ダイナー グロ い。 DINER(ダイナー)漫画を無料で1巻から全巻全話読めるサイトここしかない!

Moonglow Diner (ムーングロウ ダイナー)

ダイナー グロ い

店舗名 ブッフェ&カフェ スロープサイドダイナーザクロ 住所 東京都港区高輪3-13-1 レストラン棟 B1F ジャンル ブッフェ カフェ・ラウンジ・バー 営業時間 朝食 6:30A. ~10:00A. ランチ 11:30A. ~3:00P. ~9:30P. (土休日は 5:00P. ~8:00P. ~7:30P. ) お支払い• チャージ料:0• お子さま連れ可• 年齢制限:なし• 子供メニュー:なし• 子供席制限:なし• 子供椅子:あり• 時間帯:どの時間帯でもご利用いただけます その他• 席数:ブッフェ124席(個室1室), カフェ124席,• 車椅子:ご利用いただけます•

次の

ダイナーDiner【映画】評価と評判は?世間の声も合わせてチェック!

ダイナー グロ い

「でも、主演が藤原竜也さんで、ヒロインもいるわけだし……恋愛要素とかもあるんでしょう?」 A:ないです。 藤原竜也さん演じる主人公《ボンベロ》はヒロインである《カナコ》のことを使い捨てのウェイトレスとしか思っていません。 一緒にピンチを乗り越えていくうちに……なんて甘い展開はありません。 なんなら、ボンベロは我が強くて使いにくいカナコのことを積極的に潰そうとしてくるほどです。 「え……じゃあ、ただ血生臭いだけの映画なの?」 A:いいえ、とびっきりの超エンターテイメント作品です! 矛盾するように思われるかもしれませんが、「Diner ダイナー」の面白さは幅広い層におススメできるものです。 派手なアクションあり、泣けるエピソードあり、ヒリヒリする心理駆け引きあり。 そして何より《めちゃくちゃ美味しそうなグルメ》と《最っ高のエンディング》あり! 原作小説を読み終えたときの《満腹感》はちょっと他の作品では味わえないものでした。 というわけで、今回はそんな映画「Diner ダイナー」のあらすじ・ネタバレをお届けします! 予測不可能な結末は、まさかの全滅エンド!? Contents• まさか、その日のうちに拉致・拷問され、最後には山中に生き埋めされることになるなんて、誰が予想できただろう? 重たい土を被せられながら、わたしは生き延びられる方法を急いで考えて、叫んだ。 「あのっ、わたし、料理が得意なんです!」 なんで料理……。 我ながら呆れるしかない命乞いだ。 けれど、なんと結果的にはその一言でわたしは助かることになる。 そうして連れてこられたのは、なぜか飲食店。 どうやらわたしはこの店のオーナーに買われて、ウェイトレスとして働くことになったようだ。 店長のボンベロは言う。 「この店は殺し屋専用の定食屋《ダイナー》だ」 やってくる客はみんな超危険人物ばかり。 これまで在籍していた8人のウェイトレスは、みんな客の気まぐれで潰されたという。 ……つまり、わたしはいつ客に消費されるかわからない使い捨ての9人目。 命、全然助かっていなかった。 画像検索すると美味しそうなハンバーガーやTHE・アメリカな店の内装が見つかります。 あらすじの補足&この後の物語 というわけで、定食屋「キャンティーン」で働くことになったヒロイン《オオバカナコ》(=大馬鹿な子) 「このままじゃヤバイ!」ということで、人質をとることで延命を図ります。 具体的には、オーナーが大切にしている1億5千万円相当の《ディーヴァ・ウォッカ》を店の中に隠して「わたしが死んだら二度と見つからないわよ!」とボンベロを脅しました。 この後、カナコは何度もピンチに陥るのですが、この脅しのおかげで命拾いしていきます。 さて、ちょっと話は変わりますが、映画の原作小説「Diner ダイナー」は連作短編集のような構成になっています。 6つのメインエピソードにプロローグとエピローグを加えた全8章構成。 それぞれの章でちょっとした(?)事件が起こっては解決していくのですが、同時に章が進んでいくにつれて少しずつ《主軸の物語》も明らかになっていきます。 章の進行とともに明らかになっていくのは、たとえばこんな情報たち。 1.店長のボンベロもまた元殺し屋であり、オーナーの《コフィ》に忠誠を誓っている。 2.《組織》には6人の長が存在する。 コフィも長の1人である。 3.組織にはかつて《デルモニコ》という偉大な指導者がいた。 コフィはデルモニコの甥(おい)であり、デルモニコ亡き後、そのすべてを受け継いだ。 4.