しいたけ占い2020。 2020年 水瓶座の運勢《一区切りつける年》

しいたけ占い2020年上半期蟹座インスタライブメモ|むしめがね

しいたけ占い2020

もくじ• 2020年上半期と下半期の違い 2020年下半期は、上半期とは違った形で大きな変化を感じる 2020年上半期はダイナミックな時代変化が発生した時期。 新型コロナウイルスによる肺炎流行は、長い歴史の中でも衝撃的な出来事だったと言えるでしょう。 2020年は数百年に一度の「大変革期」とされており、時代が二分化される「春分ゲート」とも言われていました。 2020年の時代変化は「上半期」だけでは終わらず「下半期」からさらに加速するような流れになってきます。 そのため、2020年下半期は、上半期とは違った形で大きな変化を感じると思います。 2020年上半期の流れ「破壊と創造」• 1月には時代の集大成と共に「創造と破壊」という流れがあり、過去の清算が必要な時期に。 3月の春分には日本でも感染が広がり、4月に緊急事態宣言、5月で大きな節目に。 6月には完全に時代変化を感じた……といった流れ。 月や星の動きを見ても、3月の宇宙元旦(春分ゲート)に向けて人々の意識が変化。 早い人では、1月からその意識が芽生え、遅くても5月、6月には意識変化は完了していったと見えます。 新型コロナウイルスで多くの人の命が亡くなり悲しい側面はありつつも、環境や動物、社会システムにおいては「欠点」や不要なものが炙り出された形となり、人類が大きな一歩を踏み出す後押ししたような感覚さえあります。 マイナスはありつつも、自粛生活の中で「プラス」を発見できた人は、2020年下半期から大きく躍進することが出来るはず。 それが所謂「春分ゲート」のカギで、これから大きく世界は二分化されていくのです。 関連記事: 2020年下半期の流れ「個人の時代へ」 2020年下半期になると、社会全体が「集団意識」から「個人の意識」に移行していきます。 チームプレーから個人プレーがフォーカスされるのです。 自粛期間中は「みんなで」「一緒に」と言う集合意識がテーマとなっていましたが、リモートワークの普及や自粛明けの影響で、個人としてどう生きていくかが重要視されていきます。 個人の時代と言っても「自分勝手な行動」という意味ではなく、人々が自立する中で、家族や結婚に関する概念が解放され、また新たな価値観や意識が生まれていくようなイメージです。 全体の流れとしては、6月、7月、8月は日本全体の運気が落ち、事故や災害が増えるので注意が必要で、12月も大きめ話題が世間を騒がします。 2020年、2021年と我慢や忍耐の時代は続きますが、コツコツと努力すれば、2022年から2023年頃には華やかなことが待っていますので、時代の流れを読んで、自分が出来ることを淡々とこなしていきましょう。 オバティの2020年下半期星占い obatea占いオリジナル「2020年下半期占い」を鑑定。 12星座の総合運・恋愛運・仕事運をホロスコープから読み解き、運勢の流れを解説しています。 ゲッターズ飯田の2020年下半期占い ゲッターズ飯田さんの占いでは2020年下半期は「庶民」がフォーカスされる年に。 ゴージャスな物よりも節約料理や財テク、身近なお店や人に注目が集まるような流れです。 ゲッターズ飯田さんは「一般人やマイノリティーな人が人気者になる」と予言しています。 五星三心のタイプ別の2020年下半期の運勢 2020年6月になると「2021年」の運気が影響。 お盆をすぎた頃から運気が段々と変化。 ゲッターズ飯田さんの五星三心占いで、未来を占ってみましょう。 2020年下半期「さらなる変化」 ゲッターズ飯田さんの占いで、2020年下半期、新型コロナウイルスの収束や緊急事態宣言解除の時期についての予言が的中。 過去に、アフターコロナの世界についても語っていました。 ぷりあでぃす玲奈の2020年下半期占い ゲッターズ飯田の一番弟子・ぷりあでぃす玲奈さんが、2020年「12星座別運勢ランキング」を発表。 王様のブランチで紹介されていた、12星座別の2020年運勢をご紹介します。 琉球風水志・シウマの2020年下半期占い 新感覚バラエティー番組「突然ですが占ってもいいですか?」に出演し注目を集める琉球風水志・シウマの2020年占い。 星ひとみの2020年下半期占い フジテレビ系の新感覚バラエティ番組『突然ですが占ってもいいですか?』に出演し話題となっている占い師・星ひとみさんの天星術で「2020年下半期の運勢」を鑑定。 しいたけ. の2020年下半期占い 毎年恒例のしいたけ占いですが、「2020年下半期の運勢」も無料で公開へ! 世界的な流行やトレンドに敏感な人に情報発信をする新世代WEBマガジン『VOGUE GIRL』で、共感の声が多い占い師しいたけ. による「しいたけ占い」の「2020年下半期の運勢」が6月22日に公開です。 石井ゆかりの2020年下半期占い 12星座シリーズが大ベストセラーとなった石井ゆかりさん。 Twitterの更新を終了し、SNS上ではファンからは「潔い」「気持ちいい」と賞賛の声も多数寄せられていました。 2020年下半期については、公式ブログで「2020年下半期占いもリリースされました」と告知。 水晶玉子の2020年下半期占い 水晶玉子さんは、様々なメディアや雑誌で「2020年下半期」について鑑定。 ダウンタウンDX、LINE占いでは2020年の運勢のランキングを発表。 SNSでは、2021年に向けてアドバイスを送っていました。 2020年の運勢ランキング 2020年1月9日放送の「ダウンタウンDX」に、占い師・水晶玉子さんが登場。 2020年の「芸能界2020最強運ランキング!」と題して、最も運の良い出演者を発表していました。 2021年に向けてアドバイス 新型コロナウイルス感染症について、占術研究家の水晶玉子さんが予言が的中。 水晶玉子さんはSNSで、2021年に向けてアドバイスを送っていました。 2020年下半期占い雑誌.

