ディー ポイント 投資。 【変更】dポイント投資とは?負けない投資、dポイント投資の仕組みを解説

【攻略できた!】dポイント投資で勝ち続けている予想ブログが戦術全公開

ディー ポイント 投資

毎日のdポイント投資はツイッターで発信しています。 アフィリやアドセンスをやってるのがバカらしくなる。 投資なんて儲かるわけがない• 投資して負けたらどうするの? そんな マイナスイメージしかない投資。 『結局、dポイント投資もプラスにならないんでしょ?』 そんな声が聞こえてきそうです。 ところが私の予想ブログでは、dポイント投資で毎月プラスにする戦術を全公開しています。 毎月の平均利回り10%前後は最強の投資で、最低ライン10万dポイントで毎月10,000円の利益、年間12万円前後の利益は おいしいと思いませんか? 私はこの利益をAmazonでのお買い物や、両親へのプレゼントに利用しています。 是非この機会に、「 誰でも攻略できる、勝ち続けることができる」ドコモのdポイント投資にふれてみてはどうでしょうか。 同時にdポイント投資とポイントサイトの「」をうまく活用することで、加速度的にdポイントが増えます。 私もポイントインカムをうまく利用しながら、100万dポイントを貯めることができました。 ドコモのdポイント投資は「誰でも攻略できて勝ち続ける」ことができるとはいえ、 最低10万dポイント以上の保有は欲しいところです。 『ポイントが増えた』という実感が湧くのが、経験上、10万dポイント以上の運用からと断言できます。 10万dポイントをすぐに手に入れるためには、上で紹介したポイントインカムがおすすめです。 ポイントインカム内の「HAPPY動画」や「HAPPYうたフル」の1万円コースを登録するだけで、1万円分のポイントがもらえます。 そのポイントをdポイントへ交換するだけで、3日後には1万dポイントで投資を運用できるのです。 『絶対にやっておいて損はないです』 dポイント投資を攻略して勝ち続けるコツ dポイント投資を攻略するコツは3つあります。 株式市場の上がり下がりを自分で予想しなくて良い(手間もかからず考える必要もない)• さらに利益も出してくれる 2019年8月~からdポイント運用をプロに任せた場合の結果データを公開します。 日付 月初めスタート資金 最終日資金 損益 2019. 1月 100,000 99,975 -25 2020. 2月 100,000 94,046 -5,954 2020. 毎月利益が出ていることから、dポイントの運用をプロに任せることが「 手間もかからず」、「 利益も出してくれる」最適なdポイント投資のコツと言えます。 メリットばかりしかないdポイント投資ですが、最後に付け加えるデメリットとすれば、「この先もずっと利益がでるとは限らない」ということだけです。 そんな中、ついに2020年2月はコロナショックの影響を受け大暴落。 登り坂は一気には駆け上がれないが、下り坂は一気に駆け抜けて止めることができない貴重な体験ができました。 dポイント投資の予想屋に乗ってみる(難易度 中) dポイント投資攻略のコツとして2つ目に紹介するのが、「 dポイント投資の予想をしている予想屋に乗ってみる」方法です。 競馬や競艇などのギャンブルには予想屋がつきものですが、投資にも予想屋がつきものです。 予想屋が「株式市場の相場が上がる」と予想した日に相乗りして、dポイントを同じ日にベットするだけの簡単な投資手法です。 弱点としては「的中率の高い予想屋を探すのが難しい」ということでしょう。 特にdポイント投資の予想をやっている人なんて、どこを見渡してもいません。 dポイント投資の予想屋がいないので、私が独自に生み出した予想方法で予想屋として活動することにしました。 上で紹介した「dポイントの運用をプロに任せる方法」と、私独自の予想法を混ぜたMIX予想はお役に立てると思っています。 独自予想(難易度 高) dポイント投資攻略のコツとして3つ目に紹介するのが、「 独自予想」です。 独自で考えて予想をする方法は、あまりおすすめしません。 自ら株式市場の上がり下がりを考えて予想しなければいけないため、慣れるまで時間のかかる超難易度の高い方法だからです。 特に2019年7月からdポイント投資のシステムが変更になってからは、予想の難易度が超激ムズとなっています。 【2019年6月まで】 100%当たる予想ができました。 世界株式市場の相場が「上がったか下がったか」の結果を知ってから、当日に投資できたので絶対に予想はハズレなかった。 