生命素粒子とは。 〝生命素〟発見!|川口市の漢方外来は漢方専門医のいる養神堂クリニックへ

ガンと難病を快復させる生命素粒子の力 / 〓良 悦子【著】

生命素粒子とは

『生命素粒子はすべての病気を完治させる』(徳良悦子著)には以下のように書かれています。 「生命素粒子は、見ることも、捉えることもできません」 「この世に最初に生まれ、最後に消えていく最小の情報素粒子なのです」 「私たちが生きているこの空間も、生命素粒子で形成され、空間を表現しています」 生命現象が情報的現象であることは、既にあらゆる分野の学者が主張していることです。 この生命素粒子にはプラスとマイナスが存在し、 プラスの生命素粒子が人体で生成されなくなった時が「死」とされています。 思考とはこの生命素粒子が分散的・協調的・超並列的に 情報空間で様々なやり取りを行うことであるという仮説がありますが、 ゴールを設定すれば設定した状態を現象化するためにプラスの生命素粒子が発生し 免疫力が向上するのではないかという推測ができます。 さらにヨガや気功法もこのプラスの生命素粒子を発生させると考えられています。 この生命素粒子を自ら生み出す方法を体得すれば、 がんや精神病を治癒させることができるとされます。 現代の医療は実はここまで来ているのですが、 まだまだ一般には広がっていないため普及には至っていません。 101歳まで生きたデイヴィッド・ロックフェラーは 医者にかかることを拒み、自然療法しか受けなかったと言われています。 まぁ、こういう話を聞いて「やはり支配者は一般市民を洗脳している!」 と言いたくなるのもわかりますが 一方で洗脳を許す人々もいるわけです。 民意が必ずしも正しいわけではないのと同じように 添加物の入った食品や大して効かない薬を売ることが儲かる状況を作るのは 消費者であるという一面もあるわけです。 ヨガでは「断食は万病を癒す妙法である」と言われていますが 実践する人は少ないのが現状です(私もやってませんし…)。 とはいえ私は、急がず焦らず、 漸進的に生活スタイルを変えていけばいいと思っています。

次の

素粒子の発見と標準理論

生命素粒子とは

商品について この商品は「苫米地英人 DVD第18弾 生命素粒子トリニティ宇宙場と超能力性向 特典付」の中古情報商材です。 「苫米地英人 DVD第18弾 生命素粒子トリニティ宇宙場と超能力性向 特典付」の詳しい商品仕様に関しては、ネット検索いただくか下記フォームよりお問い合わせ下さい。 ご購入の流れについて(初めてご利用いただける方向け) 商品をカートに入れていただき、購入画面に進んで代金をお支払い下さい。 詳しい商品ダウンロード方法についてはをご覧ください。 発送について 「苫米地英人 DVD第18弾 生命素粒子トリニティ宇宙場と超能力性向 特典付」は情報商材なので、データでの送付(ダウンロード)となります。 本・CD・DVDなどの発送はしませんので、予めご留意下さい。 また、ご購入後にメールで商品を送付させていただきますので送料無料です。 商品カテゴリー• 903• 298• 106• 1413• 145• 615• 303• 159• 102• 135• 148• 606• 324• 188• 351• 726• 107• 161• 198• 464•

