アス 映画 あらすじ。 アスダル年代記 あらすじ・感想|ソン・ジュンギが美しい!唐田えりか出演|猫耳のドラマ生活

アスダル年代記

アス 映画 あらすじ

映画アスのあらすじ1 サンタクルスでの出来事 少女アデレードは両親と一緒にサンタクルスのビーチにある遊園地でバケーションを過ごしていた。 アデレードの父親はピッチングゲームをやり、アデレードのために景品のTシャツをゲットしてくれた。 ある時、母親は父親とアデレードをその場に置いてトイレに向かった。 父親はその間、もぐら叩きに夢中になり、アデレードがいなくなっても気づかないでいた。 遊園地の中を一人彷徨うアデレードは、長髪の男が段ボールを掲げているのを目にした。 段ボールには「Jeremiah 11:11」と書かれていた。 アデレードはビーチ沿いにある鏡の館へと吸い込まれるように入っていった。 あろうことかそこには鏡に映った自分だけでなく、自分と全く同じ格好をした少女がいた。 アデレードは少女を見て意識を失った。 その日以来、アデレードはトラウマを抱え、別人のようにほとんど口を聞かなくなり、両親を心配させた。 映画アスのあらすじ2 サンタクルスに戻ったアデレード それから十数年が過ぎ、大人になったアデレードは新しい家族を連れてサンタクルスの近くにある別荘地を訪れていた。 アデレードはガブリエルと結婚し、二児の母になっていた。 息子のジェイソンと娘のゾーラは、どこにでもいる元気な子供だった。 家族はサンタクルスのビーチに行きたがったが、アデレードは幼少時のトラウマのことをいまだに引きずっていた。 それでも仕方なく家族に付き合い、ビーチに行くことにした。 ビーチでは友人のキティとジョシュ夫婦が彼らを待っていた。 もちろん夫婦の双子の娘たちも一緒だった。 みんながビーチで遊んでいると、目を離した隙にジェイソンは一人でトイレに行ってしまう。 そのときジェイソンは手から血を垂らした変な男と遭遇する。 アデレードは自分の息子が行方不明になったと思い、大慌てで辺りを探す。 ジェイソンがトイレから帰ってくると、パニックになっていたアデレードはもう別荘に戻ろうと言い出した。 彼女のトラウマの記憶が再びフラッシュバックしてきたからだ。 映画アスのあらすじ3 不審な家族現る すっかりトラウマがよみがえってきたアデレードは夫のガブリエルに家に帰ろうと提案する。 ガブリエルはアデレードをなだめようとした。 アデレードはサンタクルスに来てからというものずっと嫌な予感がしていた。 ジェイソンの部屋に行くと、時計の針が11時11分で止まっていた。 その直後、赤い服を着た複数の人間が家の前にいるのが見えた。 家族のようだった。 家族はただぼっと玄関の前に突っ立っていた。 ガブリエルが追い払おうとしても家族はただ立ったままで動こうとしなかった。 気味が悪くなかったアデレードは警察に連絡する。 すると、不審な家族はガブリエルの制止を振りほどいて、家の中にまで侵入してきた。 よく見ると、彼らは自分たちと同じ顔をしていた。 映画アスのあらすじ4 恐怖の時間 アデレードと同じ姿をしたレッドは家族の前で涙を流しながらお姫様とお姫様の影のストーリーを語りだした。 お姫様が良い暮らしをしている一方で影はひどい暮らしを強いられているそうだった。 レッドはハサミで家族を脅し、アデレードに手錠をかけるように言った。 ガブリエルはガブリエルの姿をした男に外に引きずり出されてしまう。 ゾーラは走って外に逃げ、ゾーラの姿をした少女がその後を追っていった。 ジェイソンは自分の分身と二階に上がった。 映画アスのあらすじ5 脱出 ガブリエルはボートに乗せられていた。 そこで自分の姿をした男と格闘になった。 金属バッドで戦い、最後はボートのモーターに追い詰め、なんとか撃退することができた。 ゾーラは夜道を走って逃げたものの、すぐに分身に追い付かれてしまう。 しかし近所の住人が出てきたことでなんとか難を逃れた。 