もともとボンベロが忠誠を誓っていたのはデルモニコだった。 デルモニコ亡き後、ボンベロは遺産の一部としてコフィに継がれた。 5.組織の長たちはデルモニコは暗殺されたと信じていて、今でも犯人捜しを続けている。 6.証拠が指し示すデルモニコ暗殺の犯人は…… コフィ。 う~ん、きな臭くなってきましたね!(笑) 物語の本筋である《コフィの裏切り疑惑》は最終章の大事件へとつながっていきます。 というわけで、中盤は省略して、次は一気にクライマックスのネタバレです! 結末はまさかの全滅エンド!? 結論からいえば、 デルモニコを暗殺したのはやっぱりコフィでした。 組織内の調査により犯行がバレたコフィは、あっさりと始末されてしまいます。 こうなるとコフィの身内も同罪であの世行き、というのが裏社会のルール。 ところが、ボンベロはこれまでの働きを認められて追放処分で許されることになりました。 「ボンベロ、長老たちはおまえの忠誠を評価している。 ゆえにおまえは殺さず、追放処分とする。 ただし、二度とこの世界に近づいてはならんし、この町に現れてもならん。 お前はたった今、この時点から一般市民として普通に暮らして死ぬのだ」 ただし、定食屋「キャンティーン」は閉店。 そして、カナコは始末されることに。 これまでの物語の中で「カナコは生かしておく」と決めていたボンベロですが、さすがに組織の決定に逆らうことはできません。 カナコは袋を被せられ、男たちに連れていかれるのでした……。 「さよなら、ボンベロ、さよなら。 ……いろいろ、ありがと」 ところが、地下の「キャンティーン」から運び出される途中で、カナコは何者かに強奪され、再び店内へと連れ戻されます。 頭の袋をとられたカナコが目にしたのは、怒った表情のボンベロでした。 「ありがとうってなんだ! ありがとうなんて言われることは、ひとつもしてない! 俺は、ありがとうって言われるのが大っ嫌いなんだ!」 こんなことを言いながらも、ボンベロは組織を敵に回してまでカナコを助けることを選んだんですよね。 で、その後はまさにクライマックスという言葉がピッタリな 大乱戦! これまで登場した客という客が、全員敵に回ります! ボンベロはすべてにおいて圧倒的に不利な状況の中、「キャンティーン」を舞台にバッタバッタと容赦なく敵を片付けていきます。 ただ、ちょっとやりすぎて長の1人である無礼図《ブレイズ》まで手にかけてしまったことで、いよいよ交渉による解決は不可能に。 どちらかが全滅するまで終わらない泥沼の銃撃戦。 どう考えても大怪我を負っているボンベロが無尽蔵に突入してくる組織の連中に勝てるわけがありません。 つまり、全滅するのは確実にボンベロとカナコの方……。 そんな切迫した状況の中、ボンベロはカナコに「料理をしろ」と命じます。 「おまえは料理が上手いということで俺は買った。 だが、俺はそれを確認していない。 雇った以上、お前にその価値があったと確認する義務が俺にはある」 その一言には数え切れないほどの意味が込められていました。 カナコを戦場から遠ざけたいという意図。 自分以外には絶対に調理場で料理させなかったボンベロが料理を他人に任せるという信頼。 そして、最後にカナコの料理を食べてみたいという純粋な願い。 そうして、カナコがつくったのはホワイトソースを使ったハンバーガー。 ボンベロは一口食べると次のように評しました。 「悪くない。 が…… 次はもっと旨く焼け」 最終局面。 銃弾の嵐の中、ボンベロは店の隠し通路からカナコを脱出させます。 「これは古い排気口で数ブロック先まで続いている。 行き止まりに梯子がある。 早く行け」 「ボンベロは?」 「俺はここを通れない」 「いやだ!」 「だめだ! 行け」 「やだよ、一緒にいるよ」 「無駄死にするな。 何のために俺が……」 「勝手だよ! 勝手すぎるよ!」 カナコを黙らせるように、ボンベロはいきなり自分の右目に指を入れ、義眼を掴みだしました。 「中に口座と暗証番号を書いたものが入っている。 店でも開け。 必ず喰いに行く」 そしてボンベロはカナコを無理やり押し込むと、捨て台詞を残して扉を閉めたのでした。 「面白かったぜ! オオバカナコ」 やがて激しい爆発音が建物全体を揺らし、あたりは静かになりました。 エピローグ わたしがドライバー向けのダイナーを始めて1年が過ぎようとしていた。 わたしは毎日、夜明け間際に起きる。 夜明け前の静かな道路の彼方から、今にもひとりの男が来るような気がしてならない。 キャンティーンのあった建物は半ば倒壊してしまったとニュースでやっていた。 