イイズナ オコジョ 違い。 テンはペットとして飼えるのでしょうか?イタチとの違いとは?

イタチ豆知識

イイズナ オコジョ 違い

好きなところにジャンプできます• イイズナは空を飛ぶイタチ!? 空飛ぶイタチの写真が話題になっています。 キツツキの一種「アオゲラ」が飛んでいる背中に、しがみつくようにして小さな小さなイタチが乗っていたんです。 この合成のような写真はイギリスのアマチュア写真家マーチン・ルメイさんが2015年3月にロンドンで撮影したものです。 専門家が写真をくまなくチェックしたところ、合成の痕跡は無かったと判明しています。 信じられないかもしれませんが、実際にイタチが鳥に乗って空を飛んでいたんです。 この小さなイタチは 「イイズナ」といいます。 北米、北ヨーロッパなどの寒い地域に生息していて、日本にも北海道、青森県、秋田県、岩手県に分布しています。 体長は20cmほどで、世界で最も小さな肉食動物(食肉目)とされています。 英名の「Least Weasel」も 「最小のイタチ」っていう意味です。 イイズナは小さな体なのにとても凶暴な性格をしています。 そのため、自分より大きなウサギや鳥に襲いかかることがあるんです。 先ほどの写真でイイズナを乗せていたアオゲラは地面でアリを食べる鳥です。 そのため、イタチなど地上を住処としている肉食動物に襲われることが多いんだとか。 アオゲラに襲いかかったイイズナが、驚いて空中に逃げた鳥にしがみついたまま一緒に飛び立ってしまった決定的瞬間だったんですね。 イイズナの性格が凶暴すぎて獲物を逃がすまいとした結果、このような空中遊泳に繋がったのでしょう。 しばらく空の旅を楽しんだイイズナでしたが、アオゲラが疲れて地上に降りたところで撮影者に気付き、食べるのを諦めて森に逃げていったそうです。 アオゲラにとっては結果オーライでしたね。 ものすごい食い意地だね、、、 イイズナは襲いかかった獲物に食べられることも、、、 イイズナが獲物とする動物は基本的に地面の穴で暮らしているネズミです。 というのも、 彼らがここまで小さくなったのは、ネズミの巣穴に入るためなんです。 小さいネズミは巣穴に入ると、ほとんどの肉食動物が手出しできなくなります。 ネズミを狙うライバルは少ないということですね。 そこでイイズナは効率よく獲物にありつけるように、自分の体を小さくするという進化を遂げたんです。 それなのに性質が荒いため、目に入った食べられそうな動物に襲いかかってしまいます。 普段は昆虫をつついていますが、口に動物が近づいてきたら食べますよね。 イイズナは体が小さいため、十分飲み込める大きさです。 イイズナの無鉄砲な性格が、ときに命を落とすことに繋がってしまうんです。 イイズナは凶暴すぎて人になつかないらしいよ! そもそもでペットになんてできないよね イタチ科には凶暴な動物が多い! イイズナが属しているイタチ科の仲間ですが、他にも凶暴な動物が存在しています。 クズリ 北アメリカ、ロシア、北欧を生息地としているクズリは 現地ではクマよりも恐れられているイタチ科の動物です。 凶暴な性格で、目の前に現れた動物は大きさや種類に関係なく、とりあえず襲いかかります。 クズリは雪の中でも自由に走れる幅の広い足の裏を持っていて、雪に足がとられてしまった動物を襲います。 さらに木の上からピンポイントで 相手の脊椎を噛み砕くという恐ろしい技も持っています。 地上最大の肉食動物「ホッキョクグマ」を殺傷した記録もあるほどです。 クズリは凶暴な性格、雪でも自由自在に動き回れる体の造りにより「北欧最強生物」とも呼ばれます。 まとめ イイズナは小さいくせにどんな動物でも獲物にする強気な動物です。 獲物の鳥が飛んでも離さないなんて、食い意地がすさまじいですよね。 世界最小の肉食動物なのに、ハートは大きすぎます! イタチ科の仲間は凶暴な動物が多いですが、 イイズナ、クズリ、ラーテルが最強の候補に上がるようです。 共通点は 「気性の荒さ」ですね。 強気な姿勢は、ときに 体格差を感じさせない存在感を発揮するということでしょう。 「もしかしたら相手動物はこれらのイタチ科動物がものすごく大きく見えている」なんてこともあり得そうですね。 ペットにしたいくらいかわいい見た目のイイズナですが、飼い主に対しても攻撃性を向けてきそうです。 現実的に飼育するのは難しいと言えますね。

次の

オコジョ(イタチ)はペットとして飼うことはできる?飼育はしやすい?

