抜歯 後 歯磨き。 犬の抜歯ってどうなの?抜歯後のケアや気をつける点について紹介

親知らず抜歯後の歯磨き方法。抜いた後に食べかすが詰まる場合は?

抜歯 後 歯磨き

難しい抜歯 親知らずの抜歯 親知らずとは? 親知らずは、第三大臼歯または智歯とも呼ばれ、20歳前後に一番最後に萌出してくる歯です。 萌出と書きましたが、実際には萌えるスペースがなく、大部分は顎骨の中に埋伏したり一部のみ萌出したりします。 親知らずは、原始人の頃には正常に萌出して使えていたのですが、現代人は火を使い軟らかいものしか食べなくなったため顎が小さくなり、最後に萌出する親知らずは萌えるスペースがなくなったのです。 現代人において歯列とみなされるのは、通常、親知らずの1本手前の第2大臼歯までで、親知らずは機能しない不要な歯となっています。 機能しなくても静かにしていてくれればいいのですが、親知らずは存在するだけでトラブルを起こすことが多いため根本的な治療として抜歯が必要となります。 ただ、まれに親知らずが健全に存在し、将来、歯の移植に使える場合もありますので、専門医に診断してもらうことが必要です。 顎の骨の中に埋伏する上下左右の4本の親知らずです。 親知らずが引き起こすトラブルにはどういうものがありますか? 智歯周囲炎 親知らずは口の中の一番奥の目に見えないような場所にあり、歯ブラシもとどかないことから細菌が住みつき、周囲の歯肉に炎症を起こします(智歯周囲炎)。 これは慢性炎症で、体調が悪くなると腫れたり痛んだりします。 重症になると入院して点滴治療が必要になる場合もあります。 虫歯 上記と同様に歯ブラシがとどかないことから虫歯菌により虫歯を発生します。 虫歯になるのが親知らずだけならいいのですが、その1本前の第2大臼歯にも同時に虫歯を作ってしまいます。 気がついた時には第2大臼歯が甚大な被害を受け抜歯が必要ということもあります。 第2大臼歯は非常に大切な歯ですから、親知らずからの悪影響を受けないようにしておかなければなりません。 歯列不正 横向きに埋まった親知らずが前の歯を押すため、歯並びが悪くなることがあります。 歯並びが悪くなりますと矯正治療が必要となりますので注意が必要です。 逆に一般の矯正治療が終わった患者さんにおいては、矯正専門医からきれいに並んだ歯列の崩壊をまねかないよう親知らずの抜歯が依頼されます。 親知らずは抜いた方がいいのですか? 親知らずは一生のうちでは大部分が問題を起こし抜歯せざるをえなくなりますので、上記のような症状が出現した場合は早目に抜歯をした方が患者さんにとっては利益があります。 とくに、女性の場合には、妊娠中にトラブルを起こしますと一般的にはレントゲン撮影や薬の投与、抜歯ができず大変な思いをしますので、妊娠前に計画的に抜歯を行うのも一つの方法です。 ただ、親知らずの抜歯は大変であることに加えてリスクの問題がありますので、十分なインフォームドコンセントの上で決定された方がよろしいと思われます。 「親知らずを抜くのは大変だ」と聞いたのですが? 親知らずの抜歯は普通の抜歯に比べて格段に難しいのが常です。 そのため術中術後における患者さんの負担も大きくなります。 基本的には、抜歯というよりは手術をして歯を摘出する形になりますが、例えるならばコンクリート(骨)の中に埋まった石(歯)を取り出すようなものですので、高い技術が必要となります。 体操の技は難易度によってAランクからGランクに分類されていますが、抜歯においてCランクを難抜歯としますと、通常、親知らずの抜歯はDランクからGランクのいずれかに相当します。 体操のオリンピック選手は高難度の技を美しく簡単にこなすために毎日ハードな練習をしていますが、親知らずの抜歯手術を短時間で、痛みなく、確実にこなすためには、体操選手と同様に、歯科系大学を卒業後大学病院の口腔外科において長年に渡る修行が必要となります。 口腔外科専門医は、このような難易度の高い抜歯を患者さんに負担をしいることなく短時間で行います。 