない。 と、お考えの方もいるかも知れませんが、パソコンでスクリーンショットをする方法によっては、• 自動保存される場合• そのままでは保存はされていない 場合があります。 厳密に言えばあることはありますが一時的なものです。 スクリーンショットというと、スマホでよく使うので、同じように自動で画像保存される、と考えては行けないということですね。 で、パソコンでスクリーンショットをしたあとは、アプリを開いて保存する必要があります。 スクショした画像の保存方法 スクリーンショットでコピーされた画像を、アプリを開いて貼り付けし、保存する方法です。 ペイント• エクセル• ワード スクリーンショットで画面のコピーをした後、これらのアプリを開いて、画像を貼り付けして保存するだけです。 画像として保存したい場合はペイントを利用しましょう。 他、スクリーンショットの保存先などについては、 で詳しく説明しています。 パソコンスクリーンショットができないときはアプリを使う方法も有り さて、キーボード操作で簡単にスクリーンショットができます。 が、アプリを開いて、貼付けして、保存して・・と面倒だったりしますよね。 もう一つスクリーンショット同様画面のコピーの方法があります。 snipping tool(スニッフィングツール)というアプリ。 Windowsに入ってます。 このアプリでできることは• 新規作成・・フリーサイズで画面のコピーができます。 モード・・自由形式、全画面などコピーの方法が選択できます。 遅延・・時間差で画面コピーができます。 などなど。 フリーサイズで画像を選択して保存できますので、何かと重宝します。 一度利用して見る価値はあると思います。 画像選択後には、そのまま保存も可能で、ペンやマーカーの利用もできます。 画像選択後にこんなメニューが開きます。 パソコンの2つのスクリーンショットのやり方の違いは? で、パソコンでスクリーンショットする場合、2つのアプリがあるということになりますが、それぞれ使う場合のメリット、デメリットがあるので簡単に見てみます。 個人的な見解です。 プリントスクリーン 【長所】• 操作が単純• 文書などの途中に挿入する場合に便利• 画面そのままコピーできる 【短所】• 画像として保存する場合、他のアプリを起動して貼り付け、保存するので面倒といえば面倒• 画像に書き込みをする場合、他のアプリを使用する必要がある スニッフィングツール 【長所】• 画面の切り取り範囲を自由に選択できる• 切り取りした画像にそのまま装飾、保存までができる(ペンなど) 【短所】• 文中などに、スクリーンショットの画像を使いたい場合、アプリを起動する必要がある• ドロップダウンリストなどを表示させたまま起動ができない という感じですが、大きく違うと感じているのは、 ドロップダウンリストなどを表示させたまま起動ができない の部分。 例えば、プリントスクリーンで画像をコピーした場合 ドロップダウンリストまでそのままコピーできるんですが、スニッフィングツールの場合は・・ アプリを起動すると、ドロップダウンリストなどは消えてしまうんですよね。 Windowsのスタートメニューなんかも然りです。 ちなみに、これらのリストもスニッフィングツールでコピーしたい場合、 『遅延』メニューでアプリの起動までの時間を遅らせれば、起動した時点の画面をそのままコピーできるようです。 とはいえ、それもちょっと微妙なので、用途を使い分けすればいいのかなーと個人的に思っています。 スクショ、編集、保存などすべてできます。 会社の共用パソコンなど管理者権限で使用できない場合を除いて、アプリのインストールが可能であればそちらを使用した方が圧倒的に便利です。 インストール、使用方法などについて簡単に書きました。 PCでのスクショができない場合の対処法まとめ 以上、パソコンでスクリーンショットをする場合の• やり方• 保存方法• スクショができるアプリ について紹介しました。 いろんなやり方がありますが、こんなときはこれを使う、という感じで使い分けができれば良さそうですね。 自分はあまり器用ではないので、毎回悩みますが笑 誰かの参考になることをお祈りして。 ではでは。 こんな機能も覚えておくと便利です。 いろいろ書いてます。 参考になると幸いです。 ありがとうございました。

