ふるさと納税 安くならない。 やってはいけない!「ふるさと納税」の3つの失敗:控除手続き漏れ、上限額超え、証明書紛失

ふるさと納税で住民税がこれだけ安くなる!メリットと控除の仕組みについて

ふるさと納税 安くならない

実質2000円になると聞いて3万円ふるさと納税をしたけど、 2万8000円はいつ返ってくるの? ふるさと納税をしてお得と聞くけど、一時的には出費になりますよね。 ふるさと納税は納税しておわり!では控除は受けることができません。 申請を行う事で初めて控除を受けることができますが、 いつ税金が返ってくるのかわからないとちゃんと申請も出来ていたのか不安になったりしますよね。 ふるさと納税は一度払った税金が控除されるので、お得さを実感するのは翌年以降になります。 すぐにお金が返ってくるわけではないですが、ふるさと納税で自分にご褒美の返礼品をゲットして、控除の申請を行っておくと、 来年になってお得感を得られて二度おいしいです。 この記事ではふるさと納税をしたときにいつ・どうやって控除されるのかを解説します。 確定申告 申請期限・方法 2月16日~3月15日の間に税務署に郵送か持ち込みで書類を提出 特徴 1年分まとめて申請。 向いている人・できる人 ・自営業者 ・年収2000万以上 ・副業で年20万以上の収入がある ・住宅ローン控除の手続きを行う ・5団体を超える自治体に寄付する場合 ワンストップでは住民税のみ・確定申告では住民税・所得税が軽減される 税の控除を受ける申請方法は「ワンストップ特例制度」を利用する場合と、確定申告に2パターンあります。 ワンストップ特例制度を利用した場合は住民税が安くなり、 確定申告をした場合は住民税が安くなったうえに、所得税が還付されます。 とはいっても、ワンストップ特例制度を利用した場合は確定申告の時に比べて住民税の控除が大きくなるため、どちらで控除を受けても控除額自体は大きく変わりません。 今年ふるさと納税を使えば、 来年6月から5月の間の住民税が安くなります。 ふるさと納税をすれば自分へのご褒美としていつもよりちょっと豪華なサービスを受けたり、商品をゲットしたりすることができます。 すぐに返って来るわけではないですが、来年になって払ったふるさと納税額から2000円の自己負担額を除いた金額が返ってくるので、忘れたころに嬉しい控除が受けられます。 もう既にふるさと納税をされた方は納税した翌年の6月からの給料明細を是非チェックしてみてください。 まだされていない方は是非この機会に始めて、素敵なご褒美をゲットして来年の住民税を軽くしてみてはいかがでしょうか?.

次の

節税ではないことが必ず理解できる!ふるさと納税徹底解説

ふるさと納税 安くならない

昨日、「ふるさと納税」の「初めの一歩」をやさしく解説しました。 今日は、その続きとして、気をつけた方が良い「よくある失敗談」を説明します。 初歩の解説が必要な方は、以下からお読みください。 「ふるさと納税」とは:カンタンなまとめ 1 実質2,000円の負担で応援したい自治体(市町村)に寄付ができる制度。 返礼品が贈られる魅力も ふるさと納税とは、自分が応援したい自治体に、実質2,000円の負担で、寄付ができる制度です。 寄付した自治体から、地元の特産品などの返礼品が贈られる魅力があります。 年収などの条件によって決まる上限額の範囲内で寄付をし、確定申告すれば、寄付額から2,000円を差し引いた金額だけ、ご自身の納税額(所得税および住民税)が減ります。 たとえば、寄付額上限6万円の方が、6万円寄付すると納税額が5万8,000円減ります。 実質2,000円の負担で、6万円寄付したことになります。 2 寄付する自治体数が5つ以内なら、確定申告なしで寄付金控除が受けられるワンストップ特例制度が使える 1年間に「ふるさと納税」する自治体数が5つ以内ならば、確定申告をしないでも、ふるさと納税の寄付金控除を受けることができます。 それが、「ワンストップ特例制度」です。 ただし、寄付を行う自治体に、「ワンストップ特例の適用を受ける申請書」を提出する必要があります。 提出期限は、寄付した翌年の1月10日です。 5つの自治体に「ふるさと納税」を行う場合、5つの自治体すべてに、寄付する都度、申請書を提出する必要があります。 「ふるさと納税」よくある3つの失敗談 【1】ふるさと納税をしたのに「寄付金控除」の手続きをしなかった。 【2】上限額を超えてふるさと納税を行ったため、自己負担額が2,000円よりも大きくなった。 【3】寄付金受領証明書をなくした。 3つの失敗が起こる原因と、失敗をなくすための対策を、以下の通り、考えてみました。

次の

ふるさと納税て、今すると来年の市民税が安くなるのですか?

