ブロッコリー離乳食。 離乳食後期のブロッコリーレシピ16選|茎はどうする?保存は?|cozre[コズレ]子育てマガジン

離乳食初期からOKのブロッコリー調理・冷凍法と、時期別献立&レシピを画像付きで紹介!

ブロッコリー離乳食

10倍粥からスタートする離乳食。 栄養もしっかりとってもらいたい!とママたちは毎日試行錯誤の連続ですね。 離乳食初期では食べられる食材がまだまだ少ないですが、ブロッコリーは初期の段階で摂り入れることができる、栄養豊富なうれしい食材です。 いつから食べさせて良いのか、ブロッコリーのどの部分を食べさせれば良いのか、下ごしらえの方法など疑問なことも多くありますよね。 ここでは、離乳食のブロッコリーを使ったおすすめレシピや、新鮮なブロッコリーの選び方から茹で時間、冷凍保存方法まで、わかりやすくご紹介します。 他の野菜とも相性が良く、お粥に混ぜたり野菜スープに入れたりアレンジレシピも豊富です!毎日の離乳食作りの参考にしてくださいね。 茹で時間は?電子レンジも便利! ブロッコリーは、お鍋にたっぷりの水を入れて柔らかくなるまで茹でるか、電子レンジを使って加熱できます。 茹でる場合は鍋の大きさや火力にもよりますが、離乳食の場合は約5分~6分くらいで柔らかくなります。 ブロッコリーのビタミンCは水溶性のため、あまりにも茹ですぎるとお湯の中に流出してしまうといわれていますが、適度に茹でるのであればあまり問題はありません。 電子レンジで加熱する時は、ブロッコリーを直前に洗って多少水分をプラスしておくと、みずみずしく仕上がります。 電子レンジでの加熱時間は4分~5分くらいが目安です。 また、ブロッコリーを茹でた時に出る煮汁は、ペーストをのばす時に使えるので、全部捨てずに少し取っておくことをおすすめします。 優しい甘さが魅力!粉ミルクのアレンジメニュー 出典: 鮮やかな緑色をしたブロッコリーを好んで食べてくれる赤ちゃんもいれば、ちょっと抵抗があって口にしてくれない赤ちゃんもいるでしょう。 赤ちゃんが嫌がった時は、なじみのある「ミルク」を加えることで食べやすくなります。 こちらのミルクスープは、さつまいもの甘味も手伝って、ミルクだけで作るよりもまろやかな味に仕上がります。 作り方は簡単。 下ごしらえしたペースト状のブロッコリーと茹でて裏ごししたさつまいもにミルクを混ぜるだけ! ブロッコリーもさつまいもも冷凍保存ができますので、素材ごとにフリーザーバッグや製氷器などに入れて冷凍しておけば、いろいろな料理に応用できますね。 しらすとトマトの旨みたっぷり!野菜をおいしく食べられる 出典: 離乳食開始から1ヶ月程経ったら、食材にタンパク質を摂り入れてみてください。 初めてのタンパク質には、しらすが調理しやすいですよ。 しらすは湯通しをして塩抜きしてから使いましょう。 その後裏ごしをしてだし等でのばし、1さじから始めてみてください。 慣れてきたらお粥に混ぜると食べやすくなりますよ。 トマトとブロッコリー、しらすを入れたお粥は、トマトの酸味で風味豊かになり食べやすくなります。 ブロッコリーは穂先の食べやすい部分を使ってください。 トマトの皮は消化しづらいので湯むきをしてくださいね。 しっかりと鍋でコトコト煮込むと柔らかくて甘味も増しますよ。 レシピでは、5倍粥にかつおだしを使っていますが、初期は10倍粥に昆布だしから初めてみましょう。 成長に合わせた形状にして、子どもが食べやすいメニューや味付けを心がけてみてくださいね。 ブロッコリーと魚のおいしいハーモニー 出典: 離乳食初期の魚デビューは白身魚からが基本ですね。 初めは少量しか食べられないので、切り身ではなく刺身を用意すれば、骨が入っている心配もないので扱いやすいです。 魚は下茹でをして擦りつぶしてから、1食分ずつラップに包み冷凍しておくと便利です。 ブロッコリーは穂先の柔らかい部分を利用します。 大根はレンジで1分ほど加熱しておきましょう。 小鍋に魚、大根、ブロッコリー、だし汁を入れて柔らかく煮込みます。 その後成長に合わせて、すり潰したり刻んだりしてくださいね。 魚がパサパサして飲み込みにくい場合は、水溶き片栗粉でとろみをつけてあげましょう。 だし煮はそのままおかずとして食べても、10倍粥に混ぜてもおいしいですよ。 淡白な白身魚と合わせておいしくお魚デビュー 出典: 白身魚を食べさせようと思ったら、料理しやすく手に入れやすい食材であるしらすや鱈を選ぶ方も多いのではないでしょうか?そんな鱈にもいくつか種類があります。 使うのは、塩分の多い塩だらではなく、生だらを使ってください。 また、銀だらは鱈とは違う大型の白身魚ですので、注意してください。 野菜とたんぱく質を一緒に食べられるレシピの作り方です。 ブロッコリーは、穂先だけを茹でてすりつぶします。 鱈も茹でてフォークなどでつぶし、大さじ1くらいのだし汁でのばします。 ブロッコリーと鱈を合わせたら完成です。 離乳食後期になれば赤身魚とブロッコリーを合わせても良いですね。 まとめ いかがでしたか。 ブロッコリーの豊富な栄養素をみると、ぜひ赤ちゃんに食べてもらいたいですよね。 しかも冷凍保存できるので、忙しいママ達にとっても使い勝手のいい食材ともいえます。 また、ブロッコリーは鮮やかな緑色で、食事に彩りを添えてくれます。 にんじんのオレンジ色やお粥、豆腐などの白などと合わせるとコントラストもきれいなので、ハーフバースデーのケーキなどにも良く使われる野菜です。 離乳食初期は思うように進まないことも多いと思いますが、まだお乳以外の食べ物を知るための慣らし期間ですから、あまり食べてくれなくても、悩むことはありません。 嫌がっている大泣き写真も、口中を緑色にして食べてくれた時の写真も、後で見ればかわいい思い出。 ぜひ、この時期だけの成長の姿を楽しんでくださいね! c 2014 Cozre Inc. org"," type":"Organization","name":" c Cozre Inc. cozre. facebook. amazonaws. cozre. cozre. google. cozre. cozre. feature. cozre. org",".