ジェイソンは自分の分身と一緒に小部屋にいた。 ジェイソンが動くと分身も同じ動きをした。 マスクを取ると分身の顔は火傷だらけだった。 ジェイソンはマジックを見せるフリをして、小部屋を脱げだし、ドアをロックした。 アデレードは鉄の棒を拾って、テーブルの足を破壊し、なんとか自由の身になることができた。 レッドが上に上がった隙を見て小部屋から出てきたジェイソンを連れて家の外に逃げ出すことに成功する。 ゾーラも走ってアデレードのもとに逃げて来た。 ちょうどそのときガブリエルがボートに乗って船乗り場に現れた。 アデレード、ジェイソン、ゾーラはすかさずボートに飛び乗り、なんとか追っ手を振り払った。 映画アスのあらすじ6 別の家族 ちょうどその頃、キティとジョシュ夫婦の家にも赤い服を着た彼らと同じ姿をした人物が現れ、家族を襲撃した。 あっという間にキティとジョシュと双子の姉妹は赤い服の分身たちにハサミで襲われ、命を奪われてしまう。 そこにアデレードたちが助けを求めてやってきた。 出迎えたのがジョシュ本人だと思って家に入ろうとしたが、家の中は悲惨な状況だった。 アデレードだけキティの分身に家の中に連れて行かれた。 ガブリエルはジョシュの分身とバットで戦った。 ジェイソンとゾーラは裏口から入り、母親を救出しようと試みる。 ゾーラはゴルフのパターを持って双子の分身に立ち向かった。 キティの分身はジェイソンが置き物で殴って倒したことで、アデレードもゾーラも無傷で済んだ。 映画アスのあらすじ7 町中に出現した赤服の集団 怪我を負った両親を見て、娘のゾーラが代わりに運転した。 道中にゾーラの分身が現れたが、猛スピードで轢き、アクセルとブレーキを使い分けて分身を森の奥へと突き飛ばした。 再び車を走らせると、街は赤い服を着た分身たちに襲われた被害者で一杯だった。 赤い服を着た集団は手をつなぎなにやら長い列を作っていた。 駐車場に付くと、燃えた車の前にジェイソンの分身が現れた。 アデレードは車を降りて彼のほうに行ったが、ジェイソンはそれが罠であることに気が付き、みんなに車から降りるように言った。 ジェイソンの分身はガソリンに火を付けようとしていた。 ジェイソンが自分と同じ動きをする分身の癖を見抜き、分身を炎の中へと誘った。 分身は炎に包まれ倒れたが、ジェイソンが家族と離れたのを見て、陰に隠れていたレッドがジェイソンをその場から連れ去った。 アデレードはレッドの後を追いかけた。 映画アスのあらすじ8 クローン人間たち アデレードはかつて自分がトラウマを受けた鏡の館にいた。 ジェイソンはその中に連れて行かれたに違いないと確信していた。 鏡の館の中には地下に続くエスカレーターがあった。 レスカレーターを降りると、そこには別の世界が広がっていた。 長細いトンネルのような廊下が続き、たくさんのウサギが自由に歩き回っていた。 アデレードはレッドの姿を見つけた。 レッドは長い間この場所で人々のクローン人間が生活していたことを明かした。 彼らは政府が秘密裏で行っていたクローンの実験によって作られた人間たちだった。 アデレードはレッドと格闘になり、ハサミによる攻撃を受け、今にも命を落としそうだった。 しかし最後は鉄の棒でレッドを突き刺し、見事ジェイソンを救出した。 家族には再び平和が戻った。 車の中で安堵の表情を浮かべるアデレードにふと昔のトラウマの記憶がよみがえってきた。 鏡の館でアデレードは意識を失い、自分のクローンに地下に連れて行かれた。 クローンはアデレードに手錠をかけ、ベッドから動けなくした。 するとクローンはアデレードの洋服を着て何食わぬ顔でアデレードの両親のもとへと帰っていった。 その日からクローンがアデレードとして生活し、アデレードがレッドになったのだった。 レッドこそが本物のアデレードで、アデレードのほうがむしろクローンだったのだ。 もちろん家族の誰もがそんなことを知る由もなかった。 外を見ると、アメリカ中のクローンが手をつないで一つになっていた。 >> >> >>.