史上最悪の抗争事件と報じられ、組織はほぼ壊滅状態になったらしいなどという続報もあった。 死傷したなかにボンベロらしき者は含まれていなかった。 ボンベロは愚か者ではない。 あの時、きっと勝ち目があって勝負に出たんだ。 わたしはあの店で変わった。 それが良かったのか答えは出ていないけれど、前より獰猛になれたことは気に入っている。 人は自分に合った靴を履くべきだと思う。 押しつけられた靴ではなく、自分で探して納得した靴を。 そうすれば驚くほど遠くまで歩くことができる。 ボンベロは来る。 なぜなら、あの人の靴はわたしなんかよりずっとタフで頑丈だから……。 感想 というわけで、カナコは生存、ボンベロは生死不明という結末でした。 現在連載されている続編「ダイナー2」でもボンベロはまだ行方不明のまま。 ただ、展開的に『生きている』と解釈してもよさそうです。 映画がヒットすれば続編の方も映画化されるかもしれませんね。 さて、話を戻して今回映画化される1作目の「ダイナー」について。 率直に感想を述べるなら「面白かった!」の一言に尽きます。 正直、最初は「なんか中二病っぽい?」とか「グロい描写ばっかりなのかな?」とか思っていたのですが、実際に読んでみるとそれだけじゃなくて《いろんなエンタメ》が織り込まれている欲張りな作品だということがわかりました。 確かに全体的にダークな雰囲気が漂う作品ではあるのですが、その中でも笑えるところ、泣けるところ、感動するところがしっかりあるんですよね。 しかも、それらのシーンが休む間もなく連続して続いていくので、読んでいる方の心境はジェットコースター状態! 気がつけばラストのアツい展開に突入していて、「それは反則だろ!」というボンベロの笑顔とセリフの余韻を味わう暇もなく、物語は終わりを迎えていました。 ご都合主義すぎない、ちょうどいい塩梅のエピローグを読みながら思い返してみると「Diner ダイナー」には…… ・命をかけた心理駆け引きあり ・切ない恋の物語あり ・派手なアクションあり ・反吐が出るような下衆な敵がぶっ飛ばされるカタルシスあり ・etc…… たぶん、どんな趣味嗜好の人でも絶対に1つは「いいじゃん!」と引っかかるところがあるんじゃないかな、と思われます。 その正体は 「自分の子どもの命を奪った過去がある」ということ。 カナコは結婚して子供が生まれたあとも、赤ん坊を放っておいて夜遊びを続けていました。 で、ある朝、目覚めてみると自分の体の下で赤ん坊が冷たくなっていたんです。 授乳中に寝落ちしてしまって、赤ん坊を押しつぶした状態になってしまっていたんですね。 その後、カナコはバツイチとなり、生活も自暴自棄に……。 カナコが裏社会の《奈落》に落ちてきたのは、そういう背景があったからなのでした。 結果的にいえば、カナコはボンベロと出会い、キャンティーンでの日々を生き抜いた経験のおかげで、新たな人生の一歩を踏み出すことができました。 「ダイナー」はカナコが生まれ変わり、立ち直るための物語だった……というのは言いすぎでしょうか。 というのも、殺し屋はどんなに優秀でも、最後は精神的におかしくなって命を落としてしまうもの。 そこでデルモニコは彼らにはリラックスできる場所が必要だと考えました。 《定食屋があるかないか》なんてささいな違いだと思われるかもしれませんが、実際、「キャンティーン」は彼らの癒しや生きがいとして機能していました。 たとえば客の1人である《スキン》はボンベロが母親の味そっくりにつくってくれる《蜂蜜のスフレ》を食べるために生きていましたし。 そんなわけで「キャンティーン」は組織の中でも不可侵の領域として守られていた特殊な場所だったんです。 また、「キャンティーン」は客だけではなくボンベロにとっても大切な場所でした。 というのも、殺し屋には足を洗うことなんて許されていません。 仕事ができなくなったり、仕事が嫌になっても、続けていくしかないんです。 さもなければ、組織によって消されるだけ。 そんな中、汚れ仕事にうんざりしてたボンベロは「キャンティーン」の店長という特殊な立ち位置に収まることで珍しい《元・殺し屋》になることができました。 そうした経緯があったから、そしてデルモニコの恩義に報いるためにも、ボンベロは「キャンティーン」を何より大切に思っていたんですね。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 1 ・アニソンや声優コンテンツも充実 31日間 ・ 海外ドラマが充実 ・オリジナルドラマも多数 ・見放題作品5万本 2週間.