歯科医と患者さんが2時間悪戦苦闘して抜けなかった親知らずを、口腔外科専門医は20分ほどで痛みなく抜いてしまいます。 親知らずはどのようにして抜歯するのですか? 前述のように基本的には外来手術を行い摘出する形になります。 局所麻酔後、歯肉粘膜を切開剥離し、ドリルで骨を削り、さらにドリルで歯を分割して摘出します。 歯を摘出した穴には抗生剤と止血剤を填入し、縫合します。 超難抜歯の場合には、大学病院で入院下に全身麻酔で行う場合もあります。 親知らずを抜く上でのリスクはありますか? 神経の麻痺 下顎骨の中央にはトンネルが存在し、その中に太いケーブルすなわち神経が入っています。 下顎の親知らずの抜歯のリスクとして最も多いのはこの神経の麻痺です。 これは、親知らずの根の先端がこの神経と近接あるいは接触しているために発生します。 舌の場合には、味覚障害も出現します。 これらの麻痺は基本的には治癒しますが、治癒するのに1~2年かかる場合もあり、月単位での経過観察が必要となります。 下顎の中央を走行する神経と親不知の根が交差している 知覚鈍磨の範囲 口腔と上顎洞との交通 これは上顎の親知らずの抜歯の際のリスクです。 上顎の親知らずの根が、生まれながらにして上顎洞という空洞に突出している人の場合、抜歯後に抜歯窩(歯を抜いたあとの穴)と上顎洞が交通し、上顎洞を間にして口腔と鼻腔がつながってしまいます。 そうしますと、口から飲んだ水が鼻から出たり空気が口から鼻に漏れたりします。 穴の大きさによりますが、大部分自然に閉鎖します。 出血 下顎骨の中央に存在する上述のトンネルの中には太い血管(動脈)のケーブルも入っています。 親知らずの根の先端がこの血管と接触している場合、抜歯の最中にこの血管が傷ついて多量の出血が生じる場合があります。 出血に関しては、口腔外科専門医であれば適切に対処しますので心配いりません。 このようなリスクの評価は、これまでの単純なX線検査のみでは不十分で、CTによる評価が必須です。 当院では、歯科用CTが設置されているため、術前の詳細な診断が可能であり、リスクについても詳細に把握した上で施術が可能です。 親知らずを抜く前に何か準備は必要ですか? とくに準備は必要ありませんが、体調を整えて来院してください。 夜勤後であったり、風邪をひいていたり、血圧が高かったりした場合には中止になる場合もあります。 食事は、早めに普通に食べてきてください(少ないと術後食べられませんのでお腹がすきます。 多すぎると術中、口の中の奥に触れたりしたときに嘔吐の危険性があります)。 抜歯後に出血があった場合、圧迫止血用にガーゼが必要となりますので、薬局で買い求めておいてください。 静脈内鎮静法下で抜歯を行う方は、付き添いが必要です。 付き添いの方に車で送り迎えしてもらうことをお勧めします。 親知らずを抜いたあとはどのような症状がでますか? 腫れ 抜歯後12時間は腫れが急速に強まり、24~36時間でほぼピークに達します。 その後は徐々に引いていき、1週間から10日かけて消失します。 痛み 術後30分から1時間で麻酔が切れた後、痛みが出現します。 痛みが消失するのに1週間から10日を要します。 開口障害 術後は口を開ける筋肉の周囲に炎症が波及するため、口が少ししか開かなくなります。 出血 術後1~2日は唾液の中に血が混じって出ます。 内出血 高齢の方や血液をサラサラにする薬を服用している方では皮下に内出血を生じる場合があります。 最初は暗紫色ですが、次第に黄色になって拡散し、2週間ほどで消失します。 しびれ・味覚障害 合併症が出現した場合には、オトガイ部や下唇、舌にしびれが出現する場合があります。 舌の場合には、味覚障害も出現します。 鼻から空気や水が漏れる 合併症が出現し、抜歯窩(歯を抜いた穴)が上顎洞と交通した場合には鼻から空気や水が漏れるという症状が出現します。 ドライソケット 抜歯を行ったあと、通常、抜歯窩(歯を抜いた穴)は血餅(血液がゼリー状に固まったもの)で満たされます。 しかし、これが十分に形成されなかったり脱落したりしますと、歯槽骨が露出し、強い痛みを伴います。 