ワタミ ガリガリ。 ワタミ(和民)グループの年収【大卒高卒】や20~65歳の年齢別・役職者【課長・部長】年収推移|平均年収.jp

ワタミの元店長にインタビューした(※酒のついでに)。

ワタミ ガリガリ

2019年10月12日、日本列島に上陸し関東・甲信越・東北地方に甚大な被害をもたらした台風19号。 そのなかで、マンション内のトイレが使えないという事件が、神奈川県川崎市、武蔵小杉駅前に立つタワーマンションで起こった。 武蔵小杉駅前にある「パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー」の地下に雨水が浸水し、配電盤が故障。 停電と断水が続き、トイレが使えないという事態が発生。 その模様はテレビでも広く報道された。 さらにネット上では、同マンションの住人同士が掲示板で言い争う模様(真偽は不明)が投稿され、ネット民たちのルサンチマンにより、拡散されてしまった。 19年10月中旬、同タワーマンションに向かうと、エントランス前にはカメラを構えた取材陣が複数。 外出する住人を追いかけながら質問を浴びせていたが、迷惑そうな顔で無視をする人がほとんどだった。 プレジデント誌取材班も知人をつてに同マンション住人へ取材を申し込むも、「マスコミ対応には災害対策本部を通すように通達がありました」と断られてしまった。 管理側も不要な情報を漏らさぬよう、気を使っているようだ。 男性が内見へ行った当日は、水質調査が済んでいなかったことから、飲み水としての水道水の利用は禁止されていたものの、水も電気も復旧し、エレベーターも最上階まで動いていた。 しかし一時は、水も電気も使えず、排泄にいたっては各フロアに設置された簡易式トイレを使用するという状況が続き、住人のフラストレーションも溜まっていた。 「こんな状況で家賃を払う義務はあるのか」と苦情を出す賃貸居住者も。 だが、あくまで居住者とオーナー個人間の問題であるということでデベロッパーの三井不動産は干渉せず。 また、オーナーの多くは中国人投資家だという。 そんなこともあり、十分な対応がなされず、トラブルに発展するケースが多数あったようだ。 続きはソースで.