次の

【ゲッターズ飯田の占い】2020年下半期を鑑定「緊急事態宣言解除」予言的中か

しいたけ占い2020

2020年も半月が経ち、日常のペースを取り戻してきた頃。 今年はどんな年になるのでしょう。 自分の運勢を知れば、正しい目標を立て、効率よく努力することができます。 様々な専門家が役立つ生活情報を提供する番組「なないろ日和!」(毎週月~木午前9時26分~放送中)から、占い師・数野ギータさんに「2020年の運勢」についてお話をうかがいました。 2020年はどんな年? 「東京2020オリンピック」という国際的な大きな行事も控える2020年、全体的な運気や流れはどんな年になりそうでしょうか。 タロットでは「皇帝」のカードである「4」は、どっしりとした四角形の形状からもわかるように「安定」を意味します。 「安定の年である2020年は土台づくりの年です。 経済的な基盤や、自身のアイデンティティを、しっかりと形作ることを心掛けると良いでしょう」(数野ギータさん、以下同) その「安定」の流れの中、2020年末に占星術的に非常に大きな変化が起こります。 長きに渡り強かった、土地・お金など形あるものを作る「土の星座」から、「風の星座」へと移行し、新しい時代を迎えます。 「『風の星座』がもたらす具体的な変化の1つは『データ化』。 近年進んでいるキャッシュレス化などを含め、2020年末からは様々な分野でデータへの移行が加速していきます。 新時代に向け、ITやデータに詳しくなっておくこと、全てが自身の責任になるためぶれない自分を作ることなどが重要。 次の風の時代に乗っていくためにも、12月末までの基盤固めが大事な年になります」 2020年の運勢 12星座ランキング 基盤固めが重視されるため、しっかりと地に根付く「土の星座」(やぎ座・おうし座・おとめ座)が強い年に。 中でも、2020年に天体が集中する"やぎ座"は12年に一度の好運気! その他の星座は? 2020年の運勢ランキングを発表! 画像素材:PIXTA 【1位】やぎ座(12月22日~1月19日) 地に足のついた地道な取り組みが得意なやぎ座は、星回りと自身の特性を活かして飛躍する方が多くなるでしょう。 【2位】おうし座(4月20日~5月20日) 本物をしっかりつかむのが得意なおうし座。 変化を受け入れることができれば、持ち味を発揮できるでしょう。 【3位】うお座(2月19日~3月20日) 昨年までは運気があまり良くなかったですが、今年は星回りが落ち着いてきました。 これまで努力してきた人は報われるでしょう。 【5位】いて座(11月23日~12月21日) 努力した人には幸運がやってきます。 我慢強く頑張ることが必要。 【6位】しし座(7月23日~8月22日) 勢いあり。 しし座は自分がご機嫌な方が運気がいいですが、今年は人のために力を使うと自分の運気も上昇します。 【7位】おひつじ座(3月21日~4月19日) 勢いがあるので、上を目指すといいでしょう。 立ち止まるより前進する行動をとったほうが自己実現に近づきます。 