何日位で治癒しますか? 傷口は約1週間で治癒しますので、その頃抜糸を行います。 しかし、それで完全に治癒したわけではなく、治癒機転はまだ続いています。 表面の歯肉が治癒するのに1か月、内部の骨まで完全に治癒するのに3か月以上かかります。 治癒するまでの間、抜歯窩に食片がつまることがありますが、治癒とともに押し出されますので心配いりません。 親知らずを抜いたあとの注意事項は? 止血 ガーゼを咬むのは止血のためですので(圧迫止血)、20分以上しっかり咬んでください。 その後は自分で取って捨ててください。 その後も出血が続くようでしたら、再度新しいガーゼを30分から1時間咬んで様子をみてください。 抜歯の翌日くらいまでは少量の血液が唾液に混じって出ますが、異常ではありません。 血が出るのを気にして何回も唾液をはいたりうがいをしたりしますとよけいに出血しますので注意してください。 ガーゼを抜歯部に当ててしっかり咬んでも、血液がガーゼに吸収しきれずにすぐに脇からあふれ出てくる場合は異常出血ですのですぐにご連絡ください。 腫れや痛み 親知らずの抜歯後は2~3日かなり顔が腫れます。 腫れのピークは抜歯直後ではなく、翌日または翌々日です。 とくに手術翌日の朝に突然大きく腫れていることに気がつきますが、睡眠中に徐々に増大したものですので心配する必要はありません。 腫れは血行を良くして炎症反応を起こし治癒させるために必要なものですから、冷やす必要はありません(昔言われていたことと逆ですが)。 冷やしますと血行が悪くなり、治癒が遅れます。 もし、腫れが気になるようでしたらマスクをかけて対応してください。 疼痛は手術後、30分~1時間程して麻酔が切れたあとに生じますが、鎮痛剤で十分にコントロール可能です。 食事 食事は手術後3~4時間してから行ってください。 口の中の手術を行っていますので、普通の食事は無理です。 最初は流動食または半固形食品となります。 お粥やうどん、豆腐、プリン、スープ、ヨーグルト、ゼリーなどを食べるようにしてください。 ミキサーを用いれば食事の種類が広がります。 その後、傷の治りとともにご自分の判断で少しずつ硬いものに上げていってください。 薬 処方された薬は指示通りに内服してください。 鎮痛剤は、通常、1錠内服すれば痛みはおさまりますが、おさまらない場合は2錠まで内服可能です。 ただし、2錠内服した場合は、次の内服まで6時間間隔をあけるようにしてください。 鎮痛剤はがまんできる程度の痛みになったら服用を中止してください。 飲酒・運動・入浴 抜歯後一旦は止血しても、これらのことを行いますと、再度出血する場合があります。 これは、血圧の上昇によるもので、これらのことは少なくとも抜歯当日は避けなければなりません。 入浴はシャワー程度なら構いませんが、温まり過ぎには注意してください。 歯磨き 抜歯当日は歯磨きはせず、うがいのみにしてください。 うがいを強く行いますと、出血の原因になりますので軽く行ってください。 翌日からは歯磨きを行って構いませんが、抜歯部は傷がありますので1週間以上避けてください。 糸の脱落 口の中は話をしても食事をしても常に動きますので、縫った糸はとれやすい傾向にあります。 それを承知の上で糸を何重にも強く結びますがそれでも脱落する場合があります。 術後3日目以降であれば、たとえ糸が脱落しても傷口が開くことはありませんので心配はいりません。 とくに連絡の必要もありません。 一般の難抜歯 難抜歯の例をご紹介します。 難しいというのは歯科医側の問題ですので、患者さんには形状等によりそのような歯が存在するということと、普通の歯を抜くよりも負担が大きいということを御理解いただければ幸いです。 根が湾曲した歯 コンクリートの中に埋まった"直角に折れ曲がった太い釘"を取り出すことに似ています。 屈曲部で折れない限り抜けませんが、残存した先端部を摘出するのは高度の技を要します。 根が湾曲した歯の例 1 根が湾曲した歯の例 2.