ふるさと納税 安くならない

しかしそれはもったいない! ふるさと納税は「やらないと絶対損」だといえるほどメリットがある制度なので、ぜひ本記事を通してその魅力を確認し、チャレンジ(というほど難しくないが)してみてほしい。 ふるさと納税は「納税」という名前になっているが、少なくとも利用者にとっては、実態は「地方自治体への寄付制度」である。 すると、「寄付することがなんで得になるんだ?」と思われるかもしれない。 ふるさと納税では、まず自治体(市町村、都道府県)に寄付をする。 ちなみに、寄付先は生まれ故郷じゃなくても、どこでもいい。 すると、その寄付金額から2000円(これを自己負担額という)を差し引いた全額を、税金から控除(差し引く)することができる。 つまり、減税されるということだ。 ただし、寄付した金額をいくらでも控除できるわけではない。 税金から控除できる上限額は、収入や家族構成に応じて定められている。 たとえば給与収入500万円で単身世帯の場合は、6万1000円が控除上限となっており、それ以上の金額を寄付しても、超えた部分は控除されない。 すると2000円を差し引いた1万8000円分、税金が安くなる。 減税は、翌年払う住民税が減額されたり、今年払った所得税が還付されたりといった形があり、減額になるか還付になるかは、ふるさと納税のやり方などで変わってくるが、いずれにしても総額1万円なら8000円税金が安くなる。 仮に5万円の寄付なら4万8000円分、10万円の寄付なら9万8000円分の減税になる。 あくまで控除上限の範囲内であればだが、寄付した分から2000円を引いた額が、そっくり減税額として戻されるというわけだ。 逆にいうと、2000円の自己負担金を払うことにより、本来は自分が住んでいる自治体または国に納めるはずの税金が減税されて、その分を地方自治体に寄付できる制度だともいえる。 返礼品とは、寄付を受けた自治体が寄付者への「お礼」として送ってくれる、地域の特産品など。 これが、ふるさと納税で得するキモとなる。 一方、各自治体が用意している返礼品、たとえば、畜産物や魚介類、フルーツなどには、2000円を遙かに超える品がいくつも用意されている。 現在、返礼品の「還元率」は寄付額の3割が上限の目安とされている。 還元率とは、寄付額に対する返礼品の額のこと。 たとえば、上の例の人が6万1000円の寄付をすると、上限でその3割、1万8300円分の返礼品がもらえることがあるわけだ。 寄付額の3割というのはあくまで上限の目安なので、もちろんそれ以下のものもある。 しかし仮に1万5000円、あるいは1万円の返礼品であったとしても、支払った自己負担額2000円と比べると非常に高いリターンであることがわかるだろう。 しかも、株式投資と違って、まったくのリスク無しで、必要なのは簡単な手続きだけ…。 「やらないだけで損」とまで言い切る理由がおわかりになっただろうか? なお、ふるさと納税を実際におこなう際には、全国自治体のふるさと納税情報を集めた専門サイトの利用をおすすめする。 というより、専門サイトを使わずに、全国1700以上ある自治体の返礼品情報を集めることは不可能に近い。 また、寄付控除上限金額のシミュレーションも、専門サイトなら簡単にできるし、申し込みやクレジットカードでの決済に対応しているサイトもある。 ふるさとプレミアム、さとふる、ふるなび、ふるさとチョイス、楽天ふるさと納税など、専門サイトはいくつかあるので、使いやすいところを選ぶといいだろう。 <文・椎原よしき> 【椎原よしき】 ビジネスライター、AFP。 1967年生まれ。 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、学術書専門出版社に5年間勤務し、編集業務の基礎を学ぶ。 退職後、フリーライター、編集プロダクション代表、web制作会社勤務を経て、現在、ビジネス分野専門のフリーライターとして活動.

次の