セカオワ 僕 が さ こんなに。 【SEKAI NO OWARI (セカオワ)/ドッペルゲンガー】歌詞の意味は?アルバム『Eye』収録曲

ドームツアー中止でも彼らは止まらない。セカオワが見すえる「ライブ」の未来

セカオワ 僕 が さ こんなに

SEKAI NO OWARI セカイ ノ オワリ が 2019年02月27日CDアルバム 『Eye』をリリースしました。 9曲目に収録されている 新曲「ドッペルゲンガー」について。 今回は「ドッペルゲンガー」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「ドッペルゲンガー」の 歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを 代弁する形をとっています。 それでは、さっそく見ていきましょう。 SEKAI NO OWARI セカオワ 「ドッペルゲンガー」歌詞 ドッペルゲンガー 作詞 Nakajin 作曲 Nakajin いつになったら君に追いつける? いつもギリギリ見える所にいる まったく意地が悪いよな やっとの思いで 尻尾を掴んだのにまた蜃気楼 これがホントに僕が生み出したもの? こんなに人生弄ばれるなんてさ 春に転んで骨折っても 夏に寝不足でフラフラでも 追いかける背中 泣いている暇はない 秋に財布を失くしても 冬に病魔に冒されても 逃れられはしない 心に針が刺さったままでも走る いつになったら君は満足する? 待ってくれた試しなどない まったく可愛げがないよな 不意に背後から聞こえる わざとらしく深いため息 これがホントに僕自身だったもの? 真綿で首を絞めるような マネされるなんてさ 春に転んで骨折っても 夏に寝不足でフラフラでも 迫りくる足音 呼吸も浅くなる 秋に財布を失くしても 冬に病魔に冒されても 走り続けなきゃ いつか辿り着く楽園を夢見て 本当は分かってる 被害妄想気味だって 君らにはちゃんと感謝してるよ 辛くても続けてきたから 今の僕があるんだ さて次はどこへ向かおうか 春に転んで骨折っても 夏に寝不足でフラフラでも 踏み締める脚に不思議と力が漲る 秋に財布を失くしても 冬に病魔に冒されても 最近気づいた 走ってる僕は大体笑顔なんだって SEKAI NO OWARI セカオワ 「ドッペルゲンガー」歌詞の意味を解説 君と呼ぶモノを、僕は追い続ける。 見え隠れするその姿を、見極めたいんだ。 でも、いつも僕の心と反対の方に、 君はその姿を眩 くら ませる。 やっと、捕まえたと思ったのに。 ゆらりと、消える君。 君は、どこから生まれてきたの? 僕の中で生まれたモノなの? それなのに、僕を惑わせるばかりだ。 華やいだ季節に 骨折ってしまうようなカッコ悪さも、 寝苦しさを抱えて、足掻く夜も。 泣きたくなる。 でも、君を捕まえたいんだ。 泣いている暇なんてない。 高い秋空に吸い込まれ、 大切なものを見失ったり、 冷たい風に身を晒して、 心まで凍えてしまっても。 君を捕まえないと。 捕まえないと。 何故、こんな気持ちから 逃れられないんだろう。 君の姿を追うことで、心はこんなに、 傷ついているのに。 なのに。 走るんだ、僕は。 そんな君を追って、僕は前だけを見てた。 でも、君は優しく振り返ることは無い。 そんな僕を嘲笑うように、 君はいつの間にか、僕の後ろで、 大きなため息をつくんだ。 本当に君は僕なんだろうか? ゆっくり、ゆっくり、僕を 消そうとしているみたいだ。 華やいだ季節に、骨折ってしまうような カッコ悪い自分に落ち込む時でも、 寝苦しさを抱えて、足掻いている時でも、 追ってくる気配がする。 息苦しくなる。 高い秋空に吸い込まれ、 大切なものを見失うことがあっても、 冷たい風に身を晒され、 心が凍えてしまっても。 前を向いて、走って行かなきゃいけない。 後ろの君を、置いて。 いつか、僕だけの楽園に辿り着ける。 そう信じて。 本当は君のこと、分かってたんだ。 僕の弱さだったんだろうって。 でも、その弱さも必要だったと、 今は感謝してる。 負けないように、僕は走ってきた。 それが、今の僕を形作ってる。 さお、無限に広がる未来。 次は、どの道を行こうか。 華やいだ季節に、骨折ってしまうような カッコ悪い自分であっても、 寝苦しさを抱えて、足掻く自分であっても、 新しい道を、踏み締める僕の足には、 強い強い力が漲 みなぎ ってる。 やっと、気づくことが出来たよ。 前を向いて歩いてる僕は、 いつもいつも、笑顔でいられるって。 最後に ドッペルゲンガー。 自分と同じ姿をした何か。 それは、自分を誘い、煽り 時に追い詰めます。 幻のように、掴みようもなく、 ただその影に翻弄される。 でも、追い続けることを、決して やめようとはしません。 なぜなら。 それは、未来の自分自身。 ほんの数秒先かもしれません。 もしかしたら、何十年先かもしれません。 それでも、確かに 自分より先を進んでいくものだから。 追いつこうと足掻 あが く中で、 過去を振り返って 悔やむこともある。 後ろの自分は、今の自分を戒め、 そして背中を押すもの。 今までの自分の道のりは、糧となり、 永遠に広がっていく、 未来への道しるべと なります。 歩み続けていきましょう。 力強く、力強く。 きっと、笑顔の花開く、 未来が待っていますよ。 関連記事.

