ガンマ gdp。 健康診断で気になる数値 「γ

肝機能γ

ガンマ gdp

沈黙の臓器と言われるだけに、気づいたときには手遅れということも多いので 定期診断による早期発見は欠かせません。 診断でわかる肝機能数値の正常値は以下の通りとなっています。 詳しいことは、以下のコラムを読んでみてくださいね。 肝臓は「沈黙の臓器」と言われるように、自覚症状が現われにくく、気づいたときにはもう手遅れ…ということも十分にありえます。 というわけで早期発見のためにも定期的な健康診断は欠かせません。 そこで今回は、健康診断でわかる肝臓とかかわりの深い肝機能数値について、ご紹介したいと思います。 特にアルコール性肝障害や、胆石で胆道がふさがれたときに数値は上がりやすいと言われています。 以下、数値と疑われる病気について書いておきますので、参考にしてください。 数値が100を超えた場合は、禁酒も覚悟し、病院にも行くようにしましょう。 ・10~50(成人男性) ・ 9~32(成人女性) 正常値。 正常値より低くても問題ありません ・正常値の上限~100… アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性肝炎、脂肪肝で多くみられる数値です。 肝硬変、肝がんの可能性もあります。 ・100~200… アルコール性肝障害、薬物性肝障害、慢性活動性肝炎で多くみられる数値です。 肝硬変、肝がん、脂肪肝、胆道疾患の可能性もあります。 ・200~500… アルコール性肝障害、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯で多くみられる数値です。 慢性活動性肝炎の可能性もあります。 ・500以上… 急性アルコール性肝炎、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯などでみられる数値です。 これらはほとんど同じ働きをするのですが、GPTのほとんどは肝臓に存在するのに対し、GOTは肝臓だけでなく、腎臓や赤血球、心臓や手足の筋肉などにも存在するという違いがあります。 これらは、肝臓に含まれる酵素で、肝細胞が壊れたり、細胞膜の透過性が増すことで、血液中に酵素が流れ出すことで、数値があがります。 したがって、肝臓に異常があった場合は、ほとんどの場合両方の数値が上がりますが、GOTの数値だけが上がって、GPTの数値が上がらない場合は、心筋梗塞や筋肉の組織が壊れたなどが考えられます。 肝臓において、GPTとGOTの数値を比べると、脂肪肝や慢性肝炎の場合はGPTがGOTの数値を上回り、症状が肝硬変に進行すると逆転してGOTがGPTを上回ることになります。 これより低いからと言っても特に問題はないのでご安心ください。 正常値以上100未満の場合は、慢性肝炎や肝硬変、脂肪肝の疑いがあるので要注意。 また、ウイルス性肝炎の場合は、数値が100を越え、悪化すれば500を越える数値になることもあります。 ここまでくれば立派な病気。 絶対にすぐに病院へ行って治療を受けましょう。 手遅れになる前に、自分の数値がどれくらいなのか、自分の肝臓がどういった状態なのかを認識し、正常値を上回っている場合はきちんと病院に行くようにしましょう。 そのときは禁酒も覚悟しなければならないかも知れません。 そうならないためにも、日頃からアルコールの摂取量には注意しながら、「その時だけ楽しければ良い」ではなく、「いつまでも楽しくお酒を飲めるように」、自分で自分のカラダをいたわってあげるようにしましょう。

次の

ガンマGTPの基準値・病院に行くべき数値は?

