楽天 アン リミット 解約。 楽天モバイルのアンリミットのSIMだけを契約して、知人のスマホを借り...

楽天モバイル(アンリミット)の解約方法。手順と注意点についてまとめ。|MNPのコンシェルジュ

楽天 アン リミット 解約

スマホを契約するときは、契約書のちっさい文字までしっかり読むのりをである。 そんな私が今回発表された楽天モバイルの新料金プランについて、デメリットを調べてみたので紹介しよう。 こうしたスマホの料金プランは良いところばかりを宣伝するが、不都合な所などは小さな文字で目立たなくこっそりと記載されていることが多い。 安いと思って契約したら通信が遅かったり、不要なオプションがたくさん付いてむしろ高くなってしまったり…オプションの解除方法が分かりづらかったり…と身に覚えがある人がいるのではないだろうか? スマホ・携帯の契約やネットワーク回線、プロバイダの契約はあの手この手で消費者に分かりづらい契約をさせる。 非常に頭を使わなければ損をするように仕組まれているのだ。 一々頭を使用して小さい豆粒な字を読むのも馬鹿らしいので私が調べたデメリットを紹介しよう。 この記事の目次• 新プランUN-LIMIT アンリミット :デメリット 色々と調べた結果わかった大きなデメリットは以下3点だ。 データ使い放題の対応エリアが狭い(東京・名古屋・大阪)• 楽天モバイルの対応端末が分かりづらい。 (iPhoneが利用不可?)• 事前申し込みは新規契約のみ 詳しく見ていこう。 データ使い放題の対応エリアが狭い 新参モノのキャリアなので、対応エリアが狭いのは仕方の無いことなのだが実際にどれほど狭いか見てみよう。 楽天モバイルの公式サイトで公開されている対応エリアは以下の通り。 参照:楽天公式サイト: ピンク色の所が対応エリアだ。 ぱっと見エリアが非常に広く見えるのだが、データ使い放題の対応エリアというのが、このピンクが濃くなっている箇所のみなのだ。 非常に見づらく錯覚させてしまうのがズルいポイントなので、契約を検討する際はこのエリアを入念に確認してほしい。 楽天回線エリアはせめて別の色にしても良いのではないか? 参照:楽天公式サイト: 対応エリアをよーく見てほしいのだが、東京、大阪、名古屋、京都のみしか対応していないので注意が必要ということがわかる。 また、左下辺りに「サービスエリアに関する注意事項」とうのがあるので見ていただきたい。 参照:楽天公式サイト: クリクすると以下が表示サれる。 参照:楽天公式サイト: なにやら難しいことが書いてあるが、要するに通信が悪い場合があるけど勘弁してね、という内容が書いてある。 特に1,2,3、5,6,8,9,10とほぼ通信悪いの勘弁して欲しいという言い訳が書いてある。 新参企業で基地局が少ないため仕方の無いことだと思うが、通信の品質についてはあまり期待しない方が良さそうだということが伺える。 上記注意点を読んで考えられる不便さは以下2点ということだろう。 人が集中するエリア、時間は常に通信が遅い• 気づかない内に楽天エリアから外れてパートナーエリア回線を使用している 楽天モバイルの通信品質はあまり期待しない方が良さそうだ。 楽天モバイルの対応端末が不明確。 (iPhoneが利用不可?) 調べていて非常にわかりづらかったのが、対応端末が何なのか?という点だ。 SIMフリーやSIMロック解除端末でも、楽天モバイル対応端末でなければ使用できないのか?iPhoneはどうなのか?という所がいまいち分かりづらい。 一応動作確認済み端末は以下のサイトで確認できる。 動作確認済み端末: 確認するとおおよそ最近のスマホは利用できそうではあるのでおそらく、SIMフリーやSIMロック解除端末かつ、ここ4,5年で発売された端末であれば問題ないだろう…おそらく。 (ややこしい) この辺の情報がいまいち分かり辛い。 しかも今回のプランではパートナー回線としてau回線を使用するということで、ドコモやソフトバンクのSIMロック解除端末も使用できるのか?という疑問が残る。 また、iPhoneが利用できない。 