次の

ブロッコリーを使った離乳食レシピ!茹での目安は?冷凍製品もOK?【管理栄養士監修】(2020年7月13日)|ウーマンエキサイト(1/2)

ブロッコリー離乳食

離乳食を始めるときに食材別のスタート時期や形状・硬さ、さらに進め方の目安などどう進めていくのか悩むママもいるのではないでしょうか。 厚生労働省や自治体の資料を参考にしながら、ママたちによる、メニュー例や保存方法などの体験談について紹介します。 厚生労働省の資料をもとに平均値を割り出した結果、ブロッコリーを含む野菜は、完了期には平均89. 9%のママが取り入れているようです。 いつから食べさせてよい? ブロッコリーはいつから離乳食に使用できるのでしょう?厚生労働省の資料によると、離乳食中期の7〜8カ月頃には、約半数のママが、ブロッコリーを含む野菜を子どもに与えているようです。 離乳食の開始時期の目安としては、 ・授乳の間隔があき、タイミングも一定になってきた ・食物に興味をもつようになってきた ・スプーンなどを口に入れても舌で押し出すことが少なくなる などがあげられるようです。 進め方の目安 離乳食初期(5~6カ月) 食事のタイミングは、体調やご機嫌がよいなど子どもの様子を見ながら、1日1回1さじずつ始めましょう。 厚生労働省の資料をもとに平均値を割り出した結果、平均29. 9%のママがこの時期にブロッコリーを含む野菜を離乳食で与えているようです。 離乳食中期(7~8カ月) 離乳食を開始して1カ月を過ぎた頃から、1日2回食で食事のリズムをつけていくようになるでしょう。 厚生労働省の資料をもとに平均値を割り出した結果、平均69. 0%のママがこの時期にブロッコリーを含む野菜を離乳食で与えているようです。 離乳食後期(9~11カ月) 生後9カ月頃から、授乳やミルクがメインではなくなる子が増えてくるかもしれません。 1日3回食に進めていくなど、大人と同じ食生活が始まる時期といえるでしょう。 厚生労働省の資料をもとに平均値を割り出した結果、平均85. 7%のママがこの時期にブロッコリーを含む野菜を離乳食で与えているようです。 離乳食完了期(12~18カ月) 1日3回の食事のリズムを大切にすることが、生活リズムを整えるきっかけの一つと言えそうです。 厚生労働省の資料をもとに平均値を割り出した結果、平均89. 9%のママがこの時期にブロッコリーを含む野菜を離乳食で与えているようです。 com 目安の量 調理用計量スプーンの大さじは15ml、小さじは5mlです。 1mlを約1gとして考えれば、量の目安にできそうです。 やわらかく茹でたブロッコリーの穂先をすりつぶしたものを、お粥に混ぜてあげました」(30代ママ) 初期のお粥を食べることに慣れた頃、初めてブロッコリーを与えたというママが多くいました。 豆腐のブロッコリーあんかけ 「離乳食中期の頃に作りました。 ブロッコリーの穂先をやわらかく茹で細かくしたものに、片栗粉を混ぜとろみをつけます。 それを豆腐の上にのせて食べさせました」(30代ママ) 中期は穂先をすりつぶさなくてもよいかもしれませんが、子どもの反応を見ながら進めた方がよさそうです。 保存方法 初期・中期 「大人が食べるとき房にして茹でたものから、やわらかい穂先の部分だけを削いで、すりつぶして小分けにし、製氷器に入れて冷凍しました」(30代ママ) 初期・中期は、食べる量も少ないので、保存はしなかったというママもいました。 後期・完了期 「小さい房にしたものを、他の野菜といっしょに圧力鍋で茹でました。 それを製氷皿に小分けにして冷凍保存しておきました」(30代ママ) 後期・完了期になると、食べられるものも増えてくるので、あらかじめ他の野菜などといっしょに茹でておいてもよいかもしれません。 気をつけていた点 下ごしらえ 「初期・中期には、硬い茎の部分は使わないようにしました。 茹でた後、下ごしらえのときに穂先だけを残し、茎は切ってしまいました」(30代ママ) 「完了期に茎を使う場合は、硬そうな外側の皮を厚めに剥いて使うようにしました」(30代ママ) 離乳食の進みに応じて、硬さも変わってくるようです。 ママたちは子どもが食べやすいよう工夫しているようでした。 調理法 「後期に茎の部分を食べさせてみたところ、まだ硬すぎたのか嫌がって食べてくれませんでした。 なので圧力鍋で調理して茎もやわらくして食べさせました」(30代ママ) 「完了期になってから手づかみで食べる練習になるよう、茹でたブロッコリーを小さな房にしてあげました」(30代ママ) 離乳食を食べるときに、食感は大事なようです。 また小さな房であげると手づかみ食べの練習になるので、完了期以降、子どもの様子を見ながら与えてみてもよいかもしれません。 com ブロッコリーは離乳食初期・中期・後期・完了期のいつからでも使える食材で、初期はやわらかい穂先から使用するとよいようです。 完了期には手づかみで食べられるよう、小さな房であげてみてもよいかもしれません。 下ごしらえもしやすいようなので、味付けや調理方法など工夫をして食事に取り入れられるとよさそうですね。 離乳食の時期が進めば大人のメニューから取り分けて調理することもできるでしょう。 家族と同じようなメニューをいっしょに食べることで食事の楽しさを伝えてあげられるとよいですね。 新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