競馬で例えた場合、どの馬が1着になるかを知った上で馬券を買うことができた。 【2019年7月以降】 前日の14時までに翌日の世界株式市場を予想して、投資をしなければならなくなった。 14時までに上がるだろうと予想を決定しても、その後に世界市場が大荒れなんてことはしょっちゅうなので、非常に難しい予想となりました。 つまり、2019年7月以降はギャンブル性の高い「dポイント投資」となりました。 2019年7月以前は、dポイント投資の予想屋として有名だったのが「ポインコ予報」 本日からdポイント投資の予想と結果のみをTweetしていきます。 私個人的な損益は投稿しませんが、参考にしていただければ幸いです。 2019年7月からギャンブル性の高いdポイント投資となり、予想屋としての幕を閉じます。 ということで、独自予想でのdポイント投資は難易度が高いのでおすすめできません。 ですが、私は7月途中から12月までの相場分析をして独自予想法を生み出しました。 興味のある方は以下で紹介している予想方法をご覧ください。 本日6月12日のdポイント投資予想 3月はコロナショックで相場が読めませんでしたが、5月は少し参加して8万ポイントほどの利益が出ました。 本日6月12日のdポイント投資予想は【マイナス】に決定! \まずは1万dポイントを稼ごう/ 攻略の秘密はココにあり! なぜこのような確率的な予想方法にしたのか、理由を説明しますね。 現在のdポイント投資はシステム上、当日14時までに翌日の株式市場の上がり下がりを予想して投資しなければいけません。 14時までに翌日の株式市場を予想するのは、プロの投資家でも難しいです。 そのようなシステム上、私は『確率を分析すれば、ひょっとすると傾向がつかめるかも?』という想いで、2019年7月半ばから12月まで「dポイント投資」の分析を始たのが理由です。 その結果、翌日や2日後の株式市場なんて誰もが分かるわけがないですが、確率から攻めれば何とかなることがわかりました。 勝率が80%を超える時のみ、dポイントを多めにベットするのがベストな投資です。 最初にお話しした「相場が下落した日から、相場が2日連続で上昇した時に投資をすると勝率80%」を例にしてみます。 以下の図は、2019年12月10日からのdポイント投資の相場です。 12月10日に相場が下がり、11日・12日と相場が上昇したことを確認してからdポイントの投資を行う。 すると2日後の相場が上がる確率は80%以上となるので、掛け金を多めにしておけば多くの利益が獲得できるわけです。 この私が生み出した独自の予想方法と、プロによるおまかせ投資のMIX予想をうまく利用すれば大きく稼げるチャンスがあるのではないでしょうか? dポイント予想を誰もしていない中で、発信する価値はあると思います。 その7月からの投資コースそれぞれの結果を公表したいと思います。 2019年7月から毎月プラスになっていたおまかせコースですが、新型コロナウイルスによって2月は大暴落。 当分取り戻せないほどの損失となりました。 これは避けられない出来事で、致しかたありません。 3月はコロナショックで相場が読めずに退場して、一切参加していません。 テーマ投資 2019年11月から4つのテーマ「新興国」、「コミュニケーション」、「生活必需品」、「ヘルスケア」で分析を重ねています。 2019年11月からのテーマ投資結果表(200Pスタート) 200Pスタート 新興国 コミュニ 生活 ヘルス 11月1周目 204 203 201 201 11月2周目 199 203 201 205 11月3周目 197 202 200 206 11月4周目 198 206 203 211 12月1周目 198 205 203 210 12月2周目 205 207 205 213 12月3周目 205 209 205 217 12月4周目 208 211 206 217 1月1周目 215 218 207 219 1月2周目 215 220 210 224 1月3周目 198 211 205 215 1月4周目 193 208 203 211 2月1周目 201 217 208 221 2月2周目 205 220 209 222 2月3周目 195 213 204 216 2月4周目 185 195 183 195 3月1周目 179 190 190 200 3月2周目 162 175 173 186 3月3周目 145 163 165 170 3月4周目 150 169 171 181 4月1周目 151 169 176 187 4月2周目 161 186 186 207 4月3周目 157 181 183 205 4月4周目 161 187 184 211 5月1周目 165 197 184 212 5月2周目 162 193 180 210 5月3周目 165 200 182 211 5月4週目 175 205 190 216 6月1周目 187 212 196 220 6月2周目 179 206 189 211 6月3周目 181 205 185 209 毎週、毎週大暴落。 