と言っているブログを見かけるのだが根拠がいまいちわからない。 楽天のサイトを確認するとiPhoneも対応しているので、使用は可能と見て良いだろう。 購入を検討する場合はこの辺を良く確認すると良いだろう。 事前申し込みは新規契約のみ Webの購入手続き画面に行くと下記のような選択項目が出てくる。 下から2番目を確認していただきたいのだが、「新規電話番号のお申し込みのみとなります(必須)」という項目がある。 実はこの端末の先行申し込みは新規でのみしか契約ができない。 つまり、新しく電話番号を取り直さなければ行けないということだ。 これはなぜだか不明なのだが、かなりのデメリットである。 今や電話番号は様々なところの契約で使用しているため、そう簡単に変更などできるわけが無く、変更する場合は相当な気合が必要となるので要注意だ。 新プランUN-LIMIT アンリミット :メリット ここまで、楽天の新料金プランのデメリットを紹介したが、逆にメリットについても触れておこう。 メリット• 一年間無料 300万名対象• 完全データ使い放題(楽天基地局接続時)• 国内通話かけ放題(専用アプリ使用時)• オンライン契約で3,000ポイント• 事務手数料:3,300円相当分全額ポイント還元• SIMロックなし、最低利用期間なし、解約解除料免除 デメリットに比べメリットはかなり多くある。 特に嬉しいのが、「一年間無料」と「最低利用期間」「解約解除料」なし、という所だろう。 新しく進出したキャリアなだけに、前述したデメリットがあるのだが、このメリットによって駄目だと思ってもすぐに引き返す事が可能なのだ。 かなり思い切った戦略であり楽天の本気度が伝わってくる良プランだ。 おそらく「一年無料」プランでユーザーを引き止めている内に上記であげたデメリットを改善していってくれるのだろう。 以下の記事でも書かれているので参考にしていただきたい。 Engadget参照 どうやら衛生通信を利用するようだ。 頑張ってもらいたいものだ。 本当に実現したらすごいことになるだろう。 新プランUN-LIMIT アンリミット :買いなのか? このように楽天モバイルの新料金プランはデメリットだけでなく、それを補うようにメリットが多く存在するが、結局の所買いなのか? 私個人としては買い、である。 ただし現在楽天エリア対象に住んでいる人に限る。 理由としては、以下2点が挙げられる。 一年間利用料金が無料• 解約料なし• 今後対応エリアが増える可能性がある 一年間利用料金が無料 300万人限定)かつ解約手数料がないため駄目ならすぐに逃げられてなおかつ無傷だ。 また、対応エリアがこれからどんどん増える可能性まであるのだ。 これは買わない手は無いだろう。 念の為、保険として現在使用しているスマホは利用し続けるのが良い。 例え失敗して解約しても問題ないし、今まで使用していた電話番号も残しておけるからだ。 ちなみに、私はすでに先行申し込み済みだ。 新料金プランが発表された後、色々と調べた結果上記の理由であまりリスクは無いだろうと考えた結果である。 申し込みをすると送られてくる明細 正直あまり通信品質については期待していないが、今後に期待している。 新プランUN-LIMIT アンリミット :まとめ 楽天モバイルの新料金プランである「UN-LIMIT アンリミット)」について以下分かりにくいメリットを紹介した。 デメリット• データ使い放題の対応エリアが狭い(東京・名古屋・大阪)• 楽天モバイルの対応端末が分かりづらい。 (iPhoneが利用不可?)• 事前申し込みは新規契約のみ また、メリットについては以下を紹介。 メリット• 一年間無料 300万名対象• 完全データ使い放題(楽天基地局接続時)• 国内通話かけ放題(専用アプリ使用時)• オンライン契約で3,000ポイント• 事務手数料:3,300円相当分全額ポイント還元• SIMロックなし、最低利用期間なし、解約解除料なし 通信品質、対応エリアが残念だが一年間無料と解約料なしなのでリスクなしなので即買いレベルの良プランである。