次の

離乳食初期からOKのブロッコリー調理・冷凍法と、時期別献立&レシピを画像付きで紹介!

ブロッコリー離乳食

目次 ビタミンとミネラルが豊富で、栄養価の高いブロッコリー。 ペースト状にすれば離乳初期から食べさせられるので、いろんな離乳食メニューにぜひ使ってみてください。 ブロッコリー、離乳食期ごとの目安(初期・中期・後期・完了期) 離乳初期(5~6ヶ月) 小房を切り分けてやわらかく茹で、裏ごししてペースト状にします。 裏ごししたらおかゆに加えてもOKですし、だし汁などでのばしてもいいですね。 離乳中期(7~8ヶ月)小房を切り分けてやわらかく茹で、穂先を2~3mmのみじん切りにします。 とろみをつけると、より食べやすくなります。 離乳後期(9~11ヶ月)小房を切り分けてやわらかく茹で、5mmくらいにきざみます。 離乳完了期(12~18ヶ月)小房を切り分けてやわらかく茹で、かじりとりやすい大きさに切ります。 離乳食のブロッコリー、よくある疑問・質問 ブロッコリーを茹でる時の目安は?時間はどのぐらい? 指でつまんだらつぶれるぐらい茹で時間は鍋の大きさなどにもよりますが、仕上がりの目安は、初期や中期のうちは、指でつまんだらぐにゃっと潰れるくらいだといいでしょう。 電子レンジを使うのはOK? 初期・中期は鍋で茹でるのがおすすめ電子レンジで蒸しても構いませんが、鍋で煮た方がやわらかくなりやすいので、初期・中期は鍋を使うといいでしょう。 後期くらいになり、ある程度のかたさのものが食べられるようになったら、電子レンジなども是非試してみてください。 冷凍ブロッコリーは離乳食に使える? 冷凍ブロッコリーでもOK!市販の冷凍ブロッコリーも上手に使えるといいでしょう。 凍ったままみじんぎりにして他の材料と一緒に煮たりして使えます。 おすすめレシピ!ブロッコリーポテト(9ヶ月~) 野菜をなかなか食べてくれない!というときには、じゃがいものマッシュと合わせるのがおすすめ。 食べさせなきゃ!と気負わず、赤ちゃんが手を伸ばすまで待ってみても。 赤ちゃん用だけでなく、大人はマヨネーズとケチャップを添えたりして、一緒にパクパク食べてくださいね。

次の