あ、この映画面白かったよ 意味。 映画ゴリラのタイトルの意味は?なぜこの邦題に?

この映画はすごくおもしろかった!を英語にお願いします。

あ、この映画面白かったよ 意味

『ゴリラ』の作品情報 【原題】Raw Deal 【劇場公開日】1986年9月6日 【製作年】1986年 【製作国】アメリカ 【配給】松竹富士 【監督】ジョン・アービン 【キャスト】アーノルド・シュワルツェネッガー、キャスリン・ハロルド、ダーレン・マクギャビン、他 あらすじ 元FBIの捜査官マーク・カミンスキーは、少女が殺害された事件の犯人に暴力を振るい田舎の交通取締警官に格下げされていました。 5年経ち田舎暮らしに飽き飽きしていたとき、かつての上司がマフィアに自分の息子を殺されてしまい、マークをファミリーに潜入させようとします。 成功した暁にはFBIに戻ることを条件にマークは潜入を引き受けます。 タイトル・邦題の理由 — 2020年 1月月12日午前5時04分PST 『コブラ』の作品情報 【原題】Cobra 【劇場公開日】 1986年8月9日 【製作年】 1986年 【製作国】アメリカ 【配給】ワーナー・ブラザース映画 【監督】ジョルジ・パン・コスマトス 【キャスト】シルベスター・スタローン、ブリジット・ニールセン、レニ・サントーニ、他 あらすじ ナイトスラッシャーと呼ばれる狂信的な虐殺集団による殺人事件が続発。 その凶行を偶然目撃したモデルのイングリッドは命を狙われるハメに。 そんな彼女の警護任務に、ロス市警の刑事コブレッティが就く。 サブマシンガンを携行し、カスタムメイドされた改造車を乗り回すその男はコブラとあだ名される凄腕刑事だった。 引用元:映画. com こっちは本当にコブラ! 『コブラ』がで公開されたのは 1986年8月9日。 シルベスター・スタローン主演で大ヒットしました。 スタローンが演じるのは、ロス市警の刑事コブレッティでニックネームが「コブラ」。 余談ですが、ヒロインを演じた ブリジット・ニールセンはスタローンの当時の奥さんです。 そして 『ゴリラ 』がアメリカで公開されたのは 1986年9月6日。 約1ヶ月違いなんですよね。 当時人気絶頂のシルベスター・スタローンの新作が『コブラ』で、同じくアクションものでテイストの似たシュワルツネッガー新作ならこっちは『ゴリラ』でいこう、という感じでしょうか。 この邦題になった真相はわからず推測の域を出ませんが、おそらくそんなところだと思います。 シュワルツネッガーとスタローンの関係 当時アクションもので二大スターだったスタローンとシュワルツネッガーですが、ライバルともいえますが良好な関係だったようです。 また、ビジネスパートナーという関係でもあり、二人はレストランチェーン「プラネット・ハリウッド」と同ホテルの 共同出資者でした。 その後シュワルツネッガーはロサンゼルス州知事になるわけですが、現職中もスタローン主演・監督の 『エクスペンダブルズ』に出演し、その後続編では本格的に共演。 『大脱出』ではダブル主演しています。

次の

『ミッドサマー』を酷評!あらすじネタバレ解説・感想/ラスト意味やテーマ考察!

あ、この映画面白かったよ 意味

連続ドラマ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」が、本日7月16日(木)より放送スタート。 初回放送に先駆けてこの度、主演・石原さとみからコメントが到着した。 本作は、石原さん演じる萬津総合病院の病院薬剤師・葵みどりが、患者の当たり前の毎日を取り戻すために奮闘する姿を描いていく、患者を支える病院薬剤師たちのヒューマンドラマ。 石原さんのほかにも、西野七瀬、成田凌、桜井ユキ、井之脇海、田中圭らが出演している。 撮影している時に限らず、プライベートの時間でも気を張っています。 それこそ、今は友達に会いたいと思っても、その方がどういう意識を持っていて、どのような対策をしているのかが分からないので。 一人一人の自覚の問題だとは思いますが、常に緊張を強いられていますね」と現在の心境を明かす。 また、撮影休止期間中はプロデューサーやスタッフとやり取りをしていたという石原さん。 それが『葵みどりのお薬講座』(公式HP掲載中)です。 そしたら、出来上がった台本がとても長くて・・・(笑)。 共演者との再会については「すごく不思議なんですけど、2カ月間会っていなかったのに前より仲良くなっているんです。 キャスト同士の会話もすごく多くなりました」とコメント。 きっとみなさんも薬剤師や医療従事者の方々への思いが、ステイホーム期間を経て変わったのではないかと思います。 話数が進むごとに本当に面白い台本が出来上がっているので、私自身どうなるのかワクワクしています。 毎週木曜日はみなさんも一緒にワクワクしていただけたらうれしいです」とメッセージを寄せている。 「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」は7月16日より毎週木曜日22時~フジテレビにて放送。 net》.

