デュファストン ダイエット。 妊娠超初期はおりものが少ない・減る場合でも大丈夫?白・茶色・黄の色の変化

ジドロゲステロン:デュファストン

デュファストン ダイエット

デュファストンは、月経異常、黄体機能不全、切迫流早産などの症状に処方される医師の処方箋が必要な薬です。 ジドロゲステロンという有効成分が、1錠に5mg配合されています。 デュファストンは自然の黄体ホルモンに近い薬であり、黄体ホルモンを補う働きがあります。 黄体ホルモンは、子宮内膜の変化、子宮内膜の増殖の抑制、妊娠の維持など子宮へ作用します。 デュファストンの成分ジドロゲステロンは、切迫流早産(胎児が流産する一歩手前の状態)・習慣性流早産(3回以上流産を繰り返すこと)・生理不順(通常の周期以外の出血や7日以上続く出血)・月経困難症(医療機関の受診が必要なレベルでの生理痛や腰痛、だる気)、不妊症、子宮内膜症(子宮以外の場所に子宮内膜がある状態)に効果が期待できます。 デュファストンと体温 デュファストンには直接体温を上昇させる働きはありませんが、黄体ホルモンを補うことにより高温期を持続させるように働きかけます。 なお、デュファストンを使用中に基礎体温の上昇が起これば排卵したものと推定できます。 デュファストンと生理 生理不順の原因には、女性ホルモンの不足が考えられます。 生理周期が短くなったり長くなったり、1週間以上ダラダラと続く生理も生理不順の一種です。 黄体ホルモンであるデュファストンには子宮内膜を厚くする作用があります。 その後、デュファストンを飲むのをやめると子宮内膜がはがれて生理がきます。 ただ、無理なダイエットでの食事制限や普段の生活リズムなど、他にも見直せる点が思い当たる人は、そこから変えていくことをおすすめします。 デュファストンの副作用には、吐き気や嘔吐、食欲不振などの消化器系の症状や発疹、蕁麻疹、肝機能異常、体重増加、頭痛、眠気、浮動性めまい、むくみ、倦怠感などがあります。 これらの症状があらわれた場合は必要に応じて使用を中止し、医療機関に相談するなどしてください。 デュファストンの飲み方は、症状によって違いがあります。 通常は1日1〜3錠を1〜3回に分けて使用し、子宮内膜症には1日1〜4錠を使用します。 飲む期間も個人によって異なりますので、デュファストンを処方された医師の指示にしたがって使用しましょう。 使用上の注意 デュファストンを使用する際は、以下の項目に注意してください。 ・重度の肝障害を持っている人は使用しないでください。 ・心臓・腎臓に持病がある人、あった人は慎重に使用してください。 ・肝障害がある人は慎重に使用してください。 ・ポルフィリン症の人は慎重に使用してください。 デュファストンと飲酒 デュファストンとアルコールの相互作用は報告されていないため、飲酒をすること自体は注意喚起されていません。 しかし、アルコールを飲むことで血流がよくなったり悪くなったりするため、薬の吸収や代謝に影響が出て効果にも影響が出ることがあります。 そのためどうしても外せないお酒の席があるような場合は、必ず医師・薬剤師に相談しましょう。 おわりに 悩みが尽きない女性の一生の中で、妊娠や出産に関わることは一番デリケートな問題かもしれません。 望んでいる未来に一歩でも近づけるよう、正しい知識をつけて歩んでいきたいですね。