次の

親知らず抜歯後の歯磨き方法。抜いた後に食べかすが詰まる場合は?

抜歯 後 歯磨き

親知らずの抜歯後には様々な問題が付きまといます。 安静にしておくに越したことはないですが、毎日寝過ごすわけにもいきませんよね。 そこで今回は、親知らず抜歯後に気をつけなくてはならない注意点を まとめました。 これを読んで 、抜糸までの一週間を乗り切りましょう! 第一章では親知らず抜歯後の痛みや腫れに関する注意点と、その抑え方を説明いたします。 さらに第二章では、食事や飲酒など、具体的な行動における注意点を説明していきます。 第一章 親知らず抜歯後の痛み、腫れに関して まずは痛みと腫れを、少しでも和らげるためのコツを伝授いたします! 痛みについて• 痛みについて 痛み止めは麻酔が切れる前に飲むべし! 親知らずを抜いた後は我慢しないで痛み止めを飲みましょう。 抜歯時は麻酔をしていますので痛みが無い場合もありますが、大体1時間から2時間ほどで麻酔の効き目がなくなってきます。 麻酔の効果が切れる前に痛み止めを飲むことで、痛みを軽減することができます! 痛み止めの種類や体重などによって効き目も違いますが、抜歯後24時間以内は痛みのピークになりますので、6時間から8時間間隔で痛み止めを飲んでいればそれほど痛みが強くなることはないでしょう。 24時間以内は間接的に冷やすべし! 24時間以内は軽く冷やしてください。 冷やし過ぎは良くないので、氷をタオルで包んで頬へ当てるようにしましょう。 口の中に氷を入れたり、直接頬に当てないようにしましょう。 24時間後は冷やす必要はありませんし、温める必要もありません。 そのまま経過を見てください。 枕を高くして寝るべし! 抜歯当日の夜は、 少し枕を高くして寝るようにしてください。 頭が下がってしまうと血流が頭部にきますので、出血の原因になることがあります。 抜歯後は血が止まっているように見えても、多少の出血が続いていることがあります。 朝起きた後に枕に血がにじんでいたということも良くありますので、枕に洗えるようなタオルなどを一枚巻いて寝るといいでしょう。 腫れについて 腫れは抑えることができない!? 残念ながら腫れを大きく抑えることは出来ません。 抜歯後の腫れは生体の治癒反応として必ず起こることです。 平均ですが、48時間までをピークに腫れてくるケースが多いようです。 抜歯後の腫れを弱める方法として、ステロイドの投与がありますが、保険適応外です。 また化膿止めの薬が処方されることが多いですが、これは腫れを引かせるための薬ではありません。 化膿止めは抜歯後の感染を予防するための薬ですから、痛みや腫れに関わらず必ず服用してください。 冷やし過ぎは禁物!? 抜歯後の痛みを軽減させる場合と同様に、腫れに対しても少し冷やしてあげることは効果的です。 しかし、冷やし過ぎはいけません!抜歯後の治癒を遅くしてしまいますので、氷をタオルに包んで頬に当てる程度にしましょう。 冷却シートもおすすめです。 また、抜歯後にアザが出来る場合があります。 これは冷やし過ぎによるものではありません。 アザは内出血斑ですので、抜歯時の侵襲や術後の出血などによってできたものです。 第二章 親知らず抜歯後の日常生活における注意点 さて、ここからは様々な行動パターンに分けて、親知らず抜歯後の注意点を説明していきます。 食事はどうすればいいの? 抜歯後1時間から2時間は食事を控えること 抜歯後1、2時間では、まだ麻酔が効いていると考えられます。 麻酔が効いたまま食事をすると、気が付かない間に口唇や頬を咬んで傷つけたり、火傷をしてしまう場合があります。 やわらかく刺激の少ないものを食べること 固いものは抜歯部位のかさぶた(血餅:けっぺい)をはがしてしまう事があり、再出血に繋がってしまいます。 また刺激物は痛みに繋がることがありますので控えてください。 ご飯をおかゆにする必要まではありませんが、腫れが喉の方にも出てものが飲み込みにくい場合はお粥やゼリーなどに変えてください。 