イイズナ オコジョ 違い

形態 [ ] 雄は頭胴長14-26cm、尾長1. 6-3. 5cm、体重25-250g。 雌は雄よりやや小さい。 夏は背側が茶色で腹側が白色。 冬は全身純白になる。 生態 [ ] 気性が荒く動きは俊敏。 生息地は深い森林や平野、田畑など。 また日本では村里にも生息する。 ネズミ類が主食だが、小鳥、昆虫類、、死肉も食べる。 都市部の拡大による森林や池沼の減少とともに繁殖域が狭くなっている。 亜種 [ ] M. namiyei Kuroda, 1921 青森県、岩手県、秋田県に分布。 頭胴長16cm、尾長2. 5cmほど。 nivalis Linnaeus, 1766 北海道に分布。 ニホンイイズナより大型。 保全状態評価 [ ] イイズナ Mustela nivalis LEAST CONCERN Ver. 1 2001 亜種 ニホンイイズナ Mustela nivalis namiyei 絶滅のおそれのある地域個体群() -の個体群 文化 [ ] 伝承 [ ] 東北地方や信州では「飯綱(いづな、イイズナ)使い」「狐持ち」として(くだぎつね)を駆使する術を使う家系があると信じられていた。 のからその術を会得する故の名とされる。 は「ではイヅナと称し 、それを使う巫女(エチコ)〔〕も」いるとする。 また地方では、モウスケ(猛助)とよばれ、妖怪としての狐よりも恐れられていた。 大衆文化 [ ]• が1965年に発表した、忍者を主人公にした漫画「」では、主人公のカムイはイイズナが跳び上がって鳥を捕食するのを見て必殺の忍術「 飯綱落し」を閃く。 脚注 [ ] [] 補注 [ ]• 米田政明 「イイズナ」『日本の哺乳類 改訂2版』自然環境研究センター編、東海大学出版会、2008年• 『 第4版』 1991年 、岩波書店「いいずな」の項• 今泉吉典監修(1991年)『世界の動物 分類と飼育 第2巻〔食肉目〕』財団法人東京動物園協会、• 『 第4版』(1991年)、岩波書店「いづなつかい【飯綱使・飯縄遣】」の項• "北秋田ではモウスケと称して狐より怖がられ、仙北地方ではイヅナと称し、それを使う巫女(エチコ)もある。 学名コエゾイタチを、此の付近.. 〔生保内村〕では.. オコジョと云ふ(田口耕之助氏)"。 , 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

オコジョとは

イイズナ オコジョ 違い

イタチとネズミの違いは? ネズミはネズミ目の総称です。 かなりの種類と数があります。 ネズミは殆どが夜行性です。 ネズミは常に何かをかじって前歯をけずっていく習性があるのです。 それは前歯がずっとはえ続けるからなのです。 だから削らないでいると食べられなくなるからなんです。 なので家の柱やその他の場所をかじってしまうし、ネズミは不衛生な病原をもっているので駆除が必要です。 ネズミ捕り器を置いたりして駆除にこころがけ、大量ならばプロにまかせましょう。 イタチは一般的には日本イタチのことをいいます。 イタチの体型は概して細長く、メスがオスより小さいです。 見た目はかわいいんですが似合わず凶暴です。 自分よりも大きい動物を襲う事もあります。 肉食でウサギや鶏などを食べます。 イタチは森林伐採や環境変化で民家にくるようになったので、糞がみられたら駆除しなければいけません。 自分で手に負えない場合は、プロに相談するかまかせた方がいいでしょう。 特にイタチのメスは、鳥獣保護法で守られているので捕獲は出来ません。 スポンサードリンク イタチとイイズナの違いについて イタチとイイズナは共にイタチ科です。 イタチは体が小さいので隙間があれば、どこからでも入ってきます。 なので民家に来て、鶏やウサギを食べたり屋根裏部屋に、大量の糞をしたりします。 イタチの糞には感染源となるものやノミやダニなどが含まれているので、発見したらそく駆除しなければいけません。 しかし、鳥獣保護法でメスは捕獲禁止になっているので、注意が必要ですし、難しい場合はプロに相談するなり、任せた方がいいでしょう。 イイズナはイタチ科ですが食肉目最小の種です。 日本では北海道、青森、岩手などさむいところに生息します。 メスはオスより小さくて換毛します。 冬は全身色が白になります。 ネズミ類を食べますし両生類や昆虫なども食べ、肉食です。 これも森林の伐採と共に、住む範囲が狭められ民家に来るようになってこまります。 気性が荒く凶暴のためペットには向いていません。 オコジョと似ていますが、尻尾の長さが長く先が黒いのが特徴です。 まとめ イタチとイイズナは共に、イタチ科ですがイイズナは最小の肉食の哺乳類です。 ネズミとこの2種類の動物は種類が違う動物です。 イタチとネズミは感染症を引き起こす原因になりますので、駆除が必要です。 しかし、イタチのメスは鳥獣保護法で守られているので捕獲してはいけません。 イタチとイイズナは一見ペットにしたいような動物ですが、凶暴で気性が荒いので、ペットに向いていません。 スポンサードリンク.

次の