次の

SEKAI NO OWARIは若者に人気だけど、どうして大人には嫌われてるの?

セカオワ 僕 が さ こんなに

SEKAI NO OWARI はどうして若者に好かれ、大人に嫌われるのか? 大晦日に行われるNHK紅白歌合戦への出場が決まるなど、快進撃を続けるバンド・SEKAI NO OWARI。 中高生などからの熱い支持を受ける一方、なんだかよくわからない存在にモヤモヤしている人も多いのでは? 今回の武田砂鉄さんのコラムは、そんなモヤモヤにはっきりと答えているかはわかりませんが、読めばわかったような気持ちにはなれると思います。 Fukaseと同様にピアノのSaoriもまた、学校でいじめられていた「昔うまくいってなかった」話を頻繁にする。 どん底から救ってくれたのがFukaseであり、彼からバンドの創成期に「お前の居場所は俺が作るから泣くな」と言われたそう。 これを校長先生訳しておくと「この学校はいつまでもみなさんの故郷です。 壁にぶつかった時、いつでもこの学校に戻ってきてください」となる。 セカオワにとっての母校とは、自分たちで作り上げたコミュニティだ。 Fukaseは学校を中退し、ライブハウスを自分たちで作り、今でもメンバー全員で一軒家に暮らす。 Fukaseの夢はでっかい家を建てて、メンバーやスタッフのみんなと一緒に暮らすことだそうだ。 ルポライター・竹中労の名言、「人は、無力だから群れるのではない。 あべこべに、群れるから無力なのだ」をついついセカオワにはめ込みたくなるけれど、彼らは個々人が無力だから群れているのではなくて、この4人で結束することこそ唯一の有力だと信じて止まないから、寝食までともにする。 Saoriは自分の夢を「Fukaseの夢を叶えること」と言う。 Fukaseと喧嘩した後、一週間ほど無視してやろうと決め込んでいたら、自分の部屋の前に仲直りのケーキが置かれていたとSaoriは嬉しそうにつぶやく。 こういった青臭さを躊躇せずに発露させる彼らを「中2病」と呼ぶことが多いが、それは違う。 高3病は「病」なのか 彼らは「世間」「世界」「大人」「社会」と闇雲に対峙することで自分たちやファンの結束を強め続ける。 この4つのカギカッコって、実のところ、まったく具体的ではない。 本当はブツかりようがない漠然としたカテゴリーにぶつかろうと意気込むこの感じって、中2というより卒業間近の高3だ。 そのために仲間や場所を確認するのもこの時期だ。 校長先生は卒業式でなんと言ったか。 「共に学んだ友達の顔を思い出してください。 そして自分が信じた道を突き進んでください」。 彼らは「中2病」ではなく「高3病」、では「高3病」は「病」なのかどうか。 セカオワは中高生から支持を集めているが、「葛藤している高校3年生」に中高生が憧れるのはいたって自然の流れである。 そんな高3は、病ではない。 ファンを囲い込んだ上で「他の人たちは僕たちのことをどうしてわかってくれないんだろう?」という自意識を放つものだから、このバンドへの好き・嫌いは大きく分かれていく。 でも、「そんなにわざわざ嫌うこともないのに」と思う。 だって、高3の心の葛藤に対して「だせぇよ」と鼻で笑う方が中2的だから。 いつも同じ話をする校長先生の話にわざわざ突っ込まなかったのと同じように、静観で済ませておきたい。