できるだけ反対側の歯で噛むこと これも抜歯部位のかさぶた(血餅)がはがれるのを防ぐためです。 口の中の血餅はやわらかくすぐはがれてしまいますので、注意しましょう。 お酒は飲んでいいの? 薬を飲んでいる間は控えましょう 特に抜歯をした当日はお酒を飲まないでください。 お酒を飲むことで血行が良くなり、過剰な出血に繋がります。 さらにお酒は薬の効果にも影響を及ぼします。 お酒を飲むことで投与量以上の副作用が出たり、薬自体の効果を薄れさせてしまうことも考えられます。 煙草は吸ってもいい? 糸を取るまでは控えましょう タバコを吸うことで血行が悪くなり、患部の治癒を妨げてしまいます。 さらに血流の悪化は感染や合併症を誘発してしまうので気を付けましょう。 走ったり、運動はしていい? 抜歯当日の運動は控えましょう 痛みと腫れのピークである48時間を過ぎれば、多少の運動は可能です。 しかし、場合によっては抜歯部位に響くような痛みが生じるかもしれません。 どうしても必要でない限り、抜糸までの一週間は運動をしないようにしましょう。 歯磨きはどうすればいい? 歯磨き粉は使わず、抜歯部位の1本から2本手前までの歯を磨くようにしましょう 歯ブラシで患部の傷を触ってしまうと出血の原因になります。 もし不安なようであれば抜歯当日は軽いうがいだけでも大丈夫です。 ただしブクブクと強いうがいはしないでください。 かさぶた(血餅)がはがれてしまい、治癒を遅らせてしまう危険があります。 抜歯翌日からは歯磨き粉を使って構いません。 しかし酷い痛みを感じた場合は無理をせず、歯磨き粉の使用は控えましょう。 これらの注意点を守らないと陥る、最低最悪の状況「ドライソケット」とは ドライソケットとは、 抜歯をした際の穴(抜歯窩)が歯茎や血液で覆われず、口の中で骨が剥き出しになっている状態をいいます。 食事の際、呼吸の際、様々な場面で激痛を伴う、最低最悪の状況でしょう。 抜歯をした患部には、かさぶた(血餅)が生じ、 それが徐々に歯茎の組織へと変わって治癒します。 様々な注意点を挙げましたが、それらは全てこのかさぶた( 血餅)を作るためのものです。 もしも、かさぶた ( 血餅 )ができなかったら、歯茎がきちんと生成されず、ドライソケットに陥ってしまうかもしれません。 万が一ドライソケットになってしまった場合には、抜歯窩に痛み止めの薬を定期的に入れ、洗浄します。 それでもなかなか治癒しない場合には、再度麻酔をして抜歯窩を掻把(そうは)したり、露出している骨の一部を削ったりする必要があります。 大事なのは、かさぶた(血餅)をきちんと作り、はがさないこと! 親知らず抜歯後 まとめ 最後に、親知らず抜歯後に気をつけなくてはならないことをおさらいしておきましょう!• 抜歯後24時間は、6~8時間間隔で痛み止めを服用する• 抜歯側の顎を、冷却シート等で間接的に軽く冷やす• 抜歯当日の夜は少し枕を高くし、汚れても良いタオルを敷く• 化膿止めは痛みや腫れにかかわらず服用する• 抜歯後、麻酔がとけるまでの1、2時間は食事を控える• やわらかく、刺激の少ないものを、なるべく反対側の歯で噛む• 薬を飲んでいる間は飲酒しない• 喫煙は、最低でも抜糸するまではしない• 抜歯後48時間までは運動を控える• 無理な歯磨きはしない さて、先述のように、一番大切なのは 「かさぶた(血餅)をきちんと作り、はがさない」ことです。 それさえ分かっていれば、どんな状況に面しても、臨機応変に対応することができるのではないでしょうか。 あと一週間ほど乗り越えて抜糸を済ませば、完治も目前です。 長い長い親知らず治療も、もう少しの辛抱です。 是非他の記事にも目を通していただき、親知らず治療の知識を深めてくだされば幸いです。 本日は最後までご覧いただき、ありがとうございました!皆様の歯の健康と、親知らず抜歯の一日でも早い治癒をお祈り申し上げます。 関連カテゴリ• この記事に関連した診療•

