カイカイn。 カイカイフィル

Mr. (アーティスト)

カイカイn

記載 [ ] カイカイフィルの標本に指定された頭骨は、保存された部位で長さ0. 7メートルに達し、完全な頭骨長では1. 1-1. 2メートルに及んだことが示唆されている。 全長は10メートルと推定されている。 これは頭骨長0. 65メートルのなどの同時期のモササウルス科爬虫類よりも大型であり、カイカイフィルは南半球から産出した既知のモササウルス科爬虫類では最大となる。 頭骨の縫合線は癒合し、外上顆と内上顆(筋肉が附随するの隆起)が発達し、内側のテクスチャは比較的密で、この個体が成体であったことが示唆されている。 体躯の他にも、カイカイフィルを近縁属から際立たせる特有の特徴がある。 眼窩の上部縁の正面に卓越した隆起が存在し、タニファサウルスとは違って鼻孔の間にも隆起が存在する。 の形状はのものとも異なり、三角形をなして鼻孔と松果孔に接する。 加えて、頭骨の幅は眼下の前方で狭くなり、は垂直方向に非常に厚い。 特に、カイカイフィルの歯は、すなわち複数の異なるタイプの歯が存在する。 が全く存在しない中型の円錐形の歯、内外側に2,3の咬耗症がある中型の円錐形の歯、咬耗症の全くない非常に大型の円錐形の歯、そして断面がD字型をなして柔らかいエナメル質に覆われた、おそらく成長中の丸身を帯びた小さな歯が確認されている。 他に異歯性が確認されているモササウルス科爬虫類には、の やモササウルス亜科のがいる。 発見と命名 [ ] 2011年1月のの古生物学遠征で、沿岸のの Lopez de Bertodano 累層の上層から大型のモササウルス科の頭骨・繋がった顎・断片・30本の孤立した歯と断片が収集された。 標本番号 SGO. 6509 が付けられたホロタイプ標本は後期にあたる岩から発見され 、との境界から200メートル下に位置した。 シーモア島で発見されるほかの脊椎動物化石とは異なり、カイカイフィルの化石は黄色がかった色を呈し、標本が一貫して鉱物変質を受けたことが示唆されている。 標本が発見されるまでに著しいを受け、さらに、右側を上にして保存されていた頭骨は複数のブロックに分断されていた。 頭骨の複数の部分は雄型としてのみ保存された。 カイカイフィルの属名はので海の神である爬虫類 にちなみ、種小名 hervei はチリと南極の地質学に大きな貢献を残したチリの地質学者 ()への献名である。 分類 [ ] 2016年に複数の系統解析が行われ、カイカイフィルの関係が決定された。 どの系統解析でものやに近縁であることが示された。 4つの解析の結果が以下の系統樹に纏められている。 Kaikaifilu hervei 古生態学 [ ] Lopez de Bertodano 累層から産出した、、、、はかつてモササウルス属として同定されていたが、現在は独立した属と考えられている。 しかし、これらの分類は歯に基づいており、そのうちいくつかはカイカイフィルに見られる歯の形態に合致した。 このため、これらの属の全てが独立属として存在するわけではない可能性がある。 1つの生態系に大型の捕食者が多く生息することは滅多にないことであるため、その意味の解明が待たれる。 また、カイカイフィルは ()に属する ()と共存しており、おそらく機会があればアリストネクテスを捕食していた。 出典 [ ]• ; Rubilar-Rogers, D. ; Gutstein, C. 2016. et sp. nov. Cretaceous Research 70: 209—225. Leblanc, A. ; Caldwell, M. ; Bardet, N. 2012. Journal of Vertebrate Paleontology 32 1 : 82—104. Schulp, Anne S. ; Jagt, John W. ; Fonken, Frans 2004-09-10. Journal of Vertebrate Paleontology 24 3 : 744—747. Crame, J. ; Francis, J. ; Cantrill, D. ; Pirrie, D. 2004. Cretaceous Research 25 3 : 411—423. O'Gorman, J. ; Gasparini, Z. ; Salgado, L. 2013. Antarctic Science 25 1 : 71—82.