次の

全ての根源とは何か? ~生命素粒子仮説~|読むだけで勝手に成功するnote@宇宙哲学者|note

生命素粒子とは

研究領域名 超低速ミュオン顕微鏡が拓く物質・生命・素粒子科学のフロンティア 研究期間 平成23年度~平成27年度 領域代表者 鳥養 映子(山梨大学・医学工学総合研究部・教授) 研究領域の概要 「超低速ミュオン顕微鏡」によるイメージング法を確立し、スピン時空相関という概念に着目して、界面が関わる多様な物理・化学・生命現象の発現機構を理解する新しい学術領域を開拓する。 そのために 超低速ミュオン顕微法を確立し、さらに物質創成の原理に迫るミュオンの超冷却と尖鋭化に取り組む。 これにより、大強度陽子加速器施設J-PARCの世界最強パルスミュオンを生かした、物質・生命・素粒子基礎物理研究の世界的研究拠点を構築する。 領域代表者からの報告• 審査部会における所見 A (研究領域の設定目的に照らして、期待どおりの進展が認められる) 1.総合所見 本研究領域は、原子核物理に応用されてきた加速器技術を基礎とし、原子物理学やレーザー物理学、さらにイオン光学を利用して、従来想像し得なかった高分解能の超低速ミュオン顕微鏡を開発するものであり、まさに新興・融合領域研究の好例である。 超低速ミュオン顕微鏡を使って、固体物理のみならず、触媒化学や表面科学、さらに生命科学や素粒子科学にまで貢献するという研究構想は大変魅力的であり、大きな期待を抱かせる。 J-PARCハドロン施設の事故による中断にもかかわらず、現在、ほぼ予定通りに研究が進展していることは高く評価できる。 ほぼ完成し設置も完了した超低速ミュオン顕微鏡については、中心部となるミュオニウムのレーザーイオン化に用いるレーザーの高強度安定運転の達成が今後のポイントであり、一層の努力を期待する。 また、超低速ミュオン顕微鏡を利用する様々な実験研究は、研究期間のかなり後半にずれ込むことが予想されるため、モチベーションを高く持ち続け、J-PARCの状況に応じて柔軟な対応を図る努力が求められる。 2.評価の着目点ごとの所見 1 研究の進展状況 超低速ミュオン顕微鏡の開発という目標に対して、研究項目A01及びA04に参画している研究者を中心に基幹部の熱ミュオニウム発生装置の開発と設置が順調に行われている。 また、研究項目A02及びA03に参加して顕微鏡を用いた物性実験を実施する予定の研究者も関連する様々な実験や理論開発を進めてきている。 J-PARCの事故によりビームの高度化を図る計画が中断しているにもかかわらず、準備研究が各計画研究で着実に進められている点は高く評価できる。 さらに、様々な研究会を通じたプロジェクトの普及や異分野の学会などへのアウトリーチ活動に努めながら、応用展開を積極的にアピールしている点も評価できる。 2 研究成果 低速ミュオンビーム開発は、日本が長年の間、研究開発を担ってきた実績があり、J-PARCにおける大強度ミュオンビームの供給を得て、研究期間の前半はビームラインとレーザー整備を中心に研究開発が進んだ。 特に、研究項目A01及びA04における集中的な開発により、J-PARCにおけるミュオンビームライン、熱ミュオニュウム発生、レーザーイオン化、ビーム輸送系、SR実験用分光器などの整備が、短期間で完成したことは特筆に値する。 さらに、イオン化用のレーザーが全固体結晶レーザーを使って発振に成功したことも高く評価できる。 現段階で、超低速ミュオン顕微鏡はほぼ完成し設置されている。 また新たなターゲット材料の開発も順調に進められている。 3 研究組織 本研究領域の推進に向けて、加速器物理、レーザー物理、物性研究者が一丸となって研究開発を実施しており、ミュオンビームの最適化のほか、研究項目A01とA04に参加するメンバーによるレーザーシステムの構築や研究項目A01、A02、A03に参加するメンバーによる分光器の構築など異分野連携の共同研究が多彩に行われている。 4 研究費の使用 特に問題点はなかった。 5 今後の研究領域の推進方策 本研究領域において鍵を握るのは、超低速ミュオン顕微鏡の中心部であるミュオニュウムのレーザーイオン化であり、その成功がなければ後に続く研究展開にも困難が生じる。 現在は、必要な光の生成に一応の目途がついたという段階であり、今後、セラミック材料の採用による高出力化と高安定化という挑戦的な取組を成功させるための一層の努力が必要であろう。 さらに、超低速ミュオン顕微鏡を利用する立場の研究者(すなわち、研究項目A02及びA03に参画している研究者)の活躍は、顕微鏡が計画通りに完成しても研究期間のかなり後半にずれ込むなることが予想されるため、それまでの間モチベーションをいかに高められるかが大切であり、J-PARCの今後の運転状況に応じて柔軟に計画変更する必要も予想される。 6 各計画研究の継続に係る審査の必要性・経費の適切性 各計画研究共に、開発研究(研究項目A01及びA04)や準備研究(研究項目A02及びA03)が着実に進められている。 本研究領域の重要な舵取りを担う総括班においても、様々に連携する仕組みを強化する取組がなされている。 今後、超低速ミュオン顕微鏡の本格運用に向けて、総括班を中心に各計画研究代表者は、研究の進展に応じて優先度の再検討や推進計画の修正を加えられる多面的な研究計画を準備しておく必要はあるものの、いずれも現時点で継続に係る審査の必要はない。 また、研究経費は妥当であると認められる。 お問合せ先.

次の