次の

Rakuten UN

楽天 アン リミット 解約

15000ポイントの還元があるため、実質2000円の端末価格になりますが、17000円の支払いが発生しますよ。 家族に申し込んでもらってはいかがですか。 私も家族に申し込んでもらいました。 simはいつ申込みされましたか。 A7のキャンペーンはUN-LIMTと同一申込である必要はありません。 simのみの契約であれば、別途A7の購入でポイント還元のキャンペーンが適用されます。 ただ問題はこのキャンペーンの詳細にキャンペーン期間中に、UN-LIMTの申し込みと端末の購入が特典対象という記載があり、このキャンペーン期間の開始が5月1日となります。 5月1日以降にUN-LIMTのsimのみを契約し、別途指定ショップでのA7購入であればキャンペーンは適用されますよ。 このキャンペーンのルールでは4月に申し込みした人は対象外なのですが、どうもかなりのクレームが出た様で4月申し込みも適用するとの回答をチャットでもらった人がいるようです。 そのチャットの画像もみましたが、果たして本当かどうかは不明です。 >ペナルティはないでしょうか? 最悪は1回線目の強制解約+楽天IDの消滅です。 楽天IDに紐付けている全てを失うと思ってください。 ポイント等も突然消滅です。 「やって良いことといけないこと」があります。 これは「やってはいけないこと」になると御認識ください。 「サービスを継続利用してくれる人」に向けて安く提供するのに、それを即座に反故にされたら、楽天から見れば「詐欺に遭ったのと同じ」ですから、手厳しく対抗処置するのは当然のことなのです。 楽天はそう言う詐欺紛いな特典強奪に対して、非常に厳しい会社であると御認識ください。 今回限りで楽天と縁切りなら構いませんが、今後も楽天を利用したいと思うのなら、絶対に無しです。