次の

映画『ゼロの焦点』あらすじと感想/タイトルの意味とは?

あ、この映画面白かったよ 意味

ちょっと長いですが、この映画の私なりの解釈を描いてみたいと思います。 まずこの映画で奇妙な点として、登場人物たちの恋愛観が挙げられると思います。 近視、足の悪いこと、滑舌の悪いこと、ビスケットが好きなこと、鼻血の出やすいこと、美しい髪をもっていること、冷酷非情なこと等々、自分の個性とでもいうべきものを、相手もまた有しているのでなければ、恋愛関係を結ぶことができないと彼らは固く信じ込んでいます。 しかしこれはまったく根拠のない思い込みではなくて、ある意味では、客観的事実から導かれたそれなりの論理的帰結であると思います。 その事実とは、恋愛関係というものは幻想にすぎず、個人を結び付ける客観的根拠はどこにもないという事実です。 かつての西洋社会ではおそらく神が、個人の間をとりもつ客観的根拠として存在していたのだと思いますが、この映画の世界は動物も子供も人間が工業的に造り出す神なき世界であり、そういう意味では現代社会そのものといっていいと思います。 問題は、客観的根拠はどこにもないのに、他人同士が結びつかなければ、この社会が崩壊してしまうということです。 そこで上述の個性を共通に有していることを足がかりに、あたかも自然的に二人が結びつけられたかのようにふるまい、二人の恋愛関係を構築していこうと試みるわけです。 そのため、恋愛一般にいえることだと思いますが、この関係は根本的に欺瞞的です。 森に潜む独身者たちのリーダーの女は、この欺瞞を許せない極北の存在として描かれています。 彼らが館を襲う目的は、その欺瞞を暴くというただ一点にあります。 しかし彼らは反動的勢力ではありますが、その存在は完全に社会の主流に依存し、結局は同じ価値観を有しています。 彼らの規律は矯正施設のルールの裏返しに過ぎず、オリジナルな文化は何もありません。 だからリーダーの女は、完全に主流派の存在である両親の子供であり、そしてよき娘として家庭を繕いながら、他方で反抗的な不良娘としてふるまい、両親の欺瞞を他者におしつけ、憂さ晴らしをしているのです。 つまり欺瞞を出発点として関係を結ぶことが、大人の義務として課されているわけで、そういう意味で鼻血が出る体質のように装った主人公の友人は、まったく正しい主流派の道を歩んでいたわけです。 主人公に夫の嘘を暴露された夫人が、まず主人公の頬を張ったのは、実際には無意識的に夫の嘘を許容して、欺瞞的で「正しい」道を歩もうとしているのに水を差されたからです。 またこの映画の動物たちは、もともとは他人と恋愛関係を結ぶことができなかった人間ですが、動物とは何ら欺瞞なく本能的にお互いが交わることのできる存在であり、そういう意味で動物に変えられてしまうことは、「治療」といっていいのだと思います。 しかしそうであるならば、落伍者である独身者以外の人間すべてについても、欺瞞的な恋愛関係を構築している限り、この治療は必要なわけです。 つがいの動物は「真の恋愛」を体現しているわけで、そのため人間たちは動物に対し、落伍者の末路として侮蔑する一方、劣等感と嫉妬心を抱いていると思います。 冒頭の、女がロバのつがいの一方を射殺するシーンは、この嫉妬心を表現していると思います。 この映画で人間にとって唯一の希望といえるのは、主人公と何ら共通項を見出さない段階で、主人公に惹かれたヒロインの存在です。 理由なく、自身の直観に従って自ら恋愛関係を構築できるのは登場人物たちの中で彼女だけであり、一方で主人公はヒロインに惹かれつつも、近視という共通項を見出して初めて恋愛関係を構築することが可能でした。 独身者のリーダーが主人公でなく彼女の目を潰したのは、ヒロインに共通項を見出せなくなった主人公が、ヒロインを見捨てて離れてゆくように仕向け、結局恋愛が欺瞞でしかないということを証明しようと画策したためであり、また前述の女がロバに嫉妬したように、ある意味で不具者が健常者に嫉妬したという面もあるのだと思います。 主人公は彼女との共通項を無理やり作り出すべく、自らの目をステーキナイフでえぐろうと試み、その間ヒロインはじっと主人公が帰ってくるのを待っているというシーンで映画は終わりますが、この映画の終着点はまさに、物語がハッピーエンドかバッドエンドかという岐路であったわけです。 主人公が目を潰して帰ってきた場合、それは結局主人公が欺瞞的なやり方でしかヒロインと関係を結べなかったということであり、バッドエンドです。 ハッピーエンドへの道は、主人公が目を潰さずに帰ってきて、何らの足がかりなく彼女と関係を結ぶことです。 共通項を足がかりにするということは、自己の延長として相手を見ることでもあり、そのような媒介を経ずに、跳躍して他者そのもののヒロインと相対するというのが、主人公のとるべき道なのではないでしょうか。

次の