次の

[B! 韓国] カイカイに降臨した韓国人、反日感情の本質について語る : カイカイ反応通信

カイカイn

、店頭では1BOXからお付けします。 サバイバー、ウェーブストライカー、グランド・デビル、ゴッドリンク、ナイト、サムライ・・・ 思い返せば本当に個性豊かで様々なデッキがあったと思う。 あとはカード枚数差で押し潰してやろう。 なので、「よく知らない」という人は過去の記事を確認してください。 その後、それぞれ、5枚カードを引く。 コンボを決めるために手札が欲しいこのデッキにはぴったりだ。 だが、《N》の仕事はそういったドローサポートだけじゃない! 《N》自身もコンボパーツになるぞ! ゴッドリンク状態の《キキ》《カイカイ》がいる状態で、《N》を出してみよう。 まず、お互いのプレイヤーが手札(と墓地)を山札に混ぜてシャッフル。 次にお互い5枚引く。 5枚引く? そう、《キキ》《カイカイ》がいるので、自分が5枚引いたあと、相手手札を5枚捨てさせる! これで相手手札は0枚だ! あとは《コマンダー・テクノバスター》を出せばロック完了だぞ。 また、《コマンダー・テクノバスター》ともすごいコンボする。 《テクノバスター》がいる時に《N》を出してみよう。 普通に出してもけっこう強いクリーチャー。 呪文を連打しまくるデッキに当たった場合、どんどんカードをドローできるぞ。 また、《超次元ボルシャック・ホール》や《超次元ムシャ・ホール》、《ブースト・グレンオー》《サンダー・ティーガー》などには除去されないスペックなのも嬉しい。 なお、《デーモン・ハンド》などをくらった場合、もちろん除去されるが、しっかりドローも可能。 《ロスト・ソウル》をくらった場合は、手札を全部捨てたあと、効果でドロー。 ちなみに除去呪文や戦闘破壊などで場を離れる場合、《キキ》と《カイカイ》のどちらかのみを墓地などへ送る。 どちらを送るかは《キキ》&《カイカイ》の持ち主が選んで良い。 なので、できるだけ有利になりそうな方を残そう。 さて、この状態だとそのままでもかなり強い。 相手クリーチャーを7000でブロックすれば、自身の効果で1ドローしつつ、ドローしたことで相手手札を1枚破壊。 相手が呪文を使っても、やっぱり1枚ドローで手札1枚破壊。 ちなみに、《キキ》&《カイカイ》&《コマンダー・テクノバスター》コンボは、相手がカードをドローした時に手札を捨てさせる。 つまり、自分から見て「相手のターン中に」手札を捨てさせているのであって、対戦相手から見て「相手のターン中」では無い。 なので、効果で《斬隠蒼頭龍バイケン》がウッカリ出てくる、なんてことは無いぞ。 そうした場合、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。 手札破壊を逆利用される上、《キキ》&《カイカイ》を上回るパワーで、《地獄門デス・ゲート》の効かないスピードアタッカーな《リュウセイ・カイザー》はこのデッキの天敵! 対策したい場合は、《デーモン・ハンド》などのタップ状態でも破壊できる除去カードを入れておこう。

次の

パク カイカイ? 言葉を刻む(5)|【西日本新聞ニュース】

カイカイn

、店頭では1BOXからお付けします。 サバイバー、ウェーブストライカー、グランド・デビル、ゴッドリンク、ナイト、サムライ・・・ 思い返せば本当に個性豊かで様々なデッキがあったと思う。 あとはカード枚数差で押し潰してやろう。 なので、「よく知らない」という人は過去の記事を確認してください。 その後、それぞれ、5枚カードを引く。 コンボを決めるために手札が欲しいこのデッキにはぴったりだ。 だが、《N》の仕事はそういったドローサポートだけじゃない! 《N》自身もコンボパーツになるぞ! ゴッドリンク状態の《キキ》《カイカイ》がいる状態で、《N》を出してみよう。 まず、お互いのプレイヤーが手札(と墓地)を山札に混ぜてシャッフル。 次にお互い5枚引く。 5枚引く? そう、《キキ》《カイカイ》がいるので、自分が5枚引いたあと、相手手札を5枚捨てさせる! これで相手手札は0枚だ! あとは《コマンダー・テクノバスター》を出せばロック完了だぞ。 また、《コマンダー・テクノバスター》ともすごいコンボする。 《テクノバスター》がいる時に《N》を出してみよう。 普通に出してもけっこう強いクリーチャー。 呪文を連打しまくるデッキに当たった場合、どんどんカードをドローできるぞ。 また、《超次元ボルシャック・ホール》や《超次元ムシャ・ホール》、《ブースト・グレンオー》《サンダー・ティーガー》などには除去されないスペックなのも嬉しい。 なお、《デーモン・ハンド》などをくらった場合、もちろん除去されるが、しっかりドローも可能。 《ロスト・ソウル》をくらった場合は、手札を全部捨てたあと、効果でドロー。 ちなみに除去呪文や戦闘破壊などで場を離れる場合、《キキ》と《カイカイ》のどちらかのみを墓地などへ送る。 どちらを送るかは《キキ》&《カイカイ》の持ち主が選んで良い。 なので、できるだけ有利になりそうな方を残そう。 さて、この状態だとそのままでもかなり強い。 相手クリーチャーを7000でブロックすれば、自身の効果で1ドローしつつ、ドローしたことで相手手札を1枚破壊。 相手が呪文を使っても、やっぱり1枚ドローで手札1枚破壊。 ちなみに、《キキ》&《カイカイ》&《コマンダー・テクノバスター》コンボは、相手がカードをドローした時に手札を捨てさせる。 つまり、自分から見て「相手のターン中に」手札を捨てさせているのであって、対戦相手から見て「相手のターン中」では無い。 なので、効果で《斬隠蒼頭龍バイケン》がウッカリ出てくる、なんてことは無いぞ。 そうした場合、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。 手札破壊を逆利用される上、《キキ》&《カイカイ》を上回るパワーで、《地獄門デス・ゲート》の効かないスピードアタッカーな《リュウセイ・カイザー》はこのデッキの天敵! 対策したい場合は、《デーモン・ハンド》などのタップ状態でも破壊できる除去カードを入れておこう。

次の