次の

アス

アス 映画 あらすじ

CONTENTS• — ATRESMEDIA CINE, S. — MISTERY PRODUCCIONES A. E 【公開】 2017年(スペイン映画) 【原題】 Que Dios nos perdone 英題:May God Save Us 【監督】 ロドリゴ・ソロゴイェン 【キャスト】 アントニオ・デ・ラ・トレ、ロベルト・アラモ、ハビエル・ペレイラ、ルイス・サエラ、ラウル・プリエト 【作品概要】 連続殺人事件を追う刑事コンビの戦いを描くスパニッシュ・ミステリー作品。 『私が、生きる肌』のロベルト・アラモは刑事ハビエル役を演じてゴヤ賞にて主演男優賞を受賞。 一方の刑事ルイス役に『マーシュランド』のアントニオ・デ・ラ・トレが演じています。 日本公開は「ワールド・エクストリーム・シネマ(WEC)2017」上映作品。 — ATRESMEDIA CINE, S. — MISTERY PRODUCCIONES A. E この作品は刺激的なモチーフである「連続老女強姦殺人」という事件をモチーフにストーリーは展開。 テンポよく見せるサスペンスに、ロドリゴ・ソロゴイェン監督の骨太な演出手腕と力量を見せる作品です。 — ATRESMEDIA CINE, S. — MISTERY PRODUCCIONES A. E その刑事たちは直情的な暴力刑事のハビエル役に、映画 『私が、生きる肌』などで知られるロベルト・アラモ。 — ATRESMEDIA CINE, S. — MISTERY PRODUCCIONES A. E 高い捜査能力を持ちながらもコミュニケーション能力に難のあるルイス役に、映画 『マーシュランド』のアントニオ・デ・ラ・トレが演じています。 そのほかスペイン語圏ではおなじみのキャストたち、 ハビエル・ペレイラ、ルイス・サエラ、ラウル・プリエトらが渾然一体となって超一級のミステリーとなっています。 — ATRESMEDIA CINE, S. — MISTERY PRODUCCIONES A. E もちろん、映画の醍醐味であるサスペンスとしても秀でたことで、本作は サン・セバスティアン国際映画祭や釜山国際映画祭など、各国の映画祭でも公式上映されました。 演劇の学校を卒業した後、テレビドラマで人気を得て、1996年にスクリーンデビューを果たします。 それ以来、数多くのテレビドラマに出演、またシリアスなものからコメディ作品まで50本以上の映画に出演をする、スペインでは人気のある役者です。 日本の映画ファンには、2011年の ペドロ・アルモドバル監督の映画『私が、生きる肌』のセカ役に出演したことで、ご存知の方もいるかもしれません。 その中のベンジャミン役で ゴヤ賞助演男優賞を受賞。 また フェロス賞助演男優賞にノミネートされました。 2016年に『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件(原題:Que Dios nos perdone)』で、ふたたびゴヤ賞にノミネートされると 主演男優賞を受賞。 そしてまたも翌年に同作で フェロス賞で主演男優賞を受賞を獲得。 — ATRESMEDIA CINE, S. — MISTERY PRODUCCIONES A. E 映画『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件(原題:Que Dios nos perdone)』スペイン版予告編 俳優ロベルト・アラモに関連するインスタグラムや、予告編の動画を見比べるだけでも、彼がスペインで知られる俳優であることがお分かりいただけたでしょうか。 本作でルイス刑事役で共演した名優アントニオ・デ・ラ・トレは、9度のゴヤ賞の演技賞ノミネートされるなど、スペインを代表する俳優ですが、ロベルト・アラモも役者としても演技力に幅がある同じくスペインを代表する1人です。 — ATRESMEDIA CINE, S. — MISTERY PRODUCCIONES A. E 2011年夏、ローマ法王の来訪が間近に迫り、その熱気に沸くスペインのマドリード。 しかし、市内のアパートでは一人暮らしの老女の命が奪われます。 現場に向かったのは、高い捜査能力を持ちながらコミュニケーション能力に難のある刑事ルイス。 そして、もう1人の刑事は直情的な性格から度々トラブルを起こす暴力刑事のハビエルでした。 当初は単純な強盗殺人事件かと予測されたが、ルイスは被害者が強姦されていた事実に気付きます。 老女強姦殺人事件という、前代未聞の特殊な事件に捜査は難航していきます。 だが、それに納得のいかないルイスとハビエルは水面下で捜査を進めるが…。