次の

渡邉美樹氏の態度に「時代遅れの働き方文化にしがみついている」と指摘

ワタミ ガリガリ

DVD『社長 渡邉美樹』(ポニーキャニオン) 本日(6月20日)発売の「週刊文春」(文藝春秋/6月27日号)が、かねてよりブラック企業との呼び声が高い ワタミについて、みたび追及している。 ワタミといえば、作家や弁護士、大学教授が主催する「ブラック企業大賞2012」であの東京電力を抑え見事1位を獲得するなど、。 文春では、先週、先々週号とワタミの特集を組んでいる。 記事によれば、ワタミグループでは全社員に『理念集』という冊子が渡され、その中には「365日24時間働け」「出来ないと言わない」などの言葉が掲載され、勤務時間について「『成し遂げる』ことが『仕事の終わり』であり『所定時間働く』ことが『仕事の終わり』ではない」と勤務時間に捉われることなく仕事をしろと書かれているという。 さらに勤務中の休憩時間について「12時間のうち、飯を食える店長は2流だと思っている」と渡邉氏が発言したともいう。 それを裏付けるかのように記事では元社員が「勤務時間は夕方から明け方まで12時間以上なのに休憩はとれても30分」と告白している。 この文春の記事に対し、渡辺氏は6月6日のツイッターで「本日の一部週刊誌記事は、明確に事実と異なる点があり、弁護士を通じて対応いたします。 尚、今後も事実に基づかない記事掲載等には、毅然とした対応をして参る所存です」と提訴も辞さない姿勢を示した。 また、記事が出る約1週間前の今年5月31日の渡邉氏の公式サイトには「ブラック企業と呼ばれることについて」と題した記事を掲載。 ワタミの外食事業の離職率、年収、時間外労働時間、メンタルヘルスの不調について各種統計を見ても同業他社を下回っていると主張している。 ちなみに、ワタミには外食店舗のアルバイト採用に関する問い合わせセンターがある。 36歳の筆者でもアルバイトできるか聞いたところ「受付の段階では年齢制限は設けていません。 アルバイトには学生が多いですが、36歳でも極端な差はないのではないでしょうか」とまずは年齢はOKだった。 しかし、文春で報じられているように休憩時間が取れないということはないか不安だと話すと、「6時間勤務で45分、8時間勤務で1時間しっかり取れます。 私は正社員ですが、きちんと休憩時間を取っています」とのことだった。 続く6月20日号の文春では、ワタミのグループ会社「ワタミの介護」が運営する施設で事件や事故が続出していると報じている。 記事によれば、昨年2月板橋区のレストヴィラ赤塚に入居していた当時74歳の女性が入浴中に溺死したが、当初ワタミ側は遺族に病死の可能性が高いと報告していた。 しかし、警察の捜査や司法解剖の結果、溺死と判明したという。 また神奈川県川崎市のレストヴィラ元住吉に入居していた当時87歳の男性は床ずれが悪化し、敗血症になるまで放置され、その後入院したが5日後に死亡したという。 入院直後、男性の家族がワタミ本社を訪れ、渡邉氏や清水邦晃・ワタミの介護社長と面会した際に、渡邉氏が「1億欲しいのか」と言い放ったという。 他の施設でも事故が起こっており、入居者の家族は「スタッフの人数が少ない」と口を揃えているという。 2003年に渡辺氏は郁文館(現・郁文館夢学園)の理事長に就任。 元教員は「渡辺さんが来てからの5年間で私の給料は3分の2に減りました」と告白。 また、03年度には教職員のボーナスを6カ月から4カ月にカットしたという。 渡邉氏は「教員の給与はワタミの社員と比べ高い。 不満ならどうぞ辞めてください」と言い放ったという。 結果、ベテラン教員が辞め、月給の安い講師を採用せざるを得ないとのこと。 これについて「人件費を抑えて採算をとるというのが、渡邉流なのですが、これを教育分野にも導入したのです」と経済ジャーナリストが指摘している。 さらに第1弾で登場した『理念集』に記されているという「365日24時間働け」と同じく、著書で渡辺氏は教員に対し「プライベートな時間はなく、子どものために24時間365日、全身全霊捧げます」と求め、郁文館では教師の携帯電話番号を生徒に教え「365日24時間電話していい」と伝えているという。 こうした熱血指導の甲斐あってか、渡辺氏が理事長に就任した03年3月から2年で教員が30人辞め、今年3月に中学を卒業した学年では、3年間で14名の生徒が転退学したという。 06年、第1次安倍内閣の教育再生会議の有識者会議メンバーに起用されただけのことがあって、やることが斬新すぎるきらいがあるようだ。 7月4日公示で、21日投開票される見通しの参議院選挙。 今回の選挙よりインターネットを使った選挙運動が解禁されるが、こうしたブラックな噂はネットでの広がりが速そうだ。 自民党公認候補として参院選に出馬する渡邉氏の今後の対応に注目が集まる。 (文=本多カツヒロ).

次の

ワタミの求人条件に「死ぬぞこれ」 会社広報に真意を聞くと...: J

ワタミ ガリガリ

便利で多彩なお食事と、「まごころ」をお届けする。 それを続けることで社会に欠かせないインフラになる。 高齢社会のこの国を、もう一度素直に長寿を喜べる社会へ。 私たちの使命は、そこにあると考えています。 「ワタミの宅食」には、健康生活を支える 「食事力」があります。 「食事力」とは、まず、 「栄養を正しく摂るコントロール力」。 塩分やカロリー、品目数といった栄養に配慮し、 偏りなく体に入れてあげるため、 管理栄養士がきちんと献立を設計しています。 そしてもうひとつが、 「毎日続けるための、おいしさという力」。 続けてこそ意味のある、 健康に配慮した食事だから、だしの旨みを活かした バラエティに富んだ味をお届けします。 食生活の充実と利便性を、まごころ込めて。 今日もあなたの街へ、お届けします。

次の