【8位】かに座(6月22日~7月22日) 出会いや人間関係に関する運が特に良いです。 今まで以上に、パートナーや友達に恵まれるでしょう。 【9位】おとめ座(8月23日~9月22日) キチキチしすぎると凝り固まって身動きがとれなくなってしまいがち。 ちょっと大胆に、遊び心を忘れないよう心掛けましょう。 【10位】てんびん座(9月23日~10月23日) 自分探しの年なので、マイペースに、毎日を丁寧に。 周りに合わせるのが得意だからこそ、振り回されすぎて疲れすぎないように意識することが大切です。 【11位】ふたご座(5月21日~6月21日) 種まきの年。 あせらずゆっくり、芽が出るのを待ちましょう。 レベルアップを目指したり、再挑戦をすると良いでしょう。 【12位】みずがめ座(1月20日~2月18日) 精神的成長の年。 変化する世の中に不安を覚えがちになりますが、不安になるのは向き合えているという点で良いことだと捉えましょう。 何か目標を立てて取り組むと、世の中の変化に押し流されずに過ごせます。 画像素材:PIXTA 2020年、この人に注目! 2020年、スポットライトを浴びる人、活躍しそうな人、いい意味でも悪い意味でも注目されそうな人は? 「いて座」は昨年頑張った芽が出る年 「いて座」の人は、2017年くらいからの頑張りが遅れて報われる年。 昨年あまり振るわなかった方も、成果を出す方が多いでしょう。 オリンピックで「いて座」のアスリートの活躍にも期待! 今年ますます活躍しそうな「いて座」の芸能人:林遣都 地道に努力する「やぎ座」は注目を集める 今年最も調子が良い「やぎ座」の人は、やはり注目を集めやすいでしょう。 地道に努力してきた人は目に見える成果がより出やすいかも。 今年ますます注目を集めそうな「やぎ座」の芸能人:佐野勇斗 「しし座」は炎上に注意 華やかな方が多い「しし座」。 基本的に調子は悪くないものの、お気楽で言ったひとことが炎上を引き起こしてしまうことも。 普段から気を遣っていれば問題ありませんが、王様・王女タイプの方は発言や行動に注意するようにしてください。 コツコツ努力してきた人が報われる年になるという2020年。 ランキング下位の方も運勢が悪いというわけでなく、苦手なことが求められる年になるのだとか。 結果に気落ちせず、目の前のことに忍耐強く向き合うことで幸運を引きよせましょう。 取材協力:数野ギータさん。 占い師。 オーラソーマ R カラーケアシステム、数秘、タロット、西洋占星術、クリスタルヒーリングティーチャー&セラピスト。 各種占い原稿執筆、カルチャーセンター講師、各地イベント、電話・ネット占いでも活動中。 大阪にて隠れ家的スピリチャルサロン&スクール「Angelica~For Soul~」主宰。 資格コース、セミナー活動も行う。 数野ギータさんも出演する「なないろ日和!」は、今後もあらゆる専門家が出演し、生活に役立つ情報をお届けしていきます。 毎週月~木曜9時26分からのOAも要チェックです! (取材・文/ササキノノカ).