もう見たくない・・・。 この分析結果から、どのテーマを選ぶか参考になればと思います。 dポイント投資の始め方 dポイント投資は 負けない投資です。 dポイントを保有している方は、今すぐにでも始めるべきです。 始め方はをクリック。 上記の画面で「初めての方はこちら」をクリック。 上記の画面が表示されるのでdアカウントを持っていない方は、先にdアカウントを発行して下さい。 すでにdアカウントを持っている方は、「ID」と「パスワード」を入力してログインします。 次の画面でdポイント投資の規約が表示されるので「同意する」ボタンを押します。 次に、dポイント投資のコース設定画面が表示されます。 コース設定は、アクティブコースのままでいいです。 (後で変更できます) そのまま下へスライドします。 1日に1回 100ポイント単位で最大99,900ポイントまで、自分が保有しているdポイントから入力できます。 入力した後は「確認する」ボタンを押しましょう。 再度、設定確認画面が表示されるので「確定する」ボタンを押します。 これで完了。 翌日からdポイント投資が開始されます。 本格的な株式投資となると、身分証明などの面倒くさい手続きがいりますが、dポイント投資はほんの数分で設定が完了して開始できます。 お手軽な投資として、投資初心者にとっても参入しやすいのがdポイント投資です。 dポイントを持っているのなら、今すぐ始めてみてはいかがでしょう。 dポイント投資をおすすめする人 dポイント投資をおすすめする人• 投資自体初めて取り組む方(投資初心者)• 投資で損失を出し続けている方• 投資で絶対に損をしたくない方 上記のなかで1つでも当てはまる方は、絶対に儲かるdポイント投資をおススメします。 dポイントを100万ポイントまで貯める方法 dポイントの保有が少なくて、思ったよりも投資ポイントが増えないという方も多いのではないでしょうか。 「 誰でも攻略できる、勝ち続けることができる」dポイント投資とはいえ、投資をするためのタネ銭(dポイント)が少なければ旨味がなかなか実感できませんね。 このタネ銭(dポイント)を貯めるコツも実に簡単です。 dポイントを大量に貯めるコツは「」を活用すること。 たったこれだけです。 ポイントインカムを活用することで、私は急速に60万円以上のdポイントを保有することができました。 ポイントインカムとdポイント投資を併用することで、毎月5,000円以上のdポイントを獲得しましょう! まずは最低1万dポイントを保有しよう dポイント投資の運用で最低限保有して欲しいポイント数が、 1万dポイント以上。 1万dポイント以上からの運用が、ひと月に3桁以上の利益を生み『ポイントが増えた』という実感が湧くボーダーだからです。 1万dポイントをすぐに手に入れたい場合 1万dポイントをすぐに手に入れたい場合は、ポイントインカムで「HAPPY動画」や「HAPPYうたフル」の1万円コースを登録して、1万円分のポイントをゲットします。 その後、dポイントへ交換すれば3日以内に1万dポイントが手に入ります。 dポイントの資産を1. 5倍にする方法 保有しているdポイントが1. 5倍に増える「dポイント祭り」を知っていますでしょうか? dポイントが絶対に増える方法は、この「dポイント祭り」へ参加することだけです。 「dポイント祭り」とは、ポイントサイトで貯まったポイントをdポイントへ交換するだけで、毎年最大50%まで増量されるキャンペーンです。 10万dポイントを交換すると、5万円分のdポイントが勝手に増量されます。 つまり1. 5倍のdポイントへと変わります。 