次の

親知らず抜歯 消毒と歯磨き・うがいについて

抜歯 後 歯磨き

歯を抜いてから傷が治るまでに、大切なケア 歯を抜いた直後は、骨が剥き出しになっています。 当日~翌日に血が赤黒く固まり、3~5日で白く変化して歯肉をつくる組織へと変わっていき、7~10日にかけて収縮し自然となくなります。 血餅は傷が治癒する間、歯茎を保護するかさぶたの役割を果たし、この間に血餅が出来なかったり取れてしまうと、ドライソケットになり、傷の治癒が遅れたり、激痛を伴う恐れがあります。 ドライソケットにならないためにも、 抜歯後の「歯磨きの仕方」や「うがい」はとても重要なのです! 抜歯後はいつから「歯磨き」していいの? 親知らず 抜歯当日は「歯磨き」を控えましょう!歯磨きは翌日からそっと磨き、約1~2週間は傷口や糸に触らないように、優しく磨きましょう。 また、歯磨き粉をつけると泡だらけで磨いているところが分からなくなり、歯ブラシが傷口に触れてしまう恐れがあります。 どうしても口の中が気になる場合は、低刺激で発泡剤無配合のジェルタイプの歯磨き粉を使いましょう。 抜歯後におすすめの歯磨き粉 抜歯後におすすめしたい歯磨き粉は「コンクールジェルコート」です。 低刺激で薬用成分を配合した 発泡剤無配合の透明ジェルなので、うっかり傷つけてしまう心配もありません。 うがいをしてしまうと、血がうまく固まらず血餅が出来にくくなります。 抜歯当日~翌日は血餅が形成される大事な時期なので、 当日に「うがい」をしたり「頻繁に口をゆすぐ」のはNGです。 当日~翌日は出血するため血の味がして気持ち悪いかもしれませんが、うがいはせずに、ティッシュでそっと吐き出すようにしましょう。 どうしても当日にうがいをしたい時は、水を優しく口に含む程度にして、最低でも 抜糸までの「1週間」は激しいうがいを控えましょう。 うがい薬 親知らずを抜歯すると、うがい薬が処方されます。 抜歯後は細菌に感染しやすいため、処方された抗生物質をしっかり飲み、うがい薬で口内環境を清潔に保つことが大切です。 とはいえ数日間は激しいうがいはNGなので、 そっと口に含む程度で優しく口をゆすいでください。 当日~翌日は含みうがいでOK! 病院から処方されるうがい薬は、低刺激で薬用効果が高いです!処方されたうがい薬を使い切った後も、市販のうがい薬を使いたい場合は、できるだけ低刺激で薬用成分の入ったものを選びましょう。 刺激の強いうがい薬を使いすぎると、逆に良い菌まで死んでしまいます・・・。 おすすめのうがい薬(マウスウォッシュ) 抜歯後におすすめのうがい薬は「コンクールF」です。 歯磨きは 翌日から抜歯周辺を避けて、優しく磨いて大丈夫かと思います。 歯磨き粉も1週間程度は、患部を傷つけてしまわないように、発泡剤無配合のものを使うようにしましょう。 歯磨き粉をつけなくても大丈夫?虫歯にならない? 抜歯後は歯磨き粉をつけないように説明されることが多いです!でも「歯磨き粉をつけなくて虫歯にならない?」と心配になるかもしれません! 虫歯は長期間のケアを怠ることで進行していきます。 ほんの数日間 歯を磨かなかったからと言って、すぐに虫歯になることはありませんので安心してください!歯磨き粉をつけずにブラッシングするだけでも歯磨きの役割は十分に果たしてくれます。 むしろ虫歯磨き粉なしの方が良いという歯科医の方は結構多いです。 実際、歯磨き粉をつけると磨いた気になって、磨き残し多いという実験結果も出ています。 まとめ 歯を抜いた後は、お口の中がとてもデリケートであり、 抜歯後の歯磨きはとても大事です!激しいうがいや、歯磨き粉をつけるのは控えましょう!誤って歯ブラシが傷口に当たってしまうと、せっかく出来た血餅(かさぶた)が取れてしまいドライソケットになってしまう恐れがあります! 最後に「抜歯後の歯磨き」について重要ポイントをおさらいします!.

次の