次の

Windows 8のスクリーンショット保存先フォルダを変更する方法

レッツノート スクリーンショット 保存先

この記事では、 パソコンでスクリーンショットをした場合の保存先、保存方法などについて紹介しています。 パソコンでスクリーンショットをしたところまではいいものの、保存先がわからないことがあります。 スクリーンショットのやり方によって、自動的に保存される場合、または、別のアプリなどを起動して保存する場合に分けられます。 それぞれケース別に紹介していきますので、 スクショしたけど、どこ行った?? という悩みが解決すればいいなーと。 アプリのインストールが可能な環境でパソコンを使用している方であれば、そちらを使用したほうが圧倒的に便利ですので参考にしてください。 後半で紹介しています。 もくじ• パソコンでスクリーンショットをした時の保存先はどこだ!? ということで、パソコンでスクリーンショットをする場合、やり方がいくつかあります。 そもそも、スクリーンショットをしたあと、保存先を選択する画面が開けばわかりやすいのですが、• 自動保存される場合• アプリを起動して保存する場合 とがあります。 パソコンでのスクリーンショットのやり方はいくつかあります。 キーボード上にある[PrtScn]ボタンを押すとできます。 また、キーボードの種類によっては、 もあります。 この場合、 表示されている画面全体がスクリーンショットされた状態ですが、 保存はされていません。 他のアプリを起動して、貼り付けなどの作業が必要になります。 この場合、一番手前に表示されているウインドウのみのスクリーンショットがされます。 この場合も、 保存はされていないので他のアプリを起動する必要があります。 ということで、一言でスクリーンショットといっても、自動的に保存される場合と、そうではない場合があることがわかります。 では、次にスクリーンショットした画像が• 自動保存されない場合の保存方法• 自動保存される場合の保存先の確認方法と、保存先の変更方法 について紹介します。 パソコンでスクリーンショットした画像の保存方法 では、スクリーンショットした画像が 自動保存されない場合の保存方法です。 先に触れたとおり、 他のアプリを使用して保存することになります。 スクリーンショットした画像を文書などに挿入する場合は、この方法がやりやすいですね。 Word、エクセル、ペイントなど いくつか方法があります。 パソコンでスクリーンショットをしたあと、Wordなどを起動します。 その後、 以下の内 いずれかの操作(どれでもOK)で貼り付けして、保存先を指定してファイル保存することになります。 Word・エクセルなどの画面上で、 右クリックして開くメニューから「貼り付け」• Word・エクセルなどの画面上で、キーボードの「ctrl」(コントロール)キーを押しながら「V」キーを押す• Wordまたはエクセルの「編集」メニューから「貼り付け」を選択 例:ペイントで貼り付けする場合 色々方法はありますが、どの操作でも貼り付けすることができます。 自分がやりやすい方法で保存しましょう。 スクショの保存先が自動的にパソコン内に指定される場合 [Windows]+[PrtScn]キー でスクリーンショットをすると、自動的に画像データとして保存されます。 初めて保存する場合でも、このフォルダが自動的に作成され、今後もスクリーンショットの保存先として使用されます。 スクリーンショットの保存先を変更する方法 通常はこの保存先をそのまま使用して良いと思いますが、自分で指定したい場合もあると思います。 その場合の、保存先の変更方法です。 次回から、自動的に指定したフォルダに保存されるようになります。 その他、プリントスクリーン機能を使わずに、 画面上の好きな部分のみを選択して画像保存する方法もあります。 詳しくはで。 スクリーンショットの保存先のまとめ 以上、パソコンでのスクリーンショットについて• 保存先• 保存方法 について紹介しました。 スクリーンショットと言っても、やり方がいろいろとあるので、その方法により保存方法が異なることになります。 誰かの役に立つことを祈ります。 スクショ、編集、保存などすべてできます。 会社の共用パソコンなど管理者権限で使用できない場合を除いて、アプリのインストールが可能であればそちらを使用した方が圧倒的に便利です。 インストール、使用方法などについて簡単に書きました。 こんな機能も覚えておくと便利です。 色々書いてます。 参考になると幸いです。 ありがとうございました。

次の