毎年各社で行われるdポイント増量祭り 期間 増量 備考 2015年8月~10月 25%増量 2016年8月~10月 25%増量 2017年10月~11月 50%増量 dポイントカード新規登録で最大50% 2018年11月~12月 25%増量 2019年11月~翌年1月 20%増量 dポイント祭りで60万ポイント獲得 モッピーで貯めたポイントを、dポイントへ交換するだけで最大50%の資産が増えます。 とんでもなく美味しい企画です。 毎年開催されているので、ドコモユーザーではない方も次回のdポイント増量祭りで資産を増やす体験してみてはいかがでしょうか。 dポイントを増やすには「ポイントインカム」がおすすめです。 dポイント投資の歴史 2019年7月までのdポイント投資は、 後出し投資と呼ばれる確実に勝てる投資手法でした。 本来、株の投資は「その株の上がり下がりを予想して売買する」のが基本です。 dポイント投資も同様です。 世界の株式市場が上がると予想した日は「 現在保有している全てのdポイントを投資する」 世界の株式市場が下がると予想した日に「 現在保有している全てのdポイントを引き上げる、すでにdポイントを引き上げていたら見送る」 誰もが分かり切っている投資攻略のコツでありながら、誰もが攻略できないコツです。 一般的に投資は「ギャンブル」と思われているのは、どうしても「勝ち・負け」という性質が存在するからです。 特にFXは恐ろしいですね。 2019年8月1日にトランプ大統領が中国への追加関税を表明したことで、為替や株価に悪影響を及ぼすことを誰が予想できただろうか? FXをしていた方は、この変動で破産に追い込まれた人さえいます。 様々な視点から統計を取って世界情勢を熟知したプロや経済アナリストでさえ、誰一人予想できなかったのは言うまでもありません。 結局、世界の株式市場の上がり下がりを予想することはプロでも難しいということです。 ところが、dポイントの後出し投資は世界株式市場の情勢が決定してから売買できるので、予想をする必要がない 絶対に勝つ投資と呼ばれていました。 dポイント後出し投資の最大のメリットが「 毎日夕方17時までに投資確定をすればOKな仕組み」にあるからです。 つまり、17時までに世界市場の流れ(上がるか下がるかの相場)を知ってから 「投資をするか」 「見送るか」 という判断ができるので、dポイント投資は絶対に勝てる後出し投資と呼ばれています。 これは投資の中でも、 dポイント投資しか存在しないシステムでした。 庶民である私から見れば『 ギャンブル性のある投資なんぞに金を使ってられない』と思っていたので、dポイント投資も毛嫌いしていました。 でも株式市場の上がり下がりが100%予想できるのを知って、dポイント投資に手を出しました。 2019年6月までのdポイント投資は、 負けない投資として有名となりました。 実際に負けないので、どう転んでも儲かる投資となっています。 その投資結果の一部をご覧ください。 dポイント投資が開始されたのが2018年5月16日(水)です。 そして、2018年12月16日(日)にルールが改定されます。 (改悪になる) 私は半年遅れの11月27日(火)からdポイント投資を始めました。 dポイント投資がいつから始まったのか分からなかったため、スタートが遅れました。 今の世の中、人よりどれだけ早く良質な情報をゲットして、実行するかということを思い知らされるハメに。 2018年5月16日から投資を行っていればどれだけの財産になったか・・・ それでは、私がdポイント投資デビューした2018年11月27日(火)~2018年12月16日(日)の結果を公開したいと思います。 dポイント投資の結果報告2018年 投資日 投資P 利益 11. 27 330,200 3,630 11. 28 334,200 716 11. 29 334,900 3,709 12. 3 339,800 681 12. 4 340,400 4,605 12. 11 345,700 654 12. 12 348,200 172 12. 13 348,400 1,984 12. 14 350,400 402 16,553 私がdポイント投資した2018年11月27日(火)~2018年12月16日(日)の結果ですが、 合計8日間の投資で16,553円分のdポイント利益を得ることができました。 過去のdポイント投資は、100%負けない後出し投資になっています。 投資結果をご覧のように損失がなく、利益しかありません。 つまり、 誰でも100%負けない投資になっていましたが、現在(2019年7月)ではギャンブル性の高い投資となり、100%負けない投資神話は崩壊しました。