次の

ジドロゲステロン:デュファストン

デュファストン ダイエット

デュファストンの効果は? どんな薬? デュファストンとは、合成黄体ホルモン剤のこと。 天然の黄体ホルモンと同様に自然な形で、黄体ホルモン(プロゲステロン)を補う薬。 成分として「ジドロゲステロン」という人工の黄体ホルモンである。 不妊治療での効果は? 黄体ホルモンの役目とは、黄体ホルモン自身が増えることで、子宮内膜が厚く充実し(ふかふか)、受精卵が着床しやすくなる。 従い、 妊娠の可能性が高まるとされている。 特に黄体機能不全などで着床障害が不妊の原因になっているような場合には、デュファストンの服用を勧められるだろう。 そのほかに気になることがあったらしっかりと事前に医師に確認・相談をしましょう。 不妊治療以外での処方は? 不妊治療以外でデュファストンが処方されるときの症状や病気には、以下のようなものがあります。 無月経・生理不順・月経困難症• 機能性子宮出血• 流産・早産の予防• 子宮内膜症• 女性ホルモン補充療法• その他医師の判断 デュファストンの副作用は? デュファストンは比較的副作用の少ない薬だとされているが、初期の副作用として、以下のような症状が出る場合がある。 吐き気• 食欲不振• 乳房張りや痛み• 頭痛 など。 これらは主に飲み始めに出ることが多く、多くは身体が慣れてくれば治る症状だと言われている。 その他にも• むくみ、体重増加• 肝機能の異常 などの副作用が表れる場合もある。 生理への影響 またデュファストンを服用後、• 生理が来ない• 生理の量が少ない• 生理が遅れる といった症状が出ることもある。 デュファストンは人為的に女性ホルモンのバランスを整える作用があるため、服用することで生理周期が変化することがある。 これらは過度な心配はいらないとされる。 基礎体温に変化はある? デュファストンはあくまで自身の黄体ホルモンを補助する役割であり、デュファストン自体に体温を上げる作用はない。 ただ、デュファストンの服用によって、体内の黄体ホルモンが増加すれば自然と体温上昇につながる。 しかし、黄体ホルモンを飲んでも体温が下がる場合もある。 これはおそらく、デュファストン自体があくまで黄体ホルモンの 補助的役割であるため。 基礎となる自身の黄体ホルモン量が少なすぎれば、期待したほどの体温上昇につながらないものと考えれられる。 デュファストンを飲み忘れた場合はどうする? 1日3回服用と回数の多いデュファストン。 服用回数が多いだけに飲み忘れることも。 飲み忘れた場合の対応はどのようにするれば良いのだろうか? 基本的には 次の服用時間が迫っているときは1回飛ばす。 迫っていなければ気づいた時点で服用する。 とすることが一般的。 ただ、デュファストンを飲み忘れたときの「これ」といった明確な判断基準は決まってはいない。 処方される際に必ず担当医に飲み忘れた場合の対応を確認することは忘れずに。 スポンサードサーチ プロフィール 妻35歳 夫37歳、結婚6年目。 2014年1月から妊活をスタート。 その間、 ・子宮筋腫の腹腔鏡手術 ・精子形態異常発覚 ・子宮内膜ポリープ切除手術 ・9w進行流産 ・高額な漢方・鍼灸治療 なども経験しました。 私たちはこういった経験から、現在「不妊治療を身近な選択肢に」をテーマに活動しています。 このブログではリアルな体験に基づく不妊治療の一次情報や妊娠から出産の経験を発信し、同じ境遇の方へ少しでも有益な情報をお届けできればと思います。 また現在、不妊治療中の当事者が抱える課題を解決・軽減できるサービスを夫婦で開発中です。 並行してオフラインでもイベントの企画などを行い、治療者方々が交流できる「場」も作っていきます。 私たちの取り組みに興味がある、具体的に ・webサービス関連 ・イベント関連 ・お茶しませんか? などのご要望あれば、お気軽にご連絡(DM)ください。

次の

デュファストン

デュファストン ダイエット

はじめまして。 デュファストンをお服用して3周期めの者です。 今日は高温期10日め、デュファストンも今日で終了です。 中期流産して半年、体重も元に戻ってきてたのですが デュファストンを飲みだしてから見る見る体重増加・・太らないように食事も気をつけて夜も少なめにしたり間食やめたりしてるのですが、体重はどんどん増えてしまい、周りに「また妊娠した?」と聞かれてしまってショックうけました。 早く妊娠したいので今回こそは・・・・と思ってるので、お腹、腰周りが妊娠したみたいで・・・外で人に会うときもお腹を見られてる気がして私の中で気になってます・・ 黄体機能不全なのでダイエットとかしたらどうなっちゃうかな?とか考えてしまいます。 デュファストン服用されてる方、 失礼な質問ですみませんが、体重とか影響しましたか?それでもずっと飲みつづけましたか? 赤ちゃんは欲しい!でも体重が増えていくのが怖い・・わがままな質問ですみません。 私の場合は不妊治療ではなく無月経治療の一環で 飲んでいたのですが、45キロから54キロまで 太りました。 結局子供は1人でたくさんだという考えだった ため、生理さえコントロールできれば排卵は いらないという方針に変え、薬を変えたら 体重増加は止まり3ヶ月くらいから徐々に 痩せ始めました。 それから一年で今は何の運動も努力もせず、むしろ 食事制限をやめたので前以上に食べてるのに 46キロになりました。 とにかく体重以上に顔が大きくなり、お腹やお尻 太ももなどが太くなり、背中もブヨブヨでした。 今思うと食事ではなく薬の副作用でムクミだった と思います。 なので食事制限はあまり関係ないような… ただ食欲も増加するのは確かです。 今痩せると同時に、前のような食べたい欲求は 無くなりました。 ホルモン剤と名の付くものはすべてこの副作用が あると思います。 ただ、医師はそんな副作用は報告されてないと 言います。 でもあることは確かだと思います。 いずれ薬をやめれば痩せますよ! でもだからって食欲のまま食べると、戻らない 可能性もあります。 2007. 16 18:57 武 30歳 はじめまして。 わたしも不妊治療を経験しました。 デュファストンとエストロゲン製剤を組み合わせ、あっという間に7? ほど太りました。 デュファストンはむくみやすく、気持ちも憂鬱になってしまい大嫌いでした。 ホルモン剤は脂肪を蓄積しやすい傾向を招くようです。 また感受性も個人差があります。 この手のスレはたまに見ますが、たいがいの方は治療を止めると戻るようです。 わたしは治療が奏功して懐妊し、重症のつわりで体重が激減しました。 水も受け付けないとき、不妊治療で蓄えたもので生きながらえたと思っています。 太ることはつらいことですが、体が妊娠に備えているのかもしれません。 どうしてもつらいときは、主治医に相談することをおすすめします。 わたしは妊娠できなくてもいいからと言い、デュファストンをはずしてもらいました。 早々に治療が実りますように。 応援しています。 2007. 18 19:32 マモ 30歳.

次の