次の

【ゲッターズ飯田の占い】2020年下半期を鑑定「緊急事態宣言解除」予言的中か

しいたけ占い2020

もくじ• 5月に「緊急事態宣言解除」へ 5月14日、安倍総理が、39県における緊急事態宣言の解除を発表しました。 感染予防をしながらも生活をする「新たな日常」がスタートしたのです。 5月が目処になるというゲッターズ飯田さんの占い通り、新型コロナウイルスの収束が見えてきたように感じています。 しかし、夏以降、そして2020年の下半期についてのゲッターズ飯田さんの予言で、気になるポイントがありました。 関連記事: ゲッターズ飯田の「2020年の世相占い」• 世の中の価値観がガラリと変わる• ライブや儚いモノへの価値観が上がる• 土の時代から、風の時代へ ゲッターズ飯田さんの予言が的中し、大きく世界が変わっていく現在。 今後はどのように世界が動いていくのでしょうか。 2020年から「世の中の価値観がガラリと変わる」 2020年の世相占いについて語られていたのは、大きく3つ。 世の中の価値観がガラリと変わるというのは、ラジオやテレビ番組で「フランス革命が起きるほど」「200年の一度の運気」と語っており、大改革の時代となると予言していました。 この予言について、当初は海外からの文化の到来や大規模なイベント開催することでの「大改革」だと誰もが思っていましたが「全世界が共通の状態」となることで、日本と海外の違いが浮き彫りになり「日本はもっとこうあるべきだ」という思想が強くなっていったように思えます。 番組によっては「病院や社会システム」が壊れる・なくなるという言い方もしていました。 人と人との距離感や価値観が変わったことで、消えゆくものも今後はさらに増えていきそうです。 2020年から「ライブや儚いモノへの価値観が上がる」 ライブや儚いモノへの価値観が上がるのは、コロナウイルスによってライブが開催できなくなってしまったからという点と、そのことによってアーティストが「ライブ配信」をすることにシフトしていった点が上げられます。 全国の緊急事態宣言が解除された「アフターコロナ」の世界では、これまで手売りしていたようなCDも配信や配送という形で受け渡しをすることになり、エンターテイメントそのものの形がリアルからバーチャルな世界へと変わっていくような流れです。 もちろん、全てのリアルがなくなる訳ではないですが、今後拡大していくのはライブ・儚いモノになっていくのでしょう。 2020年から「土の時代から、風の時代へ」 ゲッターズ飯田さんの他にも多くの占い師が発信している 「土の時代から、風の時代へ」という言葉。 風というのは、西洋占星術の「風のエレメント」から来ています。 土の時代というのは、物質やお金などの形があるものに価値があるとされている時代です。 欲望で言えば、所有欲。 どれだけ多く物を持っているかで、裕福さが決まってくるような感じです。 一方で、風の時代というのは、土の時代で価値があったとされる物が「パラダイムシフト」し、大げさに言えば「全く価値がなくなる」ということ。 知恵や知識・コミュニケーション・愛・絆など、見えないけれど大切なものが、より価値が高まってきます。 例えば、仕事については、Youtuberやネット事業で「お金」は稼ぎやすい時代になっていますから、お金では買えない「やりがい」「安全性」「信頼性」を求めていくということかもしれませんね。 ゲッターズ飯田の「2020年下半期」占い• 夏に大事故が起きる• 団体から個人の時代になる• 2021年に向けてさらなる変化 2020年はあくまで「スタート」の年。 十二支も「子年」で、一番最初の干支。 ここから段々と新しい時代が始まっていくような流れになると言います。 ゲッターズ飯田さんは「2020年の変化」に続き「2020年下半期」についても、公式Youtubeやラジオで語っていました。 夏に大事故が起きる 日本は、夏の運気が悪く、事故や事件が起きやすい星回り。 2020年に限らず、毎年です。 大変革の年である今年はさらに注意が必要で、注意が必要となるでしょう。 夏の大事故という言葉を聞いて、多くの人は「新型コロナウイルス」「南海トラフ(大地震)」などを考えており、その他には「自然災害(台風や大雨)」「第2波」とも予想されています。 関連記事: 団体から個人の時代になる 新型コロナウイルスの影響もあって「みんなで乗り切ろう」「みんなで頑張ろう」というフレーズを多く耳にしました。 誰もが「収束(終息)」を願い、感染拡大を予防するために一致団結するという雰囲気に。 現在の価値観は「みんなで同じことをする」「みんなでルールを守る」というポイントが重要になり、少しの間違いも許容されないような状況です。 一方で「2020年下半期」に入ってくると「みんなと一緒に」というよりは、個人個人が「どう生きたいか」という点にフォーカスされていく流れになります。 一人一人の個性・個人・生きがい、自分に合った生活環境(ライフスタイル)に注目が集まり、リモートワークが可能となったことで、地方に転職する人も増えてきそうです。 フリーランス、フリーター、クリエイターなどが、より生きやすい世の中になるきっかけがあるでしょう。 2021年に向けてさらなる変化 2020年前半で「すごい変わった」と思う人が大半だと思いますが、2020年下半期に入ってくると、さらに 変化は加速していきます。 ゲッターズ飯田さんは、2021年に変化が起き、2022年が到来すると「華やかな時代」になってくると語っています。 5G、マイナンバー制度、働き方、リモートワーク、キャッシュレス、デリバリー、地方移住の増加、ネットカフェ難民の問題など、思いつくだけでも今は変化するタネが撒かれている状態です。 2020年下半期から大きく動いていく流れとなっていくでしょう。 2022年は「華やかな時代」に 2020年下半期、2021年は大きな変革期へ。 2021年の干支は「辛丑(かのとうし)」で、安定感がありつつも変化が多い年となってくると予想されます。 2020年下半期は、そんな2021年の影響を受けて、より変化している実感があるようです。 ゲッターズ飯田さんの占いで、2022年は「華やかな時代」になると語っていましたが、2022年に開催される世界が注目するイベントやエンターテイメント分野、経済活動などを通して、熱狂するシーンが見られるのかもしれません。 ゲッターズ飯田とは.

次の