次の

ポイント投資

ディー ポイント 投資

現在は【買い】 予想株価 631円 と判断されています。 「予想精度推移チャート」では、独自に集計した予想精度実績値を時系列で閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

dポイント投資とは?dポイントで資産運用をするメリット、デメリット。普通の投資より有利なポイント運用

ディー ポイント 投資

国内最大の資本金を持つ交換業者 インターネットイニシアティブ(IIJ)を筆頭に、伊藤忠商事や三菱UFJなどの大手企業19社が株主として名を連ねる。 資本金は準備金を含めて52. 3億円と国内最大 二段階認証をアプリに内蔵 セキュリティレベルを高める反面、ログインの際の手間や認証端末紛失時に大きなリスクとなる二段階認証。 ディーカレットのアプリには、二段階認証をアプリ内で自動化。 新しい認証スタイルを生み出し、取引のタイミングを逃しません。 充実したサポート体制 深夜も土日祝日も24時間365日眠らない暗号資産市場。 ディーカレットでは、土日祝日でも顧客サポートを行い、チャットでも気軽に相談できます。 ディーカレットの手数料 会社名 株式会社ディーカレット 所在地 東京都千代田区富士見2-10-2 設立日 2018年1月1日 主要株主 株式会社インターネットイニシアティブ、伊藤忠商事株式会社、株式会社 QTnet、株式会社オプテージ、SOMPOホールディングス株式会社、第一生命保険株式会社、株式会社大和証券グループ本社、東京海上日動火災保険株式会社、日本生命保険相互会社、野村ホールディングス株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ビックカメラ、三井住友海上火災保険株式会社、株式会社三井住友銀行、三井不動産株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、ヤマトホールディングス株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、株式会社 電通 資本金 52. Qどのようなサービスがありますか? A取引サービスは販売所方式で現物とレバレッジ取引が可能です。 暗号資産から電子マネー(au WARRET、R Edy,nanaco)への チャージが可能です。 Q取引できる暗号資産は何がありますか? A5種類の暗号資産(BTC、XRP、ETH、BCH、LTC)を取引できます。 現物取引は、BTC、ETH、XRPとなっています。 Q手数料は掛かりますか? A暗号資産の取引手数料は無料となっています。 ただし、販売所では売り値と買い値の差額であるスプレッドが取引コストになります。 またレバレッジ取引において、建玉を翌営業日に持ち越した場合のみ、建玉金額の0. Qいくらから暗号資産を買えますか? Aビットコインが100万円の時は1円となる0. 0001BTCから購入することができます。 イーサリアムは0. 0001ETH、リップルは1XRPからとなります。 Qレバレッジ取引はできますか? A販売所でレバレッジ取引が可能です。 対応している暗号資産は取り扱っている全ての5種類の暗号資産(BTC、ETH、XRP、BCH、LTC)です。 Qスマートフォンアプリはありますか? A現物取引とレバレッジ取引用の2つのアプリがあります。 レバレッジ取引専用アプリは、カラーモードが2種類あり、テクニカル指標も複数表示可能。 ログイン時画面や注文の初期設定も可能となっています。 Q送金手数料は掛かりますか? Aビットコインは0. 0005BTC、イーサリアムは0. 0021ETH、リップルは0. 01XRPが必要となります。 これは業界でもかなり低い水準となっています。 Qディーカレット独自のサービスはありますか? A暗号資産の電子マネーへのチャージが可能です。 電子マネーの種類は3種類(楽天Edy、nanaco、au WALLETプリペイドカード)で、最低1000円からのチャージが可能です。 Qディーカレットが他の取引所よりも優れている部分はありますか? Aレバレッジ取引のスプレッドがほぼ固定となっています。 他の取引所では、相場状況に応じて頻繁に変動します。 また、暗号資産の送金手数料が業界最低水準となっています。 Qどんな会社が運営していますか? Aインターネットイニシアティブを筆頭に、伊藤忠商事やKDDI、住友生命保険、大和証券グループ本社からビックカメラ、三菱UFJ銀行、JR東日本まで大手企業が出資しているディーカレットが運営しています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、『みんなの仮想通貨』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 最新情報は各証券会社の公式サイトにてご確認ください。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 【暗号資産取引におけるリスク】 ビットコインをはじめとする暗号資産の取引には、価格変動、流動性、ネットワークリスク等のリスクがあります。 当サイトは情報提供を目的としており、売買推奨は行っておりません。 投資を行う際はご本人様の責任においてお願い致します。 【当サイトについて】 当サイトはネット証券会社に関する情報の提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 株式・FXの口座比較はこちら! 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の