次の

漫画「DINER(ダイナー)」ネタバレ感想。実写映画化決定!殺し屋専用の会員制定食屋!

ダイナー グロ い

コミカライズにあたり、かなり内容が変わっています。 原作者の指示なのか、無粋な編集者の自己顕示欲の顕れなのかはわかりませんが、 いずれにせよ原作が気に入りコミカライズに手を出した人は少々受け入れがたいレベルだと感じます。 原作を汲まないなら汲まないでもっと改変してサイドストーリーとして出せばいいのに、 中途半端に雰囲気残したままわけわからんゲームをやり始めたり、オリキャラ出したりやりたい放題です。 カナコのキャラも大分違いますね。 諦観に塗れながらも強かで、でもたまにドジるところに魅力があると個人的に思っているのですが、 この作品の中ではただの真っ直ぐなバカって感じです。 やたら若くて可愛いのは…まぁ仕方ないですが、あの制服は… ただ、なんとなく続巻も読んでみたのですが、これはこれで面白い。 原作未読者には(この手のグロ描写に慣れている方なら)普通に薦められます。 読んでる間は絵が下手、話がつまらないと感じた。 読後に皆さんのマンガへのレビューより小説版にも目を通すと、マンガより有意義に感じられた。 導入部がすでに既視感のある話をまとめただけで価値がない。 登場するキャラには、凄味もなく薄っぺらいデザインと言動。 グロ目的と思われるカットも残虐性の表現が成立しておらず さらにグロ入りカットが別コンテンツにて既知のものより劣る。 映像化なので酷評いれても、いつものレビュー調整が入るだろうが足跡を残しておく。 そもそも日本におけるエログロは 映像化の規制があるからこそ小説のみで展開し メディアミックスはしなかったはずが、 やたらとマンガとなり配慮が変質したように感じられる。 身から出た錆で殺し屋専門の定食屋のウェイトレスになった主人公、カナコ。 その店主であるボンベロは冷血、ドSといった印象を受ける謎の男。 ボンベロは非常に強く店のルールを破ったものには容赦しないが、従業員を助ける訳ではないので緊張感がある。 些細なことで客に殺されかねないこの定食屋で果たしてカナコは生き延びることができるのか。 一癖どころじゃない殺し屋たちの造形や言動が楽しい。 1巻、2巻同時発売だったので一気に2巻まで読んだが、カナコがアホながらも健気で強かな女性で応援したくなる。 絵は小綺麗で整っていながらもしっかりとエログロ描写しているのでそういうのが苦手な方は注意かと。 私は原作も同作者の他の小説も未読で、原作小説を書いている平山夢明先生は確か鬱グロ小説で有名な方だったかな?程度の認識でしたが、この漫画版Dinerが面白かったので原作小説が読みたくなりました。 追記: 話の続きが気になりすぎて、原作小説文庫版を購入しました。 ものすごく面白く、むさぼりつくように読んでしまいました。 まず主人公のカナコが30歳バツイチから漫画では25歳の可愛らしい女性に変わっていて、話自体も原作とは異なっているのに驚きました。 青年誌とはいえ美人ではない30歳の女性が主人公だとあまり人気は出ないでしょうし、素手で人を殺せるとは思えないイケメンになっているボンベロ含めてこういった部分の変更は売れるためにも仕方ないかと。 まさか(無垢の祈りと銀の弾丸)が漫画オリジナルのストーリーだとは思わなかった。 他の方のレビューにもあるとおり原作小説の異常な緊張感は確かに漫画では薄いが、個人的にアクションシーンは小説よりもわかりやすく、グロもしっかり、料理は原作ほどではないが美味しそう(小説は文字だけで涎が出てくるくらいに凄まじい描写)なので原作を読んだ後でもこの漫画は好きです。 うまい具合に改変していくであろう今後の展開に期待。

次の