次の

[Rakuten UN

楽天 アン リミット 解約

注意点が1つ、STEP2の転入手続きが完了するとにログインできなくなります。 楽天メールなども利用できなくなるはずなので、必要に応じて事前に手続きしましょう。 ドキドキ、ワクワクの瞬間ですね。 ちなみに自分は「」を購入しました。 5000mAhの大容量バッテリーに惹かれたのすが、ちょっとサイズが大きいかも。 女性や子供だと、なおさら大きく感じるかもしれません。 もし迷っている人がいたらワンランク上の「」の方が満足度は高いかもしれません。 利用していたスマートフォンが利用できなくなったら転入手続きは完了です。 注意点が1つ、手続き時間によって転入完了時間が変わります。 楽天モバイルで端末を購入している場合は、nanoSIMサイズ 1番小さいサイズ に切り離しましょう。 元々使っている端末にセットする場合は、サイズを合わせてくださいね。 SIMピンを使ってスマートフォンのカードスロットを取り出します。 SIMピンはスマートフォンに付属しているので、探してみてください。 銀色のピンです 画像のようにSIMカードとMicroSDカードをセットします。 OPPO A5は、デュアルSIMに対応しているので2枚SIMカードをセットできます。 あとはカードスロットをセットして、端末の電源をオンにし初期設定を済ませましょう。 楽天モバイルで購入した端末であれば、自動で開通手続きが完了します。 とくに設定をすることなく、ネットに繋がったり電話が使えます。 スーパーホーダイ・組み合わせプランで使っていた 古いSIMカードは、楽天モバイルに返却する必要があります。 捨てないように注意ですね。 返却方法は封筒にSIMカードを入れて84円切手を貼りポスト投函すれば完了なのですが、普通郵便は追跡番号がありません。 返却したことを確実に知りたい場合は、追跡番号のある 198円 や 370円 を利用しましょう。 月額料金は2980円 楽天モバイルで契約できるプランは 月額2980円の「UN-LIMIT」のみです。 迷うことは無いので分かりやすいですね。 「Rakuten Linkアプリ」を利用すると、国内通話かけ放題なので、電話をよく利用する人にも良いですね。 オプションに加入する必要なく、月額料金のみでOKです。 ただし日本から海外の通話、海外から海外の通話の場合、従量課金制なので使いすぎないように注意です。 オプションで月額980円の「国際通話かけ放題」もあるので、検討してみください。 最低利用期間 最低利用期間はなく、解約料もかかりません。 MNP転出手数料は3000円です。 自動更新は解約月を確認するのが大変ですね。 楽天モバイルはいつ解約しても、MNPしても解約料はかかりません。 楽天回線のみデータ使い放題 UN-LIMITでは、通信している場所によって「楽天回線」と「パートナー回線」を自動で切り替えます。 楽天回線に繋がっているときはデータ使い放題です。 もちろん、テザリングも使い放題です。 ただし楽天回線に繋がるエリアは、まだ一部のみです。 5GBを使い切った後は、制限モードで最大1Mbpsの通信速度でネットが使えます。 自分が住んでいる場所が「楽天回線エリア」か「パートナー回線エリア」かが大事なので、申し込む前に確認しましょう。 海外66の国と地域で使える 海外66の国と地域で追加料金なしでデータ通信が使えます。 ただし使い放題というわけではなく、月2GBまでです。 2GBを超えた後は、最大128kbpsに制限されます。 国際通話従量課金なので、かけすぎ注意ですね。 オンライン契約で3000ポイントプレゼント• 申し込み時の手数料3300円相当分のポイントプレゼント• 対象製品+プランセット購入で最大15000ポイントプレゼント• 友達紹介キャンペーン 以上のキャンペーンは、新規申し込みでも移行でも対象になります。 現在、楽天モバイル契約中で最低利用期間が残っていても、解除料は発生しません。 かなりお得なのですが、楽天回線が使えるエリアがまだ少ないので確認してみてください。 薄いピンクはパートナー回線が使える地域です。 2020年3月21日時点で、東京・名古屋・大阪などの都市部のみが対象ですね。 2021年3月には全国をカバーする予定みたいですが、どうなるかは分かりません。 楽天モバイル・UN-LIMITは最低利用期間、解除料は無いので1年間のみお試しで契約してみるのもいいかも。 キャンペーン期間 :お申し込みが300万名に達し次第終了 オンライン契約で3000ポイントプレゼント 楽天モバイル・UN-LIMITをWebで契約し、「Rakuten Link」を利用すると楽天ポイント3000ポイントプレゼントです。 Rakuten Linkは電話やメッセージ機能が使えるアプリです。 楽天モバイル・UN-LIMITを契約した人なら、「Rakuten Link」は必須アプリですね。 キャンペーン期間:2020年3月3日(火)16:00~2020年6月30日(火)23:59• Galaxy S10、Galaxy A7、Xperia Aceのいずれかをご購入の場合 楽天ポイント 15000ポイントをプレゼント• Galaxy Note10+、AQUOS sense3 plus、AQUOS sense3 lite、arrows RX、HUAWEI nova 5T、OPPO A5 2020、OPPO Reno A 128GBのいずれかをご購入の場合 楽天ポイント 10000ポイントをプレゼント• AQUOS R5Gをご購入の場合 楽天ポイント 5000ポイントをプレゼント エントリーが必要です• OPPO Reno3 A をご購入の場合 楽天ポイント 2000ポイントをプレゼント 個人的に欲しいスマホは「」です。 価格は42000円ほどですが、有機ELパネル搭載で高価格帯にも負けていないスマホです。 楽天回線に対応していない機種だと使えない可能性があるので、持っていない場合は一緒に購入しておくと良いですね。 追記:紹介者がすでに5人紹介している場合、以降紹介された方にはポイント付与されません。 楽天ポイントの付与は、紹介された方の開通月の翌々月下旬頃までなので、現在の紹介者数が分かりません。 僕の楽天モバイルIDを入力しても紹介ポイントが付与されない可能性があるのでご注意ください。 UN-LIMITが2. 0にバージョンアップ 【通信サービスアップグレードのお知らせ】 プラン料金「Rakuten UN-LIMIT」が2. 0にバージョンアップしました。

次の