ガンマ gdp

これらの酵素は体内でいろんな臓器に存在しますが、特に肝臓の細胞に多く含まれており、何らかの原因により肝細胞が破壊されて肝臓に障害が生じると、血液中に漏れ出すことから高い数値を示すこととなります。 これら肝臓の数値に異常があれば何かしら肝臓に障害が生じており、肝機能が低下している可能性が疑われます。 「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓は、異常があって機能低下が生じていてもなかなか自覚症状が現れにくく、ハッキリとした自覚症状が出る頃には相当悪化しているケースも多々ありますので、お酒が好きでよく飲む人はもちろんのこと、食生活をはじめとする生活習慣の乱れから、肝臓に負担を掛け過ぎていると感じている人なども、健康診断の結果において肝臓に関連する数値は把握しておく必要があります。 肝機能数値の基準値(正常値) 肝臓の健康状態を示す【肝機能数値】の 基準値は以下のようになっており、これらの肝機能数値に関しては基準値より低くても特に問題ありません。 注意点として、血液検査における基準値や正常値というものは、検査を実施する医療機関での検査方法の違いにより数値が異なりますので、あくまでも参考値として捉えておくのが良いと思われます。 ちなみに、近年においては国際的に統一された名称に合わせて、GOTのことを【AST】、GPTのことを【ALT】と呼ぶ医療機関が増えてきています。 GOT(AST) 【GOT(AST)】は肝臓に含まれているアミノ酸を作る酵素の一つで、肝細胞が壊れるとGOTが血液中に漏れ出てくることから、血液中に含まれるGOTの数値が上昇します。 血液検査で GOTとGPTが共に基準値より高くて、GOTの数値がGPTよりも高い場合には、【肝硬変】【肝臓がん】【アルコール性肝炎】【心筋梗塞】などといった肝臓疾患が疑われます。 ちなみにGOT(AST)は肝臓以外にも、心臓の筋肉、骨格筋などにも多く存在しており、血中での数値が【狭心症】や【心筋梗塞】などの心疾患や骨格筋の障害の診断としても利用されています。 GPT(ALT) 【GPT(ALT)】も肝細胞に多量に含まれるアミノ酸代謝酵素の一つで、GOTと同じように肝細胞が破壊されることで血液中に漏れ出すため、血中濃度が高まり数値が上昇します。 血液検査において GPTとGOTが共に基準値より高くて、なおかつGPTの数値がGOTの数値よりも高いときは、【慢性肝炎】や【ウイルス性肝炎】などといった肝臓の病気である可能性が高いと一般的に言われています。 ニュース・トピックス 【ピロリ菌がアレルギー性疾患の予防に】 ピロリ菌というと胃潰瘍や胃がんの原因になる細菌ともいわれていますが、最近ではピロリ菌が作り出す物質に意外な効用があるということが筑波大学と米ハーバード大学、英バーミンガム大学などとの共同研究により発見された模様です。 その物質というのは、ピロリ菌が作る「ChAcG(コレステリルアシルグルコシド)」というコレステロールの一種で、このChAcGを幼少期のマウスに投与すると成長後に気管支ぜんそくの発症が大幅に抑制されたとのことで、同じような発症メカニズムであるアトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー性疾患全般に対しても予防できる可能性が考えられるそうです。 ニュースより参照抜粋.

次の

飲酒だけじゃない!? “ガンマGTP”の数値が高い原因と対処法

ガンマ gdp

これらは肝臓が障害され肝細胞が壊れると、血液中に大量に漏れ出すため、肝機能検査に利用されている。 肝臓は病気があっても痛みを伴わない臓器として有名で、自覚症状が出にくい。 そのため、人間ドックなどで定期的に血液検査による肝機能検査を行うことは重要だ。 数値の読み解き方や、異常があった場合の対処法について解説する。 おもに、肝臓や胆管の細胞に傷がつき、死滅したときに血液中で上昇すると考えられている。 もっとも多いのは、アルコールの過剰摂取による肝障害だが、一切飲酒をしていない場合でも上昇することがある。 たとえば、薬の副作用による肝障害、脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝がんなどが挙げられる。 どのような薬でも副作用が出る可能性があり、肝臓は薬剤の代謝に関わるため肝機能障害を引き起こす薬剤は多い。 近年、食生活の欧米化、運動不足などにより肥満、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が増加しているが、過剰なエネルギー摂取は、肥満だけでなく、肝臓への脂肪沈着の原因にもなり、放っておくと脂肪肝につながる。 アルコールを過剰摂取していないか• 肥満ではないか• もしアルコールや肥満、薬剤によるものが疑われれば、禁酒、減量、疑わしい薬剤の中止を行う。 また、肝機能を評価するほかの血液検査項目や、肝炎ウィルスの検査項目などを追加し、再度採血を行うことがある。 肝臓や胆道系の疾患(肝炎や肝硬変、胆石症、がんなど)は、超音波検査やCTなどの画像検査で精密検査を行うことが多い。 超音波検査は、肝臓や胆のう、腎臓などを調べるのに適した検査だ。 超音波がはねかえることによって得られる画像で、炎症や出血、腫瘍などがないか判断する。 CTは、放射線を使用しながら全身の臓器を輪切りにしたような画像を得ることができる検査で、超音波ではわからなかった病気も確認できることがある。 具体的には、アルコールの過剰摂取をしない、適切な体重を維持する、適度な運動を行う、野菜や魚を中心にして脂っこいものや糖分の多い食事を控える、不要な薬剤やサプリメントは摂取しない、などを心がけるとよい。 思い当たる生活習慣があれば、ぜひ正してほしい。

次の