次の

#中崎 彼にとっては「幸福」な世界

セカオワ 僕 が さ こんなに

I am 中二病。 今年で33歳を迎えるのですが、絶賛中二病の山本といいます。 中二病の師匠といえば、やっぱりSEKAI NO OWARI(セカオワ)。 これまで大好きな曲はたくさんあっても、大好きな歌手やグループっていなかったのですが、29歳くらいでセカオワに出会い(遅め)、セカオワの曲はどれも大好きというほどめちゃくちゃ好きになったアーティストです。 その中でも、MAGICという曲がメロディーも歌詞もMVもストライク過ぎて、毎日のように聞いています。 そしてMAGICの曲に出てくるカフェミケランジェロという場所があるのですが、特にドラマのロケ地に行きたいとかそこまで思わないタイプなのですが、なぜかカフェミケランジェロには行きたくて代官山まで行ってきました! セカオワのMAGICは、DragonNightのカップリングです。 そこまでメジャーではないかもしれませんが、これぞセカオワ!!という雰囲気が満載な1曲です。 セカオワの曲の中でも、ストレートに愛を伝える曲が大好きなのですが、その中でもどストレートにぶつかっていくMAGICは、セカオワの中でも一番好きな曲かもしれません。 愛をストレートに伝える歌詞が最高にいい MAGICですが、出だしからもうもうめちゃくちゃ直球!! 僕はね、君のこと初めて見たとき この世界に産まれてきた意味がわかったんだ この曲は一つの物語になっているのですが、男の子が大好きになった女の子に一目惚れをして、真っ直ぐに気持ちを伝えるのだけど、全く相手にされなかったところから少しずつ距離を縮めていくのです。 大切な人を失った時の「ありがとう」と「さよなら」はどれ程つらいのか。 MVがただただチェンマイ感に溢れてる MAGICのMVは2016年の「The Dinner」といううライブでの映像なのですが、セカオワのライブやPVってどことなくタイのチェンマイの雰囲気を感じるんですが、MAGICは特にチェンマイ感がすっっごく出てる映像な気がするのです。 ついにカフェミケランジェロです。 カフェミケランジェロは代官山にあるカフェで、ドラマのロケ地としてもよく使われるみたいです。 かの有名な松嶋菜々子と堤真一の「やまとなでしこ」のロケ地にもなっていたよう。 代官山駅から徒歩5分、大きな樹があるのが目印とのことです。 あった!屋根から大きな樹が飛びでてる。 雰囲気のあるレストランの外観。 平日に行ったのですが、お昼の時間帯だと人がいっぱいになってしまうかな?と思い、OPENの11時より少し早めに行きました。 すると5分前くらいにお店を開けてもらえて一足先にお店の中へ。 前面窓ガラスで外からに光も差し込んで、開放感のある店内はとってもいい雰囲気。 窓からは代官山をお散歩する人たちが見れて、なんとなくほっこりします。 こっちのスペースも明るくていい雰囲気。 そして、夢だったあの時間がやってくる… カフェミケランジェロでMAGICを聞く至福の時間 毎日のように聞いてるMAGICですが、ついにカフェミケランジェロでMAGICを聞く時がやってきた。 少し早めに来店したこともあって、お客さんは私一人だけ。 PCの全画面でYouTubeでMAGICを流す。 イヤホンをカチッとさして、MAGICスタート!!! 曲もそうなのですが、この映像がまたすごくセカオワメンバーみんなの感情がこもってて本当にグッとくる。 MAGICは実はカバー曲!原曲のMAGICもまたすごくいい ちなみにMAGICですが、実はセカオワ初のカバー曲でもあるのです。 原曲は、Hawaiian6というアーティストの「MAGIC」という曲です。 メロディーこそ同じですが、歌詞はセカオワのMAGICとは全く異なる内容ですが、原曲のMAGICもまたいい感じの曲です。 夢や目標に向けて走る仲間が集まる55(ごーごー)倶楽部というFacebookグループをやってます。 自分自身の日々の行動量を上げるために、その日の作業内容と翌日の行動をコミットする日報を毎日投稿しています。 また日報以外でも、日々の気づきや学びなんかをシェアしてます。 主に投稿しているのは、下記のような内容です。 毎日の作業内容(ノマドカフェopenに向けて)• 旅先で感じたこと• Web集客についての気づき• 目標を達成するためのマインド お互いに日報を報告しあったり、目標に向けて走る仲間を応援しあったりしているグループです。

次の