次の

アスダル年代記

アス 映画 あらすじ

『アス(US)』 を配信中の動画配信サービス一覧 『 アス(US)』が配信されている動画配信サービスは以下の通りです。 ざっくり説明すると、「U-NEXT」は無料トライアルへの登録と同時に600円分のポイントがもらえるので、 U-NEXTなら実質タダで『 アス(US)』を観ることができます。 さらに無料トライアル中に解約すれば 料金は一切発生しません。 以下からU-NEXTに登録すれば、すぐにでも『 アス(US)』を視聴することができます。 もっと動画配信サービスを比較したい。 という方は以下のページをご覧ください。 U-NEXTがおすすめな理由 主なおすすめポイントは以下の通りです。 『』 『ゲット・アウト』は『アス(US)』の監督、ジョーダン・ピールのデビュー作です。 2018年のアカデミー賞では脚本賞を受賞するほどの作品なので、一見の価値ありですよ! 『アス(US)』のあらすじ 『 アス(US)』は2019年10月4日に日本公開された122分のアメコミ映画です。 あらすじ 夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れたアデレードは、不気味な偶然に見舞われたことで過去のトラウマがフラッシュバックするようになってしまう。 (より) スタッフ• アデレード・ウィルソン/レッド:ルピタ・ニョンゴ• ゲイブ・ウィルソン/アブラハム:ウィンストン・デューク• キティ・タイラー:エリザベス・モス• ジョシュ・タイラー:ティム・ハイデッカー• ゾーラ・ウィルソン/アンブラ:シャハディ・ライト・ジョセフ• ジェイソン・ウィルソン/プルートー:エバン・アレックス• ベッカ・タイラー:カリ・シェルドン• リンジータイラー:ノエル・シェルドン 主演は『それでも夜は明ける』『ブラックパンサー』などに出演しているルピタ・ニョンゴ。 助演に同じく『ブラックパンサー』や『アベンジャーズ/インフィニティウォー』などでエムバクを演じたウィンストン・デュークです。 『アス(US)』の見どころ・おすすめポイント それでは『 アス(US)』のオススメポイントをネタバレ無しでお届けします。 私たちがやってくる!?ドッペルゲンガーの恐怖 バカンスにやってきた4人家族の元に、自分達ソックリの別人が敵意をもってやってくる・・・。 と、想像するだけでバチクソ怖そうなシチュエーションですよね。 身も蓋もないことを言ってしまえば、すげー怖いです。 笑 「ドッペルゲンガーがもたらす恐怖」は世界中に共通点があります。 例えば日本でも「3回自分と同じ人に会ったら死ぬ」という都市伝説を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 海外ではシェイプシプターやチェンジリングなどモンスターとして姿を現しています。 要するに、ドッペルゲンガーは人類にDNAレベルで刻まれた恐怖の対象なんですよ。 心霊や殺人鬼とはまた違った、新しい恐怖を是非体験してください。 「ハンズ・アクロス・アメリカ」を知っておこう 本作を鑑賞するにあたり、「ハンズ・アクロス・アメリカ」を知っておくとより楽しめるかもしれません。 「ハンズ・アクロス・アメリカ」とは、1986年にアメリカで行われたチャリティイベントです。 「自国の貧困層を救うため10ドルの寄付を呼び掛け、寄付者同士が手を繋ぎアメリカの西海岸から東海岸まで繋げよう。 」というイベントです。 しかし、このイベントは目標金額に達することができず、失敗に終わっています。 ちなみに集まった寄付者たちは実際に15分間手を繋ぎました。 イベントの内容はもちろん、15分ということにも是非注目してみてくださいね! 芸術的な象徴ショットに注目 ジョーダン・ピールは、ショットで語ることで高く評価を得た監督でもあります。 要するにセリフを使わず、映像表現によって作品のコンセプトやテーマを伝えているんです。 そんな映像だけを使った語り口を「イメージシステム」なんて読んだりするんですが、本作『アス』も多くの「イメージシステム」が組み込まれています。 一つ例をあげると、冒頭で一家が砂浜を歩くシーンがあります。 このシーンは一家を真上からまっすぐに見降ろすように捕え、実体のある本人達は、点でしか写されていません。 しかし、全員の影がまるで歩いているかのようにハッキリと映し出されているんです。 これは言うまでもなく、ドッペルゲンガーを示唆したシーンです。 このようなショットが本作には多数あるので、熟考しながら鑑賞するのも楽しいかもしれませんね。 関連記事: 口コミ 早稲田松竹で『ハウスジャックビルド』と『Us』観了。 ラース監督の新作だから観なくては…と思ったけど、もうやば過ぎてついて行けなくなった。 マジキチ変態サディスト過ぎる。 女になんの恨みがあるんだろう🤔近年のMe too運動で逆恨みしてんだろうか。 ジョーダンピール監督のUsは最恐で最高だった! — なんて骨体 b00mkat 「アス」 ゲットアウトを1人で観たくらいだから大丈夫だろうなんて甘かった。 演出がすごすぎる!ルピタニョンゴもすごすぎる!観た後に考察読み漁って語りたくなるような作品。 今回もなかなかにキツい社会風刺でした。 ジョーダン・ピール監督、今後も楽しみです。 観たくないけど、次も観よう。 — Matilda matilda4912 不気味さ満載で凄かったー! ルピタニョンゴ凄すぎ😨音楽がまた素敵で素晴らしかった!

次の